神田久太郎の柔道人生〜全日本選手権3回優勝から講道館9段まで〜

神田久太郎の柔道人生〜全日本選手権3回優勝から講道館9段まで〜

柔道家・神田久太郎

柔道家・神田久太郎

– 柔道家・神田久太郎

神田久太郎は、1912年(大正元年)12月10日に、熊本県人吉郡上村(現・人吉市)に生まれた。幼少期から柔道に親しみ、1930年(昭和5年)に熊本県立第一中学校(現・熊本県立熊本高等学校)に入学すると、柔道部に所属して活躍した。

1934年(昭和9年)に、早稲田大学に入学すると、柔道部に入部して頭角を現した。1936年(昭和11年)には、全日本学生柔道選手権大会で優勝し、1937年(昭和12年)には、全日本選手権大会で優勝した。

1938年(昭和13年)には、講道館に入門し、1940年(昭和15年)には、全日本選手権大会で2連覇を達成した。1941年(昭和16年)には、講道館で初段を取得し、1942年(昭和17年)には、全日本選手権大会で3連覇を達成した。

1943年(昭和18年)には、兵役に就き、1945年(昭和20年)には、終戦を迎えた。終戦後は、講道館に戻り、1946年(昭和21年)には、全日本選手権大会で4度目の優勝を果たした。

1947年(昭和22年)には、講道館で2段を取得し、1948年(昭和23年)には、全日本選手権大会で5度目の優勝を果たした。1949年(昭和24年)には、講道館で3段を取得し、1950年(昭和25年)には、全日本選手権大会で6度目の優勝を果たした。

1951年(昭和26年)には、講道館で4段を取得し、1952年(昭和27年)には、全日本選手権大会で7度目の優勝を果たした。1953年(昭和28年)には、講道館で5段を取得し、1954年(昭和29年)には、全日本選手権大会で8度目の優勝を果たした。

1955年(昭和30年)には、講道館で6段を取得し、1956年(昭和31年)には、全日本選手権大会で9度目の優勝を果たした。1957年(昭和32年)には、講道館で7段を取得し、1958年(昭和33年)には、全日本選手権大会で10度目の優勝を果たした。

1959年(昭和34年)には、講道館で8段を取得し、1960年(昭和35年)には、全日本選手権大会で11度目の優勝を果たした。1961年(昭和36年)には、講道館で9段を取得した。

神田久太郎は、全日本選手権大会で11回優勝し、講道館で9段を取得した。柔道界のレジェンドとして、現在も多くの柔道家に尊敬されている。

全日本選手権3回優勝の快挙

全日本選手権3回優勝の快挙

全日本選手権3回優勝の快挙

神田久太郎は、1930年に全日本選手権に初出場し、3位入賞を果たしました。翌1931年には、決勝で三船久蔵を破って初優勝を飾りました。1932年に2連覇を達成し、1934年には3度目の優勝を果たしました。

神田の全日本選手権3回優勝は、当時としては快挙でした。柔道は、まだ創成期であり、試合ルールも整備されていませんでした。また、全日本選手権は、日本全国から強豪が集まる大会であり、優勝することは非常に難しいことでした。

しかし、神田は、持ち前の才能と努力で、3度の優勝を成し遂げました。神田の柔道は、足技が得意で、特に内股は一級品でした。また、体格にも恵まれ、力強い組み手で相手を圧倒しました。

神田の活躍は、柔道の普及に大きく貢献しました。神田の柔道を見た人々は、柔道の魅力に魅了され、柔道を始める人が増えました。また、神田の活躍は、日本人に勇気を与えました。当時、日本は、戦後の混乱期であり、人々は希望を失っていました。しかし、神田の活躍を見て、人々は元気を取り戻しました。

神田久太郎は、柔道の発展に貢献した偉大な柔道家です。神田の功績は、永遠に語り継がれることでしょう。

肩車と巴投げのスペシャリスト

肩車と巴投げのスペシャリスト

-肩車と巴投げのスペシャリスト-

神田久太郎は、肩車と巴投げのスペシャリストとして知られました。

肩車は、相手の肩を担いで投げる技で、神田久太郎は、この技を非常に得意としていました。相手の懐に飛び込み、瞬時に肩を担いで投げるという、その速さと正確性は、まさに神業でした。

また、巴投げも神田久太郎の得意技の一つでした。巴投げは、相手の片足を自分の両足で挟んで投げる技で、神田久太郎は、この技を非常に有効に使っていました。相手の足にかかる圧力は非常に強く、抜け出すことは困難でした。

神田久太郎の肩車と巴投げは、その速さと正確性、そして威力で、多くの選手を苦しめました。神田久太郎は、これらの技を駆使して、全日本選手権3回優勝、講道館9段という輝かしい成績を残しました。

神田久太郎の肩車と巴投げは、日本の柔道界に大きな影響を与えました。これらの技は、多くの選手が学び、研究し、その後の柔道界の発展に貢献しました。

神田久太郎は、日本の柔道界のレジェンドであり、その功績は永遠に語り継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました