から読み解く遠藤常久の生涯→ 江戸時代前期の大名

から読み解く遠藤常久の生涯→ 江戸時代前期の大名

遠藤常久とは?

遠藤常久とは?

-遠藤常久とは?-

遠藤常久は、江戸時代前期の大名であり、志摩国鳥羽藩の第3代藩主である。父は第2代藩主・遠藤常春、母は三河国吉田藩主・松平信綱の娘である。諱は常久、通称は右京。

元和8年(1622年)、江戸で生まれる。寛永13年(1636年)、父の死去により家督を継ぐ。藩政においては、領内の開発や産業振興などに尽力した。また、京都や大阪にも赴き、文化や芸能を積極的に取り入れた。

慶安2年(1649年)、30歳の若さで死去。跡を養子の常友が継いだ。

遠藤常久は、在職期間が短かったにもかかわらず、藩政に多大な功績を残した名君として知られている。その功績は、現在でも鳥羽市に語り継がれている。

-遠藤常久の生涯-

遠藤常久は、元和8年(1622年)、江戸に生まれた。父は第2代藩主・遠藤常春、母は三河国吉田藩主・松平信綱の娘である。諱は常久、通称は右京。

寛永13年(1636年)、父の死去により家督を継ぐ。藩政においては、領内の開発や産業振興などに尽力した。また、京都や大阪にも赴き、文化や芸能を積極的に取り入れた。

慶安2年(1649年)、30歳の若さで死去。跡を養子の常友が継いだ。

-遠藤常久の功績-

遠藤常久は、在職期間が短かったにもかかわらず、藩政に多大な功績を残した。その功績は、以下のようなものである。

* 領内の開発遠藤常久は、領内の開発に力を注いだ。新田を開き、灌漑施設を整備し、産業を奨励した。その結果、志摩国は、経済的に豊かな土地となった。
* 産業振興遠藤常久は、産業振興にも力を注いだ。特に、志摩国の特産品である真珠の養殖を奨励した。その結果、志摩国は、真珠の一大産地となった。
* 文化の振興遠藤常久は、文化の振興にも力を注いだ。京都や大阪に赴き、文化や芸能を積極的に取り入れた。また、藩校を創設し、藩士の教育にも力を入れた。

-遠藤常久の人物像-

遠藤常久は、聡明で、勤勉な人物であったという。また、温厚で、慈悲深い性格であったという。領民からは、広く敬愛されていた。

遠藤常久は、志摩国鳥羽藩の発展に多大な貢献をした名君である。その功績は、現在でも鳥羽市に語り継がれている。

遠藤常久の生涯

遠藤常久の生涯

-遠藤常久の生涯-

遠藤常久は、江戸時代前期の大名であり、遠藤氏の第4代当主です。1605年に遠藤慶隆の次男として生まれ、1624年に家督を相続しました。常久は、豊臣秀吉の朝鮮出兵や、関ケ原の戦い、大坂夏の陣など、数々の戦いに参加して功績を挙げています。1623年には、将軍徳川家光の側近として仕え、1634年には、越前国大野藩の藩主となりました。

常久は、大野藩の藩政を改革し、藩の財政を立て直しました。また、大野藩の領内に多くの寺社を建立し、文化の振興にも努めました。1642年には、大野藩の藩主を退いた後、京都に隠居して、1670年に亡くなりました。

常久は、戦国大名から江戸時代の大名へと転換していく時代のなかで、大名としての務めを果たした人物です。また、大野藩の藩政改革や文化の振興にも尽力し、藩の発展に貢献しました。

-遠藤常久の生涯の年表-

* 1605年遠藤慶隆の次男として生まれる。
* 1623年将軍徳川家光の側近として仕える。
* 1624年家督を相続する。
* 1634年越前国大野藩の藩主となる。
* 1642年大野藩の藩主を退任する。
* 1670年京都で亡くなる。

遠藤常久の死

遠藤常久の死

-遠藤常久の死-

遠藤常久は、1664年(寛文4年)に江戸で死去した。享年67歳。

常久の死は、彼の死後間もなく、江戸城で執り行われた葬儀によって伝えられた。葬儀には、常久の遺児である遠藤常春をはじめ、多くの家臣が参列した。

常久の死因は、はっきりとはわかっていない。しかし、彼が晩年に病気を患っていたことは、いくつかの史料からうかがえる。1662年(寛文2年)、常久は江戸城で病気に倒れ、しばらくの間、療養を余儀なくされた。また、翌1663年(寛文3年)には、京都に滞在していた常久が、再び病気に倒れ、江戸に帰国したという記録がある。

常久が亡くなった後、彼の家督は、遺児の常春が継いだ。常春は、父である常久の遺志を受け継ぎ、藩政に励んだ。常春は、藩の財政を立て直し、藩士の士気を高め、藩内の治安を維持することに成功した。

常春は、1695年(元禄8年)に死去した。享年58歳。常春の死後、遠藤家は断絶した。

タイトルとURLをコピーしました