青木徳峰 – 江戸時代中期の儒者

青木徳峰 – 江戸時代中期の儒者

近江の商家で生まれた青木徳峰

近江の商家で生まれた青木徳峰

青木徳峰は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した儒学者です。近江国滋賀郡に生まれ、父は商家を営んでいました。父は徳峰が幼い頃に亡くなり、徳峰は母と姉に育てられました。

徳峰は幼少の頃から聡明で、近所の寺子屋に通って学問を修めました。その後、京都に出て、儒学者の石田梅岩の門下に入りました。梅岩は、朱子学を基盤とした独自の儒学体系を説き、多くの弟子を集めていました。徳峰も梅岩の教えに傾倒し、儒学を深く学びました。

徳峰は、梅岩の没後、その遺志を継いで儒学を講じました。京都を中心に、多くの弟子を集めて、儒学の普及に努めました。また、徳峰は、梅岩の教えをまとめた『都鄙問答』や『養生訓』などの著書を残しました。梅岩同様に、徳峰の儒学は、庶民の生活に役立つ実践的なものでした。

徳峰は、儒学者として活躍する傍ら、医者としても働いていました。徳峰は、医術を学び、近隣の住民の診療にあたっていました。徳峰の医術は評判を呼び、多くの人が徳峰の診察を受けにやってきました。

徳峰は、晩年まで儒学の講義と診療を続けました。享年79歳。徳峰の墓は、京都市左京区にある安国寺にあります。

徳峰は、江戸時代中期の代表的な儒学者の一人です。徳峰の儒学は、庶民の生活に役立つ実践的なものでした。徳峰の著書は、多くの庶民に読まれ、儒学の普及に大きな役割を果たしました。

京都で学び、詩文や和歌に精通した青木徳峰

京都で学び、詩文や和歌に精通した青木徳峰

青木徳峰は、江戸時代中期の儒者で、京都で学び、詩文や和歌に精通した人物です。

青木徳峰は、1696年(元禄9年)に、摂津国河辺郡麻田郷(現在の兵庫県川西市)に生まれました。幼い頃から頭が良く、読書を好みました。16歳で京都に出て、儒学を学び始めました。

青木徳峰は、京都で、伊藤仁斎や荻生徂徠などの著名な儒学者に学びました。また、詩文や和歌にも才能を発揮し、多くの作品を残しました。

青木徳峰は、1728年(享保13年)に、京都で亡くなりました。享年33歳でした。しかし、その短い生涯の中で、多くの業績を残しました。

青木徳峰の儒学思想は、伊藤仁斎や荻生徂徠の影響を受けていますが、独自の思想も持っていました。青木徳峰は、儒学の経典を重視し、その解釈に力を入れました。また、朱子学を批判し、陽明学を重視しました。

青木徳峰の詩文や和歌は、その清新な文体と豊かな情感で知られています。青木徳峰は、自然を愛し、その美しさを詩文や和歌で表現しました。また、人生の無常や人の世の苦しみを詠んだ作品も多く残しています。

青木徳峰は、江戸時代中期の儒学界において、重要な役割を果たした人物です。青木徳峰の儒学思想は、後の儒学者たちに大きな影響を与えました。また、青木徳峰の詩文や和歌は、今日でも多くの読者に親しまれています。

青木徳峰の号「芝翁」の由来

青木徳峰の号「芝翁」の由来

-青木徳峰の号「芝翁」の由来-

青木徳峰(1682-1760)は、江戸時代中期の儒者です。下総国関宿(現在の千葉県野田市)に生まれ、江戸に出て儒学を学びました。24歳の時に将軍徳川吉宗に召され、大奥教育掛を勤めました。吉宗の信任が厚く、やがて幕臣に取り立てられ、儒学教授として活躍しました。

徳峰は、朱子学を学び、特にその中の「性理説」に傾倒しました。性理説とは、人間の性(生まれつきの性質)を天理(宇宙の根本原理)と関連付けて捉える学説で、人間の本性は善であり、それを実践することが道徳であると考えます。

徳峰は、性理説を基に、人間が社会の中で正しく生きるための道を説きました。その教えは、武士や庶民の間で広く受け入れられ、徳峰は江戸時代を代表する儒者として知られるようになりました。

徳峰の号である「芝翁」は、彼が晩年を過ごした芝の屋敷にちなんで付けられました。芝は、江戸城の西側に位置する武家地であり、徳峰はここに屋敷を構えて、多くの弟子を育てました。「翁」という字は、年を取った人や尊敬される人を表す敬称で、徳峰の徳望の高さを示しています。

徳峰の号である「芝翁」は、彼が晩年を過ごした芝の屋敷にちなんで付けられたものです。芝は、江戸城の西側に位置する武家地であり、徳峰はここに屋敷を構えて、多くの弟子を育てました。「翁」という字は、年を取った人や尊敬される人を表す敬称で、徳峰の徳望の高さを示しています。

タイトルとURLをコピーしました