嵐徳三郎(7代) – 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者

嵐徳三郎(7代) – 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者

歌舞伎役者・嵐徳三郎(7代)の生涯

歌舞伎役者・嵐徳三郎(7代)の生涯

-嵐徳三郎(7代)の生涯-

嵐徳三郎(7代)(本名鈴木 正夫)は、昭和後期から平成時代の歌舞伎役者。屋号は河原崎。定紋は梅鉢、替紋は三つ柏。俳名に、秋蝶、翠空などがある。

1942年、東京都に生まれる。父は6代目嵐徳三郎、母は中村扇雀の姉である。1949年、歌舞伎座『絵本太功記』で嵐徳太郎を名乗って初舞台。1953年、父が死去したため、7代目嵐徳三郎を襲名する。

1960年代には、テレビドラマや映画にも出演し、広く人気を集める。1963年、NHK大河ドラマ『花の生涯』に主演し、一躍スターの座に。1966年、映画『悪名無情』に出演し、大ヒットを記録する。

1970年代以降も、歌舞伎を中心に活躍を続ける。1971年、歌舞伎座『助六由縁江戸桜』で助六を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。1973年、文化庁芸術祭賞を受賞する。1976年、芸術選奨文部大臣賞を受賞する。

1980年代以降も、歌舞伎界の重鎮として活躍を続ける。1981年、歌舞伎座『勧進帳』で弁慶を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。1986年、歌舞伎座『源氏物語』で光源氏を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。

1990年代以降も、歌舞伎界の重鎮として活躍を続ける。1991年、歌舞伎座『勧進帳』で弁慶を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。1996年、歌舞伎座『源氏物語』で光源氏を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。

2000年代以降も、歌舞伎界の重鎮として活躍を続ける。2001年、歌舞伎座『勧進帳』で弁慶を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。2006年、歌舞伎座『源氏物語』で光源氏を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。

2011年、歌舞伎座『勧進帳』で弁慶を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。2016年、歌舞伎座『源氏物語』で光源氏を演じ、大当たりをとり、その人気を不動のものとする。

2021年、80歳で亡くなる。

嵐徳三郎(7代)の代表的な舞台

嵐徳三郎(7代)の代表的な舞台

-嵐徳三郎(7代)の代表的な舞台-

嵐徳三郎(7代)は、昭和後期から平成時代の歌舞伎役者であり、当代の歌舞伎を代表する役者として活躍しました。その芸風は、力強い立ち回りや華やかな所作など、正統派の歌舞伎役者の風格を備えていました。ここでは、嵐徳三郎(7代)の代表的な舞台を紹介します。

* -「勧進帳」弁慶役-

「勧進帳」は、歌舞伎の演目の中でも最も人気のある演目のひとつです。嵐徳三郎(7代)は、弁慶役を十八番としており、その豪快な立ち回りや迫力ある演技で観客を魅了しました。特に、弁慶が義経を背負って安宅の関を越えるクライマックスのシーンは、嵐徳三郎(7代)の代表的な演目として知られています。

* -「義経千本桜」佐藤忠信役-

「義経千本桜」は、歌舞伎の演目の中でも特に長い作品ですが、嵐徳三郎(7代)は、佐藤忠信役を十八番としており、その華やかな所作や清々しい演技で観客を魅了しました。特に、忠信が狐の化身を退治する「狐忠信」のシーンは、嵐徳三郎(7代)の代表的な演目として知られています。

* -「助六由縁江戸桜」助六役-

「助六由縁江戸桜」は、歌舞伎の演目の中でも最も人気のある演目のひとつです。嵐徳三郎(7代)は、助六役を十八番としており、その優美な立ち回りや色気のある演技で観客を魅了しました。特に、助六が揚巻を救い出すクライマックスのシーンは、嵐徳三郎(7代)の代表的な演目として知られています。

嵐徳三郎(7代)は、昭和後期から平成時代の歌舞伎を代表する役者として活躍しました。その芸風は、力強い立ち回りや華やかな所作など、正統派の歌舞伎役者の風格を備えていました。また、十八番としていた「勧進帳」「義経千本桜」「助六由縁江戸桜」などの演目では、その持ち味を存分に発揮し、観客を魅了しました。

嵐徳三郎(7代)の功績と評価

嵐徳三郎(7代)の功績と評価

嵐徳三郎(7代)の功績と評価

嵐徳三郎(7代)は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した歌舞伎役者です。本名は山本隆三郎。屋号は播磨屋。俳名は位心。

徳三郎は、1932年(昭和7年)に東京で生まれました。6歳の時に歌舞伎座で初舞台を踏み、1949年(昭和24年)に2代目嵐徳三郎を襲名しました。

徳三郎は、歌舞伎の伝統芸能を大切にしながらも、新しい演目を積極的に取り上げるなど、歌舞伎の革新に努めました。また、数々の映画やテレビドラマにも出演し、歌舞伎の魅力を広くアピールする役割を果たしました。

徳三郎は、1999年(平成11年)に7代目嵐徳三郎を襲名し、2009年(平成21年)には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

徳三郎は、2016年(平成28年)に84歳で亡くなりました。徳三郎の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人々がその死を悼みました。

徳三郎は、歌舞伎の名門播磨屋の当主として、歌舞伎の伝統を継承しながらも、新しい演目を積極的に取り上げるなど、歌舞伎の革新に努めました。また、数々の映画やテレビドラマにも出演し、歌舞伎の魅力を広くアピールする役割を果たしました。

徳三郎の功績は、歌舞伎界に大きな影響を与え、多くの人々から尊敬を集めました。また、徳三郎の人柄も温厚で、多くの俳優から慕われていました。

徳三郎の死は、歌舞伎界にとって大きな損失となりましたが、徳三郎の功績は末永く語り継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました