赤松智城:大正から昭和時代の宗教学者

赤松智城:大正から昭和時代の宗教学者

赤松智城の生い立ちと学歴

赤松智城の生い立ちと学歴

-赤松智城の生い立ちと学歴-

赤松智城は、1883年(明治16年)10月11日、愛媛県松山に生まれた。本名は赤松禎三郎。父は松山藩士の赤松忠明、母はゆう。智城は、幼い頃から仏教に親しみ、11歳の時に曹洞宗の僧侶となった。

智城は、1902年(明治35年)に松山中学校(現・松山東高校)を卒業後、京都帝国大学文学部に入学した。在学中は、井上円了や姉崎正治に師事し、仏教学や宗教史を専攻した。1906年(明治39年)に同大学を卒業後、曹洞宗の僧侶となった。

智城は、1907年(明治40年)に曹洞宗大学(現・駒澤大学)の講師に就任し、1911年(明治44年)には同大学の教授に就任した。その後、1919年(大正8年)に同大学の学長に就任し、1922年(大正11年)には同大学の総長に就任した。

智城は、曹洞宗の僧侶としてだけでなく、宗教学者としても活躍した。1923年(大正12年)に『仏教史』を出版し、1925年(大正14年)には『宗教哲学』を出版した。また、1927年(昭和2年)には『日本宗教史』を出版し、1930年(昭和5年)には『仏教思想史』を出版した。

智城は、1935年(昭和10年)に曹洞宗の管長に就任し、1940年(昭和15年)には同宗の法主を兼任した。また、1941年(昭和16年)には、日本宗教史学会の会長に就任した。

智城は、1945年(昭和20年)8月15日に、東京で死去した。享年62。

宗教研究会と「宗教研究」の創刊

宗教研究会と「宗教研究」の創刊

宗教研究会と「宗教研究」の創刊

赤松智城は、1926年(大正15年)に、宗教研究会を創設しました。これは、宗教を学問的に研究する組織であり、赤松智城が会長を務めました。宗教研究会は、1927年(昭和2年)に、機関誌「宗教研究」を創刊しました。これは、日本の宗教研究の専門誌として、現在も発行されています。「宗教研究」は、宗教学、神学、宗教学などの分野の論文を掲載しており、日本の宗教研究の発展に大きく貢献しました。

宗教研究会と「宗教研究」の創刊は、赤松智城の宗教研究への情熱と、日本の宗教研究の発展への貢献を示しています。赤松智城は、宗教を学問的に研究することで、宗教の理解を深め、宗教間の対話を促進できると考えました。また、赤松智城は、宗教研究を通じて、日本の文化や社会への理解を深め、日本の発展に貢献できると考えました。

宗教研究会と「宗教研究」の創刊は、日本の宗教研究の発展に大きな影響を与えました。宗教研究会は、日本の宗教研究者の交流の場となり、日本の宗教研究の発展を支えました。「宗教研究」は、日本の宗教研究の専門誌として、日本の宗教研究の発展に大きく貢献しました。宗教研究会と「宗教研究」の創刊は、赤松智城の宗教研究への情熱と、日本の宗教研究の発展への貢献を示しています。

京城帝大教授として朝鮮・モンゴルなどの宗教を研究

京城帝大教授として朝鮮・モンゴルなどの宗教を研究

-京城帝大教授として朝鮮・モンゴルなどの宗教を研究-

赤松教授は、大正12年(1923)に京城帝国大学教授に就任し、朝鮮やモンゴルの宗教を研究するため現地を訪れて調査を実施しました。その結果、朝鮮では儒教、仏教、道教、 Shamanism(シャーマニズム)、キリスト教が信仰されており、モンゴルでは仏教、イスラム教、シャーマニズムが信仰されているということがわかりました。

朝鮮では、儒教が支配階層の間で信仰されており、仏教は一般庶民の間で信仰されていました。道教は、朝鮮に古くから伝わる民間信仰で、シャーマニズムは、朝鮮固有の宗教です。キリスト教は、19世紀後半に西方から伝来し、朝鮮社会に大きな影響を与えました。

モンゴルでは、仏教が支配階層の間で信仰されており、イスラム教は少数民族の間で信仰されていました。シャーマニズムは、モンゴル固有の宗教で、モンゴル社会に深く根付いています。

赤松教授は、朝鮮とモンゴルの宗教を比較研究することにより、東アジアの宗教文化の多様性について明らかにしました。また、朝鮮とモンゴルの宗教の相互関係についても明らかにし、東アジアの宗教文化の交流について明らかにしました。

赤松教授の研究は、朝鮮とモンゴルの宗教文化を理解する上で大きな貢献を果たしました。また、東アジアの宗教文化の多様性と交流について明らかにしたことは、現代社会における宗教文化の理解にも大きな示唆を与えています。

タイトルとURLをコピーしました