淡海常那 – 平安時代前期の医師

淡海常那 – 平安時代前期の医師

淡海常那とは

淡海常那とは

– 淡海常那とは
淡海常那は、平安時代前期に活躍した医師です。彼は、淡海氏の一族として生まれ、幼い頃から医学を学びました。その後、京都に出て医術を磨き、やがて宮廷の医師として仕えるようになりました。

淡海常那は、医術に非常に優れており、多くの患者を救いました。彼は、特に鍼灸術に長けており、鍼灸を用いて様々な病気を治療しました。また、彼は医書も執筆しており、その著書は後世の医師たちに大きな影響を与えました。

淡海常那は、日本の医学の発展に大きく貢献した人物です。彼は、鍼灸術に長けており、多くの患者を救いました。また、彼は医書も執筆しており、その著書は後世の医師たちに大きな影響を与えました。

生い立ちと生涯

生い立ちと生涯

生い立ちと生涯

淡海常那は、平安時代前期の医師です。
生没年は不詳ですが、9世紀後半から10世紀前半にかけて活躍したと考えられています。

常那は、淡海氏の出身で、父は淡海三船、母は藤原広嗣の娘でした。
淡海氏は、古代豪族の秦氏の一族で、医師を代々務めていました。

常那は、幼い頃から医術を学び、10代前半には、延暦寺僧都空海が弟子入りを希望するほどの腕前になっていました。

20代に入ると、常那は、宮廷に出仕し、弘仁12年(821年)に、太政官少書に任じられました。その後、従五位下に叙せされ、主税頭、右京大夫などを歴任しました。

常那は、医術だけでなく、文才にも優れており、医学書や漢詩集を執筆しました。
医学書としては、『医心方』が有名で、これは、中国の医学書を参考にしながら、日本の気候や風土に合わせて書かれたものです。

また、漢詩集としては、『淡海常那集』が知られており、これは、30首の漢詩を収めたものです。

常那は、平安時代前期の医学界を代表する人物であり、その功績は、後世にまで受け継がれています。

業績

業績

-業績-

淡海常那は、平安時代前期の医師であり、日本の医学史において重要な役割を果たした。彼は、医書『医心方』を著し、それによって日本の医学の発展に多大な貢献を果たした。また、彼は医学校を開設し、多くの弟子を育てた。

『医心方』は、全30巻からなる医書であり、薬物、薬草、鍼灸、按摩などの様々な医学的な知識が記されている。この医書は、唐の医学書である『千金方』などを参考にして書かれたものであり、日本の医学史において重要な位置を占めている。

淡海常那は、医学校を開設し、多くの弟子を育てた。彼の弟子の中には、後に著名な医師となった者も多かった。例えば、藤原保則は、淡海常那の弟子であり、後に宮廷の医師となった。また、僧医円仁も、淡海常那の弟子であり、後に唐に渡り、唐の医学を学んだ。

淡海常那は、日本の医学史において重要な役割を果たした医師であり、彼の業績は今日でも高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました