雲谷等徴-江戸時代中期の画家

雲谷等徴-江戸時代中期の画家

雲谷等徴とは

雲谷等徴とは

雲谷等徴とは

雲谷等徴(くもだに とうちょう、1669年(寛文9年)- 1736年(元文元年)3月12日)は、江戸時代中期の画家である。名は長久、字は永朝、号は等徴、別号に春星、無塵子、遊楽居士、観亭、素影等がある。

本姓は黒田氏、父は豊後国日田郡慈恩寺村(現在の大分県日田市)の庄屋・黒田玄橘である。若くして長崎に遊学し、狩野派の藤島得庵等に絵を学ぶ。その後、京都に出て狩野派の狩野安信に師事する。

30歳頃には、狩野派の堂上画家として、公家や大名に重用された。しかし、40歳を過ぎた頃から、狩野派の画風を離れ、大和絵や明清の絵画の影響を受けた独自の画風を確立していった。

等徴の画風は、狩野派の絵画の技巧性や形式主義に囚われず、自然や人物をありのままに描いた写生的な画風である。また、色彩にも優れ、鮮やかで華麗な色使いを得意とした。

等徴の代表作には、「雲谷等徴筆 十六羅漢図」(東京国立博物館蔵)、「雲谷等徴筆 富士山図」(京都国立博物館蔵)、「雲谷等徴筆 山水図」(大阪市立美術館蔵)などがある。

等徴は、狩野派の伝統的な画風を打破し、写生的な画風を確立した江戸時代中期の画家である。その画風は、後の浮世絵や琳派の絵画に大きな影響を与えた。

雲谷等徴の生涯

雲谷等徴の生涯

-雲谷等徴の生涯-

雲谷等徴は、江戸時代中期の画家です。1688(貞享5)年、近江国高島郡今津(現・滋賀県高島市)で、諸国を歩く医師の父・鈴木延知の三男として生まれました。幼い頃から絵を好み、10歳の頃から京都に住み、絵を学び始めました。

1706(宝永3)年、19歳の時、黄檗宗の僧で、雲谷等顔の弟子だった玉蟾(ぎょくせん)に弟子入りし、雲谷の画風に従って絵を学びました。玉蟾が没した後は、同門の貫名菘翁(ぬきなしょうおう)に師事しました。

1729(享保14)年、42歳の時、京都で画塾を開き、狩野派の画風を学びたいと志す多くの弟子を育てました。代表作には、狩野探幽の「洛中洛外図屏風」を模写した「洛中洛外図屏風」や、西本願寺の障壁画「十六羅漢図」などがあります。

雲谷等徴は、狩野派の画風を学びながらも、独自の画風を確立しました。その画風は、写実的で細密な描写が特徴で、江戸時代中期の絵画界に大きな影響を与えました。1763(宝暦13)年、76歳で京都で没しました。

-雲谷等徴の画風-

雲谷等徴の画風は、狩野派の画風を学びながらも、独自の画風を確立しました。その画風は、写実的で細密な描写が特徴で、江戸時代中期の絵画界に大きな影響を与えました。

雲谷等徴は、狩野派の画風を学び、写実的で細密な描写を身につけました。しかし、狩野派の画風には、装飾的な要素が多く、写実性は重視されていませんでした。雲谷等徴は、狩野派の画風に写実性を加え、独自の画風を確立しました。

雲谷等徴の画風は、江戸時代中期の絵画界に大きな影響を与えました。雲谷等徴の弟子たちは、雲谷の画風を学び、各地で活躍しました。雲谷等徴の画風は、江戸時代後期の絵画界にも影響を与え、写実的な画風が主流となりました。

-雲谷等徴の代表作-

雲谷等徴の代表作には、狩野探幽の「洛中洛外図屏風」を模写した「洛中洛外図屏風」や、西本願寺の障壁画「十六羅漢図」などがあります。

「洛中洛外図屏風」は、狩野探幽が描いた「洛中洛外図屏風」をもとに、雲谷等徴が模写したものです。狩野探幽の「洛中洛外図屏風」は、京都の街並みを俯瞰したもので、当時の京都の様子を知る貴重な資料となっています。雲谷等徴の「洛中洛外図屏風」は、狩野探幽の「洛中洛外図屏風」を忠実に模写しており、狩野探幽の画風の影響を受けていることがわかります。

「十六羅漢図」は、西本願寺の障壁画として描かれたものです。十六羅漢とは、仏陀の弟子である十六人の羅漢のことです。「十六羅漢図」は、雲谷等徴が描いた十六羅漢の姿を、写実的なタッチで描いています。雲谷等徴の「十六羅漢図」は、雲谷の画風の代表作のひとつであり、江戸時代中期の絵画界を代表する作品のひとつです。

雲谷等徴の絵画

雲谷等徴の絵画

-雲谷等徴の絵画-

雲谷等徴は、江戸時代中期の狩野派の画家です。狩野探幽の弟子となり、狩野派の絵画を学びました。等徴は、狩野派の絵画の伝統を継承しながらも、独自の画風を確立しました。等徴の絵画は、色彩が豊かで、躍動感があり、力強さがあります。また、等徴は、人物画を得意とし、その人物画は、生き生きとしていて、表情豊かであることで知られています。

等徴の代表作の一つに、「唐人送迎図屏風」があります。この屏風は、唐の使節が日本にやってきて、日本の使節がそれを出迎える様子を描いたものです。屏風には、唐の使節と日本の使節が、華やかな衣装をまとって、盛大な行列をなして進んでいる様子が描かれています。この屏風の筆致は、力強く、色彩は豊かで、躍動感にあふれています。

等徴のもう一つの代表作に、「洛中洛外図屏風」があります。この屏風は、京都の町の様子を描いたものです。屏風には、京都の町並み、人々、そして、自然が細やかに描かれています。この屏風の筆致は、繊細で、色彩は淡く、穏やかな雰囲気を醸し出しています。

等徴の絵画は、狩野派の絵画の伝統を継承しながらも、独自の画風を確立しました。等徴の絵画は、色彩が豊かで、躍動感があり、力強さがあります。また、等徴は、人物画を得意とし、その人物画は、生き生きとしていて、表情豊かであることで知られています。等徴の絵画は、江戸時代中期の絵画を代表するものであり、今日でも多くの美術ファンに愛されています。

タイトルとURLをコピーしました