婉(2)とは? 大原富枝の小説「婉という女」の主人公

婉(2)とは? 大原富枝の小説「婉という女」の主人公

婉(2)の生涯

婉(2)の生涯

婉(2)の生涯

婉(2)は、大原富枝の小説「婉という女」の主人公です。彼女は、1919年に東京で生まれ、1945年に終戦を迎えます。戦後、彼女は夫と子供を亡くし、一人取り残されます。その後、彼女は様々な職を転々とし、苦労を重ねながら生きていきます。

婉(2)は、強くてたくましい女性です。彼女は、どんな困難にも負けず、一人で生きていこうとします。しかし、彼女も人間であり、弱いところもあります。彼女は、孤独にさいなまれ、時には死にたいと思うこともあります。

そんな婉(2)の支えとなったのは、友人たちでした。彼女は、友人たちと交流することで、生きる希望を見出していきます。そして、彼女は、友人たちと協力して、新しい人生を歩み始めます。

婉(2)の生涯は、波瀾万丈です。彼女は、多くの苦難を経験しますが、そのたびに立ち上がっていきます。彼女は、強くたくましい女性であり、私たちに生きる勇気を与えてくれます。

婉(2)の生涯を振り返ると、私たちは以下のことを学ぶことができます。

・どんな困難にも負けずに、一人で生きていこうとする強さ
・孤独にさいなまれ、時には死にたいと思う弱さ
・友人たちの支えによって、生きる希望を見出すこと
・友人たちと協力して、新しい人生を歩み始めること

婉(2)の生涯は、私たちに生きる勇気を与えてくれます。彼女のように、どんな困難にも負けずに、強くたくましく生きることができれば、私たちは幸せな人生を送ることができるでしょう。

土佐藩執政の父野中兼山の失脚と婉(2)の幽閉生活

土佐藩執政の父野中兼山の失脚と婉(2)の幽閉生活

-土佐藩執政の父野中兼山の失脚と婉(2)の幽閉生活-

婉(2)の父である野中兼山は、土佐藩の執政を務めていましたが、1664年に失脚します。兼山失脚の原因は、藩主山内忠義の側近である野老山内貞豊との権力争いに敗れたことでした。

兼山の失脚により、婉(2)は土佐藩内での立場を失い、幽閉生活を余儀なくされます。幽閉先は、土佐藩の城下町にある牢獄でした。牢獄での婉(2)の生活は、非常に厳しいものでした。彼女は、粗末な食事を与えられ、狭い牢獄の中で過ごすことを余儀なくされました。また、彼女は、家族や友人との面会も許されませんでした。

幽閉生活を送る中、婉(2)は、次第に心身ともに衰弱していきます。彼女は、鬱病を患い、自殺を考え始めます。しかし、彼女は、幼い息子たちのことを思い、自殺を思いとどまります。

婉(2)は、約3年間幽閉生活を送った後、ようやく釈放されます。釈放後、婉(2)は、京都に移り住み、静かに暮らします。彼女は、1704年に、80歳で亡くなります。

婉(2)の生涯は、悲劇的なものでした。彼女は、父を失い、幽閉生活を送り、最愛の息子を亡くしました。しかし、彼女は、最後まで希望を捨てず、逆境に耐え抜きました。婉(2)の強さと忍耐力は、私たちに生きる勇気を与えてくれます。

儒官谷秦山(じんざん)との出会い

儒官谷秦山(じんざん)との出会い

儒官谷秦山(じんざん)との出会い

婉は、16歳の時に儒官谷秦山(じんざん)と出会う。谷秦山は、婉の父である谷玄之(げんし)の友人であり、婉の家の近くの寺に滞在していた。谷秦山は、婉の聡明さと美しさに惹かれ、彼女に恋心を抱く。婉もまた、谷秦山の博学多識と温厚な人柄に惹かれ、彼に恋をする。

しかし、二人は身分の違いのために結ばれることはできない。谷秦山は儒官であり、婉は下級武士の娘である。二人は、互いの想いを胸に秘めながら、離れ離れに暮らすことになる。

数年後、谷秦山は婉の父である谷玄之に求婚する。谷玄之は、谷秦山の学識と人柄を気に入り、二人の結婚を承諾する。婉は、谷秦山と結婚して幸せに暮らすことになる。

しかし、二人の幸せは長くは続かなかった。谷秦山は、幕府の権力争いに巻き込まれ、殺害されてしまう。婉は、谷秦山の死を悲しみ、出家する。婉は、出家後も谷秦山のことを忘れず、彼を偲んで歌を詠んだり、書をしたりしたという。

タイトルとURLをコピーしました