大伴三中とは?

大伴三中とは?

大伴三中の生涯

大伴三中の生涯

-# 大伴三中の生涯

大伴三中は、奈良時代の貴族、歌人。父は大伴旅人、母は大伴郎女。天平12年(740年)に生まれ、若い頃は兄の大伴家持と共に歌人として活躍しました。天平20年(748年)に父が亡くなると、家督を継いで大伴氏の棟梁となります。その後、大宰少弐、左衛士督、右衛門督などの官職を歴任し、天平勝宝8年(756年)に刑部少輔として亡くなりました。

大伴三中は、父である大伴旅人の影響を強く受けて育ちました。旅人は、万葉集の代表的な歌人であり、三中も幼い頃から和歌を詠んでいました。三中の歌は、旅人の歌のように雄大で力強いものが多いのが特徴です。また、旅人の歌のように、家族や友人を大切にする歌が多いのも特徴です。

大伴三中は、万葉集に約100首の歌を残しています。その中には、大宰府に左遷された時に詠んだ歌や、兄である大伴家持を亡くした時に詠んだ歌など、三中の生涯をたどることができる歌も含まれています。三中の歌は、万葉集の中でも屈指の名歌として知られています。

大伴三中は、和歌以外にも、政治家として活躍しました。天平20年(748年)に父が亡くなると、家督を継いで大伴氏の棟梁となり、その後、大宰少弐、左衛士督、右衛門督などの官職を歴任しました。三中は、政治家としても有能で、大宰府に左遷された時には、九州の政治を安定させるのに貢献しました。

大伴三中は、天平勝宝8年(756年)に刑部少輔として亡くなりました。享年37歳でした。三中の死は、万葉集の愛好家にとって大きな衝撃となりました。三中の死後、万葉集は次第に忘れ去られていき、平安時代にはほとんど読まれなくなりました。しかし、江戸時代になって万葉集が再発見され、三中の歌は再び世に知られるようになりました。現在、三中の歌は、万葉集の中でも最も人気のある歌のひとつとなっています。

大伴三中の官歴

大伴三中の官歴

大伴三中の官歴

大伴三中は、天平10年(738年)に、大伴家持が少納言に任じられた際に、その補佐役として大納言に任じられた。その後、天平13年(741年)に参議に任じられ、天平15年(743年)に中納言に任じられた。天平16年(744年)には、遣唐使として唐に渡ったが、天平18年(746年)に帰国した。帰国後は、再び中納言に任じられ、天平20年(748年)には、大納言に任じられた。天平勝宝3年(751年)には、右大臣に任じられ、天平勝宝5年(753年)には、左大臣に任じられた。天平勝宝6年(754年)には、藤原広嗣の乱を鎮圧した功績で、贈太師の位を追贈された。

大伴三中は、藤原氏全盛の時代において、大伴氏を代表する貴族として活躍した。その官歴は、大伴氏の一族の中でも最高位のものである。大伴三中の官歴は、大伴氏の政治的権力の強さを示している。

大伴三中の万葉集作品

大伴三中の万葉集作品

大伴三中の万葉集作品

大伴三中は、奈良時代の歌人・官僚です。姓は連、名は三中。大伴家持の叔父にあたります。神亀4年(727年)に越中守に任命され、聖武天皇が藤原氏を抑えるために越中国に淳仁王を置いた際に、淳仁王の侍従に任命されています。

大伴三中の万葉集作品は、全部で14首が現存しています。そのうち、越中国守時代の作品が10首、越中守任期を終えた後に帰京してからの作品が4首です。

越中国守時代の作品は、主に越中の自然や風物を詠んだものです。越中の海を詠んだ「しがないで 越の海の磯 海松刈る 海人の袖より 潮垂れにけり」、立山を詠んだ「降り積もり 雪の白山 見まく欲り くし引く舟を 漕ぎ出でて行かむ」、早月川を詠んだ「早月川 みなかみに立てる 真弓なす ますらがたけを 見れば偲はゆ」などがあります。

帰京後の作品は、主に藤原氏の栄華を讃えたものです。藤原仲麻呂を詠んだ「いにしへの 藤原の宮の 富貴の門 明けくれ繁く 人も越ゆらし」、藤原四兄弟を詠んだ「うづもれぬ 山の秀木を ことごとく 大君の御園 に植ゑてし見らむ」などがあります。

大伴三中の万葉集作品は、越中の自然や風物を美しく描写した作品が多く、藤原氏の栄華を讃えた作品も、その華やかさをよく表現しています。また、大伴三中は、万葉集の中で最も多くの歌を詠んだ歌人の一人であり、その作品は万葉集研究において重要な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました