「喜多武清」

「喜多武清」

喜多武清の生涯

喜多武清の生涯

喜多武清の生涯

喜多武清は、1924年(大正13年)7月10日に、熊本県八代市に喜多武清蔵の長男として生まれた。幼少期から相撲を好み、地元の大会で優勝するなど活躍した。18歳の時に上京し、二所ノ関部屋に入門した。

二所ノ関部屋では、稽古熱心で知られ、頭角を現した。1944年(昭和19年)には、19歳で幕下優勝を果たした。しかし、太平洋戦争の激化に伴い、1945年(昭和20年)に徴兵された。

戦後、1946年(昭和21年)に除隊し、角界に復帰した。1947年(昭和22年)に十両昇進を果たし、1950年(昭和25年)には新入幕を果たした。

幕内では、1951年(昭和26年)に8勝7敗と勝ち越し、1952年(昭和27年)には10勝5敗と好成績を収めた。しかし、1953年(昭和28年)に6勝9敗と負け越し、十両に陥落した。

十両では、1954年(昭和29年)に12勝3敗と好成績を収め、幕内復帰を果たした。幕内では、1955年(昭和30年)に11勝4敗と勝ち越し、小結に昇進した。

小結では、1956年(昭和31年)に8勝7敗と勝ち越し、関脇に昇進した。関脇では、1957年(昭和32年)に11勝4敗と好成績を収め、大関に昇進した。

大関では、1958年(昭和33年)に12勝3敗と好成績を収め、横綱に昇進した。横綱では、1959年(昭和34年)に12勝3敗と好成績を収め、優勝を果たした。

しかし、その後は成績が低迷し、1962年(昭和37年)に引退した。引退後は、年寄・春日野を襲名し、春日野部屋を創設した。

春日野部屋では、大関・琴桜や関脇・栃ノ海らを育て上げ、名門部屋として知られた。1992年(平成4年)に停年退職となり、相談役となった。

2004年(平成16年)1月24日、多臓器不全のため死去した。79歳没。

喜多武清の絵画の特徴

喜多武清の絵画の特徴

– 喜多武清の絵画の特徴

喜多武清の絵画は、その独自の筆致と色彩で知られています。その特徴は以下のとおりです。

1. -筆致-
喜多武清は、細く鋭い筆致で絵を描きます。この筆致は、彼の絵に独特の緊張感と躍動感を与えています。

2. -色彩-
喜多武清は、鮮やかな色彩を用いて絵を描きます。彼の絵は、青、緑、赤などの色が目立ち、見る人に強い印象を与えます。

3. -構図-
喜多武清は、大胆な構図を用いて絵を描きます。彼の絵には、斜めの線や対角線が多く見られ、画面に動きと緊張感を与えています。

4. -主題-
喜多武清は、人物、風景、静物など、さまざまな主題を描きます。しかし、彼の絵には、人間の存在や自然の美しさを表現しているものが多いです。

5. -技法-
喜多武清は、さまざまな技法を用いて絵を描きます。彼は、油彩画、水彩画、日本画など、さまざまな画材を用いており、また、コラージュやアッサンブラージュなどの技法も用いています。

喜多武清の絵画は、その独自の筆致、色彩、構図、主題、技法によって、他の画家とは一線を画しています。彼の絵は、見る人に強い印象を与え、見る人の心を揺さぶります。

喜多武清の代表作

喜多武清の代表作

– 喜多武清の代表作

喜多武清は、近代日本の彫刻家です。その作品は、力強く生命感に満ちた表現で知られています。代表作としては、以下の作品があります。

-・舞妓- 
喜多武清の代表作の一つである「舞妓」は、1896年に制作されたブロンズ像です。この像は、舞妓のしとやかな美しさを表現しており、喜多武清の細やかな技術が凝らされています。

-・裸婦-
1893年に制作された「裸婦」は、喜多武清の代表作の一つである大理石像です。この像は、力強く生命感に満ちた表現で、喜多武清の彫刻家としての才能を遺憾なく発揮した作品です。

-・読売社賞-
1893年に、読売新聞社の主催する第1回読売社賞展に出品した作品です。この作品は、日本の伝統的な彫刻である木彫の技法を駆使して制作されており、喜多武清の「日本の彫刻の伝統を体現した作品」として高く評価されています。

-・飛行社賞-
1894年に、東京府勧業博覧会で飛行社賞を受賞した作品です。この作品は、ブロンズ製のレリーフであり、喜多武清の「西洋の彫刻の技法を取り入れた作品」として高く評価されています。

-・大阪撫子賞-
1896年に、大阪府勧業博覧会で撫子賞を受賞した作品です。この作品は、ブロンズ製の像であり、喜多武清の「女性の美しさを表現した作品」として高く評価されています。

喜多武清の代表作は、力強く生命感に満ちた表現で知られています。その作品は、国内外の多くの美術館に収蔵されており、その功績は高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました