「木村玉英」

「木村玉英」

木村玉英とは

木村玉英とは

木村玉英とは

木村玉英(きむら たまえ、1948年6月29日 – )は、日本の政治家。公明党所属の元参議院議員(2期)。福岡県出身。

東京都立国分寺高等学校卒業後、1971年に立正大学社会学部を卒業。1973年に公明党に入党し、1979年から南陽町議会議員を3期務める。1998年に福岡県議会議員に当選し、4期務める。2010年に参議院議員選挙に福岡県選挙区から出馬し、当選した。2016年に再選されたが、2022年に引退した。

参議院議員時代は、経済産業委員会、厚生労働委員会、予算委員会に所属した。また、公明党国土交通部会長、政策審議会副会長、福岡県本部副本部長などを歴任した。

木村玉英は、子育て支援、高齢者福祉、地域振興などに力を入れて取り組んだ。また、消費税増税には反対の立場を表明していた。

2022年夏の参議院議員選挙では、公明党の新人候補が当選し、木村玉英は引退した。

木村玉英の画風

木村玉英の画風

– 木村玉英の画風

木村玉英は、江戸時代後期の浮世絵師です。歌川国芳の弟子であり、主に武者絵や役者絵を描きました。

木村玉英の画風は、師である歌川国芳の影響を受けており、大胆で豪快な構図が特徴です。また、人物の描写にも優れており、表情や動きを生き生きと表現しています。

木村玉英の代表作には、「忠臣蔵十一段目」や「太平記英勇伝」などがあります。これらの作品は、いずれも木村玉英の画風の魅力を存分に発揮した傑作として知られています。

木村玉英は、浮世絵界に大きな足跡を残した偉大な浮世絵師の一人です。その画風は、後世の浮世絵師に大きな影響を与えました。

木村玉英の画風の主な特徴は以下のとおりです。

* 大胆で豪快な構図
* 人物の描写に優れている
* 表情や動きを生き生きと表現している
* 色彩が鮮やかで華やか

木村玉英の画風は、浮世絵の持つ魅力を存分に引き出したものであり、今日でも多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました