「木村重茲」はなぜ「木村常陸介」と呼ばれるのか?

「木村重茲」はなぜ「木村常陸介」と呼ばれるのか?

木村重茲という人物

木村重茲という人物

木村重茲という人物

木村重茲は、戦国時代の武将であり、常陸国の戦国大名である。常陸介(ひたちのすけ)は、常陸国の国司に与えられていた官名であり、重茲も常陸介に任じられていたため、木村常陸介と呼ばれていた。なお、重茲は常陸介だけでなく、尾張守、美濃守などの官位も兼ねていた。

重茲は、常陸国の豪族である木村氏の出身である。木村氏は、常陸国東部の那珂郡を本拠としていた。重茲の父である木村重長は、那珂郡の有力な豪族であった。重茲は、重長の嫡男として誕生した。

重茲は、幼少の頃から武芸に秀でており、また、聡明で知略に富んでいた。重茲は、那珂郡の豪族たちの間で頭角を現し、やがて常陸国を統一した。重茲は、常陸国の統一後、北条氏、足利氏、織田氏など、周辺の大名たちと戦った。

重茲は、1581年に死去した。享年56歳。重茲の死後、木村氏は衰退し、やがて滅亡した。

木村重茲が「木村常陸介」と呼ばれる理由

木村重茲が「木村常陸介」と呼ばれる理由

– 木村重茲が「木村常陸介」と呼ばれる理由

木村重茲は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。常陸国(現在の茨城県)で生まれ、幼名は五郎八郎でした。父は木村重成で、織田信長の家臣として活躍しました。

重茲は1582年に本能寺の変が起こると、信長の次男である織田信雄に仕えました。その後、豊臣秀吉に仕え、九州征伐や小田原征伐に参加しました。1598年に秀吉が亡くなると、徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に属して活躍しました。

関ヶ原の戦いの後、重茲は常陸国の笠間藩主になりました。1603年に江戸幕府が成立すると、重茲は老中に任命されました。老中として、幕府の政治を取り仕切りました。1619年に亡くなるまで、老中として活躍しました。

重茲は「木村常陸介」と呼ばれることもあります。これは、重茲が常陸国の笠間藩主だったことに由来しています。常陸介は、常陸国の国司を意味します。重茲は常陸国の国司を務めていたので、「木村常陸介」と呼ばれたのです。

重茲は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の天下人に仕えた武将です。重茲は、3人の天下人に仕えながら、常にその信頼を得ていました。これは、重茲の人柄と能力を物語っています。重茲は、江戸時代初期の日本を代表する武将の一人です。

木村重茲の生涯

木村重茲の生涯

木村重茲の生涯

木村重茲は、1554年に常陸国(現在の茨城県)に生まれました。彼は、木村、景綱の息子であり、木村氏の名門出身でした。重茲は幼い頃から武芸を学び、特に弓術に優れていました。

1573年、重茲は19歳の時に、織田信長に仕えました。重茲の武勇は信長からも高く評価され、重臣の一人として重用されました。重茲は、信長の数々の戦いに参加し、その功績を称えられました。

1582年、本能寺の変で信長が倒れた後、重茲は豊臣秀吉に仕えました。秀吉もまた重茲の武勇を高く評価し、重臣の一人として重用しました。重茲は、秀吉の朝鮮侵略にも参加し、その功績を称えられました。

1598年、秀吉の死後、重茲は石田三成に仕えました。しかし、三成は関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れ、重茲もまた家康に降伏しました。家康は重茲の武勇を評価し、上野国(現在の群馬県)に1万石を与えました。

1603年、家康が江戸幕府を開いた後、重茲は常陸国に戻り、土浦城の城主となりました。重茲は、土浦城を整備し、城下町の開発にも努めました。また、重茲は、領民のために多くの善政を施し、領民から敬愛されました。

1612年、重茲は58歳で死去しました。重茲の死後、木村氏は断絶しましたが、その武勇と功績は現在でも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました