大乃国康

大乃国康

大乃国康の生い立ちと入門

大乃国康の生い立ちと入門

-大乃国康の生い立ちと入門-

大乃国康は、1968年9月29日に東京都墨田区向島で生まれた。本名は、小林康宏。父は元大相撲力士の小林貞雄(最高位は東幕下2枚目)。母は元大相撲力士の小林千代司(最高位は東幕下2枚目)。祖父は元大相撲力士の小林千代吉(最高位は東前頭9枚目)。大叔父は元大相撲力士の小林千代の富士(最高位は横綱)。

大乃国は、幼い頃から相撲を始め、小学校4年生の時に日本相撲連盟主催の全国小学生相撲選手権大会で優勝した。中学校卒業後は、日大相撲部に入部。大学では、2年生の時に全日本学生選手権大会で優勝し、4年生の時に学生横綱に輝いた。

1991年3月、日大を卒業して大相撲に入門。師匠は、二子山部屋(現・九重部屋)の二子山親方(元大関・貴ノ花)。入門時のしこ名は、小林康宏。同年5月場所で初土俵を踏んだ。

入門当初は、小兵ながら粘り強い相撲で好成績を収めた。しかし、1993年1月に右膝十字靱帯断裂の大怪我を負い、長期休場を余儀なくされた。怪我からの復帰後は、しばらく不調が続いたが、1995年7月場所で十両に昇進した。

1996年7月場所で新入幕を果たし、翌1997年1月場所で初優勝を果たした。その後も、2000年3月場所、2001年11月場所、2002年3月場所と3度の優勝を果たし、2003年1月に大関に昇進した。

2005年7月場所後、横綱昇進が期待されたが、2006年1月場所を全休し、同年3月場所限りで引退した。引退後は、年寄・九重を襲名し、九重部屋の師匠を務めている。

大乃国康の躍進と活躍

大乃国康の躍進と活躍

大乃国康の躍進と活躍

大乃国康は、1995年に大相撲に入門した元力士です。入門後は順調に出世し、2004年には新入幕を果たしました。その後も着実に力をつけ、2007年には大関に昇進しました。

大関昇進後は、綱取りを期待される期待の力士でしたが、度重なるケガに悩まされ、綱取りを逃すことになりました。しかし、2010年には悲願の初優勝を達成しました。

初優勝後は、安定した成績を残し、2011年には横綱に昇進しました。横綱昇進後は、ケガの影響もあり、優勝から遠ざかっています。しかし、それでもなお、大相撲界を代表する力士の一人として活躍しています。

大乃国康の強さの秘密は、その圧倒的なパワーとスピードです。また、大相撲界屈指の取り口の巧さも兼ね備えています。

大乃国康は、大相撲界屈指の人気力士の一人です。その活躍は、多くの大相撲ファンを魅了しています。

大乃国康の主な成績は、以下の通りです。

* 幕内優勝回数1回
* 三賞受賞回数11回
* 金星獲得回数19個
* 最高位横綱

大乃国康の引退と年寄襲名

大乃国康の引退と年寄襲名

-大乃国康の引退と年寄襲名-

大乃国康は、1952年11月23日に大阪府大阪市で生まれた元大相撲力士。本名は田中康之。身長185cm、体重155kg。所属は出羽海部屋。最高位は東関脇。

大乃国は、1975年3月場所に初土俵を踏んだ。1977年1月場所に十両昇進。1978年3月場所に新入幕を果たした。1981年1月場所に小結に昇進。1982年11月場所に大関に昇進した。

大関在位は3場所にとどまり、1983年3月場所に陥落。1984年11月場所に再入幕を果たしたが、1986年1月場所に十両に陥落した。1987年3月場所に再入幕を果たしたが、1988年3月場所に十両に陥落。1989年11月場所に再入幕を果たしたが、1991年3月場所に十両に陥落した。1992年9月場所に再入幕を果たしたが、1994年3月場所に十両に陥落。1996年11月場所に再入幕を果たしたが、1997年3月場所に十両に陥落した。1999年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2000年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2001年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2002年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2003年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2004年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2005年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2006年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2007年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2008年1月場所に再入幕を果たしたが、同年5月場所に十両に陥落した。2009年1月場所に再入幕を果たしたが、同年5月場所に十両に陥落した。2010年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2011年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2012年1月場所に再入幕を果たしたが、同年5月場所に十両に陥落した。2013年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2014年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2015年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2016年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2017年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2018年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2019年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。2020年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2021年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2022年1月場所に再入幕を果たしたが、同年9月場所に十両に陥落した。2023年1月場所に再入幕を果たしたが、同年3月場所に十両に陥落した。

大乃国は、2023年5月場所に引退を発表した。引退後は年寄「北陣」を襲名した。

タイトルとURLをコピーしました