義芳光訓-室町時代の僧

義芳光訓-室町時代の僧

義芳光訓の生涯

義芳光訓の生涯

義芳光訓(1414-1486)は室町時代の僧です。備中(岡山県)で生まれ、12歳のときに京都の建仁寺で出家しました。その後、相国寺の開祖である夢窓疎石に師事し、禅を学びました。その後、鎌倉の建長寺、京都の南禅寺、建仁寺などの住持を歴任しました。また、室町幕府の将軍である足利義政の帰依を受け、幕府の政務にも関与しました。

義芳光訓は禅の優れた指導者として知られており、多くの弟子を育てました。また、詩文にも優れ、多くの詩歌を残しました。室町時代の禅宗を代表する人物の一人です。

義芳光訓の生涯は以下のようにまとめることができます。

* 1414年、備中で生まれる。
* 12歳のときに京都の建仁寺で出家する。
* 相国寺の開祖である夢窓疎石に師事し、禅を学ぶ。
* 鎌倉の建長寺、京都の南禅寺、建仁寺などの住持を歴任する。
* 室町幕府の将軍である足利義政の帰依を受け、幕府の政務にも関与する。
* 禅の優れた指導者として知られ、多くの弟子を育てる。
* 詩文にも優れ、多くの詩歌を残す。
* 1486年、京都で死去する。

義芳光訓の師匠

義芳光訓の師匠

義芳光訓の師匠

義芳光訓は、室町時代の僧侶であり、浄土真宗の開祖である親鸞の弟子として知られています。光訓は、1209年に京都に生まれ、幼い頃から仏教に親しんでいました。16歳の時に出家し、浄土真宗の門に入りました。

光訓は、浄土真宗の教えを深く学び、親鸞から多くのことを教わりました。親鸞は、阿弥陀仏の本願を信じれば、誰でも救われると説きました。光訓はこの教えに感銘を受け、浄土真宗の布教に努めました。

光訓は、全国各地を巡って、浄土真宗の教えを説きました。光訓の説法は、多くの人々に受け入れられ、浄土真宗は広く広まりました。光訓は、また、多くの弟子を育て、浄土真宗の教えを後世に伝えました。

光訓は、1276年に亡くなりました。光訓の死後も、浄土真宗は発展を続け、日本を代表する仏教宗派の一つとなりました。光訓は、浄土真宗の開祖である親鸞の弟子として、浄土真宗の教えを広く広めた功績者です。

光訓の師匠である親鸞は、1173年に京都に生まれました。親鸞は、幼い頃から仏教に親しみ、19歳の時に出家しました。親鸞は、浄土宗の開祖である法然の弟子として、浄土宗の教えを学びました。

しかし、親鸞は、法然の教えに疑問を持ち、浄土宗から離れました。親鸞は、阿弥陀仏の本願を信じれば、誰でも救われると説きました。この教えは、当時としては新しい考え方であり、多くの人々に受け入れられました。

親鸞は、全国各地を巡って、浄土真宗の教えを説きました。親鸞の説法は、多くの人々に受け入れられ、浄土真宗は広く広まりました。親鸞は、また、多くの弟子を育て、浄土真宗の教えを後世に伝えました。

親鸞は、1262年に亡くなりました。親鸞の死後も、浄土真宗は発展を続け、日本を代表する仏教宗派の一つとなりました。親鸞は、浄土真宗の開祖として、浄土真宗の教えを広く広めた功績者です。

義芳光訓が開いた寺

義芳光訓が開いた寺

-義芳光訓が開いた寺-

義芳光訓は、1356年に備中国足守庄に生まれる。足利義満の側近として活躍し、1393年には建仁寺の住職に就任する。その後、後小松天皇の勅願により、1406年に東福寺の開山となる。東福寺は、京都五山の第一位であり、禅宗の最高学府として栄えた。

また、義芳光訓は、1411年に相国寺の開山となる。相国寺は、京都五山の第二位であり、東福寺と並んで禅宗の二大名刹として知られるようになった。

義芳光訓は、東福寺と相国寺の開山として、禅宗の発展に大きく貢献した。また、足利義満の側近として活躍し、南北朝の統一にも尽力した。

義芳光訓が開いた寺は、いずれも禅宗の最高学府として栄え、多くの僧侶を輩出した。また、これらの寺は、京都の観光名所としても知られており、多くの人々から親しまれている。

タイトルとURLをコピーしました