「恵本裕子」

「恵本裕子」

柔道界に輝く金メダル

柔道界に輝く金メダル

-「恵本裕子」-
-柔道界に輝く金メダル-

恵本裕子さんは、1982年12月29日生まれ、福岡県福岡市出身の柔道選手です。身長は163cm、体重は52kgです。所属は三井住友海上火災保険です。

恵本さんは、4歳の頃から柔道を始めました。福岡大学附属若葉高等学校卒業後は、筑波大学に進学しました。大学卒業後は、三井住友海上火災保険に入社し、柔道部に所属しました。

恵本さんは、2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得しました。また、2007年の世界選手権でも金メダルを獲得しました。2008年の北京オリンピックでは、銀メダルを獲得しました。

恵本さんは、2012年のロンドンオリンピックに出場しましたが、メダルを獲得することはできませんでした。しかし、恵本さんは2016年のリオデジャネイロオリンピックで、見事に銅メダルを獲得しました。

恵本さんは、柔道界を代表する選手の一人です。恵本さんの活躍は、多くの人に勇気を与えています。

恵本さんの柔道に対する姿勢は、とても真摯です。恵本さんは、いつも練習に励み、試合では常にベストを尽くしています。恵本さんの努力は、必ず報われています。

恵本さんの柔道は、とても美しいです。恵本さんは、しなやかな動きと鋭い技で、相手を圧倒します。恵本さんの柔道は、見ていてとても爽快です。

恵本さんは、柔道界のレジェンドです。恵本さんの活躍は、これからも多くの人に感動を与え続けるでしょう。

北海道出身の柔道選手

北海道出身の柔道選手

-北海道出身の柔道選手-

恵本裕子は、北海道出身の柔道選手である。1975年4月17日生まれ。身長165cm、体重70kg。得意技は内股、大外刈り。

恵本は、北海道札幌市出身。北海道恵庭南高等学校を卒業後、東海大学に進学。東海大学では、2000年の全日本学生柔道体重別選手権大会女子70kg級で優勝。2001年の全日本学生柔道選手権大会女子70kg級でも優勝した。

2001年に大学を卒業後、コマツに入社。コマツでは、2002年の全日本女子柔道選手権大会女子70kg級で優勝。2003年の世界柔道選手権大会女子70kg級でも優勝した。

2004年のアテネオリンピックでは、女子70kg級に出場。準決勝で敗れたものの、3位決定戦で勝利し、銅メダルを獲得した。

2008年の北京オリンピックでは、女子70kg級に出場。決勝で敗れたものの、銀メダルを獲得した。

2012年のロンドンオリンピックでは、女子70kg級に出場。準決勝で敗れたものの、3位決定戦で勝利し、銅メダルを獲得した。

恵本は、2002年から2012年まで、全日本女子柔道選手権大会女子70kg級で7連覇を達成した。また、2003年から2012年まで、世界柔道選手権大会女子70kg級で6連覇を達成した。

恵本は、2013年に現役を引退した。引退後は、東海大学のコーチを務めている。

恵本は、北海道出身の柔道選手として、オリンピックで3つのメダルを獲得した。また、全日本女子柔道選手権大会で7連覇、世界柔道選手権大会で6連覇を達成している。恵本は、日本柔道界を代表する選手の一人である。

内また,大内刈りを得意とした

内また,大内刈りを得意とした

「恵本裕子」

内また,大内刈りを得意とした

恵本裕子は、1964年(昭和39年)生まれの神奈川県出身の柔道家である。1988年(昭和63年)のソウルオリンピックで銅メダルを獲得し、1992年(平成4年)のバルセロナオリンピックでは銀メダルを獲得した。

恵本は、内また、大内刈りを得意とする選手として知られており、その切れ味鋭い技で多くの相手を破ってきた。また、恵本は、粘り強く最後まで諦めないという精神力も強く、多くの試合で逆転勝利を収めている。

恵本は、ソウルオリンピックで銅メダルを獲得した後、1991年(平成3年)の世界選手権で優勝を果たした。しかし、翌年のバルセロナオリンピックでは、決勝戦で中国の庄曉岩に敗れ、銀メダルに終わった。

バルセロナオリンピックの後、恵本は引退したが、1996年(平成8年)のアトランタオリンピックで現役復帰を果たした。アトランタオリンピックでは、7位入賞を果たし、2大会連続のメダル獲得となった。

恵本は、引退後は指導者として活躍しており、現在も多くの若い選手を指導している。また、恵本は、柔道の普及活動にも積極的に取り組んでおり、講演会やイベントなどに出演している。

タイトルとURLをコピーしました