[海野幸広] 平安時代後期の武将

[海野幸広] 平安時代後期の武将

海野幸広の生涯

海野幸広の生涯

– 海野幸広の生涯

海野幸広は、平安時代後期の武将である。甲斐国の豪族であった海野氏の出身で、治承4年(1180年)に源頼朝が挙兵すると、これに従い、平家打倒に貢献した。

海野幸広は、甲斐国山梨郡海野庄(現在の山梨県笛吹市一宮町)の出身である。海野氏は、甲斐国の豪族であり、鎌倉時代には、甲斐守護職を世襲した。

幸広は、治承4年(1180年)に源頼朝が挙兵すると、これに従い、平家打倒に貢献した。頼朝の命令で、甲斐国や信濃国を転戦し、平家の軍勢を破った。

文治2年(1186年)、頼朝が鎌倉幕府を開くと、幸広は甲斐守護職に任命された。また、建久3年(1192年)には、信濃守護職も兼ねた。

幸広は、甲斐守護職として、甲斐国の治安維持や、幕府の政策の執行にあたった。また、信濃守護職として、信濃国の治安維持や、幕府の政策の執行にあたった。

幸広は、建久9年(1198年)に死去した。享年49歳。墓所は、山梨県笛吹市一宮町にある海野神社である。

海野幸広は、甲斐国の豪族であり、源頼朝に従い、平家打倒に貢献した武将である。また、甲斐守護職や信濃守護職を歴任し、幕府の政策の執行にあたった。

源義仲の侍大将として

源義仲の侍大将として

海野幸広は、平安時代後期の武将です。源義仲の侍大将として活躍しました。

海野幸広は、信濃国の豪族・海野氏の出身です。海野氏は、清和源氏の流れを汲む名族で、信濃国を支配していました。海野幸広は、海野氏の当主・海野幸隆の嫡男として生まれました。

海野幸広は、幼い頃から武芸に秀でていました。また、知略にも優れており、謀将としても知られていました。海野幸広は、源義仲が挙兵すると、すぐにこれに従いました。

海野幸広は、源義仲の侍大将として、各地を転戦しました。海野幸広は、その武勇と知略を遺憾なく発揮し、数々の戦いで勝利を収めました。

1184年、源義仲は、平氏を滅亡させ、鎌倉幕府を開きました。海野幸広は、源義仲の功績を称えられ、信濃国の守護に任命されました。

海野幸広は、信濃国の守護として、善政を敷き、民衆から慕われていました。海野幸広は、1190年に死去しましたが、その死は、信濃国に大きな悲しみをもたらしました。

海野幸広は、平安時代後期の武将として、その名を残した人物です。海野幸広は、源義仲の侍大将として活躍し、鎌倉幕府の成立に貢献しました。また、海野幸広は、信濃国の守護として、善政を敷き、民衆から慕われていました。

備中水島の戦いでの戦死

備中水島の戦いでの戦死

-備中水島の戦いでの戦死-

海野幸広は、鎌倉時代初期の武将であり、源頼朝の家臣として活躍しました。

建久元年(1190年)、源頼朝は平家討伐のため、備中水島に軍勢を派遣しました。海野幸広はこの戦いに参加し、平家軍と激戦を繰り広げました。しかし、戦いの最中に海野幸広は討ち取られてしまいました。

海野幸広の戦死は、源頼朝にとって大きな痛手となり、源頼朝は海野幸広の死を惜しみました。

海野幸広の墓は、広島県福山市にあり、現在でも多くの人々が参拝に訪れています。

-備中水島の戦い-

備中水島の戦いは、平安時代後期に起こった戦いである。戦国時代の備中水島の戦いと区別するため、本戦を「平家物語の戦い」、別名で「法皇の島流し」と記している「増鏡」では「水島の Breakers」。

平安時代末期、平清盛が権勢を振るっていた頃、備中国(現在の岡山県)に水島という島がありました。この島には、源氏の武将である海野幸広が籠城していました。

一方、平家軍は、平清盛の弟である平知盛を大将として水島に攻め寄せました。平家軍は、水島を包囲し、海野幸広を降伏させようとしました。

しかし、海野幸広は、平家軍の攻撃を何度も撃退し、平家軍は、水島を落とすことができませんでした。

戦いは、1年以上にわたって続きました。その間に、海野幸広は、平家軍の攻撃に耐えながら、源頼朝に援軍を求めました。

源頼朝は、海野幸広の援軍要請に応じ、鎌倉から軍勢を派遣しました。源頼朝の軍勢が水島に到着すると、平家軍は、水島から撤退しました。

海野幸広は、平家軍を退けたことで、源頼朝から賞賛されました。そして、海野幸広は、備中国の守護に任命されました。

タイトルとURLをコピーしました