新居善太郎 – 昭和時代の官僚

新居善太郎 – 昭和時代の官僚

新居善太郎の人物像

新居善太郎の人物像

-新居善太郎の人物像-

新居善太郎は1880年1月15日に愛知県名古屋市で生まれました。1903年に東京帝国大学法科大学を卒業し、1905年に大蔵省に入省しました。その後、大蔵省主計局長、大蔵次官などを歴任し、1937年に大蔵大臣に就任しました。1940年には企画院総裁に就任し、戦時経済の統制を担いました。1945年に大蔵大臣に再任し、戦後の経済復興に尽力しました。1949年に公職追放となり、1956年に死去しました。

新居善太郎は、昭和時代を代表する官僚の一人です。彼の人物像については、さまざまな評価があります。

新居善太郎の長所として、まず挙げられるのが、彼の優れた知能と才能です。彼は東京帝国大学法科大学を首席で卒業し、大蔵省でも抜群の成績を収めました。また、彼は非常に勤勉で、仕事熱心な人物でした。

新居善太郎のもう一つの長所は、彼の強い信念と決断力です。彼は、自分の信念を貫くために、どんな困難にも屈しませんでした。また、彼は、決断力があり、迅速に行動することができました。

新居善太郎の短所として、まず挙げられるのが、彼の傲慢さと独裁的な性格です。彼は、自分の意見を絶対視し、他人の意見を聞こうとしませんでした。また、彼は、部下に対して非常に厳しく、容赦のない態度をとりました。

新居善太郎のもう一つの短所は、彼の強欲さです。彼は、金銭に執着心が強く、汚職疑惑も数多くありました。また、彼は、権力欲が強く、権力を維持するために、あらゆる手段を講じました。

新居善太郎は、長所と短所を併せ持った複雑な人物でした。彼は、昭和時代を代表する官僚の一人であり、戦前戦後の日本の経済に大きな影響を与えました。

新居善太郎の功績

新居善太郎の功績

新居善太郎の功績

新居善太郎は、日本の官僚です。1887年、東京に生まれました。1911年、東京帝国大学法科大学を卒業後は、内務省に入省しました。1916年、台湾総督府に勤務し、1921年に朝鮮総督府に勤務しました。1926年に内務省に戻り、1929年に警視総監に就任しました。1931年に内務次官に就任し、1932年に警視総監に再任しました。1933年に内務大臣に就任し、1934年に辞任しました。1935年に枢密顧問官に任命され、1945年に死去しました。

新居善太郎は、日本の官僚として、日本の近代化に貢献しました。特に、警察制度の整備と治安の維持に尽力しました。警視総監として、日本の警察制度を近代化し、治安の維持に努めました。また、内務大臣として、日本の内政を統括し、日本の近代化を推進しました。

新居善太郎は、日本の近代化に貢献した功績が認められ、1935年に枢密顧問官に任命されました。また、勲一等旭日大綬章を受章しました。

新居善太郎は、日本の官僚として、日本の近代化に貢献した人物です。日本の警察制度の整備と治安の維持に尽力し、日本の内政を統括して日本の近代化を推進しました。

新居善太郎の人生

新居善太郎の人生

-新居善太郎の人生-

新居善太郎(1870-1937)は、日本の官僚。内務大臣、文部大臣を歴任した。新居善太郎は、1870年、兵庫県飾磨郡妻鹿村(現・姫路市)に生まれた。1894年、東京帝国大学法科大学を卒業し、内務省に入省した。1899年、滋賀県知事、1900年、三重県知事、1901年、京都府知事を歴任した。1902年、内務省書記官、1903年、内務次官を務めた。1908年、第2次桂内閣で内務大臣に就任した。1911年、第3次桂内閣で文部大臣に就任した。1914年、第1次山本内閣で内務大臣に再任した。1916年、第2次大隈内閣で文部大臣に再任した。1918年、第2次原内閣で内務大臣に三たび就任した。1921年、第1次高橋内閣で文部大臣に三たび就任した。1922年、第2次加藤内閣で内務大臣に四たび就任した。1924年、第1次若槻内閣で文部大臣に四たび就任した。1925年、第2次若槻内閣で内務大臣に五たび就任した。1927年、第1次田中内閣で文部大臣に五たび就任した。1929年、第2次田中内閣で内務大臣に六たび就任した。1931年、第1次若槻内閣で文部大臣に六たび就任した。1932年、第1次犬養内閣で内務大臣に七たび就任した。1934年、第2次犬養内閣で文部大臣に七たび就任した。1936年、第1次広田内閣で内務大臣に八たび就任した。1937年、第2次広田内閣で文部大臣に八たび就任してまもなく逝去した。

タイトルとURLをコピーしました