「あ」で始まる名前

歴史上の人物

阿蘇惟前 – 戦国時代の武将と阿蘇大宮司

-戦国時代の武将阿蘇惟前- 阿蘇惟前は、戦国時代の武将で、阿蘇大宮司を代々務める阿蘇氏の一族でした。 阿蘇惟前は、永正2年(1504年)に阿蘇義長の子として生まれました。 惟前は、阿蘇大宮司を継ぐと、阿蘇家の勢力拡大に努めました。 また、豊後の大名である大友宗麟と同盟を結び、筑後の龍造寺隆信と対抗しました。 惟前は、永禄12年(1569年)に、龍造寺隆信の軍勢と戦うために出陣しましたが、敗北して戦死しました。 惟前の死後、阿蘇家は没落し、阿蘇大宮司の地位も失いました。 しかし、惟前は、阿蘇氏の名声を高めた武将として、阿蘇の人々に語り継がれています。
歴史上の人物

浅野長広 – 江戸時代前期-中期の武士

-浅野長広の生涯- 浅野長広は、江戸時代前期から中期にかけての武士である。豊臣秀吉の甥である豊臣秀次の子として生まれ、浅野長政の養子となった。石見国浜田藩の藩主を務め、のちに広島藩に移封された。 長広は、1589年に豊臣秀次の三男として生まれた。しかし、1595年に秀次は豊臣秀吉の命令で切腹し、長広も連座して死罪となるはずであった。しかし、浅野長政の養子となったため、命を救われた。 長広は、1600年の関ヶ原の戦いで東軍に属し、功績を挙げた。戦後、石見国浜田藩の藩主となった。1619年には、広島藩に移封され、1632年まで藩主を務めた。 長広は、1632年に死去した。享年44。 -浅野長広の人物像- 長広は、文武両道に優れた人物であった。和歌や書をたしなみ、武芸にも秀でていた。また、政治家としても有能であり、広島藩の藩政を安定させた。 長広は、温厚で慈悲深い人物であった。領民に敬愛され、江戸時代屈指の名君と称えられている。 -浅野長広の功績- 長広は、広島藩の藩政を安定させ、領民の暮らしを豊かにした。また、和歌や書をたしなみ、武芸にも秀でていたため、多くの文人や武人に敬愛された。 長広の功績は、広島藩に限らず、日本全体に大きな影響を与えた。長広は、江戸時代屈指の名君として、現在でも多くの人々に敬愛されている。
歴史上の人物

「荒井清兵衛」(⇒荒井顕道(あらい-あきみち))について

-# 荒井清兵衛の生涯 荒井清兵衛(あらい-せいべえ)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した実業家である。1819年、肥後国八代郡氷川村(現在の熊本県八代市氷川町)に生まれた。 1841年、22歳の時に江戸に出て、呉服問屋「荒井屋」を開業した。清兵衛は商才に優れており、荒井屋はたちまち繁盛した。 1868年、明治維新が起こり、新政府が樹立された。清兵衛は新政府に協力し、政府から多くの事業を受注した。 1872年、清兵衛は日本郵船会社を設立した。日本郵船は、日本初の近代的な海運会社であり、日本の経済発展に大きく貢献した。 1877年、西南戦争が起こり、清兵衛は政府軍に加わった。西南戦争は政府軍の勝利に終わり、清兵衛は政府から勲功を授与された。 1890年、清兵衛は69歳で亡くなった。清兵衛は、日本の経済発展に大きく貢献した偉大な実業家である。 以下は、荒井清兵衛の生涯の年表である。 * 1819年肥後国八代郡氷川村(現在の熊本県八代市氷川町)に生まれる。 * 1841年江戸に出て、呉服問屋「荒井屋」を開業する。 * 1868年明治維新が起こり、新政府が樹立される。清兵衛は新政府に協力する。 * 1872年日本郵船会社を設立する。 * 1877年西南戦争が起こり、清兵衛は政府軍に加わる。 * 1890年69歳で亡くなる。
政治分野の人

– 阿部竹松

阿部竹松 - 労働運動に捧げた生涯 阿部竹松(1883-1959)は、日本で最も有名な労働運動指導者の一人でした。彼は、労働者階級の権利のために一生を捧げ、日本労働組合連合会(連合)の初代会長も務めました。 阿部は、1883年に長野県上田市に生まれました。彼は、貧しい家庭に育ち、小学校卒業後は工場で働き始めました。そこで、彼は労働者の過酷な労働条件を目の当たりにし、労働運動に関心を持つようになりました。 1912年に、阿部は日本最初の労働組合である友愛会に入会しました。友愛会は、労働者の権利を守るために結成された団体で、阿部はすぐにそのリーダーになりました。彼は、労働者のためのストライキやデモを組織し、労働法の制定を求めて政府に働きかけました。 1919年、阿部は労働組合の全国組織である日本労働総同盟を結成しました。労働総同盟は、労働者の権利を守るために大きな役割を果たしましたが、政府の弾圧を受けて解散させられました。その後、阿部は共産党に入党し、労働運動を続けます。 1945年に日本が第二次世界大戦に敗戦すると、阿部は労働運動を再開しました。彼は、連合の初代会長に就任し、労働者の権利を守るために尽力しました。阿部は、労働基準法の制定や、労働組合の権利の保護を求めて政府と交渉し、日本の労働運動の発展に大きな貢献をしました。 1959年、阿部は76歳で亡くなりました。彼は、日本の労働運動のパイオニアとして、今でも尊敬されています。
学術分野の人

阿川貫達 – 浄土宗の僧侶であり、大正大学教授

-# 阿川貫達 - 浄土宗の僧侶であり、大正大学教授 阿川貫達は、1892年(明治25年)6月2日、新潟県三島郡荒井浜村(現新潟市西区)に生まれた浄土宗の僧侶、大正大学教授である。 1912年(明治45年)に大正大学の前身である浄土宗大学専門部に入学し、1916年(大正5年)に卒業した。その後、浄土宗大学大学院に進学し、1918年(大正7年)に卒業した。 1920年(大正9年)に浄土宗大学教授に就任し、1922年(大正11年)に大正大学教授に就任した。1928年(昭和3年)には浄土宗大学学長に就任した。 1945年(昭和20年)には浄土宗大学が大正大学と合併し、大正大学教授に就任した。1947年(昭和22年)には大正大学学長に就任した。 1952年(昭和27年)に大正大学学長を退任し、1953年(昭和28年)に大正大学名誉教授となった。1958年(昭和33年)に亡くなった。 阿川貫達は、浄土宗の僧侶として、念仏の教えを広めることに尽力した。また、大正大学教授として、多くの学生を指導した。 -# 念仏者として知られた阿川貫達 阿川貫達は、念仏者として知られていた。念仏とは、阿弥陀如来の名を唱えることで、極楽浄土に往生することを願う修行である。 阿川貫達は、念仏は、誰もが平等に救われることができる教えであると説いた。そして、念仏を唱えることで、私たちの心の汚れを取り除き、清らかな心になることができると説いた。 阿川貫達の念仏の教えは、多くの人々に受け入れられた。そして、阿川貫達は、浄土宗の僧侶として、念仏の教えを広めることに尽力した。
歴史上の人物

「阿川玄蕃」

「阿川玄蕃」 「阿川玄蕃とは」 阿川玄蕃は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。備中国浅口郡阿川村(岡山県浅口市)の出身。浅口郡の大名・浦上宗景に仕え、その娘・阿川局の夫となった。 玄蕃は、永禄11年(1568年)、浦上宗景が毛利元就と和睦した際、その人質として毛利氏に送られた。しかし、その後、毛利氏と浦上氏の関係が悪化すると、玄蕃は幽閉された。 天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で死去すると、玄蕃は毛利氏から解放されて浦上氏に戻った。そして、浦上宗景の跡を継いだ浦上宗勝に仕えた。 天正13年(1585年)、豊臣秀吉が九州平定に乗り出すと、玄蕃は浦上宗勝に従って九州に渡った。しかし、秀吉の軍勢に敗れ、浦上宗勝は自害した。 玄蕃は、浦上宗勝の死後、豊臣秀吉に仕えた。秀吉の九州平定に従軍し、肥後国(熊本県)の八代城を攻略するなど活躍した。 文禄・慶長の役では、朝鮮に出兵し、碧蹄館の戦いなどで活躍した。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、西軍に加わって毛利輝元に従った。しかし、関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、玄蕃は捕らえられて処刑された。 玄蕃は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将であった。浦上宗景、浦上宗勝、豊臣秀吉、毛利輝元など、多くの戦国大名に仕えた。また、数々の合戦に参加し、活躍した。
音楽分野の人

安倍季厳 – 雅楽の世界に尽力した名匠

明治から昭和にかけて活躍した雅楽家 安倍季厳は、明治から昭和にかけて活躍した雅楽家です。雅楽の世界に尽力し、その発展に大きく貢献しました。 安倍季厳は、1898年(明治31年)に東京に生まれました。幼い頃から雅楽に親しみ、15歳の時に雅楽の師匠である安倍晴明の門下に入門しました。安倍晴明は、江戸時代から続く名門雅楽家で、安倍季厳はそこで雅楽の基礎を学びました。 20歳の時には、雅楽の演奏家としてデビューし、その後、各地で演奏活動を行いました。また、雅楽の研究にも励み、多くの論文を発表しました。1935年(昭和10年)には、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授に就任し、雅楽の教育にも尽力しました。 安倍季厳は、1978年(昭和53年)に亡くなりましたが、その功績は現在でも語り継がれています。雅楽の世界に多大な貢献をした安倍季厳は、名匠と呼ばれるにふさわしい雅楽家でした。 安倍季厳の雅楽に対する情熱は、彼の演奏に表れていました。安倍季厳の演奏は、情熱的で力強く、聴衆を魅了しました。また、安倍季厳は雅楽の研究にも熱心で、多くの論文を発表しました。安倍季厳の研究は、雅楽の歴史や理論を明らかにし、雅楽の発展に大きく貢献しました。 安倍季厳は、雅楽の世界に多大な貢献をした名匠でした。安倍季厳の情熱的な演奏と研究は、雅楽の発展に大きく貢献し、安倍季厳は現在でも多くの雅楽家から尊敬されています。
文学分野の人

芥川元風:江戸時代前期から中期の歌人、園芸家

芥川元風の生涯と功績 芥川元風は、江戸時代前期から中期の歌人、園芸家で、1623年に京都で生まれた。本名は藤井久兵衛。幼い頃から歌を学び、17歳の時に京都の歌会で優勝した。その後、京都の公家で歌人であった烏丸光広の門下生となり、烏丸流の歌風を学んだ。 元風は、京都で歌人として活躍する傍ら、園芸にも興味を持ち、花や草木を栽培した。また、歌と園芸を組み合わせた「花歌」という新しい歌の形式を創始した。花歌は、花や草木を題材にして詠んだ歌であり、元風の代表作である。 元風は、1682年に59歳で亡くなった。元風の死後、その歌風は「元風流」と呼ばれ、多くの歌人に影響を与えた。また、元風の園芸技術も高く評価され、多くの園芸家から尊敬された。 元風は、歌人としてだけでなく、園芸家としても優れた才能を発揮した人物である。元風の功績は、現代の歌人や園芸家にまで受け継がれている。 元風の代表作 元風の代表作には、以下の歌がある。 * 花は咲けども春の名残や片山に * 見渡せば山もとかすむ春の空 * 桜散る雨に濡れてもなお匂う これらの歌は、元風の卓越した歌才を垣間見ることができる。 元風の園芸技術 元風の園芸技術は、非常に高く評価されていた。元風は、花や草木を丁寧に育て、美しい花を咲かせた。また、元風は、花や草木の栽培方法を記録した「花譜」という書物を著し、後世にその技術を伝えた。 元風の「花譜」は、江戸時代屈指の園芸書として知られており、現在でも多くの園芸家に読まれている。
歴史上の人物

-「安里大親」(?~? 琉球の官吏)

安里大親とは 安里大親は、琉球王国の官吏であり、15世紀に活躍したとされています。安里家の一族で、安里大親は琉球王国の最高官職である三司官を務めたと伝えられています。 安里大親の生涯については、あまり詳しいことはわかっていません。しかし、安里大親は、琉球王国の政治に大きな影響力を持っていたとされており、三司官として琉球王国の統治に携わったと考えられています。 また、安里一族は、琉球王国の外交にも大きな役割を果たしたとされており、安里大親も、琉球王国の外交に携わった可能性があります。 安里大親が活躍した15世紀は、琉球王国の最盛期であり、安里大親は、琉球王国の最盛期に貢献した人物の一人だったと考えられています。 安里大親は、琉球王国の歴史上重要な人物であり、安里大親の生涯については、今後の研究が期待されます。
学術分野の人

秋保盛弁 – 江戸時代中期の暦算家

秋保盛弁の生い立ちと経歴 * 生誕と幼少期 秋保盛弁は、1724年(享保9年)に江戸で生まれた。幼い頃から算術に秀で、10歳の時に著名な算術家である野田良弼に弟子入りした。野田良弼は、秋保盛弁に数学の基礎を徹底的に叩き込み、秋保盛弁はめざましい進歩を遂げた。 * 秋保盛弁の学問 秋保盛弁は、数学のほかにも、天文学、暦学、地理学、医学など、幅広い分野を学んだ。特に、天文学と暦学には関心が深く、多くの研究成果を残した。天文観測用の器具を自作したり、暦の改良に取り組んだりした。 * 名声と業績 秋保盛弁は、その学問の深さと幅広さから、江戸時代中期を代表する学者の一人として知られるようになった。多くの弟子を育て、その影響力は江戸全体に広がった。 * 主要な著作 秋保盛弁は、「暦象新書」「暦法全書」「算法総覧」「天元図会」など、多くの著作を残した。これらの著作は、当時の数学や天文学の研究に大きく貢献した。 * 死去 秋保盛弁は、1786年(天明6年)に63歳で死去した。しかし、その学問の精神は、弟子たちによって受け継がれ、日本の数学や天文学の発展に大きく寄与した。
歴史上の人物

「浅野長賢」

浅野長賢. 浅野長賢(あさの ながよし)は、戦国時代の武将。陸奥国浅野氏の当主。通称は又五郎、治部少輔。 浅野氏は、藤原南家工藤氏の流れを汲む桓武平氏の一族で、相模国を所領としていたが、鎌倉時代初期に陸奥国へ移り、浅野氏を称するようになった。浅野長賢は、その浅野氏の第12代当主である。 長賢は、永禄2年(1559年)に生まれた。父は浅野長勝。母は岩城重隆の娘。幼名は松千代。 長賢は、幼い頃から聡明で武勇に優れていた。永禄8年(1565年)、17歳の若さで家督を継いだ。 長賢は、家督を継ぐと、領国の統治に努めた。また、周辺の豪族と同盟を結んで、勢力を拡大した。 永禄11年(1568年)、織田信長が上洛して足利義昭を奉じて室町幕府を再興した。長賢は、信長に味方して、信長の弟である織田信包に従った。 元亀元年(1570年)、信長は、越前国一向一揆を討伐するために出陣した。長賢も、信包に従って出陣した。 しかし、一向一揆は、信長の軍勢を撃退した。長賢も、この戦いで負傷した。 元亀2年(1571年)、長賢は、信長から陸奥国の守護に任命された。 天正6年(1578年)、長賢は、伊達輝宗と同盟を結んだ。 天正9年(1581年)、長賢は、信長から従五位下・左京大夫に叙任された。 天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が死去すると、長賢は、豊臣秀吉に降伏した。 天正12年(1584年)、長賢は、秀吉から陸奥国岩瀬郡と刈田郡を与えられた。 天正15年(1587年)、長賢は、秀吉の九州征伐に従軍した。 天正18年(1590年)、長賢は、秀吉の小田原征伐に従軍した。 文禄元年(1592年)、長賢は、秀吉の朝鮮出兵に従軍した。 文禄2年(1593年)、長賢は、朝鮮で病死した。享年35。 長賢は、勇猛果敢な武将として知られている。また、領国の統治にも務めて、民衆から慕われた。 長賢の死後、浅野氏は、子の浅野長政が継いだ。
美術分野の人

有元利夫 – テンペラによる古典味をおびた画風をきずいた画家

有元利夫の生涯 有元利夫は、1904年(明治37年)に、東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区)に生まれた。父親は、洋画家の有元龍堂であり、叔父は、日本画家の有元不二夫である。 有元利夫は、幼い頃から絵画に興味を持ち、1920年(大正9年)に東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学した。東京美術学校では、西村伊作や中村芳太郎に師事し、油絵を学んだ。 1924年(大正13年)に東京美術学校を卒業後、有元利夫は、画家として活動を開始した。当初は、油絵を描いていたが、1930年(昭和5年)頃に、テンペラ画に転向した。テンペラ画は、卵の黄身を結合剤として使用する絵画技法であり、早い乾きと堅牢さで、壁画や木版画などによく用いられている。 有元利夫は、テンペラ画を用いて、古典的な画風を築いた。彼の作品は、ギリシャやローマの古典彫刻を思わせるような、静謐で厳格な美しさを持っている。また、彼は、日本の伝統的な絵画技法である、金箔や銀箔を用いた作品も制作している。 有元利夫の作品は、国内外の美術館やギャラリーで展示され、高い評価を受けている。また、彼は、1954年(昭和29年)に、東京芸術大学教授に就任し、後進の育成にも尽力した。 有元利夫は、1989年(平成元年)に、84歳で亡くなった。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛され続けている。
歴史上の人物

風林火山の旗の下に輝いた勇将の生涯 – 甘利晴吉の物語

戦国時代の激動を駆け抜けた勇将 甘利晴吉は、戦国時代の動乱期に活躍した武将であり、甲斐武田家の重臣として数々の戦功を挙げました。彼の勇猛果敢な戦いぶりは「風林火山の旗の下に輝いた勇将」と称され、人々の賞賛を集めました。 晴吉は、永正6年(1508年)に甲斐国に生まれました。幼少期から武芸に励み、若くして武田家の家臣となりました。主君である武田信玄の信頼を得て、信玄の右腕として数々の戦に参加しました。 永禄4年(1561年)、川中島での戦いでは、晴吉は武田軍の主力として参戦し、見事な功績を挙げました。この戦いでの晴吉の奮戦は、武田軍の勝利に貢献し、晴吉の名は世間に知れ渡ることとなりました。 元亀元年(1570年)、武田信玄が病死すると、晴吉は信玄の跡を継いだ勝頼に仕えました。勝頼のもとでも晴吉は勇猛果敢に戦い続け、武田家のために数々の戦功を挙げました。しかし、天正10年(1582年)、武田家は織田軍に敗れ、晴吉もまた戦死しました。 晴吉は、武勇に優れ、主君に忠義を尽くした戦国時代の勇将として知られています。彼の戦いぶりは人々の賞賛を集め、その名は現在も語り継がれています。
政治分野の人

赤松新右衛門 明治時代の政治家

-# 自由民権運動への参加 赤松新右衛門は、明治時代の政治家で、自由民権運動に積極的に参加しました。 赤松は、1841年に現在の山口県に生まれました。長州藩士として戊辰戦争に参加し、維新後は山口県議会議員を務めました。1874年に立憲政体樹立を要求する「建白書」を政府に提出したことがきっかけで、自由民権運動に身を投じました。 赤松は、1875年に結成された自由民権運動の中心団体である「愛国社」の会員となり、同社の機関紙「郵便報知新聞」の主筆を務めました。また、各地で演説会を開き、自由民権思想を普及させました。 1881年には、自由民権運動家が集まって結成された「国会期成同盟会」に入り、同会の幹部として活躍しました。国会期成同盟会は、国会開設を求める運動を展開し、1890年にようやく国会開設が実現しました。 赤松は、国会開設後も引き続き政治活動を行い、1894年に衆議院議員に当選しました。1898年には、犬養毅内閣で内務大臣を務めました。 赤松は、1906年に死去しました。死後、正二位勲一等旭日大綬章が贈られました。
経済分野の人

青木得三 – 大正-昭和時代の財政学者

はじめに - 青木得三とは 青木得三は、明治24年(1891年)12月10日に、日本の長野県に生まれました。彼は、日本の著名な財政学者であり、日本の財政学の発展に大きく貢献しました。 青木得三は、東京帝国大学を卒業後、大蔵省に入省しました。その後、アメリカ合衆国のコロンビア大学に留学し、財政学を学びました。帰国後は、東京帝国大学教授や大蔵省主計局長などの要職を歴任しました。 青木得三の財政学への貢献は、主に以下のような分野にあります。 * 公共財の理論青木得三は、公共財の供給と配分に関する理論を構築しました。この理論は、公共財の供給と配分の最適化に役立っています。 * 財政政策の理論青木得三は、財政政策の役割と効果に関する理論を構築しました。この理論は、財政政策の適切な実施に役立っています。 * 財政史の研究青木得三は、日本の財政史を研究し、日本の財政の発展過程を明らかにしました。この研究は、日本の財政制度の理解に役立っています。 青木得三は、日本の財政学の発展に大きな貢献をした財政学者です。彼の業績は、日本の財政制度の改善と日本の経済発展に役立っています。
歴史上の人物

粟鱒麻呂 – 平安時代に活躍した官吏

-粟鱒麻呂の生涯- 粟鱒麻呂は、平安時代初期の官吏であり、桓武天皇、平城天皇、嵯峨天皇の三朝に仕えました。彼の生涯は、当時の政治や文化を理解する上で重要な手がかりを与えてくれます。 粟鱒麻呂は、771年に生まれました。名は麻呂であり、粟鱒は氏のようです。彼の出自については、諸説ありますが、坂上田村麻呂の兄であるという説が有力です。坂上田村麻呂といえば、征夷大将軍として蝦夷の反乱を鎮圧したことで知られています。粟鱒麻呂は、坂上田村麻呂と同様、軍事的な才能を持っていたのかもしれません。 粟鱒麻呂は、桓武天皇の時代に官僚として出仕します。はじめ、近衛府の官人を務め、その後、宮内少輔、左京大夫を歴任しました。桓武天皇は、長岡京への遷都を断行するなど、積極的な政治を行いました。粟鱒麻呂は、桓武天皇の政策を支える重要な人物の一人だったようです。 平城天皇の時代には、弾正尹を務めました。弾正尹は、検察官のような役職であり、不正を糾弾する役割を担っていました。粟鱒麻呂は、弾正尹として、権力者の不正を糾弾し、政治の浄化に努めたようです。 嵯峨天皇の時代には、参議、右兵衛督を務めました。参議は、太政官の次官であり、政務を審議する役割を担っていました。右兵衛督は、右兵衛府の長官であり、宮中の警備を統括する役割を担っていました。粟鱒麻呂は、参議、右兵衛督として、嵯峨天皇の政治を支え、国の安全を維持したようです。 粟鱒麻呂は、837年に亡くなりました。享年67歳でした。彼の死は、当時の朝廷に大きな衝撃を与えたようです。粟鱒麻呂は、桓武天皇、平城天皇、嵯峨天皇の三朝に仕え、政治、軍事、検察、警備など、さまざまな分野で活躍しました。彼の生涯は、平安時代初期の政治や文化を理解する上で重要な手がかりを与えてくれます。
歴史上の人物

阿川四郎 – 幕末の武士

-阿川四郎の生涯- 阿川四郎は高鍋藩に生まれ、幼くして江戸に出て勉学に励みました。しかし、江戸城の天守閣で発生した火災に巻き込まれて両目を失明し、故郷の高鍋に戻りました。盲目ながら剣術と槍術を学び、藩主の近習となりました。 ペリー来航時には、藩主について江戸に上り、幕府の応接役を務め、攘夷の気運が高まると、藩の公用人として京都に赴きました。しかし、公武合体派が台頭すると、高鍋に戻って藩政改革に尽力しました。 戊辰戦争では、高鍋藩は薩摩藩に味方して新政府軍と戦いましたが、敗北して降伏しました。阿川四郎は終戦後、兵部省に出仕しました。廃藩置県後は、郷里の児湯郡長を務め、晩年は東京に移り住んで、明治28年に72歳で亡くなりました。 阿川四郎は、盲目ながら剣術と槍術を学び、藩主の近習となるなど、活躍した武士でした。戊辰戦争では薩摩藩に味方して新政府軍と戦いましたが、敗北して降伏しました。終戦後、兵部省に出仕し、廃藩置県後は、郷里の児湯郡長を務めました。晩年は東京に移り住んで、明治28年に72歳で亡くなりました。
歴史上の人物

幕末の武士 – 安藤藤二

文政5年生まれの肥前平戸藩藩士 安藤藤二は、文政5年(1822年)に、肥前平戸藩藩士として、平戸藩士・安藤源之丞の三男として生まれた。幼名は、源吾。藤二は、平戸藩藩校である広業館で学び、剣術・槍術・馬術を修得した。 安政5年(1858年)、藤二は、平戸藩主・松浦静山の命により、江戸に遊学した。江戸では、昌平坂学問所や講武所に入学し、学問や武芸を修めた。藤二は、江戸滞在中に、幕府の政治や外国情勢を学ぶとともに、尊王攘夷思想にも触れた。 文久2年(1862年)、藤二は、平戸藩に戻り、藩の軍務掛に任命された。藤二は、藩の軍備強化に努め、平戸藩が幕府の攘夷政策に協力するよう、藩主・松浦静山を説得した。 元治元年(1864年)、藤二は、平戸藩兵を率いて、京都に向かった。藤二は、京都で、長州藩や薩摩藩などの尊王攘夷派の藩士たちと協力し、幕府軍と戦った。しかし、幕府軍は、長州藩や薩摩藩を破り、京都を制圧した。 慶応3年(1867年)、藤二は、平戸藩兵を率いて、箱館戦争に参加した。藤二は、箱館で、幕府軍と戦い、箱館奉行・榎本武揚を降伏させた。 明治2年(1869年)、藤二は、平戸藩の廃藩置県により、官職を辞した。藤二は、その後、東京に移住し、東京府議会議員や東京府会議長を務めた。明治33年(1900年)、藤二は、東京で死去した。享年79。
学術分野の人

「足立康」

-足立康の生涯と功績- 足立康(1538~1612)は、戦国時代から江戸時代にかけての武将、大名である。足利氏・武田氏・北条氏などの有力大名に仕え、戦功を立てた。 -足立康の生涯- 足立康は、1538年に上野国群馬郡足立郷(現在の群馬県高崎市)で生まれた。父は足立政経、母は長野氏である。幼名は万千代丸。 1560年、足立康は上杉謙信の軍に従い、越後国・春日山城の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、敵将を討ち取るなどの武功を立て、上杉謙信から感状を授かった。 1561年、足立康は武田信玄の軍に従い、信濃国・川中島合戦に出陣する。この戦いで足立康は、敵軍の攻撃を阻止するなどの活躍をし、武田信玄から感状を授かった。 1569年、足立康は北条氏康の軍に従い、武蔵国・三増峠の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、敵将を討ち取るなどの武功を立て、北条氏康から感状を授かった。 1573年、足立康は徳川家康の軍に従い、三方ヶ原の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、徳川家康の嫡子・徳川信康を救出するなどの活躍をし、徳川家康から感状を授かった。 1582年、足立康は本能寺の変で織田信長が討たれると、徳川家康に従って甲斐国・武田氏を滅ぼす。この功績により、徳川家康から上野国・高崎城を与えられた。 1590年、足立康は豊臣秀吉の軍に従い、小田原征伐に出陣する。この戦いで足立康は、北条氏政の居城・小田原城を攻め落とすなどの活躍をし、豊臣秀吉から感状を授かった。 1598年、足立康は徳川家康に従って上杉景勝を討伐する。この功績により、徳川家康から下総国・古河城を与えられた。 1600年、足立康は徳川家康に従って関ヶ原の戦いに出陣する。この戦いで足立康は、石田三成の軍を破るなどの活躍をし、徳川家康から感状を授かった。 1603年、徳川家康が江戸幕府を開くと、足立康は老中として幕政に参加する。足立康は、徳川家康の信頼が厚く、幕府の重要政策を立案・実行した。 1612年、足立康は江戸城で死去する。享年75。 -足立康の功績- 足立康は、戦国時代から江戸時代にかけて、徳川家康に仕えて数多くの戦功を立てた。また、徳川家康の信頼が厚く、江戸幕府の重要政策を立案・実行した。足立康の功績は、江戸幕府の基礎を固めるのに大きく貢献した。
美術分野の人

安東聖空

-安東聖空- -近藤雪竹に漢字を学ぶ- 安東聖空は、江戸時代初期の画家です。彼は、1606年に越前国福井藩で生まれ、1675年に京都で亡くなりました。聖空は、狩野派の画家として知られており、狩野探幽の門下で修行しました。 聖空は、若い頃から漢字を学ぶことに興味を持っていました。彼は、近藤雪竹という儒学者に師事し、漢字を勉強しました。雪竹は、聖空に漢字の読み書きを教えるだけでなく、漢字の文化や歴史についても教えました。 聖空は、雪竹から学んだことを生かして、自分の作品の中に漢字を積極的に取り入れました。例えば、彼の代表作のひとつである『松島図』には、漢字で「松島」と書かれています。また、彼は漢字を題材にした作品も数多く残しています。例えば、『漢字百聯図』という作品は、100個の漢字を題材にした連作です。 聖空は、漢字を学ぶことで、自分の作品に深みを持たせることに成功しました。彼の作品は、漢字の文化や歴史を伝える貴重な資料となっています。 -聖空の書- 聖空の書は、力強く、ダイナミックな書体です。彼は、筆に強い力を込めて漢字を書き、漢字の持つエネルギーを表現しています。聖空の書は、見る人に強い印象を与えるため、多くのコレクターから人気があります。 聖空は、漢字を学ぶことで、自分の作品に深みを持たせることに成功しました。彼の作品は、漢字の文化や歴史を伝える貴重な資料となっています。また、彼の書は、力強く、ダイナミックな書体であり、見る人に強い印象を与えます。
学術分野の人

「新井滄洲」(1714-1792 江戸時代中期の儒学者)

新井滄洲(1714~1792 江戸時代中期の儒学者) 新井滄洲の生い立ちと儒学への入門 新井滄洲は、1714年(正徳4年)に、伊勢国桑名藩の儒学者、新井白雲の子として生まれました。滄洲は幼少の頃から聡明で、5歳の頃にはすでに「論語」や「孟子」を暗誦することができたといいます。 10歳の時、滄洲は儒学者の林鳳洲に入門し、本格的に儒学を学び始めました。鳳洲は、滄洲の才能を見抜き、手厚く指導しました。滄洲は鳳洲のもとで、儒学の経典や歴史書を学び、また、詩文の作法も習得しました。 18歳の時、滄洲は江戸に出て、儒学者の荻生徂徠に入門しました。徂徠は、当時の儒学界を代表する学者の一人で、徂徠学と呼ばれる独自の学説を展開していました。滄洲は徂徠のもとで、徂徠学を学び、また、徂徠の門人である太宰春台や服部南郭とも交流しました。 徂徠の死後、滄洲は江戸で私塾を開き、儒学を教授しました。滄洲の講義は、わかりやすく、また、ユーモアを交えたもので、多くの学生を惹きつけました。滄洲は、儒学の普及に努め、また、多くの著書を著して、儒学の発展に貢献しました。 滄洲は、1792年(寛政4年)に江戸で死去しました。享年79歳でした。滄洲の死は、儒学界に大きな衝撃を与え、多くの人がその死を悼みました。滄洲は、江戸時代中期の儒学界を代表する学者の一人であり、儒学の発展に大きな貢献をしました。
美術分野の人

安部真知-舞台美術の世界を切り拓いた女性

生い立ちと女子美術専門学校時代 安部真知は、1934年1月15日に東京で生まれた。父親は外交官で、母親は画家である。幼い頃から絵画に親しみ、9歳の時に美術教室に通い始める。1952年に女子美術専門学校(現女子美術大学)に入学し、日本画を専攻する。 女子美術専門学校では、日本画の伝統的な技法を学びながら、洋画や彫刻などの他のジャンルの美術にも関心を持ち、様々な作品を制作した。特に、舞台美術に興味を持ち、在学中に舞台美術の授業を受講し、舞台装置の制作を始める。 1956年、女子美術専門学校を卒業し、舞台美術家として活動を開始する。当初は、小劇場や学生演劇の舞台装置を手がけていたが、その後、メジャーな劇団やオペラの舞台装置も手がけるようになる。 1960年代には、安部真知の舞台美術は、その革新性と美しさで注目を集め、多くの賞を受賞する。1964年には、東京オリンピックの開会式と閉会式の舞台装置を手がけ、その功績が讃えられた。 1970年代以降も、安部真知は舞台美術家として活躍を続け、多くの作品を発表した。1980年には、紫綬褒章を受章し、1994年には、文化功労者に選ばれた。 2000年、安部真知は亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。彼女の作品は、国内外の美術館に収蔵されており、多くの人々に愛されている。
美術分野の人

書家荒木呉橋の人物辞典

-江戸時代中期-後期の書家- -狩野探幽-(かのう たんゆう、1602~1674年) 江戸時代初期の画家。狩野派の四代目当主。徳川家光の命で江戸城や日光東照宮などの障壁画を手がけた。書も能くし、特に草書を得意とした。 -酒井抱一-(さかい ほういつ、1761~1829年) 江戸時代後期の画家、書家。琳派の代表的画家の一人。洒脱でユーモラスな作風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -池大雅-(いけ の たいが、1723~1776年) 江戸時代中期の画家、書家。南画の代表的画家の一人。中国の文人画を学び、写生を重視した画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -与謝蕪村-(よさ ぶそん、1716~1784年) 江戸時代中期の俳諧師、画家、書家。俳諧では蕉風を継ぎ、蕪村風と呼ばれた。画も能くし、南画の影響を受けた独自の画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -谷文晁-(たに ぶんちょう、1763~1840年) 江戸時代後期の画家、書家。南画の代表的画家の一人。中国の文人画を学び、写生を重視した画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -高久靄厓-(たかく あいがい、1785~1861年) 江戸時代後期の書家、篆刻家。篆刻を秦蔵六に学び、独自の画風を確立した。書も能くし、特に篆書を得意とした。 -貫名菘翁-(ぬきな しょうおう、1778~1861年) 江戸時代後期の書家、画家。篆書を得意とし、その書風は「菘翁体」と呼ばれた。画も能くし、南画の影響を受けた独自の画風で知られる。 -渡辺崋山-(わたなべ かざん、1793~1841年) 江戸時代後期の画家、書家。南画の代表的画家の一人。中国の文人画を学び、写生を重視した画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。
歴史上の人物

「阿保人上」について

-阿保人上とは?- 阿保人上とは、江戸時代後期に京都で流行した、阿呆(阿保)に仮装した人によって行われた暴走行為のことである。江戸時代中期にはすでに「阿保陀羅経」という類似した行為があった。 阿保人上は、毎年8月15日の祇園祭の前夜に、阿呆に扮装した人々が、祇園を暴れまわって騒ぎを起こすというものである。阿保人上とは、「阿呆の人の兄」という意味で、阿呆の人の兄が阿呆の人の先頭に立って騒ぎを起こすという意味である。阿保人上は、祇園祭のクライマックスである山鉾巡行の前夜に行われていた。 阿保人上は、阿呆に扮装した人々が、頭にはゲタを乗せ、顔を墨で塗り、顔の周りに火をつけることが特徴である。阿保人上は、祇園を暴れまわり、家中に入っては酒食を強請したり、食器を盗んでいったり。時には女性にいたずらをしたりと周囲を騒がせた。阿保人上は、祇園祭のクライマックスである山鉾巡行の前夜に行われていたが、年々、阿保人上の規模は拡大し、祇園祭の秩序を乱すようになった。そのため、阿保人上は、1891年に禁止された。