「た」で始まる名前

芸能分野の人

竹本春子太夫(3代)

# -竹本春子太夫(3代)の生涯- 竹本春子太夫(3代)(1718年 - 1790年)は、近松門左衛門作の浄瑠璃「曽根崎心中」の初演と豊竹若太夫(2代)との恋愛で知られる浄瑠璃太夫。竹本座の女太夫。 竹本春子太夫は、1718年に大阪で生まれた。幼い頃から音曲に親しみ、10歳のときに竹本義太夫(7代)に入門。竹本座の女太夫として活躍し、1731年に「曽根崎心中」の初演で絶賛された。 竹本春子太夫は、豊竹若太夫(2代)との恋愛でも知られる。豊竹若太夫は、竹本座の男太夫で、春子太夫とは芸事でライバル関係にあった。しかし、やがて2人は恋に落ち、1735年に密かに結婚した。しかし、2人の結婚はすぐに竹本座に知られ、破門された。 破門された後の竹本春子太夫は、豊竹若太夫とともに地方を巡業し、浄瑠璃を披露した。1741年に豊竹若太夫が亡くなると、春子太夫は一人旅を続け、1790年に亡くなった。 竹本春子太夫は、浄瑠璃界の女太夫として活躍し、豊竹若太夫との恋愛でも知られる。その生涯は、多くの小説やドラマで描かれている。
歴史上の人物

大黒常是(3代):江戸時代前期の銀貨鋳造師

-大黒常是家系と京都銀座- 大黒常是は、江戸時代前期に京都で活躍した銀貨鋳造師です。常是は、伯耆国(現在の鳥取県)の国人領主・大黒為重の子として生まれ、後に京都の銀座に居住しました。銀座とは、室町時代から江戸時代にかけて、金貨・銀貨の鋳造や貨幣の交換業務を行っていた場所を指します。 京都銀座は、応仁の乱(1467~1477年)後に、京都に遷都した室町幕府によって設置されました。銀座は、幕府の財政を支えるために、金貨・銀貨の鋳造や貨幣の交換業務を行うことを目的としていました。 銀座の経営は、幕府から特権を与えられた銀座吹と呼ばれる有力商人によって行われていました。大黒常是も、銀座吹の一人であり、京都銀座の経営に携わっていました。 常是は、銀貨の鋳造技術に優れており、京都銀座で鋳造された銀貨は、その品質の高さで評判でした。常是が鋳造した銀貨は、寛永通宝(1626年)や元禄小判(1695年)など、江戸時代を代表する銀貨として知られています。 常是は、京都銀座の経営者である銀座吹として、幕府の財政を支える重要な役割を果たしました。また、銀貨の鋳造技術に優れており、その技術は江戸時代を通じて受け継がれていきました。
歴史上の人物

平維衡 – 平安時代中期の武人

-平維衡の生涯- 平維衡(たいらのこれひら)は、平安時代中期の武人である。清盛の曾孫・維盛の子である。 -平氏一門の勃興と維衡の誕生- 平維衡は、平安時代末期に平氏一門が政権を握っていた時代に生まれた。平氏一門は、平清盛を棟梁として、源氏との争いに勝利し、平安京を掌握した。清盛は、平氏一門の勢力を拡大するために、各地に平氏一門の武士を派遣し、土地を支配させた。維衡も、その一人であった。 -維衡の活躍と平氏の滅亡- 維衡は、平氏一門の武士として各地を転戦し、活躍した。しかし、源氏との争いは激化し、平氏一門は徐々に劣勢に立たされた。そして、壇ノ浦の戦いで平氏一門は滅亡した。維衡も、壇ノ浦の戦いで戦死した。 -平維衡の死とその後- 平維衡の死後は、平氏一門は各地に散り散りになり、その多くが没落した。しかし、平氏一門の一部は、生き延びて、武士として活躍し続けた。そして、鎌倉時代には、平氏一門の武士が、鎌倉幕府の有力御家人として活躍した。 平維衡は、平氏一門の武士として、活躍した人物である。平氏一門の滅亡とともに、維衡も戦死したが、維衡の死後は、平氏一門の一部が生き延びて、武士として活躍し続けた。平維衡の死は、平氏一門の滅亡を象徴する出来事であったが、平氏一門の武士の精神は、その後も脈々と受け継がれていった。
文学分野の人

為永春友(1825-1898)

-為永春友の生涯と経歴- 為永春友(1825-1898)は、江戸時代末期から明治時代にかけての日本の政治家、外交官である。第3代、4代、6代駐仏公使、外務卿、文部卿、逓信卿などを歴任した。 春友は、1825年(文政8年)に土佐国香美郡(現在の高知県香美市)に生まれた。父は土佐藩士の為永業直、母は薩摩藩士の娘である。春友は幼少の頃から聡明で、藩校である致道館で学んだ。 1851年(嘉永4年)、春友は藩命により江戸に遊学した。春友は江戸で昌平坂学問所や蕃書調所などで学び、洋学を修めた。1854年(安政元年)、春友は土佐藩の使節としてアメリカ合衆国に渡った。春友はアメリカでアメリカの政治や外交を学び、また、アメリカの文化に触れた。 1856年(安政3年)、春友は帰国して土佐藩の参政に就任した。春友は土佐藩の近代化に尽力し、殖産興業や軍備の整備を進めた。1868年(明治元年)、春友は戊辰戦争に参加し、官軍として戦った。 明治維新後、春友は明治政府に出仕した。春友は外務卿、文部卿、逓信卿などを歴任し、日本の近代化に貢献した。春友はまた、1871年(明治4年)に日本の最初の駐仏公使に任命され、1874年(明治7年)まで駐仏公使を務めた。春友は駐仏公使として、フランス政府との交渉を行い、日仏修好通商条約の締結に尽力した。 1876年(明治9年)、春友は駐仏公使を辞任し、帰国した。春友は帰国後、元老院議官、枢密顧問官などを歴任した。春友は1898年(明治31年)、東京で死去した。
歴史上の人物

建部政周

建部政周の生い立ち 建部政周は、1128年に備中国賀陽郡建部郷(現在の岡山県岡山市北区建部町)に生まれた。父は建部季基、母は藤原盛子。幼い頃から聡明で、12歳の時に上京して藤原頼長に師事した。頼長は政周の才能を高く評価し、政周は頼長の側近として活躍した。 建部政周の生い立ちは、恵まれたものであった。父は備中国賀陽郡建部郷の領主であり、母は藤原北家の一門である藤原盛子の娘であった。そのため、政周は幼い頃から京都の公家社会と深い関わりを持つことができた。政周は、京都の公家社会で育ち、藤原頼長に師事した。頼長は、政周の才能を高く評価し、政周は頼長の側近として活躍した。 建部政周は、12歳の時に上京し、藤原頼長に師事した。頼長は、政周の才能を高く評価し、政周は頼長の側近として活躍した。建部政周は、頼長の側近として活躍し、政治的にも重要な役割を果たした。政周は、1156年に頼長が失脚すると、土佐国に流罪となった。政周は、土佐国で11年を過ごした後、1167年に赦免されて帰京した。 建部政周は、帰京後に藤原頼通の子である藤原基通に仕えた。建部政周は、基通の側近として活躍し、基通の娘である藤原隆子を安徳天皇の中宮とするのに貢献した。建部政周は、その後、権大納言に昇進し、朝廷で重要な役割を果たした。建部政周は、1199年に72歳で死去した。 建部政周は、生涯を通じて平安時代の公家社会で活躍した。政周は、聡明で才能豊かであり、藤原頼長や藤原基通に仕えて重要な役割を果たした。政周の死は、平安時代の公家社会の衰退の象徴であった。
スポーツ分野の人

伝説の力士「玉垣額之助(15代)」の人生

# 玉垣額之助(15代)の生涯 玉垣額之助(15代)は、1883年(明治16年)3月25日に、石川県金沢市に生まれました。本名は、玉垣松太郎です。 玉垣額之助(15代)は、1901年(明治34年)に、18歳の時に、二所ノ関部屋に入門しました。二所ノ関部屋は、相撲の名門として知られる部屋で、その中でも玉垣額之助(15代)は、頭角を現しました。 玉垣額之助(15代)は、1911年(明治44年)に、新入幕を果たしました。新入幕を果たした玉垣額之助(15代)は、その時から、強さを発揮しました。 玉垣額之助(15代)は、1915年(大正4年)に、22歳の時に、横綱に昇進しました。横綱に昇進した玉垣額之助(15代)は、その頃から、大横綱として活躍しました。 玉垣額之助(15代)は、1921年(大正10年)に、38歳の時に、現役を引退しました。現役を引退した玉垣額之助(15代)は、年寄・伊勢ヶ濱を襲名しました。年寄・伊勢ヶ濱を襲名した玉垣額之助(15代)は、二所ノ関部屋を盛り上げました。 玉垣額之助(15代)は、1945年(昭和20年)3月10日に、61歳で亡くなりました。玉垣額之助(15代)は、相撲の歴史に残る名力士でした。
文学分野の人

高橋五郎:明治-昭和前期の評論家、英語学者、翻訳家

# 高橋五郎と植村正久の出会い 高橋五郎と植村正久は、明治-昭和前期の日本のキリスト教界を代表する二大人物である。高橋五郎は、評論家、英語学者、翻訳家として多方面に活躍し、植村正久は、牧師、神学者、教育者として活躍した。二人の出会いは、日本のキリスト教界に大きな影響を与えた。 高橋五郎は、1855年に新潟県に生まれた。1873年に東京の築地大学校に入学し、1877年に卒業した。卒業後は、築地大学校の英語教師を務めた。1885年に、アメリカ合衆国に留学し、1889年に帰国した。帰国後は、評論家として活躍し、多くの評論を発表した。また、英語学者としても活躍し、英語の文法書や辞書を著した。さらに、翻訳家としても活躍し、多くの英語の書籍を翻訳した。 植村正久は、1858年に茨城県に生まれた。1877年に、東京の築地大学校に入学し、1881年に卒業した。卒業後は、築地大学校の牧師を務めた。1887年に、アメリカ合衆国に留学し、1890年に帰国した。帰国後は、築地大学校の学長を務めた。また、牧師としても活躍し、多くの教会で牧会した。さらに、神学者としても活躍し、多くの神学書を著した。 高橋五郎と植村正久は、1885年に築地大学校で出会った。二人は、すぐに親しくなり、親友となった。二人は、共にキリスト教の信仰に熱心で、多くのことを語り合った。また、二人は、共に日本の近代化に尽力した。 高橋五郎と植村正久の出会いは、日本のキリスト教界に大きな影響を与えた。二人の親交は、日本のキリスト教界の団結を促進した。また、二人の活躍は、日本のキリスト教界の発展に貢献した。
歴史上の人物

竹尾正胤-江戸後期から明治時代の神職・国学者

-竹尾正胤の生涯- 竹尾正胤(たけお まさつね)は、江戸後期から明治時代の神職・国学者です。 1797年(寛政9年)に美濃国不破郡牧村(現在の岐阜県大垣市牧町)に生まれました。 14歳の時に、名古屋の儒学者である吉田澄章に師事し、儒学を学びました。 20歳のときに、上京して国学者である本居宣長に師事し、国学を学びました。 25歳のときに、美濃国に帰って神職となり、同時に国学の研究を続けました。 1829年(文政12年)に、本居宣長の『古事記伝』を完成させました。 1832年(天保3年)に、美濃国不破郡柳津村(現在の岐阜県大垣市柳津町)に私塾である「竹尾塾」を開設しました。 竹尾塾は、国学を学ぶ人々にとって重要な拠点となり、多くの国学者が輩出されました。 1868年(明治元年)に、明治政府の命を受けて、太政官神祇官の権少史に任命されました。 1870年(明治3年)に、神宮大宮司に任命されました。 1871年(明治4年)に、神宮祭主を解任されて、東京府麹町区(現在の東京都千代田区麹町)に移りました。 1872年(明治5年)に、死去しました。 竹尾正胤は、本居宣長の国学を継承し、発展させた人物です。 竹尾塾は、国学を学ぶ人々にとって重要な拠点となり、多くの国学者が輩出されました。 竹尾正胤は、明治政府の命を受けて、太政官神祇官の権少史、神宮大宮司を務めました。 竹尾正胤は、国学の発展に貢献した人物です。
歴史上の人物

– 高妻芳洲

- 高妻芳洲
歴史上の人物

立花寛治→ 明治-大正時代の農業指導者

-立花寛治の生涯- 立花寛治は、明治-大正時代の農業指導者で、日本の農業近代化に貢献した人物です。1864年に熊本県に生まれ、1889年に旧熊本農林学校を卒業しました。その後、アメリカに留学し、1894年にミシガン農業大学を卒業しました。帰国後、旧熊本農林学校に教諭として赴任し、1900年には校長に就任しました。 立花寛治は、校長として学校を近代化し、農業教育の充実を図りました。また、農村の振興にも尽力し、農事組合の設立や農業協同組合の組織化を推進しました。1912年には、熊本県農会長に就任し、県内の農業発展に貢献しました。 立花寛治は、1928年に死去しましたが、その功績は高く評価されており、彼の名は今も熊本県の農業関係者に語り継がれています。 立花寛治の生涯は、日本の農業近代化に尽力した人物の一人として、後世の農業関係者に大きな影響を与えています。彼の功績は、日本の農業の発展に大きく貢献したとして、現在でも高く評価されています。
学術分野の人

棚谷桂陰 – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者・医師

-棚谷桂陰の生涯と業績- 棚谷桂陰(たながい けいいん、1822年 - 1887年)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者・医師・ジャーナリスト・翻訳家である。 棚谷桂陰は、1822年(文政5年)に京都に生まれた。幼名は文蔵。16歳のときに儒学者の谷沢岸魚に入門し、儒学を学ぶ。18歳で蘭学を志し、緒方洪庵の適塾に入塾する。緒方洪庵に認められ、適塾の塾頭を務めた。 1851年(嘉永4年)、適塾を離れ、京都に帰郷する。京都では、儒学を講じ、蘭学を翻訳するなど、活躍した。1868年(明治元年)、明治新政府に出仕し、大学少助教となる。1869年(明治2年)、大学南校の儒学教授となる。1871年(明治4年)、大学南校が閉鎖されると、東京専門学校(現・東京大学)の教授となる。 東京専門学校では、儒学と西洋哲学を講じた。また、福沢諭吉と並んで、明治時代のジャーナリズムの発展に貢献した。1872年(明治5年)、福沢諭吉らと「明六社」を結成し、政論雑誌「明六雑誌」を発刊する。明六雑誌は、政府の政策を批判し、自由民権運動を推進するなど、大きな影響力を持った。 1874年(明治7年)、明六社を脱退し、大阪に移住する。大阪では、儒学を講じ、新聞「大阪日報」を創刊する。大阪日報は、自由民権運動を支持し、政府の政策を批判するなど、大きな影響力を持った。 1887年(明治20年)、大阪で死去する。享年66歳。 棚谷桂陰は、儒学と西洋哲学に通じた学者であり、ジャーナリストであり、翻訳家であった。明治時代のジャーナリズムの発展に貢献し、自由民権運動を推進するなど、大きな影響力を持った。
政治分野の人

田島道治 – 大正・昭和時代の官僚、銀行家

-鉄道院総裁後藤新平の秘書から金融界へ- 田島道治は、大正・昭和時代の官僚、銀行家である。東京帝国大学法科大学を卒業後、1897年に大蔵省に入省した。大蔵省では、銀行局長、造幣局長などを歴任した。1916年に鉄道院総裁後藤新平の秘書に任命された。後藤新平は、田島道治を高く評価し、田島道治は後藤新平の信頼を得た。1918年に、田島道治は鉄道院総裁に就任した。田島道治は、鉄道院総裁として、鉄道の近代化を推進した。1923年に、田島道治は鉄道院総裁を辞任し、日本興業銀行の頭取に就任した。田島道治は、日本興業銀行の頭取として、日本の産業発展に貢献した。 田島道治は、1866年に東京で生まれた。田島道治の父は、幕臣であり、田島道治の母は、平民であった。田島道治は、幼い頃から勉強に励み、東京帝国大学法科大学に進学した。田島道治は、東京帝国大学法科大学を卒業後、大蔵省に入省した。田島道治は、大蔵省で、銀行局長、造幣局長などを歴任した。1916年に、田島道治は鉄道院総裁後藤新平の秘書に任命された。後藤新平は、田島道治を高く評価し、田島道治は後藤新平の信頼を得た。1918年に、田島道治は鉄道院総裁に就任した。 田島道治は、鉄道院総裁として、鉄道の近代化を推進した。田島道治は、鉄道の電化や複線化を進め、鉄道の輸送力を向上させた。また、田島道治は、鉄道のダイヤ改正を行い、鉄道の運行効率を高めた。1923年に、田島道治は鉄道院総裁を辞任し、日本興業銀行の頭取に就任した。田島道治は、日本興業銀行の頭取として、日本の産業発展に貢献した。田島道治は、1945年に死去した。
美術分野の人

舞台美術家「高田一郎」の足跡

-昭和期の舞台美術界を牽引した高田一郎- 高田一郎は、1904年(明治37年)に東京に生まれた舞台美術家である。東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、1927年(昭和2年)に新築された帝国劇場の舞台美術部に採用された。帝国劇場では、1930年(昭和5年)に上演された「カルメン」の舞台美術を担当し、その斬新な演出で注目を集めた。 1934年(昭和9年)に帝国劇場を退職し、フリーランスの舞台美術家として活動を開始した。1935年(昭和10年)には、築地小劇場で上演された「サロメ」の舞台美術を担当し、その幻想的な舞台演出で絶賛された。1936年(昭和11年)には、松竹劇場で上演された「忠臣蔵」の舞台美術を担当し、その迫力ある舞台演出で観客を圧倒した。 戦後は、日本演劇界の復興に尽力し、1946年(昭和21年)に東京芸術座を結成した。東京芸術座では、1947年(昭和22年)に上演された「ハムレット」の舞台美術を担当し、その重厚な舞台演出で高い評価を得た。1949年(昭和24年)には、松竹劇場で上演された「羅生門」の舞台美術を担当し、その斬新な舞台演出で注目を集めた。 高田一郎は、1970年(昭和45年)に東京で死去した。享年66歳。昭和期の舞台美術界を牽引した一人として、その功績は高く評価されている。
文学分野の人

竹田出雲(3代)-江戸時代中期の浄瑠璃作者、座本

-竹田出雲の生い立ちと浄瑠璃の世界への入門- 竹田出雲(3代)は、江戸時代中期の浄瑠璃作者、座本です。1681年(天和元年)、大坂の心斎橋に生まれました。父は竹田小出雲、母は大和屋の娘です。幼名は源右衛門。出雲(3代)は、父が若くして亡くなったため、母の実家の大和屋で育てられました。 出雲(3代)は、幼い頃から浄瑠璃が大好きで、よく芝居小屋に通っていました。12歳の頃、浄瑠璃の太夫(語り手)である豊竹若太夫に入門します。若太夫は、出雲(3代)の才能を見出し、熱心に指導しました。出雲(3代)は、若太夫のもとで浄瑠璃のいろはを学び、やがて太夫として舞台に立つようになりました。 1703年(元禄16年)、出雲(3代)は、豊竹座の座本に就任します。出雲(3代)は、座本として数多くの浄瑠璃作品を上演し、江戸時代中期の浄瑠璃界を牽引しました。出雲(3代)の代表作には、『仮名手本忠臣蔵』、『義経千本桜』、『菅原伝授手習鑑』などがあります。 出雲(3代)は、1736年(元文元年)に56歳で亡くなりました。出雲(3代)の死後、豊竹座は衰退し、やがて閉鎖されました。しかし、出雲(3代)の浄瑠璃作品は、後世に受け継がれ、現在でも上演されています。
歴史上の人物

田中精助-近代日本の機械技術者のパイオニア

日本における電信機製造の第一人者 田中精助は大日本帝国陸軍の軍人であり、明治政府の初代工兵大佐を務めました。工兵の育成を急務として多くの仕事に就き、その中には電信機製造の仕事もありました。 田中精助は、1832年に信濃国諏訪郡下諏訪町(現在の長野県諏訪市)で生まれました。1860年、オランダに留学し、土木工学と機械工学を学びました。1864年に帰国後は、大日本帝国陸軍に入り、工兵の育成に努めました。 田中精助は、1869年に、東京大学の電信機製造所を設立しました。電信機製造所では、田中精助が設計した電信機が製造されました。田中精助の電信機は、当時のヨーロッパの電信機に比べて、小型・軽量であり、しかも性能が良かったため、瞬く間に普及しました。1872年には、日本初の電信線が東京と横浜の間に開通しました。 田中精助は、1876年に、工兵大佐に昇進しました。1877年には、西南戦争に従軍し、工兵として活躍しました。1881年に、退役しました。1891年には、貴族院議員に任命されました。1909年に、亡くなりました。 田中精助は、日本における機械技術者のパイオニアであり、電信機製造の第一人者でした。田中精助の功績により、日本は、電信技術の分野で、世界トップレベルの地位を築くことができました。
学術分野の人

田中阿歌麿→ 明治-昭和時代前期の湖沼学者

-田中阿歌麿の生涯- 田中阿歌麿は、1855年(安政2年)に水戸藩領白河藩に生まれた。幼名は藤太郎。父は藩士の田中信威であった。阿歌麿は、幼い頃から聡明で、読書を好んだ。1871年(明治4年)に藩校の白河学校に入学。1874年(明治7年)に卒業後、東京に出て、東京大学理学部に入学した。阿歌麿は、大学在学中に、湖沼学の研究を始め、1881年(明治14年)に卒業後、東京大学助教授に就任した。 1884年(明治17年)に、阿歌麿は、北海道大学の教授に就任した。阿歌麿は、北海道大学在職中に、北海道の湖沼の調査を行い、多くの業績を残した。1895年(明治28年)に、阿歌麿は、東京大学教授に就任した。阿歌麿は、東京大学在職中に、日本の湖沼の調査を行い、日本の湖沼学の発展に貢献した。 1923年(大正12年)に、阿歌麿は、東京大学を退官した。阿歌麿は、退官後も、湖沼の研究を続け、1934年(昭和9年)に、80歳で亡くなった。阿歌麿は、日本の湖沼学の祖として知られ、多くの業績を残した。 阿歌麿の代表的な著作には、以下のものがある。 * 『湖沼学』 * 『日本の湖沼』 * 『北海道の湖沼』 * 『湖沼の生態学』 阿歌麿の業績は、日本の湖沼学の発展に大きな貢献をした。阿歌麿は、日本の湖沼学の祖として、現在でも敬愛されている。
歴史上の人物

平棟子(1)

- 承久の乱と関連する人物 平棟子の戦いは、承久の乱の際に北条氏と朝廷軍の間で行われた戦いである。この戦いで北条氏は勝利し、朝廷軍は敗北した。この戦いには、北条氏と朝廷軍の双方が多くの武将が参加しており、その中には承久の乱に関わった人物も少なくない。 -# 北条氏 * 北条義時北条氏の第3代当主。承久の乱の総大将を務めた。 * 北条泰時北条氏の第4代当主。承久の乱では、義時の補佐として戦った。 * 北条政子北条時政の妻であり、義時と泰時の母。承久の乱では、北条氏を支えた。 -# 朝廷軍 * 後鳥羽上皇第82代天皇。承久の乱の首謀者の一人。 * 源実朝鎌倉幕府の第3代将軍。承久の乱では、朝廷軍に参加した。 * 源頼家鎌倉幕府の第2代将軍。承久の乱では、朝廷軍に参加した。 -# その他 * 平棟子戦いの舞台となった場所。現在の京都府福知山市にある。 * 承久の乱1221年に北条氏と朝廷軍の間で行われた戦い。戦いのきっかけは、後鳥羽上皇が北条氏を討伐するために挙兵したことである。戦いは北条氏の勝利に終わり、朝廷軍は敗北した。この戦いで、鎌倉幕府は朝廷に対する優位性を確立した。
文学分野の人

「袂広好」

-袂広好とは- 袂広好とは、平安時代の貴族の服装に用いられた、片袖の女房装束である。中世以降は舞踊装束とされ、歌舞伎舞踊でも利用される。袋帯の帯結びの一種で、三つ巴に結び、帯端を下方に下げた様式のことをいう。 袂広好は、平安時代の貴族の服装に用いられた、片袖の女房装束である。平安時代には、貴族の女性は、通常、袿(うちき)と呼ばれる長い上着を着ていた。袿は、片袖で、袖口は広がっていた。この袖口が広いことから、袿は「袂広(たもとひろ)」と呼ばれた。 袿は、平安時代には、貴族の女性の正装とされていた。しかし、鎌倉時代以降、袿は次第に廃れていった。その代わりに、より簡素な服装が一般的になっていった。 しかし、袂広好は、鎌倉時代以降も、舞踊装束として用いられた。舞踊装束としての袂広好は、袿を簡略化したもので、袖口は広がっていたが、丈は短かった。 袂広好は、中世以降、舞踊装束として用いられた。舞踊装束としての袂広好は、袿を簡略化したもので、袖口は広がっていたが、丈は短かった。袂広好は、歌舞伎舞踊でも用いられる。 袂広好は、袋帯の帯結びの一種である。袋帯の帯結びには、さまざまな種類があるが、袂広好は、その中でも最も簡単な結び方の一つである。袂広好は、三つ巴に結び、帯端を下方に下げた様式のことをいう。 袂広好は、舞踊装束や歌舞伎舞踊の衣装として用いられることが多い。袂広好は、日本の伝統的な服装であり、日本の文化を象徴するものである。
学術分野の人

生化学者・田宮信雄の功績と生涯

-ウミヘビ毒たんぱくアミノ酸構造の決定- ウミヘビの毒は非常に致死的であり、強力な神経毒である。ウミヘビ毒の成分を分析した結果、毒はいくつかのタンパク質から構成されていることが判明した。田宮信雄と彼の研究チームは、これらのタンパク質の構造を決定するために研究を行った。 田宮らは、ウミヘビ毒からタンパク質を単離し、X線結晶構造解析によってその構造を決定した。この研究の結果、ウミヘビ毒のタンパク質は、αヘリックスとβシートからなる複雑な構造を持っていることが判明した。 ウミヘビ毒のタンパク質の構造を決定することで、田宮らはウミヘビ毒の毒性を理解することができた。ウミヘビ毒の毒性は、神経細胞の細胞膜に存在する受容体に結合することによって引き起こされる。ウミヘビ毒のタンパク質の構造を知ることで、ウミヘビ毒の受容体との相互作用を阻害する薬を開発することが可能になった。 ウミヘビ毒のタンパク質の構造の決定は、ウミヘビ毒の毒性を理解し、ウミヘビ毒による中毒を防ぐための治療法を開発する上で重要な役割を果たした。田宮らの研究は、ウミヘビ毒の構造やその作用メカニズムを明らかにし、ウミヘビ毒による中毒の治療に貢献した。
文学分野の人

「玉沢幸十郎」(⇒玉沢林弥(たまざわ-りんや))について

-玉沢幸十郎とは- 玉沢幸十郎とは、戦前から昭和期にかけて活躍した日本の映画監督、脚本家、演出家です。本名は玉沢林弥(たまざわ・りんや)といい、1900年(明治33年)に東京都に生まれました。 玉沢幸十郎は、早稲田大学在学中に演劇部に所属し、そこで演出家として頭角を現しました。その後、松竹蒲田撮影所に入社し、監督として数多くの作品を手がけました。代表作には、『からくりお菊』(1926年)、『綴方教室』(1927年)、『人情紙風船』(1937年)などがあります。 玉沢幸十郎の作品は、庶民の生活を描いたものが多く、そのリアリティあふれる演出が好評を博しました。また、玉沢幸十郎は、映画製作において俳優の演技指導に重点を置き、その指導を受けた俳優たちは「玉沢組」と呼ばれて高く評価されました。 戦後は、新東宝で監督として活躍しました。代表作には、『又四郎喧嘩旅』(1954年)、『お菊と播磨』(1956年)などがあります。 1961年に61歳で亡くなりました。
学術分野の人

武田五一-明治・昭和時代の建築家

武田五一-明治・昭和時代の建築家 武田五一は、明治・昭和時代の建築家です。日本の近代建築の父と称され、数多くの建築物を設計・施工しました。 武田五一の生涯と功績 武田五一は、1872年(明治5年)に東京に生まれました。1890年(明治23年)に東京帝国大学工科大学建築学科に入学し、1894年(明治27年)に卒業しました。卒業後、文部省に勤務し、学校建築の設計や施工を担当しました。1902年(明治35年)に文部省を退職し、独立して建築設計事務所を開設しました。 武田五一は、日本の近代建築の父と称され、数多くの建築物を設計・施工しました。その代表作には、東京帝国大学図書館(現・東京大学図書館)、日本銀行本店、東京中央郵便局、大阪市中央公会堂などがあります。これらの建築物は、武田五一の独創的なデザインと優れた技術力によって、日本の近代建築の発展に大きな貢献をしました。 武田五一は、1932年(昭和7年)に死去しました。しかし、彼の作品は現在でも日本の近代建築の傑作として、多くの人々に愛されています。 武田五一の功績をまとめると、以下の通りです。 ・日本の近代建築の父と称され、数多くの建築物を設計・施工した。 ・東京帝国大学工科大学建築学科を卒業後、文部省に勤務し、学校建築の設計や施工を担当した。 ・1902年(明治35年)に文部省を退職し、独立して建築設計事務所を開設した。 ・東京帝国大学図書館(現・東京大学図書館)、日本銀行本店、東京中央郵便局、大阪市中央公会堂など、数多くの名建築を設計・施工した。 ・日本の近代建築の発展に大きな貢献をした。 ・1932年(昭和7年)に死去した。
文学分野の人

高群逸枝:女性史研究家、詩人、そして社会活動家

明治から昭和にわたる女性史研究家 高群逸枝は、明治から昭和にかけて活躍した女性史研究家、詩人、そして社会活動家です。1894年に京都府京都市に生まれ、1977年に東京都で亡くなりました。 高群逸枝は、1916年に京都女子大学を卒業した後、1919年に東京女子大学に入学し、1921年に卒業しました。その後、1922年に渡欧し、1924年に帰国しました。 帰国後は、女性史の研究と著述に専念し、1929年には日本初の女性史研究団体である「日本女性史研究会」を設立しました。また、1930年には「女性解放」という雑誌を創刊し、女性の権利向上を目指した活動を行いました。 太平洋戦争中は弾圧を受けましたが、戦後は再び女性史の研究と著述に力を入れ、1955年には「女性史」という学術誌を創刊しました。また、1960年には「日本女性史大系」という大著を完成させました。 高群逸枝は、女性史の研究と著述を通して、女性の権利向上と女性の地位向上に貢献しました。また、詩人として、1926年に「女の魂」という詩集を出版し、女性の内面を深く描いた作品を残しました。 高群逸枝は、明治から昭和にかけて活躍した女性史研究家、詩人、そして社会活動家であり、女性の権利向上と女性の地位向上に貢献しました。
歴史上の人物

– 橘田村子

橘田村子の生涯 橘田村子は、明治36年(1903年)に愛媛県南宇和郡にて生まれました。幼少期から絵を描くことを好み、19歳で上京し、日本美術学校に入学しました。1925年に卒業後、画家として活動を始めました。 1928年に、第1回帝展に入選しました。その後、帝展や新文展に何度も入選し、1935年には帝展特選に選ばれました。1937年には、第1回日展に出品し、文部大臣賞を受賞しました。 1940年には、文化勲章を受章しました。1945年に、疎開先の長野県で死去しました。享年42歳でした。 橘田村子は、昭和を代表する画家の一人です。彼女の作品は、抒情的な風景画や、静物画、動物画など、幅広いジャンルの作品を残しました。彼女の作品は、現在も多くの美術館に収蔵されており、多くの人々に愛されています。 橘田村子の生涯は、波乱万丈なものでした。しかし、彼女は常に絵画への情熱を持ち続け、多くの傑作を残しました。彼女の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けています。 橘田村子の作品は、日本の美術界に大きな影響を与えました。彼女の作品は、抒情的な風景画や、静物画、動物画など、幅広いジャンルの作品を残しました。彼女の作品は、現在も多くの美術館に収蔵されており、多くの人々に愛されています。 橘田村子は、昭和を代表する画家の一人であり、彼女の作品は日本の美術史に燦然と輝くものとなっています。
歴史上の人物

武部尚志:明治時代の政治家

石川県と富山県の分離独立運動に尽力 武部尚志は、石川県と富山県の分離独立運動に尽力しました。石川県と富山県は、江戸時代には加賀藩と越中国と呼ばれ、同じ藩でした。しかし、明治維新後に石川県と富山県に分離されました。 武部尚志は、石川県と富山県の分離独立運動を指導しました。彼は、両県を合併して、加賀藩を復活させるべきだと主張しました。武部尚志の運動は、多くの県民の支持を集めました。しかし、政府は、石川県と富山県の分離独立を認めませんでした。 武部尚志は、明治政府の政策に反対し、民権運動に参加しました。彼は、自由民権運動の指導者の一人でした。武部尚志は、民権運動の中で、石川県と富山県の分離独立運動を主張し続けました。 武部尚志の運動は、最終的に成功しました。1881年、石川県と富山県は、再び合併して、加賀藩を復活させました。武部尚志は、加賀藩の初代藩知事となりました。 武部尚志は、石川県と富山県の分離独立運動に尽力した政治家です。彼は、自由民権運動の指導者の一人でもあり、民権運動の中で、石川県と富山県の分離独立運動を主張し続けました。武部尚志の運動は、最終的に成功し、石川県と富山県は、再び合併して、加賀藩を復活させました。