「ひ」で始まる名前

文学分野の人

平井晩村- 明治・大正時代の詩人・小説家

-平井晩村の人生と経歴- 平井晩村は、1875年6月13日に茨城県下妻市に生まれ、1959年11月28日に東京都杉並区で亡くなった明治・大正時代の詩人・小説家です。本名は平井太郎(たろう)といい、晩村は号です。 晩村は、貧しい農家の家に生まれ、幼い頃から苦労して育ちました。1893年に上京して早稲田大学の前身である東京専門学校に入学しますが、在学中に肺結核を患い、一時帰郷します。 1896年に上京して文学活動を再開し、詩誌「明星」に詩を発表し始めます。1897年に第一詩集『若菜集』を刊行し、詩人としてデビューします。 1900年に小説家としてデビューし、1902年に長編小説『破戒』を発表します。『破戒』は、差別をテーマにした小説で、大ヒットを記録します。 晩村は、詩人として、小説家として活躍し、多くの作品を残しました。また、和歌や俳句も嗜み、文壇の重鎮として活躍しました。 晩年は、肺結核が悪化し、療養生活を送っていました。1959年に東京都杉並区で亡くなりました。
学術分野の人

平塚直秀 – 昭和・平成期の植物病理学者

-平塚直秀の経歴と業績- 平塚直秀は、1887年(明治20年)1月15日に新潟県高田市(現上越市)に生まれた。1907年(明治40年)に東京帝国大学農科大学農学部を卒業し、農商務省農事試験場勤務となった。1911年(明治44年)にアメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で学び、1913年(大正2年)に帰国した。 帰国後は、農商務省農事試験場に戻り、植物病理学の研究を続けた。1914年(大正3年)には、稲のイモチ病の病原菌を発見し、その病名を「イモチ病菌」と命名した。1915年(大正4年)には、稲の穂発芽病の病原菌を発見し、その病名を「穂発芽病菌」と命名した。 1917年(大正6年)には、東京帝国大学農科大学農学部教授に就任し、1937年(昭和12年)までその職にあった。その間、1924年(大正13年)には、日本植物病理学会を設立し、その初代会長に就任した。1925年(大正14年)には、農学博士の学位を取得した。 1937年(昭和12年)には、東京帝国大学を退官し、日本大学教授に就任した。1945年(昭和20年)には、帝国学士院会員に選出された。1951年(昭和26年)には、日本学士院賞を受賞した。 1952年(昭和27年)10月2日に東京都で死去した。享年66歳。 平塚直秀は、日本の植物病理学の分野で活躍した先駆者の一人である。稲のイモチ病や穂発芽病の病原菌を発見し、その病名を命名したことは、植物病理学の分野で大きな功績を残したと言える。また、日本植物病理学会の設立や、日本学士院賞の受賞など、日本の植物病理学の発展に貢献した。
文学分野の人

「平林彪吾」

- 平林彪吾の功績 平林彪吾は、日本のプロ野球選手。ポジションは投手。 * -巨人で活躍- 平林は、1955年に読売ジャイアンツに入団。1年目から先発ローテーションの一角として活躍し、13勝5敗、防御率1.82の成績を残して新人王を獲得した。その後も巨人で活躍を続け、1961年には25勝5敗、防御率1.69の成績を残して最多勝、最優秀防御率、沢村賞を獲得した。 * -先発ローテーションの中心- 平林は、巨人の先発ローテーションの中心として活躍し、1965年には18勝12敗、防御率2.34の成績を残して最多勝利を獲得した。また、1969年には19勝9敗、防御率2.14の成績を残して最多勝と最優秀防御率を獲得した。 * -日米野球で躍動- 平林は、1965年の日米野球でも活躍し、2試合に先発して2勝0敗、防御率0.00の成績を残した。また、1969年の日米野球でも活躍し、2試合に先発して1勝1敗、防御率1.80の成績を残した。 * -日本シリーズの活躍- 平林は、日本シリーズでも活躍し、1965年の日本シリーズでは2試合に先発して2勝0敗、防御率0.00の成績を残した。また、1969年の日本シリーズでも活躍し、2試合に先発して1勝1敗、防御率2.70の成績を残した。 * -引退後- 平林は、1973年に現役を引退した。引退後は、読売ジャイアンツのコーチやスカウトを務めた。 平林は、日本のプロ野球を代表する投手の一人であり、その功績は多大なものがある。
歴史上の人物

弘田琢磨

- 弘田琢磨の生涯 弘田琢磨は、1874年(明治7年)に大分県日田市で生まれました。父は、弘田清彦、母は、弘田キヨです。弘田琢磨は、5人兄弟の長男でした。弘田琢磨は、幼い頃から勉強熱心で、成績は常に優秀でした。弘田琢磨は、1891年(明治24年)に大分県立日田中学校を卒業し、1895年(明治28年)に東京帝国大学法学部を卒業しました。 弘田琢磨は、大学卒業後、大蔵省に入省しました。弘田琢磨は、大蔵省で、税務畑を歩み、1924年(大正13年)に、大蔵省主計局長に就任しました。弘田琢磨は、大蔵省主計局長として、緊縮財政を推進し、日本の財政を立て直しました。弘田琢磨は、1927年(昭和2年)に、大蔵大臣に就任しました。弘田琢磨は、大蔵大臣として、金解禁を実施し、日本の経済を回復させました。 弘田琢磨は、1931年(昭和6年)に、内閣総理大臣に就任しました。弘田琢磨は、内閣総理大臣として、満州事変を処理し、日中戦争を勃発させました。弘田琢磨は、1936年(昭和11年)に、内閣総理大臣を辞任しました。 弘田琢磨は、1945年(昭和20年)に、東京で死去しました。享年71歳でした。弘田琢磨は、日本の政治家として、日本の近代化に貢献しました。 -# 弘田琢磨の功績 弘田琢磨は、日本の近代化に貢献した政治家です。弘田琢磨の功績は以下の通りです。 * 緊縮財政を推進し、日本の財政を立て直した。 * 金解禁を実施し、日本の経済を回復させた。 * 満州事変を処理し、日中戦争を勃発させた。 弘田琢磨は、日本の政治家として、日本の近代化に貢献しました。弘田琢磨の功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

【東園基雅】-江戸時代前期に活躍した公卿

-# 東園基雅の生涯 東園基雅は、江戸時代前期に活躍した公卿です。1605年、京都に生まれました。父は東園基音、母は勧修寺晴豊の娘・以登子です。東園家は、藤原北家閑院流の公家であり、基雅は代々続く名門の出身でした。 基雅は幼少期から聡明で、1619年に15歳で元服します。1623年には従五位下に叙され、以降順調に出世を重ねます。1637年には参議となり、1641年には権中納言に昇進しました。1650年には内大臣となり、1653年には右大臣に就任しました。1658年には左大臣に任命され、公家としての頂点に上り詰めました。 基雅は、藤氏長者の地位にもありました。藤氏長者は、藤原氏一門の最長老であり、公家社会における最高位とされていました。基雅は1658年に藤氏長者となり、1672年に亡くなるまでその地位を維持しました。 基雅は、公家社会において重要な役割を果たした人物でした。彼は、朝廷の儀礼や政務を司り、公家社会の秩序を維持するのに貢献しました。また、学問や文化にも造詣が深く、歌人としても知られていました。 基雅は、1672年、68歳で亡くなりました。彼の死は、公家社会に大きな衝撃を与え、多くの人が悲しみました。基雅は、公家社会において重要な役割を果たした人物であり、彼の死は大きな損失とされました。
文学分野の人

– 日高只一

日高只一の生涯と経歴 日高只一は1880年、現在の愛媛県松山市に生まれた。同志社大学卒業後、1903年に大蔵省に入省。その後、1919年に財務官僚として大蔵省銀行局長に就任。1924年、大蔵大臣に就任。同年、ワシントン海軍軍縮会議に出席し、日本海軍の軍縮に尽力した。 1926年、第1次若槻内閣の大蔵大臣に就任。1927年、濱口雄幸内閣の大蔵大臣に就任。1931年、第1次犬養内閣の大蔵大臣に就任。1932年、第1次斉藤内閣の大蔵大臣に就任。1934年、第2次犬養内閣の大蔵大臣に就任。1936年、第1次近衛内閣の大蔵大臣に就任。 日高只一は、1941年に大蔵大臣を辞任。その後、1945年に公職追放となる。1948年に公職追放解除。1951年、参議院議員に当選。1955年、参議院副議長に就任。1959年に死去した。 日高只一は、日本の財政を支えた財務官僚であり、政治家である。ワシントン海軍軍縮会議に出席し、日本海軍の軍縮に尽力した。また、大蔵大臣として、日本の財政再建に尽力した。
経済分野の人

平田佐矩→ 実業家、教育者、政治家

実業家としての活躍 平田佐矩は第一国立銀行(現在の三菱UFJ銀行)に勤めた後、1885年に合資会社三菱合資会社に入社。翌年には、岩崎弥太郎の命を受けて三井合資会社(現在の三井住友銀行)の常務取締役に就任しました。平田佐矩は、三菱合資会社と三井合資会社の両社の取締役を兼任し、両社の融和に尽力しました。 1893年、平田佐矩は三菱合資会社の専務取締役に就任。1897年には、三菱合資会社の社長に就任しました。平田佐矩は、三菱合資会社の社長として、三菱の事業を多角化し、三菱財閥の基礎を固めました。 平田佐矩は、実業家としてだけでなく、教育者としても活躍しました。1901年、平田佐矩は慶應義塾大学(当時の慶應義塾)の理事長に就任。1906年に同校の総長に就任しました。平田佐矩は、慶應義塾大学の総長として、学校の改革を行い、慶應義塾大学を日本有数の大学に育て上げました。 平田佐矩は、実業家、教育者としてだけでなく、政治家としても活躍しました。1908年、平田佐矩は衆議院議員に当選。1912年には、農商務大臣に任命されました。平田佐矩は、農商務大臣として、日本の産業を振興し、日本の経済発展に貢献しました。 平田佐矩は、1916年に死去しましたが、その功績は現在でも語り継がれています。平田佐矩は、日本の経済発展に貢献した偉大な実業家、教育者、政治家であり、その功績は今もなお、日本の発展に役立っています。
美術分野の人

菱川師喜について

菱川師喜の生涯 菱川師喜は、1673年(寛文13年)に江戸の麻布に生まれました。幼い頃から絵を描き始め、1699年(元禄12年)には菱川宗次の養子となり、菱川師宣の弟子となりました。師宣のもとで浮世絵を学び、1701年(元禄14年)に浮世絵師としてデビューしました。 師喜は、浮世絵師としては早くから才能を発揮し、1706年(宝永3年)には役者絵の傑作である「坂東彦三郎の立姿」を発表しました。この作品は、当時の人気俳優である坂東彦三郎の勇壮な姿を捉えたもので、師喜の画力の高さを世に知らしめることとなりました。 師喜は、役者絵だけでなく、美人画や風景画も得意としました。特に、美人画は師宣の画風を受け継ぎながらも、独自の工夫を加えて独自のスタイルを確立しました。師喜の美人画は、江戸の町娘の姿をいきいきと描き出したもので、庶民からの人気を集めました。 師喜は、浮世絵師として活躍しただけでなく、浮世絵の理論家としても知られています。1717年(享保2年)には、浮世絵の技法や歴史を解説した「浮世絵図画考」を著しました。この本は、浮世絵に関する最初の書籍であり、浮世絵の発展に大きな影響を与えました。 師喜は、1753年(宝暦3年)に81歳で亡くなりました。師喜は、浮世絵の発展に大きな功績を残した偉大な浮世絵師の一人です。
学術分野の人

「広部鳥道」の生涯と功績

幕末-明治時代の儒者としての功績 広部鳥道は、幕末から明治時代にかけて活躍した儒者であり、日本の近代化に大きな貢献をした人物です。彼は、江戸時代末期に長州藩の藩校である明倫館で学び、その後、京都に出て儒学を学びました。 維新後は、明治政府に出仕し、文部省の官僚として活躍しました。文部省では、学制の制定や教育制度の整備に尽力し、日本の近代化に貢献しました。 また、広部鳥道は、儒学の普及にも尽力しました。彼は、著書「儒学通論」を著し、儒学の思想をわかりやすく解説しました。この著書は、多くの知識人に読まれ、儒学の普及に大きな役割を果たしました。 広部鳥道は、儒者としてだけでなく、政治家としても活躍しました。彼は、明治14年に衆議院議員に当選し、その後、文部大臣や農商務大臣を歴任しました。政治家としても、日本の近代化に貢献しました。 広部鳥道は、幕末から明治時代にかけて活躍した儒者であり、日本の近代化に大きな貢献をした人物です。彼は、儒学の普及、教育制度の整備、政治活動など、さまざまな分野で活躍しました。広部鳥道の功績は、現代の日本にも受け継がれています。
美術分野の人

土方久功:南洋の風俗と民話を探求した彫刻家

土方久功:南洋の風俗と民話を探求した彫刻家
学術分野の人

広田憲寛 – 江戸後期-明治時代の蘭学者

-広田憲寛の生い立ちと経歴- 広田憲寛は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した蘭学者です。伊予国新谷藩(現在の愛媛県新谷町)の藩士として生まれ、幼い頃から藩校である進脩館で儒学を学びました。しかし、蘭学への興味が強く、藩の許可を得て長崎に遊学し、蘭学を学びました。 長崎では、蘭学の大家であるシーボルトのもとで学び、医学、天文学、地理学など、幅広い分野の知識を習得しました。また、シーボルトとともに日本の植物や動物を研究し、その成果を『日本植物誌』や『日本動物誌』などの著書にまとめました。 シーボルトが国外追放となった後も、広田憲寛は長崎に残り、蘭学の普及に努めました。私塾を開いて蘭学を教え、多くの弟子を育てました。また、蘭書の翻訳や研究にも取り組み、『蘭学階梯』や『蘭学事始』などの著書を著しました。 明治維新後、広田憲寛は新政府に出仕し、文部省の役人を務めました。また、日本最初の国立大学である東京大学の設立に尽力し、初代総長を務めました。 広田憲寛は、蘭学の普及に努め、日本近代化に貢献した人物です。その功績は大きく、今もなお尊敬されています。
文学分野の人

– 平井和正

- 平井和正の歩み 平井和正は、日本のSF作家、翻訳家、アンソロジスト。日本のSFのパイオニア的存在であり、日本SF作家クラブの初代会長を務めた。 1905年、北海道札幌市に生まれる。旧制札幌第一高等学校を卒業後、1925年に東京帝国大学に入学。在学中はSF同人誌『宇宙』に参加し、SF評論や翻訳を発表。1929年に大学を卒業し、印刷会社に就職。 1931年、平井の処女小説『宇宙船X号』が文藝春秋社主催の懸賞小説に応募し、入選。これは、日本初のSF小説とされる。その後、平井はSF小説の執筆を続け、『地球脱出』『火星探検』などの作品を発表。1937年、日本SF作家クラブを結成し、初代会長に就任。 戦後、平井はSF小説の執筆に加え、SF映画の製作やSF雑誌の編集にも携わった。また、翻訳家としても活躍し、アイザック・アシモフやロバート・A・ハインラインなどのSF小説を翻訳した。 1982年、平井は紫綬褒章を受章。1990年、勲四等旭日小綬章を受章。1992年、逝去。 平井の作品は、科学的な正確さとリアリティあふれる描写で知られている。また、平和や民主主義、環境保護などのテーマを扱った作品が多く、社会問題に対する問題意識の高さがうかがえる。 平井は、日本のSFの草分け的存在であり、その作品は多くの読者に愛されている。また、SF作家クラブの設立やSF雑誌の編集など、日本のSFの発展に大きく貢献した人物である。
歴史上の人物

彦仁王(1298没)

彦仁王が臣籍にくだった経緯 彦仁王は、後嵯峨天皇の第三皇子として1262年に生まれました。母は権大納言藤原知忠の娘・藤原忠子です。彦仁王は、幼少期から優秀な人物として知られ、1275年には左近衛中将に任じられました。しかし、1283年に父である後嵯峨天皇が崩御すると、兄である亀山上皇と弟である後深草天皇の両皇統が対立するようになります。 この対立は、1285年に亀山上皇が後深草天皇を廃位して、自ら再び天皇に即位したことで表面化しました。彦仁王は、兄である亀山上皇を支持しましたが、1287年に後深草天皇が復位すると、彦仁王は臣籍に降下することになりました。 彦仁王が臣籍にくだった経緯については、いくつかの説があります。一説によると、彦仁王は亀山上皇の廃位に反対したため、後深草天皇から疎んじられたと言われています。また、彦仁王は病弱だったため、皇位を継ぐことができないと判断されたとも言われています。 いずれにせよ、彦仁王が臣籍にくだったことで、皇位継承問題はいったん決着しました。しかし、この問題はその後も尾を引き、1331年に起こった鎌倉幕府の倒幕運動「元弘の乱」の原因の一つとなりました。 彦仁王は、臣籍にくだった後も、政治に関与し続けました。1290年には、後深草天皇の命を受けて、鎌倉幕府に派遣されました。また、彦仁王は、和歌や漢詩にも優れており、多くの作品を残しています。彦仁王は、1298年に47歳で薨去しました。
歴史上の人物

「一橋茂栄」- 徳川茂徳について

-徳川茂栄の出生と幼少期- 徳川茂栄は、1867年(慶応3年)12月28日、江戸城西の丸で誕生した。父は徳川慶喜、母は正妻の和宮親子内親王である。乳名は亀丸。 徳川茂栄は、幼少期より聡明な子供で、3歳にして読書を始め、5歳にして漢詩を作るほどであった。また、剣術や馬術にも優れ、12歳にして元服し、従四位下、侍従、左近衛権少将に叙任された。 1883年(明治16年)、徳川茂栄は、学習院中等科に入学し、1887年(明治20年)に卒業した。その後、宮内省に入省し、侍従として皇室に仕えた。 1895年(明治28年)、徳川茂栄は、徳川家16代当主を継承した。当主となった徳川茂栄は、徳川宗家としての威厳を保ちつつ、皇室との関係を円滑にすることに努めた。 1902年(明治35年)、徳川茂栄は、徳川家康の廟所である日光東照宮の修復事業に着手した。この事業は、1915年(大正4年)に完成し、日光東照宮は現在の姿となった。 徳川茂栄は、1929年(昭和4年)に薨去した。享年61。
美術分野の人

– 稗田一穂

稗田一穂の生涯と功績 稗田一穂は、江戸時代中期の儒学者・歌人で、芭蕉七部集の一つである『猿蓑』の作者としても知られています。 1664年、近江国滋賀郡稗田村(現在の滋賀県大津市)に生まれ、京都で医学を学びました。その後、儒学を学び、1710年に『和漢朗詠集』を刊行しました。 『和漢朗詠集』は、中国と日本の詩歌を集めたもので、当時の教養ある人々に広く読まれました。稗田一穂は、この著作によって儒学者としての名声を確立しました。 また、稗田一穂は歌人としても知られており、1712年に『猿蓑』を刊行しました。『猿蓑』は、芭蕉七部集の一つに数えられ、俳諧の傑作として知られています。 稗田一穂は、儒学者・歌人として活躍し、江戸時代の文化に大きく貢献しました。その功績は、現在でも高く評価されています。 稗田一穂の生涯と功績の概要は以下の通りです。 ・1664年、近江国滋賀郡稗田村に生まれる ・京都で医学を学ぶ ・儒学を学び、1710年に『和漢朗詠集』を刊行 ・1712年に『猿蓑』を刊行 ・1718年、死去 稗田一穂は、その功績により、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

「平山意春」

「平山意春の人物像」 平山意春は、1895年に北海道函館市に生まれた日本画家です。本名は平山弥八で、号は意春または意春斎です。父は画家の平山勝見で、幼い頃から絵を描き始めました。 1913年、東京美術学校に入学し、日本画を学びました。在学中に、院展に出品した作品が特選となり、画家として注目されるようになります。 1926年に東京美術学校を卒業後、フランスに留学しました。パリでは、アカデミー・ジュリアンとアカデミー・ドゥ・ラ・グラン・ショミエールで学び、西洋美術を学びました。 1930年に帰国後、院展に出品した作品が特選となり、翌年には日本画の最高峰である帝展に出品した作品が文部大臣賞を受賞しました。それ以降、平山は帝展の常連作家となり、数々の賞を受賞しました。 平山の画風は、写実主義と装飾主義を融合させた独特のものです。写実主義は、目の前の対象物を忠実に描くことで、装飾主義は、その対象物を美しく装飾することで、この2つの要素が融合した平山の画風は、写実的で美しい作品を生み出しています。 平山の代表作には、「花」や「静物」などの風景画、「美人画」や「人物画」などの風俗画、「歴史画」や「神話画」などの歴史画があります。平山の作品は、日本の美術館や博物館に収蔵されており、国内外で高く評価されています。 平山の作品は、写実的で美しいだけでなく、その中に込められた意味合いも深いものです。平山は、自然の美しさや人間の美しさを描くことで、人々に感動を与え、希望を届けようとしていました。 平山は、1980年に85歳で亡くなりました。しかし、平山の作品は今もなお人々に愛され続けています。
歴史上の人物

一橋斉敦-江戸時代後期の三卿

-一橋家三代当主の生涯- 一橋斉敦(なりあつ)は、江戸時代後期の公卿、政治家である。一橋家三代当主で、一条忠良の曾孫、権大納言一条輝良の子として生まれる。幼名は富麿、のちに斉敦と改名する。 斉敦は、寬政12年(1800年)に元服し、翌年に従五位下に叙せられる。文化4年(1807年)に右近衛少将に任じられ、文化7年(1810年)に侍従となる。文政2年(1819年)に正四位下に叙せられ、文政11年(1828年)に参議に任じられる。 斉敦は、天保10年(1839年)に権中納言に任じられ、弘化元年(1844年)に権大納言に昇進する。弘化2年(1845年)に三卿に就任し、安政3年(1856年)に薨去するまで在職した。 斉敦は、幕末の政局に大きな影響を与えた。公武合体派の領袖として、幕府と朝廷の融和に努めた。また、攘夷論の台頭に対抗し、開国論を主張した。 斉敦は、学問にも優れ、書画に堪能であった。また、茶道にも造詣が深く、一橋流茶道を開いた。 斉敦は、幕末の動乱の最中に薨去したが、その功績は高く評価されている。
文学分野の人

久松祐之 – 江戸時代の国学者とその功績

-国学者としての久松祐之- 久松祐之は、国学者の先駆者として知られています。彼は、古典を深く研究し、日本の歴史や文化を明らかにすることに努めました。 祐之は、1670年に摂津国(現在の大阪府)に生まれました。幼い頃は、儒学を学びましたが、後に国学に転向しました。祐之は、1708年に『万葉集』を刊行し、国学者の地位を確立しました。『万葉集』は、日本最古の歌謡集であり、祐之は、この歌謡集を注釈付きで刊行しました。これは、日本古典文学の研究に大きな貢献をしたとして評価されています。 祐之は、『万葉集』以外にも、多くの古典を注釈付きで刊行しました。また、日本の歴史や文化に関する著書も残しています。祐之の著書は、当時の国学者に大きな影響を与え、国学の発展に貢献しました。 祐之は、1746年に77歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は、現在でも高く評価されています。祐之は、国学者の先駆者として、日本の歴史や文化の研究に大きな貢献をした人物です。 祐之の国学研究の特徴の一つは、古典を重視したことでした。祐之は、古典を日本の歴史や文化の源泉と考え、古典を深く研究することで、日本の歴史や文化を明らかにできると考えていました。祐之は、古典を注釈付きで刊行することで、古典をより多くの人に読んでもらえるようにし、日本の歴史や文化の研究を促進しました。 祐之の国学研究の特徴のもう一つは、日本の伝統を重視したことでした。祐之は、日本の伝統を日本の歴史や文化の重要な要素と考え、日本の伝統を尊重することで、日本の歴史や文化を正しく理解できると考えていました。祐之は、日本の伝統を尊重し、日本の歴史や文化の研究に貢献しました。 祐之は、日本の国学者として大きな功績を残した人物です。祐之の業績は、現在でも高く評価されており、祐之は、国学者の先駆者として、日本の歴史や文化の研究に大きな貢献をした人物として知られています。
音楽分野の人

広瀬量平:昭和後期から平成時代の作曲家

- 広瀬量平の生涯 広瀬量平は、1920年(大正9年)1月1日に愛知県名古屋市で生まれました。幼い頃から音楽に親しみ、1937年(昭和12年)に東京音楽学校(現・東京藝術大学)に入学しました。在学中は、作曲を伊福部昭、指揮を山田耕筰に師事しました。 1940年(昭和15年)に卒業後、NHKに入局しました。主に音楽番組の制作を担当し、1950年(昭和25年)には「NHK交響楽団」の指揮者に就任しました。1952年(昭和27年)には、日本作曲家連盟の会長に就任しました。 その後も精力的に作曲活動を続け、1964年(昭和39年)には「東京オリンピック」の公式音楽を手がけました。1970年(昭和45年)には、日本芸術院会員に選出されました。 1978年(昭和53年)1月23日に死去しました。享年58歳でした。 広瀬量平は、日本の作曲家として、多くの作品を残しました。その音楽は、メロディが優美で、オーケストレーションが華麗であることが特徴です。また、日本的な要素を取り入れた作品も多く作曲しました。 広瀬量平の主な作品には、「交響曲第1番」「交響曲第2番」「交響曲第3番」「ピアノ協奏曲」「バイオリン協奏曲」「チェロ協奏曲」「管弦楽のための組曲」「日本民謡による交響曲」などがあります。
歴史上の人物

日高謹爾 – 海軍軍人

-偉大な功績を残した海軍軍人日高謹爾- 日高謹爾(ひだか よしつぐ、1862年1月1日‐1904年5月27日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大佐。日露戦争において、旅順港閉塞作戦で戦死した。 -経歴- 日高謹爾は、1862年1月1日、薩摩藩上之原(現・鹿児島県指宿市)で生まれた。1877年(明治10年)、海軍兵学校に入学し、1882年(明治15年)に卒業した。卒業後は、練習艦隊の航海を経て、海軍水雷学校に入学した。1885年(明治18年)に卒業後、水雷艇隊の艇長を歴任した。 1894年(明治27年)、日清戦争が勃発すると、日高謹爾は、水雷艇隊を率いて黄海海戦に参加した。黄海海戦では、日高謹爾の指揮する水雷艇隊は、清国の主力艦である定遠号と鎮遠号を攻撃して、大破させた。この功績により、日高謹爾は海軍少佐に昇進した。 1904年(明治37年)、日露戦争が勃発すると、日高謹爾は、水雷艇隊を率いて旅順港の封鎖作戦に参加した。旅順港封鎖作戦は、旅順港に停泊するロシアの艦隊を封鎖し、旅順要塞の補給を絶つことを目的とした作戦であった。 日高謹爾は、水雷艇隊を率いて、旅順港の入り口に機雷を敷設した。しかし、ロシア軍は機雷の敷設を阻止するために、水雷艇や駆逐艦を派遣してきた。日高謹爾は、ロシア軍の水雷艇や駆逐艦と交戦し、撃退した。 5月27日、日高謹爾は、水雷艇隊を率いて旅順港に突入した。日高謹爾の指揮する水雷艇隊は、ロシアの艦隊に攻撃を仕掛け、撃沈した。しかし、日高謹爾の乗艦である水雷艇「第六号」は、ロシアの砲撃を受けて撃沈された。日高謹爾は、水雷艇「第六号」とともに戦死した。 日高謹爾の死は、海軍に大きな衝撃を与えた。日高謹爾は、海軍の若き有望な将校として期待されており、彼の死は海軍にとって大きな損失であった。日高謹爾の死は、日本国民にも大きな衝撃を与えた。日高謹爾は、国民から「海軍の英雄」として讃えられ、彼の死は国民に大きな悲しみをもたらした。 日高謹爾の功績は、現在でも海軍で高く評価されている。日高謹爾は、日本の海軍軍人として、後世に語り継がれる英雄である。
歴史上の人物

東園基賢 – 江戸時代前期の公卿

-東園基賢の生涯- 東園基賢は、江戸時代前期の公卿です。権大納言・東園基量の子として生まれ、後水尾天皇の皇子である高松宮好仁親王の猶子となります。 東園基賢は、寛永10年(1633年)に権大納言に昇進し、翌年には左近衛大将に任じられました。寛永12年(1635年)には内大臣に任じられ、寛永14年(1637年)には右大臣に任じられました。 東園基賢は、寛永16年(1639年)に左大臣に任じられ、翌年には関白に任じられました。関白就任後は、朝廷の改革に取り組み、寛永18年(1641年)には「寛永諸家法度」を制定しました。 「寛永諸家法度」は、朝廷の儀式や作法を定めたもので、朝廷の秩序を維持するのに大きな役割を果たしました。東園基賢は、寛永20年(1643年)に薨去しました。享年48歳でした。 東園基賢は、江戸時代前期の公卿として、朝廷の改革に取り組んだ人物です。「寛永諸家法度」を制定し、朝廷の秩序を維持するのに大きな役割を果たしました。
学術分野の人

平松古道 – 江戸時代中期の儒者

平松古道の生涯 平松古道は、江戸時代中期の儒者です。1722年(享保7年)に備中国吉井郡宇野村(現在の岡山県岡山市東区)に生まれました。幼名は彦三郎、字は子恭、号は古道、通称は与右衛門です。 古道は、幼少の頃から聡明で、読書を好みました。10代の頃に、岡山藩の儒者である森介泉に師事して、儒学を学びました。その後、京都に遊学して、伊藤仁斎の門下生となったとされます。 仁斎の死後、古道は、岡山藩に仕えて、儒学の教授を務めました。1752年(宝暦2年)には、岡山藩の藩校である就学館の教授に就任しました。就学館では、儒学のほか、詩文や書道なども教授しました。 1765年(明和2年)、古道は、岡山藩を辞して、江戸に遊学しました。江戸では、佐藤一斎や亀田鵬斎などの儒者と交流しました。また、古道は、江戸で多くの著書を著しました。その中には、『古道文集』、『古道詩集』、『古道書道集』などがあります。 1777年(安永6年)、古道は、江戸で死去しました。享年56。古道の墓は、岡山市東区の海徳寺にあります。 古道は、儒学者としてだけでなく、詩人や書道家としても活躍しました。古道の詩文や書道は、現在でも高く評価されています。また、古道は、岡山藩の教育に貢献した人物としても知られています。
歴史上の人物

輝く女性の人生と貢献 – 平塚らいてうの生き様

-女性の解放の先駆者 - 平塚らいてうの功績- 平塚らいてうは、日本の女性解放運動の先駆者として知られる女性です。1886年に東京に生まれ、1971年に亡くなりました。 1911年、平塚らいてうは「青鞜」を創刊し、その中で女性の解放を訴え続けました。「青鞜」は、女性による初めての文芸雑誌であり、その中で平塚らいてうは、女性の自由と自立を求める文章を数多く発表しました。 平塚らいてうはまた、1920年に「新婦人協会」を設立し、女性の政治参加を求める運動を展開しました。新婦人協会は、女性の参政権獲得運動を展開し、1945年の女性参政権獲得に貢献しました。 平塚らいてうは、女性の解放運動の先駆者として、女性の地位向上に大きく貢献しました。平塚らいてうの功績は、現代の女性が享受している自由と自立の礎となっています。 平塚らいてうの功績は、大きく分けて3つあります。 1つ目は、女性の解放を訴えたことです。平塚らいてうは、「青鞜」の中で、女性の自由と自立を求める文章を数多く発表しました。それらの文章は、当時の女性たちに大きな影響を与え、女性の解放運動を盛り上げる原動力となりました。 2つ目は、女性の政治参加を求めたことです。平塚らいてうは、1920年に「新婦人協会」を設立し、女性の参政権獲得運動を展開しました。新婦人協会は、女性の参政権獲得運動を展開し、1945年の女性参政権獲得に貢献しました。 3つ目は、女性の地位向上に貢献したことです。平塚らいてうの功績により、女性の地位は向上し、現代の女性は自由と自立を享受できるようになりました。 平塚らいてうは、女性の解放運動の先駆者として、女性の地位向上に大きく貢献しました。平塚らいてうの功績は、現代の女性が享受している自由と自立の礎となっています。
学術分野の人

「平岩米吉」(1898-1986 昭和時代の動物学者)

-平岩米吉の経歴- 平岩米吉は、1898年1月25日に東京府東京市日本橋区本材木町(現・中央区日本橋本町)で、平岩市蔵とカネの息子として生まれた。1916年3月に東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)を卒業し、1920年3月に東京帝国大学理学部動物学科を卒業した。卒業後は東京帝国大学助手となり、1922年に東京帝国大学講師に就任した。1927年に東京帝国大学助教授に就任し、1931年に東京帝国大学教授に就任した。1943年に東京帝国大学を退職し、1944年に東京文理科大学教授に就任した。1949年に東京文理科大学を退職し、1950年に早稲田大学教授に就任した。1964年に早稲田大学を退職し、1965年に学習院大学教授に就任した。1971年に学習院大学を退職し、1972年に東京大学名誉教授の称号を授与された。 平岩米吉は、1986年1月21日に東京都新宿区の病院で死去した。享年87。 平岩米吉は、日本の動物学者である。動物の行動や生態を研究し、動物行動学の基礎を築いた。特に、鳥類の行動を研究し、鳥類の社会的行動や繁殖行動の解明に貢献した。また、動物の行動と環境の関係を研究し、動物の行動が環境によって影響を受けることを明らかにした。 平岩米吉は、日本の動物学の発展に貢献した功績で、1951年に日本学士院賞を受賞した。また、1964年に文化勲章を受章した。