「ま」で始まる名前

芸能分野の人

松島半二(初代)-桜田治助(2代)

-松島半二(初代)の生い立ちと活躍- 松島半二(初代)は、1878年(明治11年)に東京で生まれました。1895年(明治28年)に東京府立第一高等中学校を卒業後、東京帝国大学法学部に進学しました。1900年(明治33年)に東京帝国大学法学部を卒業後、内務省に入省しました。 内務省では、警保局警務課長、警視庁警視総監、内務次官などを歴任しました。1924年(大正13年)には、第2次山本権兵衛内閣の内務大臣に任命されました。1926年(昭和元年)には、第1次若槻礼次郎内閣の内務大臣に任命されました。 松島半二(初代)は、内務大臣として、治安維持法の制定、警察官の増員、国民精神総動員の推進などを行いました。また、社会政策にも力を入れ、児童福祉法の制定、健康保険法の改正、失業保険法の制定などを行いました。 1928年(昭和3年)に、松島半二(初代)は、若槻礼次郎内閣の総辞職に伴い、内務大臣を辞任しました。その後、松島半二(初代)は、貴族院議員、日本銀行総裁、東京府知事などを歴任しました。 1945年(昭和20年)に、松島半二(初代)は、88歳で亡くなりました。
歴史上の人物

– 松井康定(⇒松平康定(まつだいら-やすさだ))

松井康定 - 生誕と出自 松井康定(1485-1536)は、戦国時代の武将であり、安土桃山時代の名将徳川家康の父として知られています。 松井康定は、三河の国(現在の愛知県東部)に生まれました。彼の出生については、諸説あり、はっきりとはわかっていません。一説によると、三河国の豪族で、松井氏を称していた松井宗信の子として、三河の国碧海郡(現在の愛知県岡崎市)の松井城で生まれたとされています。また、松井信継の子として生まれたとする説もあります。 松井康定の生年は、文明17年(1485年)とされていますが、詳細はわかっていません。 松井康定は、幼い頃から武芸に秀でており、槍の使い手として知られていました。また、和歌や連歌にも通じており、文化人としても活躍していました。 松井康定は、永正17年(1520年)に、尾張国の織田信秀の娘である於大の方と結婚しました。於大の方との間には、徳川家康、徳川信康、徳川信広の3人の子をもうけました。 松井康定は、天文5年(1536年)に、享年52歳で死去しました。彼の死後、松井氏は没落し、徳川家康は今川氏の人質として、駿河国(現在の静岡県)に送られました。
スポーツ分野の人

「松井由輔(初代)」(⇒金井由輔(かない-ゆうすけ)(初代))

松井由輔の経歴と生涯 松井由輔(初代)は、1977年1月1日に東京都で生まれた。本名は金井由輔(かない-ゆうすけ)である。身長は175cm、体重は70kg。血液型はA型。 松井由輔は、幼い頃から相撲に興味を持ち、中学卒業後に相撲部屋に入門した。入門後は、松井由輔の四股名で活躍し、1999年に十両に昇進した。2001年には、新入幕を果たした。 松井由輔は、入幕後は、怪我に苦しみながらも、鋭い立ち合いと左上手投げを得意として、幕内の中堅力士として活躍した。2008年には、自己最高位の東前頭5枚目まで番付を上げた。 しかし、松井由輔は、2009年に大相撲八百長問題が発覚し、八百長行為に関与したとして、日本相撲協会から解雇処分を受けた。松井由輔は、その後、引退を表明した。 松井由輔は、引退後は、相撲解説者として活動した。また、2012年には、東京家政大学女子相撲部の監督に就任した。 松井由輔は、2016年10月18日に死去した。享年39歳だった。 松井由輔は、大相撲八百長問題で引退に追い込まれたが、相撲への情熱は失わず、相撲解説者や女子相撲部の監督として、相撲界の発展に貢献した。
文学分野の人

文芸評論家 松本鶴雄の生涯と功績

松本鶴雄の生い立ちと経歴 松本鶴雄は、1897年(明治30年)2月19日に、愛媛県松山市に生まれました。父は松本貞雄、母は松本しげのといいます。鶴雄には、姉と弟が一人ずついました。鶴雄は幼い頃から読書を好み、小学校時代には、市立図書館に通い詰めて様々な本を読み漁っていました。 鶴雄は、1913年(大正2年)に松山中学校(現・松山東高等学校)を卒業した後、上京して第一高等学校に入学しました。第一高等学校時代には、文芸部に所属し、文芸雑誌『アテネ』の編集に携わりました。 1917年(大正6年)に、鶴雄は東京帝国大学(現・東京大学)文学部に入学しました。在学中には、夏目漱石の小説『それから』に感銘を受け、日本文学への関心を深めました。 1920年(大正9年)に、鶴雄は東京帝国大学文学部を卒業しました。卒業後は、文芸雑誌『新思潮』の編集者になりました。同誌は、川端康成や横光利一など、新しい時代の作家を輩出したことで知られています。 1924年(大正13年)に、鶴雄はフランスに留学しました。フランス滞在中は、フランス文学やフランス文化を学びました。 1927年(昭和2年)に、鶴雄は日本に帰国しました。帰国後は、文芸雑誌『文芸時代』の編集長を務めました。同誌は、谷崎潤一郎や芥川龍之介など、日本の代表的な作家を掲載したことで知られています。 1936年(昭和11年)に、鶴雄は文芸評論家として独立しました。以後、文芸雑誌や新聞に文芸評論を執筆するようになりました。 1951年(昭和26年)に、鶴雄は東京大学文学部教授に就任しました。東京大学では、日本文学の講義を担当し、多くの学生を指導しました。 1967年(昭和42年)に、鶴雄は東京大学を定年退官しました。退官後は、文芸評論の執筆活動を続けました。 1974年(昭和49年)に、鶴雄は死去しました。享年77歳でした。
学術分野の人

松崎蘭谷 – 江戸時代前期-中期の儒者,書家

-松崎蘭谷の生涯と学問- 松崎蘭谷(1695-1745)は、江戸時代前期から中期の儒者、書家です。名は元元、字は惟禎、通称は裕之、号は蘭谷、別号に東山斎、介居、理斎などがあります。 -生い立ちと初期の経歴- 松崎蘭谷は、1695年(元禄8年)に、下総国香取郡下高井村(現在の千葉県香取市)に生まれました。幼い頃から学問を好み、10歳の時には儒学を学び始め、16歳の時には江戸に出て、荻生徂徠に師事しました。荻生徂徠は、当時人気のあった儒学者で、蘭谷は荻生徂徠の学問を深く学びました。 -荻生徂徠学派の中心人物として- 蘭谷は、荻生徂徠の門下生の中でも特に優秀な人物として知られており、荻生徂徠の学問を継承・発展させる重要な役割を果たしました。蘭谷は、荻生徂徠の学問を基に、独自の思想を展開し、多くの著作を残しました。代表的な著作には、『蘭谷先生語録』、『蘭谷先生文集』、『蘭谷先生詩集』などがあります。 -蘭谷の学問の特徴- 蘭谷の学問の特徴は、儒学を基盤としながらも、仏教や道教、さらにはキリスト教などの思想も積極的に取り入れていたことです。また、蘭谷は、蘭学にも関心を持ち、西洋の学問を積極的に取り入れました。蘭谷の学問は、当時の日本の知識層に大きな影響を与え、日本の近代化に貢献しました。 -蘭谷の書道- 蘭谷は、書道にも優れており、その書は「蘭谷流」と呼ばれて、多くの人々に愛好されました。蘭谷流の書は、荻生徂徠の書風を基盤としながらも、蘭谷独自の工夫が加えられており、洒脱で気品のある書風です。
歴史上の人物

– 前田綱紀

-加賀藩主としての実績- 前田綱紀は1639年に加賀藩主となりました。藩主として、彼はさまざまな改革を行い、加賀藩の繁栄に貢献しました。 -藩政改革- 前田綱紀は、藩政改革を実施し、加賀藩の財政を立て直しました。また、産業を振興し、加賀藩の経済を活性化させました。 -文化振興- 前田綱紀は、文化を振興し、加賀藩を文化の中心地にしました。金沢城下に、藩校である「加賀藩校」を設立し、学問の振興に努めました。また、加賀藩には、多くの文化人が集まり、加賀藩は、文化の中心地として栄えました。 -治水事業- 前田綱紀は、治水事業にも取り組み、加賀藩の水害を防ぎました。加賀藩は、加賀平野に位置しており、加賀川が流れています。加賀川は、洪水を起こしやすい川であり、加賀藩は、しばしば水害に見舞われていました。前田綱紀は、加賀川の治水事業を行い、加賀藩の水害を防ぎました。 -前田綱紀の業績- 前田綱紀は、加賀藩主として、藩政改革、文化振興、治水事業など、さまざまな改革を行い、加賀藩の繁栄に貢献しました。前田綱紀の業績は、加賀藩の歴史において、重要なものとなっています。
歴史上の人物

前田梅洞 – 江戸時代後期の儒学者

-生涯と経歴- 前田梅洞は、1779年(安永8年)に摂津国大阪の商人の家に生まれた。幼少期の名前は松次郎といった。13歳の頃に、儒学者の小崎康春に入門し、儒学を学び始めた。 20歳の頃に江戸に遊学し、中村惕斎に師事する。中村惕斎は、朱子学を講じる儒学者で、梅洞は中村惕斎から朱子学を学んだ。 24歳の頃に、梅洞は大阪に戻り、私塾を開いて儒学を教えた。梅洞の私塾は、多くの弟子を集め、梅洞は大阪の儒学界で名声を得た。 30歳の頃に、梅洞は京都に移り住み、私塾を開いた。梅洞の私塾は、京都の儒学界でも名声を得た。 40歳の頃に、梅洞は大阪に戻り、私塾を開き、儒学を教えた。梅洞は、70歳で亡くなるまで、大阪で儒学を教えた。 梅洞は、朱子学を講じる儒学者として活躍した。梅洞の朱子学は、実学的な要素が強く、梅洞は朱子学を社会問題の解決に活用しようとした。 梅洞は、朱子学のほかに、漢詩もよくした。梅洞の漢詩は、清新な詩風で知られている。 梅洞は、儒学者としてだけでなく、教育者としても活躍した。梅洞の私塾は、多くの弟子を集め、梅洞は多くの弟子を育て上げた。梅洞の弟子には、儒学者の中村敬宇や、政治家の大久保利通などがいる。
歴史上の人物

– 松平義柄(⇒徳川治行)

松平義柄の生涯 松平義柄(1804-1843)は、江戸幕府13代将軍徳川家定の父、11代将軍徳川家斉の十七男として生まれた。幼名は長次郎。1818年に、尾張藩主徳川斉朝の長女である徳川茂姫を正室に迎え、1821年に父徳川家斉から田安徳川家を継いだ。 1837年、徳川家定が将軍に就任すると、義柄は御三卿のひとつである田安徳川家の当主として、幕府の重要人物となる。1841年には、幕府の最高職である老中格に任命され、幕政に参加した。 しかし、義柄は将軍徳川家定との仲が悪く、幕政では権勢をふるっていた尾張藩主徳川斉朝とも対立していた。そのため、義柄は幕府内で孤立し、1843年に39歳で死去した。 義柄は、将軍徳川家定の死後、その実子である徳川慶福(後の14代将軍徳川家茂)を跡継ぎにしようと画策したが、失敗に終わった。義柄の死後、田安徳川家は断絶し、御三卿の一つが消滅した。 義柄は、将軍徳川家定と対立し、幕政で孤立した生涯を送った。しかし、その子である徳川慶福は、後に14代将軍徳川家茂となり、幕末の動乱期を生き抜くことになった。
文学分野の人

「学の門悟章」とは?江戸時代後期の狂歌師

学の門悟章の経歴と足跡 学の門悟章は、江戸時代後期の狂歌師である。本名は岡崎源右衛門、号は学の門悟章、柳下亭。狂歌を大伴家持、上田秋成、蒲生君平らに学んだ。寛政5年(1793年)から狂歌の投稿をはじめる。寛政8年(1796年)に『狂歌十種』を刊行。狂歌集も多く出版した。狂歌だけでなく、俳諧や川柳も嗜んだ。文政4年(1821年)12月26日に没した。 悟章は、狂歌師としてだけでなく、狂歌の理論家としても知られている。狂歌の起源や変遷、狂歌の作法や鑑賞方法などについて論じた著書『狂歌談』を著した。この書は、狂歌の理論書として後世に大きな影響を与えた。 また、悟章は狂歌の普及にも努めた。狂歌会を主催したり、狂歌の雑誌を発行したりした。悟章の尽力により、狂歌は江戸庶民の間で広く親しまれるようになった。 悟章の没後、狂歌は衰退していった。しかし、悟章の功績は今日でも高く評価されている。悟章は、狂歌の普及と発展に貢献した功績者であり、狂歌の歴史を語る上で欠かせない人物である。
歴史上の人物

―松井源水(4代)

松井源水の生涯 松井源水は、1829年(文政12年)1月26日に、大阪の北区にある大坂城の火除け地に生まれました。本名は源五郎といい、幼い頃から書を好み、毛筆の達人としても知られていました。 1847年(弘化4年)に、源水は20歳で家督を継ぎ、大阪の北区にある大坂城の火除け地に家を建てて住み始めました。この家は、後に「松井源水屋敷」と呼ばれ、大阪の名所の一つとなりました。 源水は、1853年(嘉永6年)にペリーが浦賀に上陸したとき、幕府の命令で江戸に赴き、ペリーと会見しました。源水は、ペリーと会う前に、書道家として有名な貫名菘翁(貫南菘翁)に師事し、書道を学びました。源水は、貫名菘翁から「松井源水」という号を授かり、この号で書を書き始めました。 源水は、ペリーと会見したとき、書道の腕前を披露し、ペリーを感嘆させました。ペリーは、源水に書を贈り、源水はそれを大切に保管しました。源水は、ペリーと会見したことを誇りに思い、それを生涯語り継ぎました。 源水は、1868年(明治元年)に、大阪の北区にある大坂城の火除け地に住み続け、1898年(明治31年)12月28日に、70歳で亡くなりました。源水の墓は、大阪の北区にある大安寺にあります。 源水は、書道家として活躍しただけでなく、大阪の町の発展に貢献した人物としても知られています。源水は、大阪の北区にある大坂城の火除け地に家を建てて住み始め、この家は後に「松井源水屋敷」と呼ばれ、大阪の名所の一つとなりました。源水は、大阪の町の発展に貢献した人物として、大阪の町の人々から尊敬されています。
歴史上の人物

勇猛果敢な戦国武将、牧野康成

-牧野康成の生涯と戦績- 牧野康成は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、三河国幡豆郡牛久保城主であった。徳川家康の家臣として忠勤を尽くし、武勇に優れて数々の戦功を挙げた。 牧野康成は、永正16年(1519年)に三河国幡豆郡牛久保城で生まれた。父は牧野成定、母は阿部定吉の娘。幼名は亀千代。 天文18年(1549年)に徳川家康に仕官し、桶狭間の戦い、三方ヶ原の戦いなど、数々の戦いで活躍した。特に、三方ヶ原の戦いでは、徳川軍が武田軍に大敗を喫する中で、牧野康成は武田軍の猛攻を食い止めて徳川家康の退却を掩護した。 天正12年(1584年)に徳川家康が関東に移封された後も、牧野康成は徳川家康に従い、下総国古河城の城代を務めた。天正18年(1590年)の小田原征伐にも従軍し、小田原城の開城に貢献した。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、牧野康成は東軍として参戦し、大垣城の戦いなどで活躍した。戦後、牧野康成は信濃国飯田藩10万石の領主となった。 慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、牧野康成は徳川軍の先鋒を務め、大坂城を攻めた。翌年の大坂夏の陣でも牧野康成は徳川軍の先鋒を務め、天王寺口の戦いなどで活躍した。 元和6年(1620年)に牧野康成は死去した。享年72。法号は大円院殿雲峯宗徳通源居士。 牧野康成は、勇猛果敢な戦国武将として知られ、数々の戦功を挙げた。徳川家康の信頼も厚く、徳川政権の確立に貢献した。
経済分野の人

「丸田芳郎」

-丸田芳郎の生涯- 丸田芳郎は、1913年3月1日に東京府東京市下谷区浅草(現在の東京都台東区浅草)で生まれた。父は丸田芳助、母はきくである。1919年4月、浅草区立福寿尋常小学校に入学。1925年4月、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学。1931年4月、東京帝国大学法学部に入学。1935年3月、東京帝国大学法学部を卒業。 1935年4月、大蔵省に入省。主計局属、主計局主事、主計局課長補佐、主計局課長などを歴任。1947年6月、大蔵省を退官。 1948年4月、日本銀行に入行。本店調査局長、本店理事、本店副総裁などを歴任。1965年3月、日本銀行総裁に就任。1971年3月、日本銀行総裁を退任。 1971年4月、日本開発銀行総裁に就任。1976年3月、日本開発銀行総裁を退任。 1976年4月、経済同友会代表幹事に就任。1978年3月、経済同友会代表幹事を退任。 1979年4月、日本経済新聞社顧問に就任。1992年3月、日本経済新聞社顧問を退任。 1993年12月26日、東京都港区の自宅で死去。享年80歳。 丸田芳郎は、大蔵省、日本銀行、日本開発銀行、経済同友会、日本経済新聞社などで要職を歴任し、日本の財政や金融政策に大きな影響を与えた。また、経済評論家としても活躍し、多くの著書を発表した。
歴史上の人物

松前道広 – 江戸中期から後期の大名

-北海道の松前藩主- 松前藩は、江戸時代初期に成立した北海道南部を領有する藩です。藩主は松前氏であり、初代藩主は松前慶広です。慶広は、アイヌ民族との交易によって財を成し、徳川家康から大名に任じられました。 松前藩は、北海道の開発とアイヌ民族との交易に重要な役割を果たしました。藩は、北海道に和人の入植を奨励し、アイヌ民族との交易を独占しました。また、藩はアイヌ民族の文化や言語を保護するために様々な政策を実施しました。 松前藩は、江戸時代後期に衰退しました。藩は、ロシアの侵攻やアイヌ民族の反乱によって領土を縮小し、財政も悪化しました。また、藩は幕府の政策によって交易の独占権を失い、収入源が減少しました。 松前藩は、明治維新後に廃止されました。藩主の松前修広は北海道開拓使の初代長官に任命され、北海道の開発に尽力しました。 -松前藩の歴代藩主- * 松前慶広(1604年 - 1633年) * 松前高広(1633年 - 1649年) * 松前氏広(1649年 - 1669年) * 松前光広(1669年 - 1705年) * 松前邦広(1705年 - 1732年) * 松前章広(1732年 - 1779年) * 松前昌広(1779年 - 1804年) * 松前周広(1804年 - 1824年) * 松前斉広(1824年 - 1836年) * 松前崇広(1836年 - 1845年) * 松前護広(1845年 - 1856年) * 松前修広(1856年 - 1871年)
芸能分野の人

– 十寸見河東(5代)

-十寸見河東(5代)の生涯- 十寸見河東(5代)は、1879年に東京で生まれました。本名は河東金太郎といい、生家は代々薬種問屋を営んでいました。 河東金太郎は幼い頃から相撲が好きで、1902年に18歳で角界入りしました。入門先は出羽海部屋で、四股名は「河東山」を名乗りました。 河東山は入門当初から頭角を現し、1906年には十両に昇進しました。1908年には入幕を果たし、1912年には横綱に昇進しました。 十寸見河東は横綱として活躍し、1921年には大関を破って優勝しました。1925年には引退し、年寄・十寸見を襲名しました。 十寸見は引退後も相撲界に残り、1931年から1934年まで日本相撲協会の理事長を務めました。1954年には日本相撲協会の会長に就任し、1964年まで在任しました。 十寸見は1964年に死去しました。享年85歳でした。 十寸見河東は、日本相撲界に大きな功績を残した偉大な横綱でした。その功績は今でも語り継がれています。
歴史上の人物

松平忠厚 – 日本で鉄道建設を支えた明治の偉人

-松平忠厚の生涯- 松平忠厚は、1837年1月21日に江戸で生まれた。彼は松平定信の孫であり、松平定信の四男である松平定永の長男である。徳川御三家のひとつである水戸藩の藩主であった。 忠厚は、幼い頃から聡明で、学問を好み、優れた詩人であった。また、書道にも優れ、多くの書を残している。 1858年、忠厚は水戸藩主となり、幕政に参加するようになった。彼は、開国と攘夷のどちらかを選ぶべきかという問題で、攘夷派の立場をとった。 1867年、大政奉還が行われ、徳川幕府が倒れた。忠厚は、新政府の参与となり、戊辰戦争にも参加した。 戊辰戦争後、忠厚は隠居し、水戸藩主の座を甥の松平頼之に譲った。しかし、彼は新政府に協力し、近代化に努めた。 1882年、忠厚は東京で没した。享年46。 忠厚は、日本で鉄道建設を支えた明治の偉人である。彼は、水戸藩主として、日本の近代化に貢献した。また、彼は、鉄道建設に尽力し、日本の近代化に大きく貢献した。 忠厚の功績を称え、水戸市には松平忠厚像が建立されている。
歴史上の人物

松平清善 – 戦国-織豊時代の武将

- 松平清善の生涯 松平清善(まつだいら きよよし)は、戦国時代から織豊時代にかけての武将。徳川家康の祖父に当たる。 清善は、松平長親の子として誕生。松平氏の庶流・岡崎松平家の出身である。 若い頃より、今川義元のもとで過ごして武功を上げ、今川家臣団の中でも重きを成した。 義元が尾張国に侵攻した際も、清善は先鋒を務めて活躍した。 しかし、桶狭間の戦いでは、義元が織田信長に討たれてしまい、清善も今川家を離れて独立した。 その後、清善は徳川家康に仕えて、三河統一に貢献した。 また、信長の甲州征伐にも参加して、武田氏を滅亡に追い込んだ。 清善は、家康の信頼が厚く、家康の側近として活躍した。 しかし、清善は、天正10年(1582年)に死去した。 清善の死は、家康にとって大きな損失となった。
歴史上の人物

松平忠憲 – 江戸時代前期の大名

松平忠憲の生涯 松平忠憲は、江戸時代前期の大名です。徳川家康の七男として生まれ、家康死後は徳川秀忠に仕えました。1619年、越前国福井藩の初代藩主となります。 忠憲は、福井藩を治めるためにさまざまな政策を実施しました。まず、藩の財政を立て直すために、検地を実施して租税制度を整備しました。また、藩内の産業を振興するために、特産品の生産を奨励し、新しい技術を導入しました。さらに、藩の防衛力を強化するために、城郭を築き、兵士を養成しました。 忠憲の政策は成功し、福井藩は財政的に豊かになり、産業も発展しました。また、藩の防衛力も強化され、外敵からの侵略を防ぐことができました。 忠憲は、1631年に36歳で亡くなりました。忠憲の死後、福井藩は弟の松平忠昌が継ぎました。忠昌は、兄の政策を引き継いで福井藩を治め、藩の発展に貢献しました。 忠憲は、福井藩の発展に貢献した名君として知られています。忠憲の政策は、福井藩のみならず、日本の近代化にも影響を与えました。
歴史上の人物

戦国・織豊時代の武将 – 松平玄鉄

能見松平氏の一族とその活躍 能見松平氏は、松平氏の庶流で、松平玄鉄の曾祖父である松平道正が能見城を築き、能見氏を称したことに始まる。能見松平氏は、松平宗家や徳川家康に仕え、戦国・織豊時代に活躍した。 能見松平氏の一族で最も有名なのは、松平玄鉄である。玄鉄は、能見松平氏の当主である松平康元の四男として生まれた。玄鉄は、若い頃から武勇に秀でており、松平宗家の家臣として仕えた。 玄鉄は、三河一向一揆の鎮圧や、遠江国の攻略など、徳川家康の軍事に功績を挙げた。玄鉄は、徳川家康から厚い信頼を受け、家康の側近として重用された。 玄鉄は、1582年に本能寺の変が起こった際、家康と信長の嫡男である信忠が安土城にいた。玄鉄は、信忠の軍と戦って討ち死にした。玄鉄の死は、家康にとって大きな痛手であった。 玄鉄以外にも、能見松平氏の一族には多くの武将がいた。松平康元は、能見松平氏の当主であり、松平宗家や徳川家康に仕えて活躍した。 松平康元の長男である松平康定は、能見松平氏の嫡男として生まれ、父と同じく松平宗家や徳川家康に仕えた。康定は、戦功を挙げて徳川家康から厚い信頼を受け、家康の側近として重用された。 松平康元の三男である松平康重は、能見松平氏の三男として生まれ、父と同じく松平宗家や徳川家康に仕えた。康重は、戦功を挙げて徳川家康から厚い信頼を受け、家康の側近として重用された。 能見松平氏の一族は、戦国・織豊時代に活躍した有力な武将の一族であった。玄鉄をはじめ、能見松平氏の一族は、松平宗家や徳川家康に仕え、戦功を挙げて厚い信頼を受けた。
スポーツ分野の人

山岳の案内人-松井憲三

-山岳の案内人-松井憲三- -人名辞典-松井憲三の生涯- 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある新穂高温泉出身の登山ガイドである。穂高岳を中心に活動し、多くの登山者の安全を確保してきた。 1931年、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷に生まれる。1950年、新穂高ロープウェイの開業と同時に山岳ガイドとなる。当時はまだ登山者が少なく、山岳ガイドの仕事もあまりなかったが、松井は山をこよなく愛し、登山者を安全に導くことに喜びを感じていた。 1960年代に入ると、登山ブームが到来し、松井のもとに登ってくる登山者も増えてきた。松井は、一人ひとりの登山者に丁寧に指導し、安全な登山を心がけた。また、登山道や山小屋の整備にも力を入れ、登山者の安全を向上させた。 1970年代には、松井は穂高岳の登山ガイドとして全国にその名を馳せるようになった。1978年には、皇太子(当時)が穂高岳に登られる際に、松井がガイドを務めた。 1980年代には、松井は山岳ガイドとしてだけではなく、登山学校を開設したり、登山に関する書籍を執筆したりするなど、登山文化の普及にも貢献した。 2000年代に入ってからも、松井は現役の山岳ガイドとして活躍し続けていた。2011年、80歳で現役を引退。2018年、87歳で逝去。 松井は、日本の山岳ガイドの第一人者として知られており、その功績は高く評価されている。 -岐阜県出身の登山ガイド- 岐阜県は、日本有数の山岳地帯である。そのため、岐阜県出身の登山ガイドも数多く輩出されている。松井憲三もその一人であり、岐阜県出身の登山ガイドとして、全国にその名を馳せた。 松井は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある新穂高温泉に生まれた。新穂高温泉は、穂高岳の麓にある温泉地であり、登山客でにぎわっている。松井は、幼い頃から穂高岳を眺めて育ち、山に親しんでいた。 松井は、1950年に新穂高ロープウェイの開業と同時に山岳ガイドとなった。当時はまだ登山者が少なく、山岳ガイドの仕事もあまりなかったが、松井は山をこよなく愛し、登山者を安全に導くことに喜びを感じていた。 -穂高岳を中心に活動- 松井は、穂高岳を中心に登山ガイドとして活動していた。穂高岳は、日本アルプスの最南端に位置する山であり、3,000m級の山々が連なる。穂高岳は、その雄大な景観と、難易度が高い登山ルートで知られている。 松井は、穂高岳の登山ガイドとして、多くの登山者を安全に山頂まで導いてきた。また、松井は穂高岳の登山道や山小屋の整備にも力を入れ、登山者の安全を向上させた。 松井は、日本の山岳ガイドの第一人者として知られており、その功績は高く評価されている。
歴史上の人物

「松島てうふ(初代)」(⇒桜田治助(さくらだ-じすけ)(2代))について

松島てうふ(初代)について 松島てうふ(初代)は、1881年(明治14年)に大阪市で生まれた料理人です。本名は桜田てうで、後に桜田治助(さくらだ-じすけ)と改名しました。 てうふは、幼い頃から料理に興味を持ち、15歳で料理店「松島楼」に奉公しました。松島楼は、大阪で人気の料亭で、てうふはそこで和食の基礎を学びました。 1903年(明治36年)、てうふは松島楼を離れ、大阪市内に自分の料理店「松島てうふ」を開業しました。松島てうふは、てうふの料理の腕前が高く評判となり、すぐに大阪で人気店となりました。 てうふの料理は、和食の伝統的な味を守りながら、新しいアイデアも取り入れたものでした。また、てうふは、客とのコミュニケーションを大切にしており、客に喜んでもらうことを第一に考えていました。 1923年(大正12年)、松島てうふは、大阪市内で火災に遭い、店舗を失いました。しかし、てうふはすぐに店舗を再建し、営業を再開しました。 てうふは、その後も精力的に料理を作り続け、1957年(昭和32年)に76歳で亡くなるまで、大阪の料理界をけん引しました。 てうふは、大阪の料理界に大きな功績を残した料理人です。てうふの料理は、今でも多くの人々に愛されており、大阪の食文化を代表する料理のひとつとなっています。
歴史上の人物

松尾駿淵 – 江戸時代中期から後期の武士

-松尾駿淵の生涯- 江戸時代中期から後期の武士である松尾駿淵は、安永3年(1774年)に常陸国水戸藩で生まれました。18歳の時に江戸に出て、講武所に入門しました。講武所は、新撰組の創始者である近藤勇や土方歳三も学んだ、剣術の道場でした。駿淵は、講武所での修業を経て、23歳の時に藩主である徳川治保の側近に抜擢されました。 駿淵は、藩主の側近として、藩政改革や軍事改革に取り組みました。中でも、藩の財政再建に尽力し、藩の財政を黒字化するなど、大きな功績をあげました。駿淵は、藩主からの信頼も厚く、33歳の時には、藩の最高職である家老に任命されました。 駿淵は、家老として、藩の政治や軍事を取り仕切りました。幕末の動乱期には、徳川慶喜の側近として、朝廷との交渉にあたりました。駿淵は、朝廷の代表である三条実美や岩倉具視と交渉し、江戸城の無血開城を実現させるなど、大きな役割を果たしました。 駿淵は、明治12年(1879年)に60歳で亡くなりました。駿淵は、江戸時代末期の動乱期に活躍した功績により、明治政府から贈従四位を受勲しています。 駿淵は、藩政改革や軍事改革、朝廷との交渉など、幅広い分野で功績をあげた江戸時代末期の武士でした。駿淵の功績は、明治政府からも高く評価され、贈従四位を受勲しています。駿淵は、江戸時代末期の動乱期を生き抜いた、偉大な人物でした。
歴史上の人物

松平信進 – 江戸末期の藩主

松平信進の生涯 松平信進は、1829年(文政12年)7月16日に、松江藩第10代藩主・松平治郷の六男として生まれました。幼名は正直、通称は初之助、左京亮と名乗りました。 1844年(天保15年)に、兄の宗三郎が早世したため、嫡子となりました。1851年(嘉永4年)に藩主となり、名を信進と改めました。 信進は、藩政改革に熱心に取り組みました。殖産興業を奨励し、藩の財政を立て直しました。また、軍制の改革にも着手し、藩兵を近代化しました。 1863年(文久3年)、幕府は長州藩を征討する命令を出し、信進は、幕府軍に参加しました。しかし、長州藩は、幕府軍を破り、信進は、敗走して松江に帰りました。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、信進は、官軍に参加しました。官軍は、幕府軍を破り、江戸城を占領しました。 1869年(明治2年)、信進は、版籍奉還により、藩主を辞しました。その後、東京に移住し、明治政府に出仕しました。 信進は、1911年(明治44年)3月28日に、東京で死去しました。享年83。 信進は、藩政改革に熱心に取り組み、藩の近代化に貢献しました。また、維新の三傑の一人である木戸孝允と親しく交際し、維新政府の樹立に尽力しました。
文学分野の人

松倉嵐蘭とは? – 江戸時代前期の俳人

-松倉嵐蘭の生涯- 松倉嵐蘭(まつくら あらん)は、江戸時代前期の俳人です。諱は昌(まさ)、字は士忠(しちゅう)、通称は長左衛門(ちょうざえもん)です。 嵐蘭は、1593年(文禄2年)に豊後国大分郡松平(現・大分県大分市)に生まれました。父は松倉宗右衛門、母は永松氏の娘です。嵐蘭は、幼少期に父を亡くし、母に育てられました。 嵐蘭は、1616年(元和2年)に江戸に出て、松平定勝に仕えました。定勝は、嵐蘭の才能を愛し、俳諧を学ぶことを勧めました。嵐蘭は、俳諧を学び、やがて俳人として名をなしました。 嵐蘭は、1624年(寛永元年)に『誹諧独吟集』を刊行しました。これは、嵐蘭の最初の俳諧集であり、200句余りが収められています。『誹諧独吟集』は、嵐蘭の俳諧の師匠である松尾芭蕉に絶賛され、嵐蘭の名は全国に知られるようになりました。 嵐蘭は、1637年(寛永14年)に大阪に移り住み、1641年(寛永18年)には『誹諧万句集』を刊行しました。『誹諧万句集』は、嵐蘭の俳諧集の中で最も有名なもので、1万句余りが収められています。『誹諧万句集』は、芭蕉の『おくのほそ道』にも引用されており、芭蕉が嵐蘭を高く評価していたことが窺えます。 嵐蘭は、1657年(明暦3年)に江戸に戻り、1666年(寛文6年)に『誹諧雪集』を刊行しました。『誹諧雪集』は、嵐蘭の最後の俳諧集であり、1200句余りが収められています。『誹諧雪集』は、嵐蘭の俳諧の集大成であり、嵐蘭の俳諧の真髄を味わうことができます。 嵐蘭は、1673年(延宝元年)に江戸で亡くなりました。享年81。嵐蘭は、江戸時代前期を代表する俳人であり、芭蕉とともに江戸俳諧の礎を築いた功績で知られています。嵐蘭の俳諧は、写生を重んじる写生俳諧であり、自然の美しさや人生の哀愁を詠んだ句が多く見られます。嵐蘭の俳諧は、現在でも多くの人々に愛読されています。
経済分野の人

―松下幸之助の生き様と功績

- 松下幸之助の生い立ちと少年期 松下幸之助は、1894年に大阪府守口市で生まれました。父は自転車店の店員、母は主婦で、裕福な家庭ではありませんでした。幸之助は、幼い頃から家業を手伝いながら、学校に通っていました。 幸之助は、小学校を卒業後、丁稚奉公に出ました。丁稚奉公とは、住み込みで奉公することですが、幸之助は、厳しい労働条件の中で、商人としての心得を学びました。その後、幸之助は、大阪市にある電気器具店に転職しました。 電気器具店では、幸之助は、電気器具の販売や修理の仕事に従事しました。幸之助は、仕事に熱心に取り組み、やがて、店の店長になりました。しかし、幸之助は、店の経営に不満を抱き、独立することを決意しました。 幸之助は、1918年に、大阪市で、妻と二人で、松下電器製作所を創業しました。松下電器製作所は、電灯ソケットや電池の製造販売からスタートしましたが、幸之助の経営手腕により、事業は順調に拡大していきました。 1929年に、松下幸之助は、松下電器製作所を株式会社化し、社長に就任しました。松下電器製作所は、その後、家電製品の製造販売を拡大し、世界有数の大企業に成長しました。 松下幸之助は、松下電器製作所の経営者として、多くの功績を残しました。幸之助は、社員を大切にし、社員のやる気を引き出す経営手法を採用しました。また、幸之助は、社会貢献にも熱心に取り組み、多くの社会福祉事業を創設しました。 松下幸之助は、1989年に、95歳で亡くなりました。幸之助は、日本の経済界に大きな足跡を残した偉大な経営者です。