「つ」で始まる名前

文学分野の人

つげ義春と漫画の世界

-代表作と作風- つげ義春は、1960年代に活躍した日本の漫画家です。代表作は、「ねじ式」「ゲンセンカン主人」「李さん一家」「紅い花」などです。 つげ義春の作風は、シュールレアリスムとエロスを組み合わせたもので、他の漫画家とは一線を画していました。シュールレアリスムとは、夢や無意識の世界を表現する芸術運動であり、エロスとは、性的な欲望を意味します。つげ義春の漫画は、夢や無意識の世界と性的な欲望をテーマとしたものが多く、それがシュールレアリスムとエロスを組み合わせたような作風を生み出しました。 つげ義春の代表作である「ねじ式」は、1968年に発表された短編漫画です。この作品は、主人公がネジを巻くことで巨大化する機械のような生き物に遭遇する物語です。この作品は、シュールレアリスム的な作風が特徴的で、主人公が巨大化する様が不条理でグロテスクな印象を与えます。 「ゲンセンカン主人」は、1965年に発表された短編漫画です。この作品は、主人公が不思議な古書店を営む店主と出会う物語です。この作品は、エロス的な作風が特徴的で、主人公が店主の娘と性的な関係を持つシーンなどが描かれています。 「李さん一家」は、1967年に発表された短編漫画です。この作品は、主人公が中国人の一家と出会う物語です。この作品は、シュールレアリスム的な作風が特徴的で、李さん一家の生活様式が不条理で不可解な印象を与えます。 「紅い花」は、1969年に発表された短編漫画です。この作品は、主人公が赤い花を巡って起こる事件に巻き込まれる物語です。この作品は、シュールレアリスム的な作風が特徴的で、赤い花の存在が不条理で不可解な印象を与えます。 つげ義春の漫画は、シュールレアリスムとエロスを組み合わせた独特の作風が特徴です。その作品は、不条理で不可解な世界観を描き出し、読者に強い印象を与えます。
芸能分野の人

「鶴沢文蔵(初代)」(⇒鶴沢友次郎(つるざわ-ともじろう)(2代))について

-初代鶴沢文蔵の生涯と功績- 鶴沢文蔵(初代)は、1867年(慶応3年)に東京で生まれました。本名は、初代の鶴沢友次郎です。幼い頃から音楽に興味があり、14歳で杵屋栄次郎(後の杵屋六左衛門)に入門して、長唄を学び始めました。1887年(明治20年)に初代鶴沢文蔵を名乗り、1890年(明治23年)には三味線の名手として名を馳せました。 1897年(明治30年)に、文蔵は渡米して、欧米各国で長唄を演奏しました。これは、日本の伝統音楽が海外に紹介された初めての例であり、文蔵の名声は世界に広まりました。帰国後、文蔵は日本の伝統音楽の普及に努め、1903年(明治36年)に日本音楽協会を設立しました。 1910年(明治43年)に、文蔵は文部省から音楽取調掛に任命され、日本の伝統音楽の調査研究に尽力しました。1918年(大正7年)に、文蔵は東京音楽学校(現・東京藝術大学)の教授に就任し、長唄の指導に当たりました。 1923年(大正12年)に、文蔵は関東大震災のため、東京の家を失い、京都に移り住みました。1924年(大正13年)に、文蔵は京都で亡くなりました。享年58歳でした。 文蔵は、日本の伝統音楽の普及に尽力し、長唄の名手として名を馳せました。また、文蔵は日本音楽協会を設立し、日本の伝統音楽の調査研究に尽力しました。文蔵の功績は、日本の伝統音楽の歴史に大きな足跡を残しました。
芸能分野の人

筑波雪子 (1906-1977) – 大正 昭和の女優

引退後も新派舞台で活躍 筑波雪子は、1939年に新派を退団してからも、引き続き舞台で活躍を続けました。戦後には、新派の再建に尽力し、1946年には「新派協同組合」を結成して理事長に就任しました。また、1949年には、新派の俳優たちと「劇団新派」を結成して、全国各地を巡演しました。 筑波雪子は、新派の舞台で、数々の名作に出演しました。代表作には、川口松太郎作の「雪国」や「人生の幸福」などがあります。また、島崎藤村作の「破戒」や夏目漱石作の「虞美人草」などの文学作品にも出演しました。 筑波雪子は、演技力が高く、美しい容姿で人気を博しました。また、真面目な性格で、舞台に真摯に取り組む姿勢が評価されました。彼女は、新派の女優として、日本の演劇界に大きな功績を残しました。 筑波雪子は、1977年に71歳で亡くなりました。しかし、彼女の演技は、今もなお、多くの演劇ファンに愛されています。 筑波雪子は、日本を代表する女優の一人であり、新派の発展に貢献した功績は大きい。彼女は、舞台で数々の名作に出演し、演技力と美しい容姿で人気を博した。また、真面目な性格で、舞台に真摯に取り組む姿勢が評価された。筑波雪子は、日本の演劇界に大きな足跡を残し、今もなお、演劇ファンに愛され続けている。
歴史上の人物

津軽為信:陸奥津軽地方を統一した戦国大名

-津軽為信の生涯- 津軽為信(1528年 - 1593年)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。陸奥国津軽地方を統一し、弘前藩の祖となった人物です。 為信は、南部氏の一族である津軽信濃守為連の三男として、陸奥国弘前城(現在の青森県弘前市)に生まれたとされています。幼名は太郎丸。父・為連が南部晴政によって謀殺されたため、菩提寺の福聚寺に預けられ、そこで仏教徒としての教育を受けます。 その後、為信は南部氏に仕え、1545年に大浦為則と共に南部晴政の叔父・南部晴継を討伐し、晴政が南部氏を継承することを助けました。 1551年、為信は南部氏の功臣として弘前城に封じられ、津軽氏を称しました。津軽氏は、南部氏に従い、北畠氏や九戸氏、葛西氏など、陸奥国南部で戦いました。 1582年、織田信長が本能寺の変で討たれると、南部氏は伊達政宗と同盟して、豊臣秀吉に反旗を翻しました。しかし、南部晴政は、秀吉の派遣した army に敗れ、南部氏は降伏しました。 為信は、南部晴政に降伏するよう勧めましたが、晴政はこれを拒否しました。そこで、為信は南部晴政と対立し、1585年に津軽を独立させます。 1590年、豊臣秀吉の奥州仕置により、為信は津軽一国を安堵されました。翌1591年、秀吉の命により、津軽城を廃して弘前城を築き、弘前藩の祖となりました。 為信は、1593年に66歳で死去しました。跡を長男の信牧が継ぎました。 津軽為信は、陸奥津軽地方を統一し、弘前藩の祖となった戦国大名です。為信の功績は、津軽地方の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

土屋信民-明治から昭和戦前期の司法官

司法官としての人生 土屋信民は、司法省法学校を卒業後、判事として各地の裁判所に勤務した。判事として、土屋は常に公正な裁判を心がけ、法の精神に則った判決を下した。また、土屋は法律の勉強にも熱心で、多くの法律論文を発表した。 1904年、土屋は司法省参事官に任命された。参事官として、土屋は司法制度の改革に取り組み、日本の司法制度の近代化に貢献した。1910年、土屋は判事から最高裁判事に昇進し、1912年には最高裁判所の長官に就任した。 最高裁判所長官として、土屋は日本の司法制度の確立に努めた。また、土屋は、法律の普及啓発にも力を入れ、国民に法律を身近なものとした。1923年には、土屋は退官し、弁護士として活動した。 土屋は、明治から昭和戦前期にかけて、日本の司法界で活躍した人物である。土屋は、公正な裁判を心がけ、法の精神に則った判決を下した。また、土屋は法律の勉強にも熱心で、多くの法律論文を発表した。土屋は、日本の司法制度の近代化と確立に貢献した功労者である。
文学分野の人

「津島佑子」-昭和後期-平成時代の小説家

- 津島佑子の生い立ちと経歴 津島佑子は、1947年9月26日に大阪府大阪市に生まれました。父は大阪大学医学部教授の津島寿一、母は小説家の津島美知子です。佑子は、両親の長女として、裕福な家庭に育ちました。 佑子は、幼い頃から文学に親しみ、小学校高学年頃から小説を書き始めました。中学2年生の時に、母美知子の勧めで「津島佑子」というペンネームで小説「誕生日」を「女学生の友」に投稿し、入選を果たしました。高校時代には、同人誌「橋」に参加し、小説やエッセイを発表していました。 1966年、佑子は京都大学文学部に入学しました。在学中は、演劇部に所属し、学生運動にも積極的に参加していました。1970年、佑子は京都大学を卒業し、東京に上京しました。出版社に就職し、編集者として働きました。しかし、佑子は文学への情熱を捨てきれず、1972年に編集者を辞めて、専業作家となりました。 佑子は、1973年に小説「葎の母」で第34回女流文学賞を受賞し、一躍注目を浴びました。その後も、佑子はコンスタントに小説を発表し、多くの文学賞を受賞しました。1981年には、小説「火の山」で第80回芥川賞を受賞しました。 佑子の作品は、主に女性を主人公としたもので、女性の生き方や恋愛を繊細な筆致で描いています。佑子は、女性が社会の中で生きることの難しさを鋭く見つめ、女性解放の必要性を訴えてきました。 佑子は、2008年9月8日に東京都内で亡くなりました。享年60歳でした。佑子の死は、日本の文壇に大きな衝撃を与えました。佑子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した、最も重要な小説家の1人です。
歴史上の人物

蔦屋重三郎:江戸時代の黄表紙と洒落本の名作を出版した版元

-蔦屋重三郎の生い立ちと江戸新吉原での細見販売- 蔦屋重三郎は、1724(享保9)年、江戸の商人の家に生まれました。幼い頃から読書が大好きで、特に小説や戯曲を好みました。1745(延享2)年、22歳の時に、江戸の出版界で名声を博していた蔦屋五兵衛の養子となり、版元として働き始めました。 蔦屋重三郎は、江戸の新吉原で細見を販売していました。細見とは、遊女屋の案内書のことです。遊女の名前、住所、容姿、性格などが詳しく書かれており、男性たちが遊女屋を選ぶための参考資料として利用されていました。蔦屋重三郎は、新吉原の細見を独占的に販売しており、大きな利益を得ていました。 蔦屋重三郎は、江戸の出版界で成功を収めただけでなく、文化人との交流も盛んでした。彼は、歌舞伎役者や浮世絵師、小説家など、様々な文化人と親交を深めました。そのおかげで、蔦屋重三郎は、江戸の文化の中心人物の一人となり、多くの作品を世に送り出すことができました。
文学分野の人

爪木晩山の生涯と功績

爪木晩山の生涯 爪木晩山(1864-1943)は、日本の政治家、教育者、ジャーナリスト、経済評論家です。彼は、明治、大正、昭和の3時代にわたって活躍し、日本の近代化に大きな貢献を果たしました。 晩山は、1864年に山口県萩市で生まれました。父は、長州藩の藩士で、幕末維新の際に活躍しました。晩山は、幼い頃から漢籍を学び、16歳の時に上京して、慶應義塾に入学しました。慶應義塾では、福沢諭吉の教えを受け、自由民権運動に参加しました。 1882年に慶應義塾を卒業した後、晩山は、朝日新聞に入社しました。朝日新聞では、政治記者として活躍し、自由民権運動を支持する記事を多く書きました。また、彼は、評論家としても活躍し、社会問題や経済問題について多くの評論を発表しました。 1890年に、晩山は、衆議院議員に当選しました。彼は、自由党に所属し、憲政の確立に尽力しました。1898年には、第1次伊藤内閣に入閣し、逓信大臣に就任しました。しかし、翌年に伊藤内閣が総辞職したため、晩山も逓信大臣を辞任しました。 1905年に、晩山は、第2次桂内閣に入閣し、文部大臣に就任しました。文部大臣としては、小学校教育の充実や、高等教育の振興に尽力しました。また、彼は、東京帝国大学に経済学部を新設し、経済学の研究を奨励しました。 1912年に、晩山は、第3次桂内閣に入閣し、外務大臣に就任しました。外務大臣としては、日露戦争後の外交交渉に尽力し、日本の国際的地位を高めることに貢献しました。 1914年に、晩山は、第1次大隈内閣に入閣し、大蔵大臣に就任しました。大蔵大臣としては、第一次世界大戦後の財政再建に尽力し、日本の経済を安定させることに貢献しました。 1918年に、晩山は、政界を引退しました。引退後は、評論家として活躍し、社会問題や経済問題について多くの評論を発表しました。また、彼は、早稲田大学で経済学の教授として教鞭を執りました。 1943年に、晩山は、80歳で死去しました。晩山は、日本の近代化に大きな貢献を果たした偉大な政治家、教育者、ジャーナリスト、経済評論家でした。
歴史上の人物

角兄麻呂-飛鳥・奈良時代の官吏・僧侶

-角兄麻呂の生涯と業績- 角兄麻呂は、飛鳥・奈良時代の官吏・僧侶である。656年に生まれ、732年に亡くなった。彼は、聖徳太子の孫である蘇我石川麻呂の子として生まれ、聖徳太子を崇敬する家に育った。 角兄麻呂は、若い頃から官僚として活躍し、686年に近江国司に任命された。その後、690年に右京大夫に任命され、694年に中納言に昇進した。彼は、政府の重要な職を歴任し、聖武天皇の治世に活躍した。 角兄麻呂は、政治家としてだけでなく、仏教の信仰にも篤く、720年に東大寺の大仏建立を主導した。東大寺の大仏は、日本の仏教史において重要な出来事であり、角兄麻呂の功績は大きい。 角兄麻呂は、732年に亡くなった。彼の死は、日本の政治と仏教に大きな影響を与えた。彼の死後、奈良時代は終わりを迎え、平安時代が始まった。 角兄麻呂は、飛鳥・奈良時代の政治家として、また、仏教の信者として、日本の歴史に大きな足跡を残した人物である。
美術分野の人

堆朱楊成(19代) – 明治時代の彫漆(ちょうしつ)工

-明治維新で中断した家業を再興- 堆朱楊成は、明治時代の彫漆工です。1831年、江戸に生まれ、1902年に亡くなりました。 楊成は、18代堆朱楊成の長男として生まれました。堆朱楊成は、江戸時代から続く塗師の名家であり、楊成も幼い頃から塗師の技法を学びました。 しかし、明治維新後の混乱で、堆朱楊成の家業は中断してしまいました。楊成は、家業を再興することを決意し、1872年に東京に移り住みました。 東京では、楊成は塗師の仕事をしながら、彫漆の技術を磨きました。そして、1881年に、第2回内国勧業博覧会に出品した作品が高く評価され、一躍有名になりました。 その後、楊成は数多くの作品を制作し、国内外で高い評価を受けました。1893年には、シカゴ万国博覧会に出品した作品が金メダルを受賞しました。 楊成は、明治時代の彫漆工として活躍し、日本の伝統工芸の発展に貢献しました。 楊成の作品は、繊細な彫り込みと美しい色彩が特徴的です。その作品は、国内外の美術館や博物館に収蔵されています。
音楽分野の人

昭和歌謡史のスター 津村謙

津村謙の生い立ちとデビュー 津村謙は、1931年1月15日に東京都に生まれた。本名は、津村謙次。幼い頃から歌が好きで、中学時代には合唱団に入っていた。1950年に、音楽学校を卒業後、歌手としてデビュー。その後、1952年に「赤とんぼ」が大ヒットし、一躍スターの仲間入りを果たした。 「赤とんぼ」は、津村謙の代表曲であり、今でも多くの人々に愛されている名曲である。この曲は、故郷を離れて都会で働く人々の心情を歌ったもので、多くの人々の共感を呼んだ。津村謙は、この曲で第4回NHK紅白歌合戦に出場し、紅白歌合戦に初出場を果たした。 その後も、津村謙は「青い山脈」「お富さん」「無法松の一生」など、数々のヒット曲をリリースした。1960年代には、映画にも出演するなど、俳優としても活躍した。1970年代に入ると、津村謙の音楽活動は徐々に減少していったが、1980年代に復活し、再びヒット曲をリリースした。 津村謙は、1996年に71歳で亡くなった。しかし、彼の歌は今でも多くの人々に愛されており、昭和歌謡史を代表するスターの一人として語り継がれている。
文学分野の人

鶴女房 – 守るべき約束の大切さを伝える昔話

1. 鶴女房のあらすじ 鶴女房とは、日本の有名な昔話の一つで、守るべき約束の大切さを伝えています。主人公は、貧しい若者で、ある日、森の中で鶴を助けます。鶴はお礼に、若者に美しい女性に変身して妻となり、二人は幸せに暮らしていました。しかし、若者はある約束を破り、鶴女房は鶴の姿に戻って飛び去ってしまいました。 若者は鶴女房を探し求めますが、簡単には見つかりません。旅の途中で、彼は様々な人に出会い、その人々から約束の大切さを学びます。そして、ついに鶴女房を見つけるのですが、彼女はすでに死んでいました。 若者は鶴女房の遺体を埋葬し、その墓に鶴を刻んだ石碑を立てました。そして、鶴女房の命日になると、必ず墓参りをして約束の大切さを忘れないようにしました。 鶴女房のあらすじは、約束の大切さを伝えるだけでなく、命の大切さも伝えています。鶴女房は、若者に助けられた恩返しとして、若者の妻になりました。しかし、若者が約束を破ったことで、彼女は命を落としてしまいました。 鶴女房の物語は、私たちに約束の大切さと命の大切さを忘れてはいけないと教えてくれます。
歴史上の人物

塚田清一→ 明治時代の傑出した軍人とその偉業

# 塚田清一の人生と初期の経歴 -塚田清一- 塚田清一は、1858年5月20日に、東京府芝区(現在の東京都港区芝)に生まれた。父は、塚田静一といい、幕府の軍吏であった。母は、キクといい、農家の娘であった。塚田清一は、幼少期から体が丈夫で、武芸を好んだ。1871年、塚田清一は、海軍兵学校に入学し、1875年に卒業した。卒業後は、海軍省に勤務し、1880年に海軍大佐に昇進した。1882年、塚田清一は、アメリカ合衆国に留学し、海軍大学で学んだ。1885年に帰国し、海軍省に勤務を再開した。1894年、日清戦争が勃発し、塚田清一は、連合艦隊参謀として出征した。1895年、日清戦争が日本の勝利に終わり、塚田清一は、海軍少将に昇進した。1904年、日露戦争が勃発し、塚田清一は、第2艦隊司令長官として出征した。1905年、日露戦争が日本の勝利に終わり、塚田清一は、海軍中将に昇進した。1911年、塚田清一は、海軍大将に昇進し、海軍大臣に就任した。1914年、第一次世界大戦が勃発し、塚田清一は、連合艦隊司令長官に就任した。1918年、第一次世界大戦が終結し、塚田清一は、海軍大臣を辞任した。1923年、塚田清一は、病のため死去した。
文学分野の人

鶴廼屋乎佐丸 – 江戸時代後期の狂歌師

- 江戸時代の狂歌師、鶴廼屋乎佐丸 鶴廼屋乎佐丸は、江戸時代後期の狂歌師です。狂歌は、江戸時代に流行した庶民文芸の一種で、滑稽味のある風刺的な句や歌を詠むことが特徴です。 鶴廼屋乎佐丸は、本名を佐藤喜三郎といい、1771年に越後国頚城郡(現在の新潟県上越市)で生まれました。幼い頃から狂歌を好み、10代の頃から狂歌師として活動を始めました。 1798年に江戸に移住し、狂歌師として名を上げました。鶴廼屋乎佐丸は、滑稽味のある風刺的な句や歌を詠むことで知られており、庶民の間で人気を博しました。 1825年に「狂歌百人一首」を出版し、大ヒットとなりました。この「狂歌百人一首」は、狂歌のベストセラーとなり、鶴廼屋乎佐丸の名は全国に知れ渡りました。 また、鶴廼屋乎佐丸は狂歌師としてだけでなく、画家としても活躍しました。彼の描いた狂画は、庶民の間で人気を博しました。 鶴廼屋乎佐丸は、1848年に江戸で亡くなりました。享年78歳でした。現在、彼の墓は東京の谷中霊園にあります。
歴史上の人物

「筒井順興」

-筒井順興 生涯- 筒井順興(つついじゅんこう)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。大和国(現在の奈良県)の戦国大名、筒井順昭の嫡男。筒井定次、筒井定清の兄。妻は織田信長の妹・お市の方(後に島津義久に再嫁)。 -出自- 筒井順興は、筒井順昭の嫡男として大和国に生まれた。母は三好政長の娘・喜佐御前。 -織田信長との同盟- 永禄11年(1568年)、筒井順興は織田信長と同盟を結び、信長の妹・お市の方を妻に迎えた。この同盟により、筒井氏は信長の畿内平定に協力し、順興は信長の家臣となった。 -大和国の支配- 信長の支援を受けて、筒井順興は大和国を統一し、大和国の戦国大名となった。順興は信長の指示に従って、大和国に楽市楽座制を導入し、経済政策を実施した。また、信長の命により、東大寺大仏殿の再建にも携わった。 -本能寺の変- 天正10年(1582年)、筒井順興は本能寺の変で信長が討たれたことを知ると、すぐに大坂城に駆けつけた。信長の死後、天下を巡って羽柴秀吉と柴田勝家が争い始め、順興は秀吉方に加わった。 -秀吉の天下統一- 天正13年(1585年)、羽柴秀吉が柴田勝家を破り、天下を統一した。筒井順興は秀吉の天下統一に功績があったため、大和国の領地に加えて、摂津国の一部と播磨国の一部を与えられた。 -晩年- 慶長5年(1600年)、筒井順興は関ヶ原の戦いで東軍に属した。戦後、順興は秀吉の弟・豊臣秀長の遺児である豊臣秀保の所領であった大和国に復帰した。 慶長9年(1604年)、筒井順興は病のため死去した。享年37。 -人物- 筒井順興は、温厚で知られた人物であった。また、和歌や茶の湯を好んだ。順興の死後、筒井氏は子の定次が継いだが、慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で大坂城が落城したため、筒井氏は滅亡した。
歴史上の人物

「土橋貞恵」

医師としての土橋貞恵 土橋貞恵は、1883年(明治16年)に奈良県で生まれ、1952年(昭和27年)に亡くなった日本の医師です。東京帝国大学医科大学を卒業後、ドイツに留学し、細菌学を学びました。帰国後は、東京帝国大学医科大学教授や、国立予防研究所所長を歴任しました。 土橋貞恵は、日本の細菌学の第一人者であり、コレラ菌の研究で知られています。1911年(明治44年)には、コレラ菌の分離に成功し、コレラワクチンを開発しました。また、1919年(大正8年)には、赤痢菌の分離に成功し、赤痢ワクチンの開発にも貢献しました。 さらに、土橋貞恵は、細菌学以外にも、公衆衛生や医学史の研究にも取り組んでいました。1925年(大正14年)には、日本公衆衛生協会を創設し、その初代会長に就任しました。また、1931年(昭和6年)には、日本医学史学会を創設し、その初代会長に就任しました。 土橋貞恵は、日本の細菌学や公衆衛生の発展に大きく貢献した人物です。
経済分野の人

坪川信一:福井の百貨店経営者

坪川信一人となり 坪川信一氏は、福井県で百貨店を経営する実業家である。1936年、福井県福井市に生まれる。福井商業高校を卒業後、1956年に家業の百貨店「坪川」に入社。1964年に代表取締役に就任し、1972年に社長に就任した。 坪川氏は、経営者としての手腕に優れていることで知られている。坪川百貨店は、坪川氏の経営の下で大きく成長し、福井県内有数の百貨店となった。坪川氏は、お客様第一主義を掲げ、顧客満足度の向上に努めた。また、地域社会への貢献にも熱心であり、福井県商工会議所会頭や福井県経済同友会代表幹事などを歴任した。 坪川氏は、人柄も温厚で、社員や顧客からの人望も厚い。常に笑顔を絶やさず、誰に対しても分け隔てなく接する。また、坪川氏は非常に謙虚であり、常に新しいことを学ぼうとする姿勢を持っている。 坪川氏は、福井県を代表する経営者であり、地域社会への貢献者である。坪川氏の経営哲学は、福井県内だけでなく、全国の百貨店経営者にも大きな影響を与えている。 坪川氏の座右の銘は「誠実」である。坪川氏は、誠実さを最も大切にしており、常に誠実に行動することを心がけている。また、坪川氏は「お客様第一主義」を掲げ、顧客満足度の向上に努めている。坪川氏は、顧客の立場に立って考え、顧客が望むものを提供することに徹している。 坪川氏は、地域社会への貢献にも熱心である。坪川氏は、福井県商工会議所会頭や福井県経済同友会代表幹事などを歴任した。坪川氏は、福井県の経済発展のために尽力しており、福井県民からの人望も厚い。 坪川氏は、福井県を代表する経営者であり、地域社会への貢献者である。坪川氏の経営哲学は、福井県内だけでなく、全国の百貨店経営者にも大きな影響を与えている。
学術分野の人

「坪井洋文」

- 民族学者「坪井洋文」の著作は? 坪井洋文は、1863年に兵庫県で生まれ、1913年に亡くなった日本の民族学者です。東京帝国大学で人類学を学び、卒業後は東京帝国大学教授を務めました。坪井は、日本の民族学の基礎を築いた人物であり、多くの著作を残しています。 坪井の著作の中でも最も有名なのは、『日本民族学』です。この著作は、1901年に出版され、日本の民族学の最初の体系的な著作として高く評価されています。坪井は、この著作の中で、日本の民族の起源や分布、言語、風俗などについて述べています。 坪井のもう一つの有名な著作は、『日本古代史』です。この著作は、1913年に出版され、日本の古代史の最初の体系的な著作として高く評価されています。坪井は、この著作の中で、日本の古代史について述べています。 坪井の著作は、日本の民族学と古代史の発展に大きな貢献を果たしました。坪井の著作は、現在でも日本の民族学者や古代史家によって広く研究されています。 坪井の著作の主なものは以下の通りです。 * 『日本民族学』(1901年) * 『日本古代史』(1913年) * 『日本民族の起源』(1893年) * 『日本人の起源』(1900年) * 『日本人の風俗』(1902年) * 『日本人的人類学』(1904年) * 『日本人の体質』(1906年) * 『日本人の気質』(1908年) * 『日本人の精神』(1910年) * 『日本人の宗教』(1912年)
美術分野の人

月岡耕漁:明治-大正時代の日本画家

-月岡耕漁の生涯- 月岡耕漁は、1869年(明治2年)に東京で生まれた日本画家です。本名は山本耕漁です。月岡芳年に入門し、日本画を学びました。1890年(明治23年)に日本画の展覧会である「日本絵画共進会」で入選を果たし、1892年(明治25年)に「日本絵画協会」を創立しました。 1894年(明治27年)には日清戦争に従軍し、従軍画家の1人として戦場の様子をスケッチしました。日清戦争後は、主に歴史画や風俗画を制作しました。1910年(明治43年)には東京美術学校(現在の東京芸術大学)の教授に就任し、1922年(大正11年)には文化勲章を受賞しました。1939年(昭和14年)に70歳で亡くなりました。 月岡耕漁は、明治-大正時代の日本画壇を代表する画家の一人です。歴史画や風俗画を得意とし、その作品には、日本の伝統的な美意識が色濃く反映されています。また、日本画の教育にも力を入れ、多くの弟子を育てました。月岡耕漁の死後、その作品は広く愛され、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。 -月岡耕漁の代表的な作品- * 「義経千本桜」 * 「平家物語」 * 「源氏物語」 * 「風俗三十六景」 * 「東海道五十三次」 -月岡耕漁の功績- * 1892年に「日本絵画協会」を創立し、日本画の振興に努めました。 * 日清戦争に従軍し、従軍画家の1人として戦場の様子をスケッチしました。 * 歴史画や風俗画を得意とし、その作品には、日本の伝統的な美意識が色濃く反映されています。 * 日本画の教育にも力を入れ、多くの弟子を育てました。 * 1922年(大正11年)に文化勲章を受賞しました。
学術分野の人

– 土川善澂

-土川善澂- -生涯と功績- 土川善澂は、1952年(昭和27年)に埼玉県で生まれた。1976年(昭和51年)に東京大学理学部を卒業し、1978年(昭和53年)に東京大学大学院理学研究科を修了した。その後、東京大学理学部助手、名古屋大学理学部助教授、名古屋大学理学部教授を歴任した。2017年(平成29年)に名古屋大学を退職し、現在は東京大学名誉教授である。 土川善澂の研究分野は、代数幾何学である。代数幾何学とは、代数と幾何学を結びつけた学問である。土川善澂は、代数幾何学の分野で多くの重要な業績を上げており、代数幾何学の世界的権威として知られている。 土川善澂の最も重要な業績のひとつは、交差数定理の証明である。交差数定理は、代数幾何学の基本的な定理のひとつであり、代数多様体の交点の数を計算するために用いられる。土川善澂は、1980年(昭和55年)に交差数定理を証明し、代数幾何学に大きな貢献をした。 土川善澂のもうひとつの重要な業績は、モチーフの研究である。モチーフとは、代数多様体の代数的な性質を表す数学的な対象である。土川善澂は、モチーフの研究において多くの重要な成果を上げており、モチーフ理論の発展に大きく貢献した。 土川善澂は、代数幾何学の分野で多くの重要な業績を上げており、代数幾何学の世界的権威として知られている。土川善澂の研究は、代数幾何学の発展に大きく貢献しており、今後も彼の研究に期待がかかっている。
歴史上の人物

「妻木頼隆」(1669-1745 江戸時代前期-中期の武士)

-妻木頼隆の生涯- 妻木頼隆(1669年 - 1745年)は、江戸時代前期から中期にかけての武士。妻木彦右衛門の次男。妻木頼親の養子。通称は太郎右衛門、彦右衛門。号は南曙。 元禄9年(1696年)、養父の死により家督を相続。宝永2年(1705年)から同4年(1707年)にかけて、幕府の命により伊予国松山城の修築に携わった。正徳3年(1713年)に大番頭、享保9年(1724年)に奏者番を務めた。享保16年(1731年)に勘定奉行に就任。元文2年(1737年)に老中となり、延享2年(1745年)に77歳で死去した。 妻木頼隆は、老中として享保の改革を推進した。享保17年(1732年)には、新井白石を起用して正徳の治の検証を行い、享保18年(1733年)には、田沼意次を起用して享保の改革の推進を図った。また、享保19年(1734年)には、目安箱を設置して民衆の声を聴取した。 妻木頼隆は、老中として享保の改革を推進し、政治・経済の安定に貢献した。また、目安箱を設置して民衆の声を聴取するなど、民政にも尽力した。
芸能分野の人

津打門三郎(3代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

津打門三郎(3代)の生涯 津打門三郎(3代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。初代中村勘三郎の門人。通称は、三津派(みたつ)門三郎。津打門三郎という芸名は、初代門三郎の門弟であったことによる。 1794年、江戸の芝浜町に生まれる。11歳のときに市川海老蔵の門人となり、市川小団次を名乗る。1811年、初めて守田座に出演し、初代中村勘三郎の門人となる。1813年、中村門三郎を名乗る。1823年、中村門之助を名乗る。1830年、中村門三郎を再び名乗る。1832年、中村芝翫を名乗る。1833年、中村門三郎を三度名乗る。1835年、中村門之助を再び名乗る。1836年、中村門三郎を四度名乗る。1837年、中村芝翫を再び名乗る。1841年、中村門之助を三度名乗る。1842年、中村門三郎を五度名乗る。1843年、中村芝翫を三度名乗る。1846年、中村門三郎を六度名乗る。1847年、中村芝翫を四度名乗る。1850年、中村門三郎を七度名乗る。1851年、中村芝翫を五度名乗る。1854年、中村門三郎を八度名乗る。1855年、没。享年62。 津打門三郎(3代)は、歌舞伎の女形として活躍した。立役を得意としたが、女形も得意であった。特に、女形の役柄では、その美しさから多くのファンに愛された。また、舞踊にも優れており、その華麗な舞姿は人々を魅了した。 津打門三郎(3代)は、歌舞伎界に大きな功績を残した。その美しさや舞踊の巧みさから、多くの人々に愛された。また、女形という役柄を確立し、歌舞伎の女形として活躍する道を切り拓いた。
芸能分野の人

鶴沢清八(2代)

- 生い立ち 鶴沢清八(2代)は、明治32年(1899年)に東京都江戸川区に生まれ、本名は鶴沢清太郎。父は、初代鶴沢清八で、清元節を代表する名手として知られた。母は、清元節の三味線方の名手で、鶴沢豊治の娘だった。 清八は、幼少期から清元節に親しみ、5歳の時に清元節を習い始める。父である初代鶴沢清八に師事し、清元節の基礎を学んだ。清八は、父譲りの才能を発揮し、10歳の時にはすでに清元節の舞台に立っていた。清八は、その後も研鑽を重ね、15歳の時に清元節の名取を取得した。 清八は、清元節の舞台で活躍する一方で、後進の指導にも力を注いだ。昭和12年(1937年)に、清元節の稽古場を開設し、多くの弟子を育てた。清八の弟子には、清元清寿、清元清寿太夫、清元栄寿、清元秀寿などがおり、彼らは清元節を代表する名手として活躍した。 清八は、昭和38年(1963年)に、清元節の第一人者として人間国宝に認定された。清八は、清元節の伝統を守り続け、清元節の発展に貢献した。清八は、昭和45年(1970年)に死去したが、清元節の第一人者として、その名は現在も語り継がれている。
美術分野の人

「常見一之」(⇒常見浩斎(つねみ-こうさい))について

# -常見一之の概要- -常見一之-(つねみ かずゆき、1956年5月2日 - )は、日本の小説家。静岡県生まれ。本名は常見浩斎(つねみ こうさい)。慶應義塾大学経済学部卒業。 常見一之は、1989年に『都市伝説』で第11回スニーカー大賞を受賞し、デビューした。1996年には『地底都市』で第10回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した。2005年には『龍の契』で第7回本屋大賞を受賞した。 常見一之の作品は、SF、ミステリ、ホラーなど、さまざまなジャンルを横断している。また、日本を舞台にした作品もあれば、海外を舞台にした作品もある。しかし、すべての作品に共通しているのは、緻密な構成と巧みなストーリーテリングである。 常見一之の作品は、国内外で高く評価されており、多くの言語に翻訳されている。また、映画やテレビドラマにもなっている。 常見一之は、日本のエンターテインメント界を代表する作家のひとりである。