「う」で始まる名前

美術分野の人

上野彦馬:幕末・明治の偉大な写真家

-功績と業績- 上野彦馬は、幕末・明治期に活躍した偉大な写真家です。彼は、日本における写真術の黎明期に、その技術をいち早く取り入れ、多くの貴重な写真を残しました。また、写真術の普及にも尽力し、日本における写真文化の発展に大きく貢献しました。 上野彦馬の功績と業績は、以下の通りです。 * -写真術の日本への導入と普及- 上野彦馬は、1862年に長崎で写真術を学び、翌1863年には横浜に写真館を開設しました。これは、日本における最初の写真館の一つであり、上野彦馬は日本における写真術の普及に大きな役割を果たしました。 * -貴重な写真の撮影- 上野彦馬は、幕末・明治期の貴重な写真を多く残しました。その中には、幕末の志士や明治維新の指導者たちのポートレート、当時の街並みや風景の写真などがあります。これらの写真は、歴史的な資料として非常に貴重であり、上野彦馬の功績を物語っています。 * -写真術の技術革新- 上野彦馬は、写真術の技術革新にも貢献しました。彼は、写真撮影に湿板法を用い、画質を向上させました。また、写真乾板の製造にも成功し、写真撮影をより手軽なものにしました。 * -写真展覧会の開催- 上野彦馬は、写真展覧会の開催にも尽力しました。彼は、1871年に東京で第一回写真展覧会を開催し、以降、数多くの写真展覧会を開催しました。これにより、写真文化の普及に貢献しました。 上野彦馬は、幕末・明治期に活躍した偉大な写真家であり、その功績と業績は日本における写真文化の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

人名辞典-「瓜生イワ」(幕末-明治時代の社会事業家)

-瓜生イワの孤児支援と教育- 瓜生イワは、幕末から明治時代にかけて活躍した社会事業家です。彼女は、孤児の支援と教育に尽力し、その功績は今日でも高く評価されています。 イワは、1827年(文政10年)に、現在の岐阜県岐阜市に生まれました。幼い頃に父を亡くし、貧しい生活を送りました。しかし、彼女は学問を志し、私塾に通って勉強しました。その後、彼女は結婚して子供を授かりましたが、夫は病気で亡くなり、彼女は一人親となりました。 イワは、夫の死後、孤児の支援に取り組むようになりました。彼女は、岐阜市に孤児院「養育院」を設立し、孤児の養育と教育にあたりました。養育院では、孤児たちに読み書きや算数などの基本的な教育を施し、また、職業訓練も行っていました。イワは、孤児たちの自立を支援し、社会で活躍できる人材を育成することを目指していました。 イワの孤児支援活動は、社会から高く評価され、彼女は「孤児の母」と呼ばれて親しまれるようになりました。1895年(明治28年)には、政府から勲七等宝冠章を授与されました。イワは、1907年(明治40年)に80歳で亡くなりましたが、彼女の孤児支援活動は、後世の人々に引き継がれ、今日でも続いています。 イワの孤児支援と教育への貢献は、日本社会の発展に大きな影響を与えました。彼女の活動により、多くの孤児が救われ、社会で活躍できる人材が育成されました。イワの功績は、今日でも高く評価されており、彼女は日本の社会事業の先駆者として尊敬されています。
歴史上の人物

内海道億

-内海道億とは?- 内海道億は、日本の政治家、実業家である。 自由民主党所属。 衆議院議員を経て、現在は参議院議員。 財務副大臣、防衛大臣、外務大臣、内閣官房長官などを歴任した。 内海道億は、1956年に兵庫県姫路市に生まれた。 兵庫県立姫路西高等学校、東京大学法学部卒業。 大学卒業後は、三井物産に入社した。 1993年に衆議院議員に初当選。 以後、6期連続当選を果たした。 2006年には、財務副大臣に就任。 2007年には、防衛大臣に就任。 2008年には、外務大臣に就任。 2012年には、内閣官房長官に就任。 2017年には、参議院議員に初当選。 現在は、参議院議員として活動している。 内海道億は、自民党内でも重鎮の一人として知られている。 将来の総理大臣候補の一人としても名前が挙がっている。
歴史上の人物

鵜殿氏次 – 織豊・江戸時代前期の武人

氏次の父と母 鵜殿氏次は、鵜殿長照の嫡男として、天文12年(1543年)に生まれた。母親は、松田顕秀の娘である。 鵜殿長照は、尾張国中島郡鵜殿城の城主であり、織田信秀に仕えていた。信秀の死後、信長の家督相続に尽力し、重臣として仕えた。 松田顕秀は、尾張国中島郡松田城の城主であり、信秀、信長にも仕えた。 氏次は、両親から厳格な教育を受け、武芸に秀でた。また、知略にも優れ、信長に重用された。 氏次は、信長の家臣として、越前一向一揆の平定、武田信玄との戦い、本能寺の変など、数々の戦いに参加し、功績を挙げた。 信長の死後は、豊臣秀吉に仕え、九州征伐、小田原征伐などの戦いに参加した。 秀吉の死後は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは、東軍として参陣した。 氏次は、元和2年(1616年)に死去した。
歴史上の人物

人名辞典 「雲岫宗竜」

-室町時代の僧侶、雲岫宗竜- 雲岫宗竜は、室町時代初期に活躍した日本の僧侶です。14世紀後半に生まれ、15世紀前半に亡くなったと伝えられています。 雲岫宗竜は、臨済宗妙心寺の第二世住職を務めたことで知られています。妙心寺は、1337年に開山した臨済宗の寺院で、京都市中京区花園に所在しています。雲岫宗竜は、妙心寺開山の桂庵玄樹の弟子であり、桂庵の死後に妙心寺の第二世住職に就任しました。 雲岫宗竜は、妙心寺の住職として、寺院の復興と発展に尽力しました。妙心寺には、雲岫宗竜が建立した仏殿や方丈などが現存しており、その当時の様子をうかがい知ることができます。 また、雲岫宗竜は、禅僧としての修行にも励み、悟りの境地に至ったと伝えられています。雲岫宗竜の禅の教えは、多くの弟子に受け継がれ、日本の禅文化の発展に大きく貢献しました。 雲岫宗竜は、1442年に亡くなりました。妙心寺には、雲岫宗竜の墓所があり、現在でも多くの参拝者が訪れています。 雲岫宗竜は、室町時代初期の日本における臨済宗の発展に大きな役割を果たした重要な僧侶です。雲岫宗竜の禅の教えは、日本の禅文化の発展に大きく貢献し、現在でも多くの人々に影響を与えています。
学術分野の人

「臼杵渓村」

- 臼杵渓村の生涯 臼杵渓村は、1889年(明治22年)4月1日に大分県臼杵郡に発足した村である。同郡佐志生村、下之江村、藤河内村、原村、原村が合併して誕生した。1954年(昭和29年)3月31日に臼杵市に編入されて消滅した。 臼杵渓村は、臼杵川の支流である臼杵渓流域に位置していた。面積は36.14平方キロメートル、人口は1950年(昭和25年)の国勢調査時点で3,453人であった。 臼杵渓村は、農業が盛んな村であった。主な農作物は、米、麦、大豆、甘藷などであった。また、養蚕も盛んであった。 臼杵渓村には、臼杵渓流域の美しい自然を活かした観光地があった。代表的な観光地は、臼杵渓谷と原尻の滝である。臼杵渓谷は、臼杵渓流上流にある渓谷で、奇岩怪石と清流が織りなす景観が美しい。原尻の滝は、臼杵渓流支流の原尻川にある滝で、日本一の落差を誇る。 臼杵渓村は、1954年(昭和29年)3月31日に臼杵市に編入されて消滅した。しかし、臼杵渓流域の美しい自然は、現在も多くの観光客を魅了している。 臼杵渓村の歴史は、臼杵渓流域の自然と共に歩んできた歴史である。臼杵渓流の清流と、それを取り巻く美しい自然は、臼杵渓村の人々の生活を支えてきた。また、臼杵渓村の人々は、臼杵渓流の自然を活かした観光地を開発し、村の発展に努めてきた。臼杵渓村の歴史は、臼杵渓流域の自然と、それを守ってきた人々の歴史である。
学術分野の人

ー「臼井勝美」について

-臼井勝美の生涯と経歴- 臼井勝美は、昭和4年(1929年)に福島県磐城市(現在のいわき市)に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、中学卒業後は東京の美術学校に進学しました。在学中に漫画を描き始め、卒業後は漫画家としてデビューしました。 臼井勝美は、昭和34年(1959年)に『いじわるばあさん』で漫画家としてデビューしました。この作品は、すぐに人気を博し、後にアニメ化もされました。臼井勝美は、この作品で漫画家としての地位を確立しました。 臼井勝美は、その後も『クレヨンしんちゃん』など、数多くのヒット作を生み出しました。『クレヨンしんちゃん』は、昭和62年(1987年)に連載を開始し、瞬く間に人気を博しました。この作品は、アニメ化され、映画化もされました。臼井勝美は、この作品で国民的な漫画家となりました。 臼井勝美は、平成16年(2004年)にグアムで失踪し、後に死亡が確認されました。享年75歳でした。臼井勝美の死は、漫画界に大きな衝撃を与えました。 臼井勝美は、生涯にわたって漫画を描き続け、数多くのヒット作を生み出しました。彼の作品は、日本のみならず、世界中の人々に愛されています。臼井勝美は、日本を代表する漫画家として、今後も語り継がれることでしょう。
美術分野の人

歌川国政(初代) – 江戸時代後期の浮世絵師

-初代歌川国政の生涯と経歴- 初代歌川国政は、江戸時代後期の浮世絵師です。歌川派の始祖として知られており、多くの弟子を育て上げました。 国政は、1786年に江戸の麻布永坂に生まれました。本名は岩瀬新(いわせしん)、通称は新八(しんぱち)です。国政という号は、歌川豊国の門下に入った際に与えられました。 国政は、歌川豊国の門下で浮世絵の技法を学びました。豊国の影響を受けて、初め役者絵や美人画を描いていましたが、後には風景画や風俗画にも手を広げました。 国政は、1808年に「東海道五十三次」の連作を出版し、一躍有名になりました。「東海道五十三次」は、東海道の宿場町を題材にした浮世絵の連作で、風景画と人物画を組み合わせた斬新な作品でした。 国政は、その後も「名所江戸百景」「諸国名橋奇覧」など、多くの浮世絵を出版しました。また、歌川広重、歌川国芳、歌川芳艶など、多くの弟子を育て上げ、歌川派の隆盛に貢献しました。 国政は、1861年に江戸で亡くなりました。 -国政の特徴的な画風- 国政の画風は、写実的で細部まで描き込まれたのが特徴です。人物画では、その人の特徴を捉えた生き生きとした描写が特徴です。風景画では、遠近感や陰影を巧みに使った描写が特徴です。 歌川国政の絵画の特徴は、以下のようなものが挙げられます。 * 写実的で細部まで描き込まれたスタイル * 人物画では、その人の特徴を捉えた生き生きとした描写 * 風景画では、遠近感や陰影を巧みに使った描写 * 鮮やかな色使い * 西洋の透視法や光線の取り入れ 国政は、浮世絵の伝統的な画風を踏襲しながらも、新しい技法を取り入れて独自の画風を確立しました。彼の作品は、多くの浮世絵師に影響を与え、江戸時代の浮世絵の発展に大きく貢献しました。
文学分野の人

「宇田友猪」:明治から昭和初頭にかけて活躍したジャーナリスト・漢詩人

宇田友猪明治から昭和初頭にかけて活躍したジャーナリスト・漢詩人 宇田友猪の生涯と経歴 宇田友猪は、1867年(慶応3年)2月23日、丹波国(現在の京都府)で医師の三男として生まれました。幼い頃から漢学を学び、12歳の時には、京都の仏教専門学校である真宗大学に入学しました。在学中に、時事問題に関心を持ち始め、18歳の時には、雑誌「国民之友」に投稿を始めました。1889年(明治22年)に真宗大学を卒業した後、上京して、新聞記者になりました。 1890年(明治23年)には、新聞「東京日日新聞」に入社し、政治部記者として活躍しました。1894年(明治27年)には、日清戦争に従軍記者として派遣され、戦況を報道しました。1898年(明治31年)には、「東京日日新聞」を退社し、雑誌「国民之友」の編集長になりました。1901年(明治34年)には、雑誌「日本評論」を創刊し、主筆を務めました。 宇田友猪は、ジャーナリストとして、政治・社会問題を鋭く論じ、社会改革を訴えました。また、漢詩人としても知られ、1912年(大正元年)には、漢詩集「友猪集」を刊行しました。1929年(昭和4年)には、東京で死去しました。享年62歳でした。
歴史上の人物

上杉斉定 – 江戸時代後期の大名

偉大な指導者としての生涯 上杉斉定は、江戸時代後期の大名で、米沢藩の第9代藩主でした。1746年に米沢藩主・上杉重定の長男として生まれ、1767年に家督を継ぎました。 斉定は、幼い頃から聡明で、特に学問を好みました。江戸に出て昌平黌で学び、朱子学を修めました。また、兵法や馬術にも優れていました。 1769年、斉定は上洛して将軍・徳川家治に謁見しました。家治は斉定の学識と人柄を気に入り、幕政に参加するように命じました。斉定は、老中や若年寄などの要職を歴任し、幕政に大きな影響力を持ちました。 斉定は、幕政において、倹約政策や殖産興業政策を実施し、幕府の財政を立て直しました。また、蝦夷地の警備や、ロシアとの交渉にもあたりました。 斉定は、1796年に51歳で死去しました。彼の死は、幕府と米沢藩に大きな衝撃を与えました。 斉定は、米沢藩主として、藩政を改革して藩の財政を立て直し、幕府の重臣として、幕政に大きな影響力を持ち、幕府と米沢藩の発展に貢献しました。彼は、江戸時代後期を代表する名君の一人とされています。
歴史上の人物

植村家言 – 江戸時代前期の大名

植村家言の生涯 植村家言は、江戸時代前期の大名。播磨国三日月藩初代藩主。播磨国龍野藩初代藩主・植村忠朝の長男。通称は伊予守。官位は従五位下・左衛門督。 1610年、播磨国龍野藩初代藩主・植村忠朝の次男として誕生。幼名は毛利丸。1625年、兄・昌朝が早世したため、家督を相続する。1628年、従五位下・左衛門督に叙任される。 1637年、播磨国二日市藩に移封される。1645年、播磨国三日月藩に移封となる。1652年、死去。享年43。 家言は、幕府の命により西国諸藩の検地を監督するなど、幕府に仕えた。また、三日月藩の藩政を改革し、藩財政の立て直しに尽力した。また、学者を招いて藩校を設立し、藩士の教育にも力を入れた。 家言は、学者を招いて藩校を設立し、藩士の教育にも力を入れた。藩校は、三日月藩の藩士だけでなく、近隣の藩士も入学を許され、多くの優秀な人材を輩出した。また、家言は、藩士の士気を高めるために、毎年、弓術大会や馬術大会を開催した。 家言は、1652年に死去した。享年43。家督は、長男・家長が相続した。
学術分野の人

植松茂岳 – 江戸時代後期から明治時代前期の日本の国学者

- 植松茂岳の生涯 植松茂岳は、江戸時代後期から明治時代前期の日本の国学者です。1810年(文化7年)に陸奥国仙北郡黒川村(現在の秋田県仙北市)に生まれ、1887年(明治20年)に東京で亡くなりました。 茂岳は、幼い頃から学問に優れ、18歳で江戸に出て、佐藤一斎の門下に入りました。一斎の死後は、本居宣長の子孫である本居春庭に師事し、国学を学びました。 1838年(天保9年)、茂岳は『古事記伝』を著し、国学の権威として認められるようになりました。また、1841年(天保12年)には、幕府の命令を受けて、『大日本史』の編纂事業に参加しました。 茂岳は、国学の研究だけでなく、教育にも力を入れました。1851年(嘉永4年)、茂岳は、江戸に私塾「洗心洞」を開き、多くの門下生を育てました。また、1858年(安政5年)には、幕府の命令を受けて、昌平坂学問所に国学の講座を開設しました。 明治維新後、茂岳は、新政府の教育政策に関わり、1871年(明治4年)には、文部省の初代学務総裁に就任しました。また、1872年(明治5年)には、東京大学の国文科の初代教授に就任し、国学の研究と教育に尽力しました。 茂岳は、1887年(明治20年)に東京で亡くなりました。享年78でした。茂岳は、国学の権威として、日本の近代化に貢献した人物です。
学術分野の人

知っておきたい上原種美-大正昭和期の教育者

- 上原種美の生涯 - 生い立ちから教育界での活躍まで -幼少期と青年期- 上原種美は、1858年に信濃国小県郡井田村(現在の長野県東御市)に生まれた。父は医師、母は農家の出身であった。種美は幼い頃から聡明で、漢学や国学を学んでいた。1872年に、上京して東京の開成学校に入学した。開成学校は、日本の近代教育制度のさきがけ的存在で、多くの優秀な人材を輩出した名門校であった。種美は、開成学校で英語や数学を学び、1876年に卒業した。 -教育界への貢献- 開成学校を卒業後、種美は東京師範学校(現在の筑波大学)に入学した。東京師範学校は、日本の近代的な師範学校として創設され、多くの教員を養成した。種美は、東京師範学校で教育学や心理学を学び、1879年に卒業した。 東京師範学校を卒業後、種美は東京府の小学校で教員として働き始めた。その後、1885年に東京師範学校の教諭に就任し、1893年には校長に就任した。東京師範学校校長として、種美は近代的な教育制度の確立に尽力し、多くの優秀な教員を養成した。 1897年、種美は文部大臣に就任した。文部大臣として、種美は教育制度の改革を行い、日本の近代教育の発展に貢献した。また、種美は、東京帝国大学(現在の東京大学)の初代総長にも就任し、大学の改革にも尽力した。 -晩年- 1905年、種美は文部大臣を退任した。その後、種美は東洋大学や日本女子大学の学長を歴任し、教育界の発展に貢献し続けた。1933年、種美は75歳で死去した。 -上原種美の生涯を通して- 上原種美は、日本の近代教育の発展に尽力した教育者であった。種美は、東京師範学校の校長や文部大臣、東京帝国大学の総長などを歴任し、近代的な教育制度の確立や、優秀な教員の養成に貢献した。種美の功績は、日本の近代教育の発展に大きな影響を与えた。
学術分野の人

上村福幸:明治から昭和を駆け抜けた教育学者

- 明治26年の誕生から東京帝大卒まで 上村福幸は、1893年(明治26年)に埼玉県秩父郡吉田町(現在の秩父市)に生まれました。父親は小学校の校長を務めており、福幸は幼い頃から教育の大切さを学んでいました。 1911年(明治44年)に東京高等師範学校に入学し、1915年(大正4年)に卒業しました。その後、東京帝国大学文科大学に進学し、1919年(大正8年)に卒業しました。大学卒業後は、旧制第五高等学校(現在の熊本大学の前身)で教鞭を執りました。 1923年(大正12年)に、東京帝国大学助手となり、1926年(昭和元年)には講師に昇進しました。そして、1928年(昭和3年)に、東京帝国大学教授に就任しました。東京帝国大学では、教育学を専門とし、多くの学生を指導しました。 1945年(昭和20年)に、東京帝国大学を退官し、名誉教授となりました。その後は、中央教育審議会の委員や、日本教育学会の会長を歴任するなど、日本の教育界の発展に貢献しました。 1966年(昭和41年)に、83歳で亡くなりました。
歴史上の人物

上杉茂憲 – 明治時代の華族

-上杉家と上杉茂憲- -上杉家は、室町時代から続く武家名門です。戦国時代には、上杉謙信を輩出し、越後国を治めました。江戸時代には、米沢藩を領し、幕府の重臣として活躍しました。- -上杉茂憲は、上杉家の15代当主です。1844年、米沢藩主・上杉斉憲の四男として生まれました。1868年に明治維新が起こると、新政府に恭順し、藩知事に任命されました。しかし、1871年に廃藩置県が行われると、藩知事を罷免され、華族に列せられました。- -明治政府において、上杉茂憲は元老院議官や貴族院議員などを歴任しました。また、東京府知事や京都府知事を務め、地方行政にも尽力しました。1920年に死去するまで、上杉家は華族の筆頭格として、日本の政界に大きな影響力を持ち続けました。- -上杉茂憲は、明治時代の華族として活躍した人物です。上杉家という名門の当主として、日本の近代化に貢献しました。その功績は、現在でも称えられています。-
歴史上の人物

宇喬とは?佐々木宇喬の生涯と功績

佐々木宇喬の生涯 佐々木宇喬(宇京とも)は、1199年に佐々木定綱の長男として誕生しました。佐々木氏は、源頼朝に仕えた源氏の有力家臣であり、宇喬もまた頼朝の信任が厚く、1221年に御家人に列せられました。 宇喬は、頼朝の死後、その遺志を継いだ源実朝に仕え、1223年の承久の乱では、実朝に従って京に上り、後鳥羽上皇の軍と戦いました。乱の後、宇喬は功績を認められ、越前国守護に任命されました。 1232年に実朝が暗殺されると、宇喬は執権となった北条泰時に仕え、1233年の伊賀氏の乱では、北条泰時軍の一員として伊賀氏の討伐に参加しました。その後、宇喬は、1247年に北条泰時の死後、執権となった北条経時に仕えました。 宇喬は、1256年に越前国守護を辞任し、1257年に亡くなりました。宇喬は、佐々木氏の土着化を進め、越前国での佐々木氏の勢力拡大に貢献しました。また、宇喬は、承久の乱や伊賀氏の乱など、鎌倉時代の重要な戦いに参加し、北条氏を支えました。
学術分野の人

宇佐美誠次郎 – マルクス経済学を専攻した経済学者

-マルクス経済学を専攻した経済学者- 宇佐美誠次郎は、1901年に東京に生まれ、1975年に亡くなった日本の経済学者です。東京帝国大学経済学部を卒業後、同大学院に進学し、マルクス経済学を専攻しました。1932年に東京帝国大学経済学部教授に就任し、1960年に同大学を退官しました。 宇佐美誠次郎は、マルクス経済学を日本に紹介した先駆者の一人であり、日本のマルクス経済学の発展に貢献しました。宇佐美誠次郎は、マルクスの『資本論』を日本語に翻訳し、その解説書も出版しました。また、宇佐美誠次郎は、マルクスの経済学を日本の経済問題に応用した研究も行いました。 宇佐美誠次郎の主要な著作として、以下のものがあります。 * 『資本論入門』(1932年) * 『マルクス経済学の基礎問題』(1935年) * 『日本独占資本主義の分析』(1939年) * 『日本資本主義論』(1953年) * 『経済学入門』(1960年) 宇佐美誠次郎は、マルクス経済学の研究において、マルクスの経済学の理論的体系性を重視しました。宇佐美誠次郎は、マルクスの経済学を、資本主義社会の矛盾を明らかにし、その克服を目指す理論体系であると捉えていました。 宇佐美誠次郎のマルクス経済学の研究は、日本のマルクス経済学の発展に大きな影響を与えました。宇佐美誠次郎の著作は、日本のマルクス経済学者たちに広く読まれ、研究の基礎になりました。宇佐美誠次郎の研究は、日本のマルクス経済学の理論水準を高め、日本のマルクス経済学の発展に貢献しました。
歴史上の人物

植村禹言 – 江戸時代中期の地誌研究家

-本居宣長と植村禹言- 本居宣長と植村禹言は、江戸時代中期の国学者であり、日本の古代文化や歴史を研究した。 本居宣長は、1730年に伊勢国松坂(現在の三重県松阪市)に生まれた。彼は幼い頃から古事記や日本書紀などの古典を学び、国学の道を志した。1772年に『古事記伝』を刊行し、その中で古事記の本文を注釈し、日本の歴史や文化を解説した。この『古事記伝』は、国学の研究に大きな影響を与え、宣長は国学者として名声を得た。 植村禹言は、1751年に備中国足守(現在の岡山県岡山市)に生まれた。彼は、宣長よりも10歳年下であり、宣長の『古事記伝』を読んで国学に興味を持った。禹言は、宣長の弟子となり、宣長とともに日本の古代文化や歴史を研究した。禹言は、『倭姫命世記』や『播磨国風土記』などの著作を残しており、国学の研究に貢献した。 禹言は、播磨国風土記の研究で知られ、播磨国、現在の兵庫県南部の地誌を著し、地域の歴史や文化を明らかにした。 禹言の研究は、播磨国の歴史や文化を明らかにし、日本の歴史や文化の研究に貢献した。禹言は、宣長とともに日本の国学の研究に大きな影響を与えた。 本居宣長と植村禹言は、日本の国学の研究に大きな貢献をした。彼らの研究は、日本の歴史や文化を明らかにし、日本人のアイデンティティの形成に役立った。
その他

上田秀夫(1914-1976):昭和時代の新聞人

-上田秀夫の生い立ちと新聞記者としての経歴- 上田秀夫は、1914年(大正3年)に東京で生まれた。父は新聞記者、母は主婦であった。上田は幼い頃から新聞に親しみ、新聞記者を志すようになった。 上田は、1937年(昭和12年)に慶應義塾大学法学部を卒業後、毎日新聞社に入社した。毎日新聞社では、主に政治部記者として活躍し、数々のスクープ記事をものにした。 1945年(昭和20年)、上田は太平洋戦争に従軍。戦後、毎日新聞社に復職し、政治部記者として再び活躍した。1954年(昭和29年)、上田は毎日新聞社の編集局長に就任。1961年(昭和36年)には、毎日新聞社の社長に就任した。 上田は、社長在任中に毎日新聞社を日本最大の新聞社に育て上げた。また、上田は言論の自由を擁護し、新聞の社会的責任を強調した。 1976年(昭和51年)、上田は病のため死去した。享年62。上田は、日本の新聞界の発展に大きな足跡を残した人物として、今もなお敬愛されている。
文学分野の人

宇佐見英治:日本の詩人とフランス文学者

-宇佐見英治の生涯と経歴- 宇佐見英治(1920年-2011年)は、日本の詩人、フランス文学者、翻訳家です。戦後日本を代表する詩人の一人として知られており、フランス文学の研究者としても功績を残しました。 宇佐見英治は1920年、東京市世田谷区で生まれました。1943年に東京帝国大学文学部仏文科を卒業し、その後、海軍報道班員として従軍しました。1945年に復員し、1946年に詩誌「荒地」を創刊しました。「荒地」は、戦後の日本詩壇を代表する詩誌として知られており、宇佐見英治は戦後日本の詩壇を牽引する存在となりました。 宇佐見英治は、1950年に詩集「乾坤」で第1回日本詩人クラブ賞を受賞しました。1951年に第二詩集「坤乾」を発表し、その後も「天平」(1953年)、「天の川」(1954年)、「地平線」(1956年)などの詩集を発表しました。1961年に詩集「星月夜」で第1回現代詩人賞を受賞しました。 宇佐見英治は、詩人としてだけでなく、フランス文学の研究者としても功績を残しました。1959年にパリ大学に留学し、1961年に帰国しました。その後、慶應義塾大学、東京大学、成城大学などでフランス文学を講義しました。1977年に著書「現代フランス詩史」で第1回比較文学賞を受賞しました。 宇佐見英治は、2011年に東京都下北沢で逝去しました。91歳でした。宇佐見英治の詩は、戦後日本の詩壇に大きな影響を与え、フランス文学の研究者としても功績を残しました。宇佐見英治は、日本の詩人とフランス文学者として、その名を残すこととなりました。
学術分野の人

金属工学者 宇野伝三 – 大正・昭和時代前期の合金研究の第一人者

-明治生まれの天才金属工学者の足跡- 宇野伝三は、明治14年(1881年)に、三重県四日市市に生まれました。幼い頃から理数系に興味を持ち、京都帝国大学工学部金属工学科に進学しました。在学中は、合金の研究に没頭し、数々の業績を上げました。 卒業後は、大阪の住友伸銅所に入社し、合金の研究を続けました。そこで、ニッケルとクロムの合金であるステンレス鋼の研究を行い、世界で初めてステンレス鋼の製造に成功しました。 ステンレス鋼は、耐食性と耐熱性に優れているため、建築資材や食器、医療機器など、さまざまな分野で使用されるようになりました。宇野伝三の研究は、日本の産業の発展に大きく貢献しました。 昭和20年(1945年)、宇野伝三は、京都帝国大学工学部金属工学科の教授に就任しました。そこで、合金の研究をさらに深め、数々の業績を上げました。 昭和33年(1958年)、宇野伝三は、京都大学を定年退官しました。その後も、合金の研究を続け、数々の賞を受賞しました。 昭和52年(1977年)、宇野伝三は、96歳で亡くなりました。宇野伝三は、日本の金属工学の第一人者として、その功績を称えられています。
美術分野の人

歌川広重(3代) – 浮世絵師の巨匠が描く文明開化

歌川広重(3代)は、1843年に江戸(現在の東京)で生まれました。本名は、安藤広重といい、歌川広重(2代)の弟子でした。歌川広重(2代)は、浮世絵師の巨匠として知られており、歌川広重(3代)もその影響を受けて浮世絵師としての道を歩みました。 歌川広重(3代)は、浮世絵師として活躍しただけでなく、版画師としても活躍しました。彼は、浮世絵の版画を多く手がけ、その作品は国内外で高く評価されています。 歌川広重(3代)は、1894年に東京で亡くなりました。享年51歳でした。彼の死後、その作品は多くの美術館や博物館に所蔵され、現在でも多くの人々から愛されています。 歌川広重(3代)の生涯は、浮世絵師として活躍した生涯でした。彼は、浮世絵の版画を多く手がけ、その作品は国内外で高く評価されています。彼の死後、その作品は多くの美術館や博物館に所蔵され、現在でも多くの人々から愛されています。
歴史上の人物

「梅沢武平」とは?-幕末の武士。

梅沢武平の生涯 梅沢武平は、幕末の武士。甲斐国山梨郡小笠原村(現在の山梨県笛吹市一宮町小笠原)に生まれる。父は梅沢武兵衛、母は同村の渡邊家の娘である。幼名は久五郎。 6歳の時、父を亡くし、母の実家である渡邊家で育てられる。14歳の時、江戸に出て、小笠原家家老の加藤三五郎の道場で剣術を学ぶ。その後、旗本の子弟を教育する湯島聖堂に入学し、儒学を学ぶ。 20歳の時、小笠原家に戻り、家老に就任する。小笠原家では、梅沢武平の才能を高く評価し、江戸藩邸の留守居役や、郡内政務取締役など、重要な役職を歴任させた。 梅沢武平は、小笠原家家臣団を統率し、幕末の動乱期においても、小笠原家を守り抜いた。戊辰戦争では、官軍に敗れ、小笠原家は改易された。梅沢武平は、小笠原家家臣団を解散し、故郷の小笠原村に帰郷した。 帰郷後は、農業を営み、村の子供たちに剣術を教えるなど、郷土の発展に尽くした。1896年(明治29年)、78歳で死去した。 梅沢武平は、幕末の動乱期において、小笠原家を守り抜いた忠義の士であった。また、郷土の発展に尽くした功績も大きい。
音楽分野の人

上田正樹-ギタリスト,シンガーソングライター,ラジオ,テレビパーソナリティー

上田正樹のルーツと初期の音楽活動 上田正樹は、1953年1月23日に東京都港区に生まれたギタリスト、シンガーソングライター、ラジオ、テレビパーソナリティーである。 上田正樹の父親は、映画音楽の作曲家である上田宗孝で、母親はハワイアンの歌手であるパティー・マヘルである。上田正樹は、音楽一家に生まれ育ち、幼い頃から音楽に親しんだ。 上田正樹は、10代の頃からギターを始め、1970年にロックバンド「サンハウス」を結成した。サンハウスは、日本のロックシーンを代表するバンドのひとつとなり、上田正樹は、そのボーカリストとして一躍人気となった。 サンハウスは、1972年に解散したが、上田正樹はソロシンガーとして活動を続け、1975年にファーストアルバム「上田正樹」をリリースした。上田正樹のソロ活動は、順調に推移し、1978年にリリースしたセカンドアルバム「上田正樹II」は、オリコンチャートで1位を獲得した。 上田正樹は、その後も精力的に音楽活動を続け、数多くのヒット曲を発表した。また、ラジオやテレビのパーソナリティーとしても活躍し、多くの人々に愛された。 上田正樹は、2016年に逝去したが、その音楽は今もなお多くの人々に愛され続けている。