「ふ」で始まる名前

学術分野の人

古川常一郎 – 明治時代の人物研究

-ロシアへの留学と帰国後の軌跡- 古川常一郎は、1862年(文久2年)に薩摩藩鹿児島城下で生まれました。1873年(明治6年)に開成学校に入学し、翌年にはロシアに留学しました。ロシアでは、サンクトペテルブルク大学で数学と物理学を学び、1881年(明治14年)に帰国しました。 帰国後は、東京大学理学部教授や文部省専門学務局長などを歴任し、日本の近代科学の発展に貢献しました。また、1898年(明治31年)には、帝国学士院会員に選出されました。 1924年(大正13年)、古川常一郎は62歳で亡くなりました。彼の死は、日本の学界に大きな損失を与えました。 -留学中の活動- 古川常一郎は、ロシア留学中に、数学と物理学を学びました。また、ロシア語にも堪能になり、ロシアの文化にも親しみました。 彼は、ロシアの大学で、数学と物理学の講義を受け、また、ロシアの科学者たちと交流しました。この交流を通じて、彼は、ロシアの科学の最新動向を知ることができました。 また、彼は、ロシアの文化にも親しみ、ロシアの文学や音楽を楽しみました。彼は、ロシアの文化を日本に紹介するため、ロシア語の翻訳書を出版したり、ロシアの音楽を演奏したりしました。 -帰国後の活動- 古川常一郎は、1881年(明治14年)に帰国し、東京大学理学部教授に就任しました。彼は、東京大学で、数学と物理学の講義を受け、また、東京大学の学生たちを指導しました。 彼は、東京大学の教授として、日本の近代科学の発展に貢献しました。また、彼は、文部省専門学務局長として、日本の教育政策にも影響を与えました。 1898年(明治31年)、古川常一郎は、帝国学士院会員に選出されました。これは、日本の学界における彼の功績を認められたものです。 1924年(大正13年)、古川常一郎は62歳で亡くなりました。彼の死は、日本の学界に大きな損失を与えました。
歴史上の人物

藤原陳忠 – 平安時代の官吏

藤原陳忠(ふじわら の べんちゅう、永万元年(1165年) - 正嘉元年12月2日(1258年1月10日))は平安時代の官吏。藤原定家の子、藤原成通の弟、藤原雅経の父。官位は従二位、中納言、大宰大弐、越前権守。 藤原陳忠とは 藤原陳忠は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した官吏です。藤原北家御子左家の一門であり、藤原定家の子、藤原成通の弟、藤原雅経の父です。官位は従二位、中納言、大宰大弐、越前権守。 藤原陳忠は、永万元年(1165年)に生まれました。若くして官途につき、建久8年(1197年)には従五位下、建仁3年(1203年)には従五位上に叙せられました。その後、侍従、左近衛少将、右中将などを歴任し、承元3年(1209年)には従四位下、建暦元年(1211年)には従四位上に叙せられました。 建保元年(1213年)には正四位下、建保4年(1216年)には正四位上に叙せられました。建保7年(1219年)には権左中弁に任じられ、建保8年(1220年)には正三位、建保9年(1221年)には参議に叙せられました。 承久3年(1221年)、承久の変が起こると、陳忠は朝廷方の将として出陣し、北条義時率いる幕府軍と戦いました。しかし、幕府軍は勝利し、陳忠は降伏しました。 承久の変後は、陳忠は官職を辞して隠居しました。正嘉元年(1258年)、94歳で死去しました。
歴史上の人物

「普広院」(⇒足利義教)

-普広院とは- 普広院は、京都市北区にある浄土真宗本願寺派の寺院です。1402年(応永9年)に、足利義教が建立したとされています。当初は法華宗の寺でしたが、1465年(寛正6年)に本願寺8世蓮如が中興し、浄土真宗の寺となりました。 普広院は、本堂、書院、方丈、庭園などから構成されています。本堂は、1602年(慶長8年)に再建されたもので、国指定重要文化財に指定されています。書院は、1615年(元和元年)に再建されたもので、本堂とともに国指定重要文化財に指定されています。方丈は、1641年(寛永18年)に再建されたもので、国指定重要文化財に指定されています。庭園は、池泉回遊式庭園で、国の名勝に指定されています。 普広院は、足利義教が建立した寺として、また、蓮如が中興した寺として、歴史的に重要な寺院です。また、本堂、書院、方丈、庭園など、国の重要文化財や名勝に指定されている建物や史跡があり、文化的に重要な寺院でもあります。
歴史上の人物

「葛井大成」-奈良時代の官吏

葛井大成の人物像と功績 葛井大成は、奈良時代初めに活躍した官吏です。696年に生まれ、752年に亡くなりました。出雲国出身で、藤原不比等に仕えたとされています。 葛井大成は、文武天皇から聖武天皇の時代にかけ、数々の重要な官職を歴任しました。最初は兵部少輔に任命され、その後、右少弁、左少弁、左中弁、右中弁、参議、大納言、右大臣を歴任しました。また、出雲守、伯耆守、美作守などの地方官も歴任しました。 葛井大成は、非常に有能な官吏として知られていました。特に、外交と財政に優れていました。730年には、唐に遣唐使として派遣され、成功裏に任務を遂行しました。また、732年には、財政を立て直すために、銭と絹の流通を促進する政策を実施しました。 葛井大成は、奈良時代における最有力な官吏の一人でした。その功績は大きく、奈良時代の政治や経済に大きな影響を与えました。 葛井大成は、752年に亡くなりました。享年57歳でした。その死は、奈良時代における大きな損失とされました。
歴史上の人物

人物辞典 – 藤原祺子(新朔平門院)(しんさくへいもんいん)

藤原祺子(新朔平門院)の生涯 藤原祺子(新朔平門院)は、平安時代後期に活躍した女性で、後白河天皇の妃です。父は左大臣藤原経宗、母は源有仁の娘です。 祺子は、天養2年(1145年)に生まれました。久安3年(1147年)に後白河天皇の中宮となりました。保元2年(1157年)に第一皇子である憲仁親王(後の二条天皇)を出産しました。永暦元年(1160年)には第二皇子である守仁親王(後の高倉天皇)を出産しました。 祺子は、後白河天皇の寵愛を受け、皇子の母として権勢を振るいました。平治元年(1159年)の平治の乱では、平清盛を支持して源義朝を討伐しました。この乱で後白河天皇は退位し、二条天皇が践祚しました。祺子は二条天皇の生母として、摂政として権力を握りました。 応保2年(1162年)に、祺子は新朔平門院の号を宣下されました。嘉応2年(1170年)に、守仁親王が踐祚して高倉天皇となりました。祺子は高倉天皇の生母として、太皇太后となりました。 安元3年(1177年)に、祺子は43歳で薨去しました。遺体は、京都市右京区の西賀茂陵に葬られました。 祺子は、平安時代後期に活躍した傑出した女性の一人です。その美貌と才知で後白河天皇の寵愛を受け、二条天皇と高倉天皇の生母として権勢を振るいました。薨去後もその名は語り継がれ、現在でも多くの史料が残されています。
歴史上の人物

深瀬繁理→ 幕末の尊王家

深瀬繁理は、幕末の尊王家であり、水戸藩士。水戸藩の尊皇攘夷派「天狗党」の首魁の一人として活躍した。 -生涯- 深瀬繁理は、1823年、水戸藩士・深瀬清左衛門の息子として江戸に生まれる。幼名は佐之丞。 1842年、水戸藩の勘定方となる。1844年、藩主・徳川斉昭の命により、水戸学の講義を受け、水戸藩の尊皇攘夷思想に傾倒する。 1853年、ペリー来航事件が起こると、攘夷の急先鋒として活躍。1858年、安政の大獄が起こると、水戸藩の尊皇攘夷派と弾圧され、幽閉される。 1860年、水戸藩の尊皇攘夷派が挙兵し、天狗党を結成すると、その首魁の一人となる。天狗党は、各地を転戦したが、1861年、幕府軍に敗北し、深瀬繁理は捕縛された。 1862年、深瀬繁理は江戸で処刑された。享年40。 深瀬繁理は、幕末の尊王家の代表的な人物の一人である。その死は、幕末の尊皇攘夷運動に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

藤原敦信

-藤原敦信の生涯- 藤原敦信は、平安時代前期の公卿。藤原北家、太政大臣・藤原頼道の八男。母は従三位・広田子。官位は正三位・権中納言。 * -幼少期と青年期- 敦信は、弘仁3年(812年)に生まれる。父・頼道は、42歳の老齢で敦信をもうけたという。敦信は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。 承和9年(842年)、敦信は21歳のときに従五位上に叙せられ、左近衛将監に任じられた。その後、右近衛将監、左兵衛権佐、左近衛権佐を歴任した。 * -官僚として- 嘉祥3年(850年)、敦信は39歳のときに参議に任じられた。参議は、太政官の三公(太政大臣、左大臣、右大臣)に次ぐ官職であり、敦信は、このとき、中央政界の有力者となった。 仁寿3年(853年)、敦信は、42歳のときに権中納言に任じられた。権中納言は、中納言の次官であり、敦信は、このとき、政府の最高幹部となった。敦信は権中納言として、多くの政策立案に携わった。 * -晩年- 元慶8年(884年)、敦信は73歳のときに薨去した。晩年は、病気などで苦しんだ。敦信の死後、彼の功績を称えて、正三位を追贈された。 * -評価- 敦信は、平安時代前期の優秀な官僚であった。彼は、学問を好み、優れた政治手腕を持っていた。敦信は、政府の最高幹部として、多くの政策立案に携わり、平安時代の政治に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

「福原百之助(3代)」(⇒宝山左衛門(たから-さんざえもん)(3代))について

福原百之助(3代)の生い立ちと経歴 福原百之助(3代)は、1876年(明治9年)に京都府京都市に生まれた。父は福原百之助(2代)、母は福原トメである。福原家は、代々、京都の商家として活躍しており、百之助(3代)は、その長男として生まれた。 百之助(3代)は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。1892年(明治25年)に京都府立第一中学校を卒業した後、東京帝国大学法学部に進学した。大学卒業後は、司法官僚として、裁判所や検察庁に勤務した。 1916年(大正5年)に、百之助(3代)は、父である百之助(2代)の死去に伴い、福原家当主を継いだ。また、同年には、貴族院議員にも任命された。貴族院議員としては、主に、経済問題や社会問題について、積極的に発言した。 1925年(大正14年)には、百之助(3代)は、京都商工会議所の会頭に就任した。京都商工会議所会頭としては、京都の経済発展に尽力した。また、1927年(昭和2年)には、京都商工会議所が主催する「京都物産共進会」を開催した。この共進会は、京都の特産品を展示・販売するもので、大盛況を博した。 1932年(昭和7年)には、百之助(3代)は、京都市長に就任した。京都市長としては、京都の都市計画や交通整備に尽力した。また、1935年(昭和10年)には、京都市営地下鉄の建設を決定した。しかし、地下鉄の建設は、第二次世界大戦の影響により、中止となった。 1945年(昭和20年)に、百之助(3代)は、京都市長を辞任した。その後、1946年(昭和21年)に死去した。享年70。
歴史上の人物

ー伏原宣武(1774-1833)

-伏原宣武の生涯- 伏原宣武は、1774年に播磨国赤穂郡室津村(現在の兵庫県赤穂市)に生まれた。父は伏原宣光、母は村上の娘であった。宣武は幼い頃から聡明で、10歳の頃にはすでに漢籍を広く読破していたという。16歳の時、江戸に遊学し、儒学者・医者の柴野栗山に師事した。 栗山のもとで宣武は、儒学や医学、本草学などを学び、頭角を現した。20歳の時、栗山の推挙により、加賀藩主・前田重教の侍医となった。重教は宣武の学識を高く評価し、藩校・明倫堂の教授に任命した。宣武は明倫堂で、儒学や医学、本草学などを講義し、多くの門人を育てた。 1804年、41歳の宣武は、藩主重教の命により、江戸に遊学した。江戸では、儒学者・医師の林述斎に師事し、医学や本草学をさらに深く学んだ。1808年に帰藩し、明倫堂の教授に復帰した。 1813年、宣武は、藩主重教の命により、長崎に遊学した。長崎では、蘭学者・医師のシーボルトに師事し、西洋医学や本草学を学んだ。1817年に帰藩し、明倫堂の教授に復帰した。 1823年、宣武は、藩主重教の命により、京都に遊学した。京都では、儒学者・医師の緒方洪庵に師事し、医学や本草学をさらに深く学んだ。1825年に帰藩し、明倫堂の教授に復帰した。 1833年、宣武は、明倫堂の教授在職中に病のため京都で逝去した。享年59歳であった。 宣武は、儒学者・医師・本草学者として、多くの業績を残した。儒学では、朱子学を学び、その教えを藩校・明倫堂で講義した。医学では、漢方医学や西洋医学を学び、その知識を臨床に活かした。本草学では、日本の薬草を研究し、その成果を『本草綱目啓蒙』という書物にまとめた。
学術分野の人

福富孝季 – 明治の教育者

-福富孝季の生涯- 福富孝季は、1841年(天保12年)に、肥後国熊本藩で生まれました。幼名は、徳五郎。父は、熊本藩士の福富重兵衛。母は、同じく熊本藩士の藤井氏の娘。孝季は、幼い頃から、学問に秀で、藩校の熊本洋学校で、英語や数学を学びました。 1865年(慶応元年)、孝季は、24歳のときに、藩命により、イギリスに留学しました。イギリスでは、ロンドン大学で、政治経済学を学びました。1868年(明治元年)に、孝季は、日本に帰国し、文部省に入省しました。 文部省では、学務局長として、近代的な教育制度の整備に尽力しました。1872年(明治5年)に、孝季は、文部卿に就任しました。文部卿としては、小学校の義務教育化や、大学の設立など、近代的な教育制度の確立に努めました。 1879年(明治12年)に、孝季は、文部卿を辞任しました。その後は、貴族院議員や、東京帝国大学総長などを歴任しました。そして1901年(明治34年)、60歳で亡くなりました。 孝季は、近代日本の教育制度の確立に大きな功績を残しました。孝季の功績は、今日でも、高く評価されています。
歴史上の人物

藤原縄主 – 平安時代前期の公卿

藤原縄主の生涯 藤原縄主は、平安時代前期の公卿です。右大臣・藤原北家第2祖・藤原冬嗣の4男として生まれ、仁明朝の天長4年(827年)に、参議に任じられました。その後、仁明天皇の側近として活躍し、承和7年(840年)には右近衛大将に就任しました。 承和10年(843年)、仁明天皇が崩御すると、藤原縄主は、清和天皇の即位に尽力し、右大臣に任じられました。清和朝では、藤原良房と共に政権を運営し、文化の振興にも努めました。 清和4年(837年)には、藤原縄主は、清和天皇の東宮学士に任じられ、皇太子・惟仁親王(のちの陽成天皇)の教育を担当しました。藤原縄主は、惟仁親王に、儒教や歴史を教え、惟仁親王の成長に大きな影響を与えました。 貞観4年(862年)、藤原縄主は、65歳で薨去しました。藤原縄主は、学者としても知られ、多くの著書を残しました。藤原縄主の著書には、『続日本紀』や『文選』などの注釈書があります。 藤原縄主は、平安時代前期の政治家として、大きな功績を残しました。藤原縄主は、仁明天皇や清和天皇の側近として活躍し、政治・文化の振興に努めました。藤原縄主の死後、藤原北家は、藤原良房が中心となって、政権を掌握しました。藤原北家は、平安時代中期以降、摂関家として、朝廷の政治を支配しました。
美術分野の人

藤雅三とは?~明治時代の洋画家の人生に迫る

-藤雅三の生誕と洋画への道- 藤雅三は、1886年(明治19年)6月15日に兵庫県神戸市に生まれました。父は貿易商であり、母は和歌山県出身の女性でした。雅三は幼い頃から絵を描くことが好きで、小学校時代には美術教師から才能を認められていました。 1903年(明治36年)に東京美術学校に入学し、洋画を専攻しました。在学中は、黒田清輝や岡田三郎助など、当時活躍していた洋画家から指導を受けました。雅三は、素描や水彩画に優れた才能を発揮し、1907年(明治40年)には東京美術学校を卒業しました。 卒業後は、ヨーロッパへ留学し、フランスやイタリアで絵画を学びました。留学中は、印象派や後期印象派の作品に影響を受け、独自の画風を確立していきました。1912年(明治45年)に帰国し、東京で個展を開催しました。 雅三の作品は、明るい色調と軽やかなタッチが特徴的で、多くの人々から人気を集めました。特に、風景画や人物画に優れ、その作品は国内外で高く評価されています。雅三は、1943年(昭和18年)に東京で死去しましたが、現在でもその作品は多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

「藤原富士麻呂」

藤原富士麻呂の功績 藤原富士麻呂は、奈良時代後期の貴族、政治家、学者である。藤原四子の一人である藤原豊成の子として生まれ、聖武天皇、孝謙天皇、淳仁天皇の三代に仕えた。 富士麻呂は、早くから学問に秀でており、若くして右大臣に任命された。また、遣唐使として唐に留学し、唐の文化を日本に伝えた。帰国後は、日本の政治改革に尽力し、律令制度の整備や、仏教の普及に貢献した。 富士麻呂の最も有名な功績は、東大寺大仏の建立である。東大寺大仏は、聖武天皇の発願により、富士麻呂が総責任者となって建立された。大仏の建立には、多くの困難が伴ったが、富士麻呂はそれを乗り越えて、大仏の完成に漕ぎ着けた。 東大寺大仏の建立は、日本の仏教史上における大きな出来事であった。大仏の完成によって、日本の仏教は、より広範な人々に受け入れられるようになり、日本の文化の発展に大きな影響を与えた。 富士麻呂は、東大寺大仏の建立以外にも、多くの功績を残した。富士麻呂は、日本の政治、文化の発展に貢献した偉大な政治家、学者であった。 富士麻呂の功績をまとめると、以下の通りである。 * 右大臣に任命される * 遣唐使として唐に留学する * 唐の文化を日本に伝える * 日本の政治改革に尽力する * 律令制度の整備に貢献する * 仏教の普及に貢献する * 東大寺大仏を建立する
学術分野の人

ー深谷克己

- 深谷克己の経歴 -プロ入りまで- 深谷克己は、1996年10月18日に東京都に生まれた。父親は元プロ野球選手の深谷裕也で、幼い頃から野球を始める。小学校時代は、軟式野球チームの東京メッツでプレーし、中学時代は、硬式野球チームの世田谷西シニアでプレーした。 -プロ入り後- 2012年、高校卒業後にドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。入団後は、主に二軍でプレーし、2015年に一軍デビューを果たした。2016年には、主に代打として出場し、24試合に出場して打率.250、0本塁打、2打点の成績を残した。 -ブレイクの年- 2017年、深谷はブレイクの年を迎えた。開幕スタメンに抜擢され、主にライトで出場。143試合に出場し、打率.290、11本塁打、48打点の成績を残し、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。また、オールスターにも出場し、第2戦で2打席連続本塁打を放つなど、大活躍を見せた。 -怪我に苦しむ- 2018年、深谷は怪我に苦しんだ。開幕直後に右膝を負傷し、長期離脱を余儀なくされた。復帰後は、主に代打として出場し、57試合に出場して打率.270、2本塁打、9打点の成績を残した。 -復活の年- 2019年、深谷は復活の年を迎えた。開幕スタメンに抜擢され、主にライトで出場。143試合に出場し、打率.295、13本塁打、52打点の成績を残し、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。また、オールスターにも出場し、第2戦で2打席連続本塁打を放つなど、大活躍を見せた。 -メジャーリーグ挑戦- 2020年、深谷はメジャーリーグに挑戦することを決意し、ニューヨーク・ヤンキースと契約した。しかし、ヤンキースでは出場機会に恵まれず、マイナーリーグでプレーすることが多かった。2021年にヤンキースを退団し、日本球界に復帰した。 -日本球界復帰- 2022年、深谷は読売ジャイアンツに復帰した。主にライトで出場し、143試合に出場して打率.298、15本塁打、55打点の成績を残し、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。また、オールスターにも出場し、第2戦で2打席連続本塁打を放つなど、大活躍を見せた。 -日本代表- 深谷は、2017年、2019年、2021年のワールド・ベースボール・クラシックに日本代表として出場している。2017年の大会では、全8試合に出場し、打率.333、2本塁打、8打点の成績を残し、ベストナインに選出された。
文学分野の人

文屋茂喬 – 江戸時代中期の狂歌師

-文屋茂喬の生涯と狂歌師としての活動- 文屋茂喬(ぶんや もきょう)は、江戸時代中期の狂歌師です。号は万橘、好楽堂。江戸下屋敷の住人で、通称は松太郎、後にお辰です。 茂喬は、宝永2年(1705年)に江戸で生まれました。父は旗本で、母は町人の娘でした。茂喬は幼い頃から和歌や狂歌を学び、15歳の頃には狂歌師の谷口士朗門下に入門しました。 茂喬は、狂歌師としてすぐに頭角を現し、享保10年(1725年)には狂歌師の最高位である狂歌大将に就任しました。茂喬は、狂歌大将として狂歌界の発展に努め、多くの弟子を育てました。また、茂喬は狂歌の同人誌「滑稽絵文庫」を創刊し、狂歌の普及に貢献しました。 茂喬は、狂歌師としてだけでなく、戯作者としても活躍しました。茂喬は数多くの戯作を著し、その中には『傾城禁短気』『色道指南書』などの人気作が含まれています。 茂喬は、宝暦11年(1761年)に江戸で死去しました。享年57歳でした。茂喬は、狂歌師としてだけでなく、戯作者としても優れた才能を発揮した人物でした。 茂喬の狂歌は、庶民の生活や風俗をユーモラスに描いたものが多く、庶民に親しまれていました。茂喬の狂歌は、江戸時代の庶民の生活を知る上で貴重な資料となっています。
芸能分野の人

人形浄瑠璃界の大立者「藤井小三郎(初代)について

-人形浄瑠璃とは何か?- 人形浄瑠璃とは、人形を操りながら物語を語る伝統芸能の一種です。人形は主に木彫りで、頭と手足は可動式になっており、操り師が糸や棒を使って操ります。物語は、三味線や太鼓などの音楽に合わせて語られ、人形の動きや表情によって表現されます。 人形浄瑠璃の起源は、平安時代にさかのぼると言われています。当時は、寺社で神楽や能楽などの芸能が行われていましたが、その中に人形を操る「傀儡子(くぐつし)」という芸能がありました。傀儡子は、主に木製の傀儡(くぐつ)を操り、物語を語っていました。 室町時代になると、傀儡子は次第に都市部に進出し、庶民の間で人気を集めるようになります。この頃、傀儡子たちは人形の操作技術を向上させ、人形の動きや表情をより豊かに表現できるようになりました。また、物語の内容も、民話や説話など、庶民が親しみやすいものへと変化していきます。 江戸時代になると、人形浄瑠璃はますます発展し、歌舞伎と並ぶ人気芸能となります。この頃、人形浄瑠璃の三大劇場である「豊竹座」「近松座」「朝日座」が大阪に建てられ、多くの名作が上演されました。また、この時期には、近松門左衛門や竹本義太夫など、人形浄瑠璃の名優たちが活躍し、人形浄瑠璃をさらに発展させました。 明治時代になると、人形浄瑠璃は一時衰退しますが、大正時代になって復活し、今日まで日本の伝統芸能として受け継がれています。現在、人形浄瑠璃は、主に大阪や京都などの西日本ではで上演されており、国の重要無形文化財にも指定されています。
歴史上の人物

藤原基頼 – 平安時代後期の官吏

藤原基頼の生涯 藤原基頼は、平安時代後期の官吏であり、藤原北家摂関家の一員でした。藤原道長の長男として生まれ、父や弟の頼通、教通と共に摂政や関白を歴任しました。基頼は、優れた政治的手腕と文化人としての教養を兼ね備えた人物であり、平安時代の政治や文化に大きな影響を与えました。 基頼は、寛和元年(985年)に生まれました。父は権中納言藤原道長、母は源雅信の娘である倫子です。基頼は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。長徳2年(996年)には、わずか12歳で蔵人所に入り、その後も順調に昇進を重ねました。 寛弘6年(1009年)に、基頼は参議に任命されました。そして、長和2年(1013年)には、右大臣に昇進し、政界の中枢に参画しました。基頼は、父道長を補佐して政務を執り、道長の死後も、弟の頼通、教通と共に摂関家の中心人物として活躍しました。 基頼は、政治的手腕に優れているだけでなく、文化人としても知られていました。基頼は、和歌を好み、優れた歌人として知られています。また、基頼は、書にも優れており、その書は「基頼の筆」として珍重されました。基頼は、平安時代の政治と文化に大きな影響を与えた人物であり、その功績は高く評価されています。 基頼は、嘉承2年(1107年)に、73歳で亡くなりました。基頼の死後、その子の忠実が摂政に就任し、摂関家の中心人物として活躍しました。
文学分野の人

深川秋色

深川秋色 深川秋色の生涯 深川秋色は、1907年(明治40年)に東京府南葛飾郡大島村(現在の東京都江戸川区)で出生した。本名は稲葉秋子。父は船頭、母は芸者だった。 幼い頃から歌舞伎や講談に興味を持ち、10代の頃から講談師を志すようになる。1926年(大正15年)に講談師・神田伯龍に入門し、神田秋子として初高座を踏んだ。 秋子は、持ち前の美貌と芸達者で人気を博し、1930年(昭和5年)には早くも真打ちに昇進した。以降、講談界の第一人者として活躍し、多くの弟子を育てた。 秋子は、1978年(昭和53年)に日本芸術院会員に選出され、1985年(昭和60年)には重要無形文化財保持者に認定された。また、1992年(平成4年)には文化功労者に選出された。 秋子は、1997年(平成9年)に89歳で死去した。その死は、講談界に大きな衝撃を与えた。 秋子は、その生涯を通じて講談一筋に生き、数多くの名作を残した。その功績は、講談界の歴史に永遠に刻まれている。 秋子の代表作には、以下のものがある。 ・『真田十勇士』 ・『水戸黄門』 ・『忠臣蔵』 ・『曾我兄弟』 ・『義経記』 秋子は、これらの名作を、持ち前の美貌と芸達者で演じ、多くの聴衆を魅了した。
歴史上の人物

藤原定輔 – 鎌倉時代の公卿

藤原定輔の生涯と経歴 藤原定輔は、鎌倉時代の公卿です。平治の乱で敗れた藤原頼長の四男として、平安京に生まれました。母は源為義の娘、常盤御前です。 定輔は若い頃から和歌に優れ、17歳で歌人の藤原雅経に入門しました。建久4年(1193年)に、従五位下に叙せられ、侍従に任命されました。建久9年(1198年)、従四位下に昇進し、侍従の職を辞しました。元久2年(1205年)、従四位上に昇進し、蔵人頭(内裏の警護と庶務を司る役職)に任命されました。 建永2年(1207年)、従三位に叙せられ、参議に任命されました。建暦元年(1211年)、従二位に昇進し、権中納言に任命されました。建保元年(1213年)、正二位に昇進し、権大納言に任命されました。承久元年(1219年)、後鳥羽上皇の挙兵に協力し、朝廷に反乱を起こしました。しかし、承久の乱で敗れ、隠岐に流刑となりました。 貞応2年(1223年)、赦免されて帰京し、正三位に叙せられました。貞永元年(1232年)、従一位に叙せられ、太政大臣に任命されました。天福2年(1234年)、77歳で薨去しました。 定輔は、和歌の才能に恵まれ、勅撰和歌集『新古今和歌集』に12首の歌を撰入されました。また、日記『明月記』を残しており、鎌倉時代の政治や文化を知る上で貴重な史料となっています。
経済分野の人

福田千里:昭和時代の経営者

-福田千里(1896-1992)昭和時代の経営者- -人名辞典-福田千里(1896-1992)- 福田千里は、昭和時代の経営者である。1896年(明治29年)7月11日に神奈川県横浜市に生まれ、1992年(平成4年)1月22日に東京都港区で死去した。 福田は、1920年(大正9年)に慶應義塾大学経済学部を卒業し、松下電器に入社した。松下電器では、常務取締役、専務取締役、社長、会長を歴任し、同社の発展に貢献した。 福田は、経営者として、常に社員を大切にし、社員の教育と育成に力を注いだ。また、新しいことに挑戦することを奨励し、松下電器を世界的な企業に育て上げた。 福田は、その功績により、1965年(昭和40年)に藍綬褒章、1975年(昭和50年)に勲二等旭日重光章を授与された。 福田は、20世紀の日本の経営界を代表する人物の一人であり、その経営手腕は今もなお、多くの経営者に学ばれている。 -福田千里の経営理念- 福田千里の経営理念は、「社員を大切にすること」「新しいことに挑戦すること」「社会に貢献すること」の3つである。 福田は、社員を大切にし、社員の教育と育成に力を注いだ。福田は、社員が会社の発展のために不可欠な存在であると考えており、社員のやる気を引き出すことに努めた。 福田は、新しいことに挑戦することを奨励し、松下電器を世界的な企業に育て上げた。福田は、常に新しいことに挑戦し、新しい市場を開拓することに積極的だった。 福田は、社会に貢献することを大切にしており、松下電器を社会に貢献する企業に育て上げた。福田は、松下電器の製品を通じて、社会に貢献することを目指していた。
歴史上の人物

壬申の乱で大海人皇子に従った舎人-書智徳

-壬申の乱と大海人皇子- 壬申の乱とは、天武天皇(大海人皇子)と弘文天皇(大友皇子)が皇位を争った戦いである。672年に勃発し、673年に大海人皇子の勝利に終わった。 壬申の乱の発端は、天智天皇の崩御である。天智天皇には二人の皇子、大海人皇子と大友皇子がいた。天智天皇は、崩御する前に大友皇子を皇太子に立てたが、大海人皇子はこれに納得せず、挙兵した。 大海人皇子には、多くの舎人が従った。舎人とは、皇族や貴族に仕えて雑用をこなす者のことであった。大海人皇子に従った舎人の中には、書智徳という人物がいた。 書智徳は、大海人皇子の側近として、壬申の乱で活躍した。彼は、大海人皇子の命を受けて、各地に赴き、兵士を募ったり、情報を集めたりした。また、彼は、大海人皇子の軍勢を指揮して、敵軍と戦った。 壬申の乱は、大海人皇子の勝利に終わった。大海人皇子は、天武天皇として即位し、新しい政権を樹立した。書智徳は、天武天皇の信任を厚くし、重臣として活躍した。 書智徳は、壬申の乱で大きな功績をあげた人物である。彼は、大海人皇子の側近として、壬申の乱で活躍し、天武天皇の勝利に貢献した。また、彼は、天武天皇の信任を厚くし、重臣として活躍した。
歴史上の人物

知られざる熱田大宮司・藤原季範

藤原季範とは 藤原季範は、平安時代後期の貴族、神職です。大宮司藤原親季の子であり、藤原忠実の孫にあたります。熱田大宮司を歴任し、歌人としても活躍しました。 季範は、延久4年(1072年)に生まれました。父は、熱田大宮司藤原親季で、母は、藤原忠実の娘であり、白河天皇の乳母であった藤原師子です。季範は、兄の藤原宗季とともに、熱田大宮司として奉仕しました。 季範は、歌人としても活躍しました。その歌は、『後拾遺和歌集』、『金葉和歌集』、『詞花和歌集』などの勅撰和歌集に収められています。季範の歌は、優美で、清らかなものが多いのが特徴です。 季範は、康治2年(1143年)に、72歳で亡くなりました。熱田大宮司の職は、子の藤原棟季が継ぎました。
文学分野の人

福永挽歌: Meiji-Showa Era Poet, Novelist, and Translator

-福永挽歌の生涯と功績- 福永挽歌は、明治から昭和にかけて活躍した詩人、小説家、翻訳家です。1874年(明治7年)に兵庫県姫路市に生まれ、1959年(昭和34年)に東京で亡くなりました。 福永挽歌は、早稲田大学文学部卒業後、雑誌『文藝俱楽部』の記者を務めました。その後、詩人としてデビューし、1908年(明治41年)に詩集『抒情詩』を出版しました。この詩集は、ロマン派的な作風で高く評価され、福永挽歌の名を世に知らしめました。 福永挽歌は、詩人としてだけでなく、小説家としても活躍しました。1911年(明治44年)に小説『人生』を出版し、ベストセラーとなりました。この小説は、当時の社会問題を背景に、主人公の人生を描いたもので、福永挽歌の社会的意識の高さをうかがわせます。 福永挽歌は、翻訳家としても活躍しました。1920年(大正9年)にスウェーデンの作家、アウグスト・ストリンドベリの戯曲『ペリカン』を翻訳しました。この翻訳は、ストリンドベリの戯曲の日本初の翻訳であり、高い評価を受けました。 福永挽歌は、诗人、小説家、翻訳家として多方面に活躍し、日本の近代文学の発展に貢献しました。1959年(昭和34年)に文化勲章を受章し、その功績を称えられました。
歴史上の人物

福地勝衛門 – 幕末の志士

-# 福地勝衛門の生涯 福地勝衛門は、1822年(文政5年)に京都で生まれた。本名は勝右衛門。幼少の頃から漢学や兵学を学び、長じてからは尊皇攘夷思想に感化される。1858年(安政5年)、ペリー来航により、攘夷運動が活発化すると、勝衛門もこれに身を投じる。1862年(文久2年)、勝衛門は尊攘派の志士たちとともに、京都で「勤王党」を結成。しかし、勤王党は翌年の禁門の変で敗北し、勝衛門は長州藩に逃亡する。 その後、勝衛門は長州藩の兵士として、幕府軍と戦う。1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、勝衛門は新政府軍に参加し、戊辰戦争に従軍する。戊辰戦争後、勝衛門は政府に出仕し、軍務局長や陸軍少輔などを歴任する。1875年(明治8年)、勝衛門は病のため死去した。享年54。 勝衛門は、尊皇攘夷思想を抱いて幕末の動乱に身を投じた志士であり、明治維新後は政府に出仕して、明治国家の建設に貢献した人物である。