「は」で始まる名前

芸能分野の人

坂東彦左衛門(2代)- 江戸時代後期の歌舞伎役者

-坂東家三代の芸系- 坂東彦左衛門(2代)の芸は、その父である坂東彦左衛門(初代)の芸をそのまま受け継いだもので、荒事、実事を得意とした。荒事では、毛剃り、鬼神、強盗などの役柄を演じ、実事では、老婆、百姓、町人などの役柄を演じた。 彦左衛門(2代)の芸は、江戸歌舞伎の黄金期を代表するもので、多くの人々に愛された。彦左衛門(2代)の芸は、その子である坂東彦三郎(5代)に受け継がれ、坂東家は三代にわたって歌舞伎界を牽引した。 彦左衛門(2代)の芸の特徴は、力強い芸風と、役柄への深い理解にあった。彦左衛門(2代)は、荒事でも実事でも、その役柄になりきって演じた。また、彦左衛門(2代)は、常に新しい芸に挑戦しており、その芸は常に進化していた。 彦左衛門(2代)の芸は、多くの歌舞伎役者に影響を与えた。彦左衛門(2代)の芸を学んだ役者の中には、市川團十郎(9代)、市川左團次(4代)、松本幸四郎(9代)などがいる。彦左衛門(2代)の芸は、江戸歌舞伎の伝統を支えただけでなく、明治以降の歌舞伎の発展にも大きな影響を与えた。 彦左衛門(2代)の芸は、その華やかさと力強さで、多くの人々に愛された。彦左衛門(2代)の芸は、江戸歌舞伎の黄金期を代表するものであり、その芸は三代にわたって歌舞伎界を牽引した。
歴史上の人物

蜂須賀綱矩 – 江戸時代前期-中期の大名

-蜂須賀綱矩の生涯- 蜂須賀綱矩(はちすか つなのり)は、江戸時代前期から中期の大名。徳島藩の6代藩主。 -幼少期と家督相続- 1664年、徳島藩の5代藩主・蜂須賀光隆の次男として生まれる。幼名は重矩(しげのり)。母は側室・小坂氏。 1687年、兄の綱隆が早世したため、家督を相続し、藩主となる。 -藩政改革- 綱矩は藩政改革に熱心に取り組み、多くの改革を行った。 まず、藩財政を立て直すために、藩士の俸禄を削減し、倹約令を出した。また、新田開発や殖産興業にも取り組んだ。 さらに、藩政の刷新を図るために、藩士の教育に力を入れ、藩校・ ശ్ర齐馆(ぶんしかん)を創設した。また、藩士の身分制度を整備し、藩政の運営を円滑にした。 -徳島城の改築- 綱矩は、徳島城の改築にも力を入れ、天守閣や御殿を新たに築いた。また、城内に藩校・ ശ്ര齐馆を移転し、城下町の整備も行なった。 -和歌への傾倒- 綱矩は、和歌に傾倒しており、自らも多くの和歌を詠んだ。また、和歌のサロンを開き、多くの歌人を招いて歌会を開催した。 綱矩は、1735年に72歳で没した。 -評価- 綱矩は、徳政を敷き、藩政を安定させた名君として知られている。また、和歌に傾倒し、文化の発展にも貢献した。
政治分野の人

「服部一三」

-「服部一三」- -アメリカ留学と文部省入省- 服部一三は、1902年(明治35年)に静岡県に生まれました。1925年(大正14年)に東京帝国大学法学部を卒業し、文部省に入省しました。 文部省入省後、服部は主に社会教育畑を歩みました。1933年(昭和8年)には、文部省社会教育局長に就任しました。1937年(昭和12年)には、文部省視学官に就任しました。 1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)まで、服部はアメリカに留学しました。留学中は、アメリカのコロンビア大学で教育学を学びました。 1941年(昭和16年)に帰国した後、服部は文部省社会教育局長に再任されました。1942年(昭和17年)には、文部省総務局長に就任しました。 1943年(昭和18年)には、服部は文部次官に就任しました。文部次官としては、学制改革や教育行政の改革に取り組みました。 1945年(昭和20年)に、服部は文部大臣に就任しました。文部大臣としては、戦後の教育復興に努めました。 1946年(昭和21年)に、服部は文部大臣を辞任しました。その後は、財団法人日本育英会理事長や私立学校振興会会長などを歴任しました。 1966年(昭和41年)に、服部一三は死去しました。享年64歳でした。
歴史上の人物

服部倉治郎:ウナギとスッポンの養殖に貢献した明治-大正時代の殖産家

-服部倉治郎の生涯- 服部倉治郎は、明治・大正時代の殖産家であり、ウナギとスッポンの養殖に大きく貢献した人物です。1857年(安政4年)に、静岡県浜松市に生まれました。彼は、幼い頃からウナギやスッポンの養殖に興味を持ち、16歳のときに、ウナギの養殖を始めることを決意しました。 しかし、ウナギの養殖は、当時はまだ新しい技術であり、成功させるのは容易ではありませんでした。服部は、何度も失敗を繰り返しながら、ウナギの養殖技術を研究し続けました。そして、1882年(明治15年)に、ついにウナギの養殖に成功しました。 服部は、ウナギの養殖を成功させた後、スッポンの養殖にも取り組みました。スッポンの養殖は、ウナギの養殖よりもさらに難しく、服部は、10年以上の年月をかけて、スッポンの養殖技術を確立しました。 服部の功績は、ウナギとスッポンの養殖技術の確立にとどまりませんでした。彼は、ウナギとスッポンの養殖を産業化し、日本におけるウナギとスッポンの生産量を飛躍的に向上させました。 服部の功績は、日本の食文化の発展に大きく貢献しました。ウナギとスッポンは、日本の伝統的な食材であり、現在でも多くの人に愛されています。服部の功績がなければ、これらの食材を味わうことはできなかったかもしれません。 服部は、1935年(昭和10年)に78歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は、今でも語り継がれています。服部は、ウナギとスッポンの養殖の父と呼ばれ、日本の食文化の発展に貢献した偉大な人物として尊敬されています。
芸能分野の人

「花柳小菊」について

-芸名の由来- 花柳小菊という芸名は、彼女が師匠である花柳寿恵(すえ)からもらったものである。寿恵は、「小菊のような華やかさと可憐さを持っている」と彼女を評したことから、この芸名を贈った。 小菊は、菊の仲間の中で最も小さな花である。可憐な姿と、華やかな色合いが特徴である。また、菊は日本の国花であり、縁起の良い花とされている。 寿恵は、小菊という芸名が、彼女に幸運をもたらすことを願ってつけたものである。そして、小菊は、この芸名に恥じぬよう、努力を重ねてきた。 小菊は、芸名の由来について、「芸名をもらったときは、とてもうれしかった。そして、この芸名を汚さないように、努力しようと決意しました」と語っている。 小菊は、芸名の由来にふさわしい、華やかさと可憐さを兼ね備えた舞妓である。そして、彼女は、これからも努力を重ね、舞妓として活躍していくことだろう。
政治分野の人

橋本幸八郎 – 日本最初の電気事業を始めた男

橋本幸八郎 1835年、熊本県玉名郡和水町に生まれる。 1866年、下関戦争で活躍し、維新後に熊本藩参事となる。 1872年には東京府参事となり、明治維新政府に貢献する。 1877年には、経済界のリーダーとして商工会議所の初代会頭となる。 橋本幸八郎の生涯 橋本幸八郎は、1835年、熊本県玉名郡和水町に生まれた。父は熊本藩士の橋本幸右衛門で、母は野村氏である。幸八郎は、幼い頃から英才の誉れが高く、1853年に熊本藩校の藩学所に入学した。1858年には、江戸に出て、昌平黌で学んだ。 1860年には、幕府の外国奉行の久世広文の随員として、アメリカ合衆国に渡った。久世広文は、アメリカ合衆国から蒸気機関車や電信機などの近代的な機器を輸入することを計画しており、幸八郎は、その計画の遂行に協力した。 1861年に帰国した幸八郎は、熊本藩の参事となり、藩の近代化に尽力した。幸八郎は、熊本藩に電信線を敷設し、電信局を開設した。また、熊本藩に蒸気機関車を購入し、鉄道を敷設した。 1868年、明治維新により、幸八郎は東京府の参事となった。幸八郎は、東京府の近代化に尽力し、東京府に電信線を敷設し、電信局を開設した。また、東京府に蒸気機関車を購入し、鉄道を敷設した。 1872年には、幸八郎は、商工会議所の初代会頭となった。幸八郎は、商工会議所のリーダーとして、経済界の発展に尽力した。幸八郎は、商工会議所を通じて、政府に産業振興政策を提言し、政府の産業振興政策の遂行に協力した。 1895年、幸八郎は死去した。幸八郎は、日本の近代化に貢献した偉大な人物である。
学術分野の人

伴東山 – 江戸時代後期の儒者

-伴東山(1774年 - 1855年)は、江戸時代後期に長崎で活躍した儒者です。字は文光・文卿、号は明霞山房、国の至言堂。名は東山ですが、一般には「とやま」と音読みします。- 安永2年(1773年)に長崎で生まれました。幼い頃から文才に恵まれ、12歳の時には清の文人・袁枚の「随園詩話」を読み、漢詩に目覚めました。16歳で儒者の大菅南坡に師事し、20歳の時には長崎奉行松平信明に招かれて家塾の助教授となりました。 享和3年(1803年)、29歳の時には長崎奉行所儒者見習となり、翌年には長崎奉行所儒者となりました。この間、長崎に来航した清の儒者・成豊毅らと交流し、漢学の知識を深めました。 文化元年(1804年)、30歳の時には長崎奉行所儒者となり、文政2年(1820年)には長崎奉行所教授となりました。嘉永3年(1850年)には長崎奉行所儒者頭取となり、翌年には長崎奉行所儒者御用人となりました。 安政2年(1855年)に81歳で死去しました。 伴東山は、漢学の研究に努め、多くの著作を残しました。その中でも、代表作のひとつは「明霞山房詩鈔」です。この作品は、伴東山が生涯にわたって詠んだ漢詩をまとめたもので、その数は1,000首以上にもなります。 伴東山は、長崎で漢学の普及に努め、多くの弟子を育てました。また、長崎に来航した清の儒者たちと交流し、日清文化交流に貢献しました。
歴史上の人物

班固 – 古代中国の歴史家

- 班固の生涯と業績 班固は、後漢時代の中国の歴史家で、字は仲叔。扶風郡安陵県(現在の陝西省咸陽市咸陽区)の人。班彪の子で、班昭、班超の弟。 班固は、幼い頃から歴史を好み、16歳の時には、すでに『漢書』の草稿を完成させていた。その後、洛陽に出て太学で学び、官僚の道を歩む。 25歳の時に、班固は父の遺志を継いで『漢書』を完成させる。この『漢書』は、前漢の歴史を扱ったもので、中国の歴史書の中で最も重要なもののひとつとされる。 『漢書』を完成させた後、班固は、西域の都護である竇固の幕僚となる。竇固は、班固の才能を高く評価し、西域経営の任を委ねる。班固は、西域で10年間活躍し、西域の安定に大きく貢献した。 竇固の死後、班固は洛陽に帰還し、尚書僕射となる。その後、中郎将、司隷校尉を歴任し、61歳で死去する。 班固は、『漢書』以外にも、『白虎通義』、『典引』などの著作を残している。これらの著作は、中国の文化や歴史の研究に大きな影響を与えた。 班固は、中国の歴史学に大きな功績を残した偉大な歴史家である。その著作は、後世の歴史家たちに大きな影響を与え、現在でも読み継がれている。
歴史上の人物

蜂須賀重喜-阿波徳島藩10代藩主

-蜂須賀重喜の生涯- 蜂須賀重喜は、阿波徳島藩の10代藩主である。1757年、現在の徳島県徳島市に生まれる。父は9代藩主・蜂須賀宗鎮、母は側室・延寿院である。幼名は与千代丸。1771年、宗鎮の死去により家督を継ぎ、藩主となった。 重喜は藩政を改革し、殖産興業や教育の振興に努めた。また、藩士の待遇を改善し、藩内の結束を固めた。1787年には、江戸城で大火が発生し、重喜は藩士を率いて消火活動に当たった。その功績により、老中松平定信から賞賛された。 1804年、重喜は江戸で死去した。享年48。家督は嫡男・蜂須賀光隆が継いだ。 重喜は、阿波徳島藩の藩政を改革し、藩の繁栄に貢献した名君として知られている。 -以下に、重喜の生涯の主な出来事を列挙する。- * 1757年 生まれる * 1771年 家督を継ぎ、藩主となる * 1787年 江戸城で大火が発生し、消火活動に当たる * 1804年 死去
芸能分野の人

花柳寿美(初代)→ 大正-昭和時代の日本舞踊家

芸の世界への第一歩 花柳寿美(初代)は、1892年(明治25年)に東京の浅草に生まれました。本名は、飯田寿子。幼い頃から踊りが好きで、3歳の時には早くも花柳流日本舞踊家の五世花柳寿輔に入門し、芸の世界への第一歩を踏み出しました。寿輔は、寿美の才能を見出し、厳しくも愛情を込めて稽古をつけました。寿美は、舞踊の基礎をしっかりと学び、次第に頭角を現していきました。 寿美は、10歳の時に初めて舞台に立ちました。最初は、端役として舞台に上がっていましたが、その美貌と舞踊の才能で注目を集め、すぐに花形となりました。寿美は、15歳で正式に花柳流の名取となり、花柳寿美の名で舞台に立つようになりました。その後、寿美は、日本舞踊界のトップスターとして活躍し、数多くの舞台に出演しました。寿美は、その舞踊の美しさで観客を魅了し、多くのファンを獲得しました。 寿美は、舞踊家としてだけでなく、女優としても活躍しました。1912年(大正元年)に映画デビューを果たし、その後、数多くの映画に出演しました。寿美は、映画でもその美貌と演技力を発揮し、人気女優となりました。寿美は、舞踊家としても、女優としても、大正-昭和時代の日本を代表するスターとして活躍しました。 寿美は、1965年(昭和40年)に他界しましたが、その舞踊の美しさは今もなお語り継がれています。寿美は、日本舞踊の発展に大きく貢献した舞踊家であり、その功績は永遠に語り継がれることでしょう。
学術分野の人

→ 原三信

-生没年と出身地- 原三信は、1943年2月27日に東京都で生まれました。1965年に早稲田大学商学部を卒業後、株式会社三越に入社しました。1990年に株式会社三越の社長に就任し、1998年に株式会社三越伊勢丹ホールディングスの社長に就任しました。2007年に株式会社三越伊勢丹ホールディングスの会長に就任し、2011年に退任しました。 原三信は、2018年5月17日に東京都で亡くなりました。享年75歳でした。
歴史上の人物

林三郎 – 昭和時代の軍人と軍事評論家の人生と功績

-林三郎の生い立ちと家族- 林三郎は、1886年(明治19年)9月30日に、東京都東京市牛込区(現在の東京都新宿区)で、父・林七郎、母・キクヱの間に生まれた。林家は、代々軍人を輩出しており、三郎の祖父・林久次郎は、戊辰戦争で活躍した幕府軍の将校だった。三郎の父・七郎は、陸軍士官学校を卒業後、日清戦争に従軍した。三郎には、二人の兄と一人の妹がいた。 三郎は、幼い頃から軍人に憧れており、1904年(明治37年)に陸軍士官学校に入学した。三郎は、士官学校在学中に日露戦争が勃発し、卒業後、歩兵第28連隊に配属された。三郎は、日露戦争に従軍し、遼陽会戦や奉天会戦に参加した。 日露戦争後、三郎は、陸軍大学校に入学した。三郎は、大学校在学中に、ドイツに留学した。三郎は、留学中に、ドイツ軍の軍事思想を学び、ドイツ軍の軍事理論に大きな影響を受けた。 三郎は、1913年(大正2年)に、陸軍大学校を卒業後、参謀本部員に任命された。三郎は、参謀本部員として、第一次世界大戦の戦史研究に従事した。 三郎は、1919年(大正8年)に、陸軍省軍務局長に任命された。三郎は、軍務局長として、大正デモクラシーによる軍縮政策を推進した。三郎は、1922年(大正11年)に、陸軍次官に任命された。三郎は、陸軍次官として、軍備拡張政策を推進した。
歴史上の人物

馬場金埒とは?

-馬場金埒とは- -馬場金埒とは- 馬場金埒とは、江戸時代以前、現代流に言えば経済用語の金利にあたる言葉です。 馬場金埒とは、江戸時代における米価の基準のことです。 米価は、その年の豊凶によって変動します。 豊作の年には米価が下がり、凶作の年には米価が上がります。 米価の変動は、経済に大きな影響を与えます。 そのため、江戸幕府は米価の安定を図るために、馬場金埒制度を設けました。 馬場金埒とは、江戸時代の米価の基準のことです。 馬場とは、当時の将軍の居城であった江戸城の馬場のことです。 金埒とは、金で作った埒のことです。 金埒は、馬場の周囲に立てられた柵のことです。 馬場金埒制度は、豊臣秀吉の時代に制定されました。 当初は、米価の変動が激しいときにのみ、馬場金埒が設置されました。 しかし、江戸時代に入ると、馬場金埒は常設されるようになりました。 馬場金埒の基準となる米価は、毎年春と秋の2回、江戸城の馬場で開催される米相場で決定されました。 米相場とは、米の値段を決める市場のことです。 馬場金埒の基準となる米価は、米相場で取引された米価の平均価格を基準として決められました。 馬場金埒制度は、米価の安定に一定の効果がありました。 しかし、江戸時代後期になると、米価の変動は激しくなり、馬場金埒制度では米価の安定を図ることが難しくなりました。 そのため、江戸幕府は馬場金埒制度を廃止しました。
学術分野の人

「服部希信」

-服部希信の死とその後- 服部希信は、1504年に亡くなりました。彼の死は、畿内を中心に大きな反響を呼びました。希信は、戦国時代を代表する武将であり、その武勇は広く知られていました。また、彼は、信長や秀吉などの戦国大名にも影響を与えた人物でした。 希信の死後、彼の家督は、息子の服部定政が継ぎました。定政は、父譲りの武勇を持ち、織田信長に仕えました。しかし、本能寺の変で信長が亡くなると、定政は、羽柴秀吉に従いました。秀吉の死後は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは、家康軍として参戦しました。 定政は、関ヶ原の戦いで戦功を挙げ、近江国に2万石の所領を与えられました。定政は、その後、江戸幕府の旗本として活躍し、1637年に亡くなりました。 希信の死後、服部一族は、徳川幕府の旗本として存続しました。希信の孫である服部正就は、江戸幕府の老中を務め、幕政に大きな影響を与えました。正就は、1680年に亡くなりましたが、服部一族は、その後も江戸幕府の旗本として活躍し続けました。 希信の死は、戦国時代の終焉を象徴するものでもありました。希信は、戦国時代を代表する武将であり、彼の死は、戦国時代の終わりを告げるものでした。希信の死後、日本は、江戸幕府の支配下に統一され、戦乱の時代は終わりました。
文学分野の人

林芙美子:昭和の文学界に咲いた悲劇のヒロイン

林芙美子の生涯と文学生涯 林芙美子は、1903年(明治36年)に広島県広島市に生まれ、1951年(昭和26年)に神奈川県鎌倉市で亡くなった日本の小説家です。「放浪記」や「浮雲」など、数多くの名作を世に送り出し、昭和の文学界を代表する作家の一人として知られています。 林芙美子は、幼い頃に両親を亡くし、叔父の家に引き取られましたが、その後も波瀾に満ちた人生を送ることになります。1923年(大正12年)に上京し、女工として働きながら小説を書き始め、1927年(昭和2年)に「放浪記」を出版して大ヒットを飛ばしました。この作品は、貧しい家から上京し、挫折を繰り返しながらも強く生きようとする主人公の姿を描いた自伝的小説で、多くの読者の共感を呼びました。 その後、林芙美子は「浮雲」や「女坂」などの作品を発表し、文壇の人気作家となりました。しかし、私生活では不幸が続き、1939年(昭和14年)には夫が自殺し、1945年(昭和20年)には空襲で自宅を焼失しました。また、健康状態も悪化し、1951年(昭和26年)に47歳の若さで亡くなりました。 林芙美子の作品は、貧困や差別など、社会の底辺で生きる人々の苦悩をリアルに描き、多くの読者の心を揺さぶりました。また、その作品には、強く生きようとする女性の姿が描かれており、現代でも多くの女性から支持されています。
歴史上の人物

原胤房とは?-戦乱の世を駆け抜けた千葉氏の支族

-原胤房の生涯- 原胤房は、戦国時代に活躍した千葉氏の支族である原氏の当主です。原氏は千葉氏の庶流であり、胤房の祖父である原胤貞が千葉介を継承して以来、千葉氏の本家筋と争いを繰り返していました。 胤房は、永正13年(1515年)に原氏の当主となります。当時の千葉氏は、当主である千葉勝胤が弟の千葉昌胤と争っていたため、内紛状態に陥っていました。胤房は、この機に乗じて千葉氏の家督を奪おうと画策しますが、昌胤に敗れてしまいます。 その後、胤房は昌胤と和睦し、千葉氏の家臣として仕えます。しかし、永禄9年(1566年)に昌胤が死去すると、再び千葉氏の家督を巡って争いが勃発します。胤房は、昌胤の嫡男である千葉直胤を支持しましたが、直胤は北条氏康に敗れてしまいます。 胤房は、直胤の死後も北条氏に抵抗を続けましたが、天正18年(1590年)に豊臣秀吉の小田原攻めによって降伏しました。胤房は、降伏後に剃髪して隠居し、天正20年(1592年)に死去しました。
歴史上の人物

蜂須賀治昭 – 江戸時代中期の徳島藩主

-徳島藩主としての業績- 蜂須賀治昭は、徳島藩主として、藩政改革や農業振興、産業振興、文化振興に尽力し、藩の安定と発展に貢献しました。 -藩政改革- 蜂須賀治昭は、藩政改革を実施し、藩の財政を立て直しました。まず、家臣を整理して歳出を削減し、年貢を徴収する際に厳格な規則を設けて歳入を増やしました。また、新しい税制を導入して、藩の収入を安定させました。さらに、藩の借金を整理して、藩の財政を改善しました。 -農業振興- 蜂須賀治昭は、農業振興にも力を入れていました。治水事業を行い、灌漑施設を整備しました。また、新しい農法を導入して、農作物の生産性を高めました。さらに、農民に支援を行うことで、農業を振興しました。 -産業振興- 蜂須賀治昭は、産業振興にも力を入れました。特産物の生産を奨励し、新しい工業を導入しました。また、市場を開設して、物資の流通を円滑にしました。さらに、藩の財政を投じて、産業を振興しました。 -文化振興- 蜂須賀治昭は、文化振興にも力を入れました。藩校を設立して、藩士の教育に力を入れたのが代表例です。また、学問や芸術を奨励し、藩士に学問や芸術に励むように促しました。さらに、藩の財政を投じて、文化を振興しました。 以上が、蜂須賀治昭が徳島藩主として行った業績です。蜂須賀治昭は、藩政改革、農業振興、産業振興、文化振興など、幅広い分野で藩政に力を入れました。その結果、徳島藩は安定と発展を遂げることになりました。
歴史上の人物

羽生氏熟 – 明治時代の殖産家

羽生氏熟の生涯 羽生氏熟は、1835年(天保6年)に越後国(現在の新潟県)で生まれました。幼い頃から学問を好み、1860年(万延元年)に江戸に出て、洋学を学びました。その後、欧州に留学し、産業技術や政治経済を学びました。 1868年(慶応4年)に帰国すると、新政府に出仕し、殖産興業政策を担当しました。1870年(明治3年)には、工部省の工学局長に就任し、近代産業の振興に努めました。また、1872年(明治5年)には、日本初の商工会議所である東京商工会議所の初代会頭にも就任しました。 羽生氏熟は、殖産興業政策の推進に尽力し、日本の近代化に大きく貢献しました。1888年(明治21年)に死去しました。 羽生氏熟の業績 羽生氏熟の主な業績は次のとおりです。 ・工部省工学局長の在任中に、日本の近代産業の振興に努めました。 ・東京商工会議所の初代会頭に就任し、日本の商工業の発展に尽力しました。 ・殖産興業政策の推進に尽力し、日本の近代化に大きく貢献しました。 羽生氏熟の死後、その功績を称えて、1893年(明治26年)に羽生氏熟銅像が東京商工会議所前に建立されました。また、1909年(明治42年)には、羽生氏熟が創立した東京商工会議所の近くに、羽生氏熟公園が開園しました。 羽生氏熟は、日本の近代化に大きく貢献した殖産家として、現在も高く評価されています。
歴史上の人物

ー「羽倉外記」(⇒羽倉簡堂)

羽倉外記の生涯 羽倉外記(羽倉簡堂)は、1684年(貞享元年)に信濃国伊那郡羽倉郷(長野県伊那市)に生まれた。父は羽倉三郎治郎、母はキク。外記は幼名であり、後に簡堂と号した。 外記は幼い頃から聡明で、10歳で漢籍を学び始めた。16歳の時、江戸に出て、儒学者・貝原益軒の門下生となった。益軒のもとで、外記は儒学、歴史、医学などを学び、大きな影響を受けた。 1704年(元禄17年)、外記は20歳の若さで旗本に取り立てられた。その後、御書院番、御側御用人、若年寄などを歴任し、老中まで昇進した。 外記は、老中として、享保の改革を推進した。享保の改革とは、8代将軍・徳川吉宗が行った、幕藩体制の建て直しのための改革である。外記は、吉宗の信任を得て、改革の立案と実施に尽力した。 享保の改革は、成功し、幕藩体制は立て直された。外記は、改革の功績が認められ、1745年(延享2年)に大老に任命された。 外記は、1750年(寛延3年)に66歳で死去した。 外記は、儒学者として、また政治家としても大きな功績を残した。外記の思想は、江戸時代の思想界に大きな影響を与え、外記の政治手腕は、幕藩体制の立て直しに貢献した。
芸能分野の人

坂東国五郎(2代)

- 歌舞伎役者として知られた坂東国五郎(2代)の活動について 坂東国五郎(2代)は、1834年に江戸で生まれ、1899年に亡くなった歌舞伎役者です。父は坂東三津五郎(3代)、母は坂東しうです。幼名は市太郎、俳名は国花、屋号は河原崎です。 国五郎は、1848年に中村座で初舞台を踏み、1853年に市村座で「元禄花見踊」の早野勘平を演じて評判を博しました。1868年に河原崎権十郎(4代)を襲名し、1871年に坂東三津五郎(5代)を襲名しました。 国五郎は、荒事、和事、女形など、多くの役柄をこなすことができ、特に、荒事では、その豪快な芸風で人気を博しました。また、女形では、その美貌と演技力で多くの観客を魅了しました。 国五郎は、1891年に帝国劇場の開場記念公演に出演し、1893年には、明治座で「勧進帳」の弁慶を演じて大成功を収めました。また、1896年には、アメリカ合衆国を巡業し、ニューヨークのウォルフ・シアターで公演を行いました。 国五郎は、1899年に病気のため死去しました。享年66歳でした。国五郎の死は、歌舞伎界にとって大きな損失であり、多くのファンが悲しみにくれました。 国五郎は、その演技力と芸風で、多くの観客を魅了した名優でした。彼の死は、歌舞伎界にとって大きな損失であり、現在でも、その功績は語り継がれています。
文学分野の人

花岡大学の生涯と作品

花岡大学は、1908年(明治41年)11月18日に、富山県富山市に生まれました。本名は、花岡一雄です。 花岡大学は、幼少期から絵を描くことが大好きで、小学校卒業後は、東京府立工芸学校(現在の東京都立工芸高等学校)に進学しました。 東京府立工芸学校卒業後は、イタリアに留学し、ローマ王立美術学校で絵画を学びました。 1933年(昭和8年)に帰国後は、東京で画家として活動を始めました。 1938年(昭和13年)には、第8回帝展で「黄昏」が入選し、その後も、帝展や新文展で数多くの作品が入選しました。 1946年(昭和21年)には、日本美術院の会員に推挙されました。 1958年(昭和33年)には、日本芸術院会員に選ばれました。 1968年(昭和43年)には、文化功労者に選ばれました。 花岡大学は、1987年(昭和62年)11月18日に、79歳で亡くなりました。 花岡大学は、日本の洋画界を代表する画家の一人であり、その作品は、国内外の美術館に所蔵されています。
芸能分野の人

 坂東太郎→中村鶴助(4代)

-坂東太郎とは- 坂東太郎とは、坂東地方に生まれた歌舞伎役者であり、中村屋の屋号を引き継ぐ俳優のことである。初代は中村仲蔵であり、現在まで10代続いている。坂東太郎の芸風は、力強く豪快な演技が特徴であり、荒事や世話物の役を得意としている。 坂東太郎の歴史は、初代中村仲蔵が江戸時代前期に活躍したことに始まる。仲蔵は、坂東地方出身の役者であり、中村屋の屋号を引き継いだ。仲蔵は、力強く豪快な演技が特徴であり、荒事や世話物の役を得意としていた。仲蔵の活躍により、坂東太郎は歌舞伎界で大きな人気を獲得した。 仲蔵の死後、坂東太郎は中村勘三郎が継いだ。勘三郎は、仲蔵の芸風を継承し、荒事や世話物の役を得意とした。勘三郎は、江戸時代後期に活躍し、坂東太郎の名声をさらに高めた。 勘三郎の死後、坂東太郎は中村梅玉が継いだ。梅玉は、勘三郎の芸風を継承し、荒事や世話物の役を得意とした。梅玉は、明治時代初期に活躍し、坂東太郎の名声をさらに高めた。 梅玉の死後、坂東太郎は中村吉右衛門が継いだ。吉右衛門は、梅玉の芸風を継承し、荒事や世話物の役を得意とした。吉右衛門は、明治時代中期から昭和時代初期にかけて活躍し、坂東太郎の名声をさらに高めた。 吉右衛門の死後、坂東太郎は中村錦之助が継いだ。錦之助は、吉右衛門の芸風を継承し、荒事や世話物の役を得意とした。錦之助は、昭和時代中期から平成時代初期にかけて活躍し、坂東太郎の名声をさらに高めた。 錦之助の死後、坂東太郎は中村勘九郎が継いだ。勘九郎は、錦之助の芸風を継承し、荒事や世話物の役を得意としている。勘九郎は、平成時代初期から令和時代にかけて活躍している。 坂東太郎は、中村屋の屋号を引き継ぐ歌舞伎役者であり、力強く豪快な演技が特徴である。荒事や世話物の役を得意とし、歌舞伎界で大きな人気を獲得している。
美術分野の人

早崎治 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した写真家

-写真家早崎治の生涯と作品- 早崎治は、1925年(大正14年)に東京に生まれた。早稲田大学第一文学部を卒業後、写真家として活動を開始した。1950年には、日本写真家協会展で新人賞を受賞。1953年、写真同人誌「太陽系」を創刊し、サン・ベニート賞を受賞。1959年、ニューヨークの近代美術館で個展を開催した。 1960年代からは、写真評論家として活動し、写真集「日本の美」や「日本文化の伝統」などを出版した。また、1970年には、東京都写真美術館の開館に尽力した。 早崎治の写真は、日本的な美しさや伝統をテーマにしたものが多く、日本の文化や歴史を記録した貴重な作品として評価されている。1992年、勲四等瑞宝章を受章し、2006年に亡くなった。 -主な作品- * 「日本の美」(1960年) * 「日本文化の伝統」(1962年) * 「日本の四季」(1965年) * 「京都」(1968年) * 「奈良」(1970年) * 「日本の祭り」(1972年) * 「日本の工芸」(1975年) * 「日本の自然」(1978年) * 「日本の歴史」(1980年) * 「日本の現代」(1983年)
芸能分野の人

范文雀-昭和後期から平成時代の輝きを放った女優

多彩な出演作と人気を誇った范文雀 范文雀は、1948年に「君よ知るや南の国」で映画デビューを果たしました。その後も、「女房族は訴えます」(1949年)、「痴人の愛」(1951年)、「喜びも悲しみも幾歳月」(1957年)など、数々の名作に出演。また、「白い巨塔」(1967年)、「華麗なる一族」(1974年)、「浮世絵草紙」(1976年)など、テレビドラマでも活躍しました。 范文雀は、その端正な美貌と演技力で、幅広い役柄を演じきることができました。可憐な少女から、大人の女性、老女まで、年齢や時代を問わず、どんな役でも違和感なく演じていました。また、その清楚な雰囲気と柔らかな語り口は、多くの視聴者から愛されました。 范文雀は、単なる女優としてだけではなく、歌手としても活躍しました。1962年に「岸壁の母」でレコードデビューを果たし、その後も、「愛の讃歌」「津軽海峡・冬景色」など、数々のヒット曲をリリースしました。また、1964年には、「ミヨちゃんのためなら死んでもいい」でNHK紅白歌合戦にも出場しています。 范文雀は、1997年に乳がんのため亡くなりましたが、その演技力は今もなお人々の記憶に残っています。映画やテレビドラマで、彼女の姿を見ることができるのは、何よりも幸せなことです。