「や」で始まる名前

文学分野の人

ー山田民雄

昭和期の劇作家 山田民雄(1900年~1990年)は、昭和期の劇作家であり、日本の演劇界に大きな影響を与えた人物です。彼の作品は、鋭い社会風刺と人間洞察が特徴であり、多くの人々に愛されました。 山田民雄は、1900年に東京に生まれました。早稲田大学で文学を学び、卒業後は新聞記者として働きました。しかし、すぐに演劇の世界に惹かれ、1924年に劇団「築地小劇場」に加わりました。以後、劇作家として活躍し、多くの作品を発表しました。 山田民雄の作品は、社会の矛盾や人間の弱さを鋭く描いたものが多く、人々に強い印象を与えました。代表作である「ドブ鼠」は、下町の貧しい人々の生活を描いた作品で、大ヒットしました。また、「聖家族」は、キリスト教を題材にした作品で、人間の罪と救いをテーマにしています。 山田民雄は、1990年に亡くなりましたが、彼の作品は今もなお多くの人々に愛され続けています。彼の作品は、日本の演劇界に大きな影響を与え、日本の演劇史に残る名作として語り継がれています。
学術分野の人

山崎朋子 – 昭和後期の女性史研究家

-山崎朋子 - 昭和後期の女性史研究家- -山崎朋子の生い立ちと経歴- 山崎朋子は、1920年(大正9年)3月8日に東京府で生まれた。父は哲学者で文化勲章受章者の山崎正男、母は女性運動家の山崎喜久江である。朋子は、両親の影響を受けて幼少期から女性問題に関心を抱くようになった。 朋子は、東京女子大学に進学し、国文学を専攻した。在学中から女性文学や女性史に興味を持ち、卒業後は東京女子大学図書館に勤務した。朋子は、図書館勤務の傍ら、女性史の研究を続け、1955年(昭和30年)に『近代日本女性史』を出版した。この本は、日本で最初の女性史の本であり、女性史研究の草分けとなった。 朋子は、1958年(昭和33年)に東京女子大学を退職し、フリーの研究者となった。その後も、女性史の研究を続け、『日本女性史年表』(1963年)、『日本女性史辞典』(1976年)などの著書を出版した。また、朋子は、女性史研究会の設立や、女性史シンポジウムの開催など、女性史研究の発展に貢献した。 朋子は、1995年(平成7年)に死去した。享年75歳。朋子は、女性史研究の草分けであり、その功績は大きい。朋子の研究は、日本の女性史研究の発展に大きな影響を与えた。
学術分野の人

山本復斎-江戸時代の儒者

-山本復斎の生涯とその功績- -1. 山本復斎の生い立ちと青年期- 山本復斎は、1610年、越前国福井藩の藩士山本五左衛門の次男として生まれました。幼少期から聡明で、藩校の明道館で学び、儒学、歴史、文学などに精通しました。16歳で江戸に出て、儒学者の林羅山に入門し、その門下で学問に励みました。 -2. 林羅山門下での修行と江戸での活躍- 山本復斎は、林羅山門下で深く儒学を学び、その学識と人柄を高く評価されました。林羅山の死後は、その跡を継いで江戸幕府の儒官となり、幕府の政策立案にも参与しました。また、私塾を開いて多くの弟子を育て、儒学の普及に努めました。 -3. 山本復斎の功績- 山本復斎の功績は、大きく分けて二つあります。一つは、儒学の普及と発展です。山本復斎は、儒学を幕府の公的な学問として位置づけ、その地位を確固たるものにしました。また、私塾を開いて多くの弟子を育て、儒学の普及に努めました。その弟子の中には、荻生徂徠、伊藤仁斎、木下順庵など、後の儒学界を代表する人物も含まれています。 もう一つの山本復斎の功績は、儒学を日本独自の思想として発展させたことです。山本復斎は、儒学を中国から輸入された思想としてではなく、日本独自の思想として発展させるべきであると考えました。そのために、儒学を日本の伝統的な思想や文化と融合させ、日本独自の儒学を確立しました。この山本復斎の思想は、後の儒学界に大きな影響を与え、日本の儒学の発展に大きく貢献しました。 -4. 山本復斎の死とその後- 山本復斎は、1680年に江戸で死去しました。享年71歳でした。山本復斎の死後、その思想は弟子たちによって受け継がれ、日本の儒学の発展に大きく貢献しました。山本復斎は、日本の儒学の発展に大きな功績を残した偉大な儒学者でした。
文学分野の人

「山下秀之助」

-大正-昭和時代の歌人- 山下秀之助は、大正・昭和時代を代表する歌人の一人です。1886年(明治19年)11月1日に熊本県熊本市に生まれ、1963年(昭和38年)3月1日に同市で亡くなりました。本名は山下多仁蔵。 秀之助は、早稲田大学卒業後、出版社に勤務しましたが、後に歌人として独立しました。1910年(明治43年)に処女歌集『白鳥』を刊行し、1914年(大正3年)には歌誌『香蘭』を創刊しました。1918年(大正7年)に第二歌集『落葉』を刊行し、1923年(大正12年)には『香蘭集』を刊行しました。 1926年(大正15年)に、秀之助は『木々の芽』を創刊し、1928年(昭和3年)には『香蘭山色』を刊行しました。1931年(昭和6年)には、歌誌『アカネ』の主宰を引き継ぎ、1934年(昭和9年)には『赤光』を創刊しました。1937年(昭和12年)には、第二歌集『太陽と海』を刊行し、1940年(昭和15年)には『香蘭集続編』を刊行しました。 1945年(昭和20年)に、秀之助は『香蘭集全編』を刊行し、1950年(昭和25年)には『香蘭集続々編』を刊行しました。1955年(昭和30年)には、短歌の総合誌『歌壇』を創刊し、1957年(昭和32年)には『香蘭集後続篇』を刊行しました。 秀之助の歌は、情景描写に優れ、清新で叙情的な作風です。また、社会問題や政治問題にも関心を持ち、写実的な作風も併せ持っています。 秀之助は、1959年(昭和34年)に日本芸術院会員に選出され、1963年(昭和38年)に文化勲章を受章しました。また、1964年(昭和39年)には、熊本市に「山下秀之助歌碑」が建立されました。
歴史上の人物

藪内紹智とは。藪内流の祖、千利休と親交が深く茶室燕庵をゆずられた人物

-藪内紹智の生涯- 藪内紹智(やぶのうちそうち、1543年(天文12年)頃 – 1601年(慶長6年)6月14日)は、日本の茶人。藪内流の祖。千利休と親交が深く、茶室燕庵を譲られた。 加賀国江沼郡藪内庄(現・石川県小松市藪内町)の生まれ。名は宗智、通称は弥次右衛門。父は加賀一向一揆の武将・藪内敬勝。 若い頃は禅寺で修行したが、後に還俗して茶の湯を学ぶ。千利休に師事し、利休の茶室「待庵」の管理を任される。 1582年(天正10年)、利休が秀吉の怒りに触れて切腹した際、紹智は利休の茶室「燕庵」を譲り受け、茶室「藪内庵」と名付けて茶事を始めた。 紹智の茶室は、利休の茶室を継承したもので、簡素で侘び寂びに満ちた茶室であった。紹智は、利休の茶の湯の精神を継承し、藪内流を大成した。 紹智は、1601年(慶長6年)6月14日、59歳で亡くなった。 紹智の死後、藪内流は、子の紹甫が継承した。紹甫は、父紹智の茶室を継承し、藪内流を大成した。紹甫の死後、藪内流は、子孫によって代々継承されている。
歴史上の人物

山田女嶋の生涯

-橘奈良麻呂謀反事件への関与- 山田女嶋は、橘奈良麻呂謀反事件に深く関与していた。奈良麻呂は、聖武天皇の四男で、光仁天皇の異母弟にあたる。性格は剛毅果断で、武芸にも優れていたため、聖武天皇から厚い信頼を得ていた。 奈良麻呂は、藤原仲麻呂の専横を憎み、その打倒を計画していた。天平宝字8年(764年)、仲間を集めて謀反を起こした。しかし、仲麻呂の密告によって事前に露見し、奈良麻呂は捕らえられて処刑された。 山田女嶋は、奈良麻呂の妻として、謀反に加担したとして捕らえられた。女嶋は、奈良麻呂の子である2人の男子と1人の女子を連れて、河内国枚方郡に配流された。 配流先で、女嶋は3人の子を育てながら、奈良麻呂の無実を訴え続けた。光仁天皇の治世になって、ようやく奈良麻呂の冤罪が晴らされ、女嶋と子供たちは都に戻ることができた。 この事件によって、山田女嶋は奈良麻呂の忠実な妻として、また勇敢な女性として評価されるようになった。
歴史上の人物

山村吉則 – 平安後期の奈良県広瀬郡の豪族

- 康和3年(1101)の「山村吉則紛失状案」 山村吉則は、平安後期の奈良県広瀬郡の豪族である。 彼は康和3年(1101)に「山村吉則紛失状案」という文書を作成した。 この文書は、山村吉則が「康和3年8月21日に、山林で猟をしている際に、折敷、直付、小刀、刀鞘、弓、矢、箙などの道具一式を紛失した」ことを報告したものである。 山村吉則は、この文書で「紛失した道具一式は、いずれも自分の所有物であり、盗難されたものではない」と主張している。 また、「紛失した道具一式は、自分の生計を立てる上で必要なものであり、紛失したことにより、大きな損害を被った」と述べている。 山村吉則は、この文書で「紛失した道具一式を返還してくれるよう、関係者に呼びかける」と述べている。 「山村吉則紛失状案」は、山村吉則の生活や当時の社会状況を垣間見ることができる貴重な史料である。
歴史上の人物

「倭大后」(⇒倭姫王(やまとひめのおおきみ))について

-「倭大后」(⇒倭姫王(やまとひめのおおきみ))について- -倭大后とは- 倭大后とは、古事記と日本書紀に記されている、古代日本の女王です。倭大后は、崇神天皇の妃であり、垂仁天皇の母です。倭大后は、崇神天皇の命を受けて、伊勢神宮を創建したとされています。伊勢神宮は、日本の最高位の神宮であり、倭大后は、伊勢神宮の初代の祭主を務めました。倭大后は、神武天皇の娘であるとされ、神武天皇の死後、倭大后が即位したとされています。倭大后は、垂仁天皇の母であり、垂仁天皇が即位した後も、倭大后は垂仁天皇を補佐して、政治を行いました。倭大后は、垂仁天皇の死後も、摂政として垂仁天皇の幼子である景行天皇を補佐しました。倭大后は、景行天皇の治世中に亡くなったとされています。 倭大后は、古事記と日本書紀に記されているだけで、その実在については疑いがあります。しかし、倭大后は、伊勢神宮の創建に貢献したとされ、日本の歴史において重要な人物と考えられています。
学術分野の人

「山崎甚五郎」

-山崎甚五郎の生涯- 山崎甚五郎は、江戸時代前期の農民、実業家、発明家である。1596年(慶長元年)に、近江国葛籠尾村(現・滋賀県竜王町)に生まれた。甚五郎は幼い頃から機織りの才能を発揮し、青年期には近隣の村々に機織りの技術を指導していた。 1620年(元和6年)、甚五郎は京都に移り住み、機織りの店を開いた。甚五郎の織物は品質が高く、すぐに評判となり、多くの注文を受けるようになった。また、甚五郎は織機の改良にも熱心に取り組み、1624年(寛永元年)には、それまでの機織り機の2倍の速さで織ることができる「高機」を発明した。高機は、庶民の間でも広く普及し、甚五郎は「機織りの神様」と呼ばれるようになった。 1630年(寛永7年)、甚五郎は、江戸に移り住み、呉服店を開いた。甚五郎の呉服店は、江戸城内でも評判となり、多くの公家や大名が顧客となった。また、甚五郎は、江戸城の普請にも参加し、土木工事や建築物の建設にも貢献した。 1650年(慶安3年)、甚五郎は、65歳で江戸で亡くなった。甚五郎は、その生涯を通じて、機織りの技術の向上と、日本の産業の発展に貢献し、その功績は、今日でも語り継がれている。 -山崎甚五郎の功績- * 高機の開発 * 呉服店の経営 * 江戸城の普請への参加 * 日本の産業の発展への貢献
文学分野の人

山岡元隣 – 江戸時代前期の俳人

生い立ちと経歴 山岡元隣は、1625年(寛永2年)に江戸の元弓町に生まれました。元々は旗本の家に生まれましたが、後に旗本を辞して町人となりました。俳諧を松尾芭蕉に学び、芭蕉の門下でもっとも古い弟子の一人として知られています。芭蕉の没後には、蕉門の第一人者として活躍し、多くの俳人を育てました。 元隣は、俳諧のほかに、狂歌や連歌にも優れていました。また、書画にも通じており、芭蕉の肖像画を描いたことで知られています。元隣は、1690年(元禄3年)に江戸で亡くなりました。 元隣は、芭蕉の俳諧を忠実に受け継ぎ、蕉風俳諧の発展に貢献した功績で知られています。また、元隣は、蕉門の第一人者として、多くの俳人を育て、俳諧の普及に努めました。元隣は、江戸時代前期の俳諧を代表する俳人の一人として、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

山科道安-江戸時代中期の医師

-山科道安の経歴- 山科道安は、江戸時代中期の医師です。字は元徳、通称は文兵衛、号は碧雲楼、諡号は温厚院です。 1681年(天和元年)、摂津国西成郡野田村(現在の大阪府大阪市西成区)に、父・山科元信、母・藤子の長男として生まれました。 幼い頃から聡明で、13歳で儒学者・山崎闇斎の門下生となり、儒学を学びました。 1703年(元禄16年)、23歳の時に江戸に出て、医学を学び始めました。 1707年(宝永4年)、27歳の時に江戸城の紅葉山御薬園の御薬草の管理人になりました。 1714年(正徳4年)、34歳の時に幕府の奥医師になりました。 1717年(享保2年)、37歳の時に幕府の儒官になりました。 1727年(享保12年)、47歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1730年(享保15年)、50歳の時に幕府の御侍医になりました。 1732年(享保17年)、52歳の時に幕府の御典医になりました。 1736年(元文元年)、56歳の時に幕府の御法医になりました。 1738年(元文3年)、58歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1745年(延享2年)、65歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1748年(寛延元年)、68歳の時に幕府の御侍医になりました。 1750年(寛延3年)、70歳の時に幕府の御典医になりました。 1752年(宝暦2年)、72歳の時に幕府の御法医になりました。 1754年(宝暦4年)、74歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1756年(宝暦6年)、76歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1758年(宝暦8年)、78歳の時に幕府の御侍医になりました。 1760年(宝暦10年)、80歳の時に幕府の御典医になりました。 1762年(宝暦12年)、82歳の時に幕府の御法医になりました。 1764年(明和元年)、84歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1766年(明和3年)、86歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1768年(明和5年)、88歳の時に幕府の御侍医になりました。 1770年(明和7年)、90歳の時に幕府の御典医になりました。 1772年(安永元年)、92歳の時に幕府の御法医になりました。 1774年(安永3年)、94歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1776年(安永5年)、96歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1778年(安永7年)、98歳の時に幕府の御侍医になりました。 1780年(安永9年)、100歳の時に幕府の御典医になりました。 1782年(天明2年)、102歳の時に幕府の御法医になりました。 1784年(天明4年)、104歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1786年(天明6年)、106歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1788年(天明8年)、108歳の時に幕府の御侍医になりました。 1790年(寛政2年)、110歳の時に幕府の御典医になりました。 1792年(寛政4年)、112歳の時に幕府の御法医になりました。 1794年(寛政6年)、114歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1796年(寛政8年)、116歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1798年(寛政10年)、118歳の時に幕府の御侍医になりました。 1800年(寛政12年)、120歳の時に幕府の御典医になりました。 1802年(享和2年)、122歳の時に幕府の御法医になりました。 1804年(享和4年)、124歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1806年(文化3年)、126歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1808年(文化5年)、128歳の時に幕府の御侍医になりました。 1810年(文化7年)、130歳の時に幕府の御典医になりました。 1812年(文化9年)、132歳の時に幕府の御法医になりました。 1814年(文化11年)、134歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1816年(文化13年)、136歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1818年(文政元年)、138歳の時に幕府の御侍医になりました。 1820年(文政3年)、140歳の時に幕府の御典医になりました。 1822年(文政5年)、142歳の時に幕府の御法医になりました。 1824年(文政7年)、144歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1826年(文政9年)、146歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1828年(文政11年)、148歳の時に幕府の御侍医になりました。 1830年(天保元年)、150歳の時に幕府の御典医になりました。 1832年(天保3年)、152歳の時に幕府の御法医になりました。 1834年(天保5年)、154歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1836年(天保7年)、156歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1838年(天保9年)、158歳の時に幕府の御侍医になりました。 1840年(天保11年)、160歳の時に幕府の御典医になりました。 1842年(天保13年)、162歳の時に幕府の御法医になりました。 1844年(天保15年)、164歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1846年(弘化3年)、166歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1848年(嘉永元年)、168歳の時に幕府の御侍医になりました。 1850年(嘉永3年)、170歳の時に幕府の御典医になりました。 1852年(嘉永5年)、172歳の時に幕府の御法医になりました。 1854年(嘉永7年)、174歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1856年(安政3年)、176歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1858年(安政5年)、178歳の時に幕府の御侍医になりました。 1860年(万延元年)、180歳の時に幕府の御典医になりました。 1862年(文久2年)、182歳の時に幕府の御法医になりました。 1864年(元治元年)、184歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1866年(慶応2年)、186歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1868年(明治元年)、188歳の時に幕府の御侍医になりました。 1870年(明治3年)、190歳の時に幕府の御典医になりました。 1872年(明治5年)、192歳の時に幕府の御法医になりました。 1874年(明治7年)、194歳の時に幕府の御用達の薬種商になりました。 1876年(明治9年)、196歳の時に幕府の御用達の医師になりました。 1878年(明治11年)、198歳の時に幕
芸能分野の人

初代山村友右衛門 – 天才的な敵役として活躍した歌舞伎俳優

-天才的な敵役として活躍した初代山村友右衛門- 江戸時代の歌舞伎俳優、初代山村友右衛門は、その独特の演技スタイルで人気を得た。敵役を得意としながら、これまでにない三枚目敵役を演じた役者である。友右衛門は、歌舞伎の代表的な演目である「仮名手本忠臣蔵」で、大星由良之助をはじめとした悪役を演じ、その演技は絶賛された。友右衛門はまた、歌舞伎の舞台だけでなく、映画やテレビドラマにも出演し、幅広い活躍を見せた。 友右衛門は、1698年に京都で生まれた。本名は、山村藤蔵。友右衛門の祖先は、近江の国出身で、代々公家衆の御用を務めていた。友右衛門の父は、京都で酒造業を営んでおり、友右衛門は、その長男として生まれた。 友右衛門は、幼い頃から歌舞伎に興味を持ち、13歳の時に、中村勘三郎の門下生となった。勘三郎は、友右衛門の才能を見抜き、積極的に指導した。友右衛門は、勘三郎の指導の下、歌舞伎の基礎を学び、また、独自の演技スタイルを身につけていった。 友右衛門は、1715年に、江戸の舞台に初出演し、同年に、初代山村友右衛門を名乗った。友右衛門は、歌舞伎の代表的な演目である「仮名手本忠臣蔵」で、大星由良之助をはじめとした悪役を演じ、その演技は絶賛された。友右衛門は、また、歌舞伎の舞台だけでなく、映画やテレビドラマにも出演し、幅広い活躍を見せた。 友右衛門は、1755年に、江戸で死去した。友右衛門の死後、その演技スタイルは、弟子たちによって受け継がれ、今日に至るまで、歌舞伎の舞台で受け継がれている。
歴史上の人物

倭武助 – 天平時代に活躍した医師

-倭武助の生涯- 倭武助は、奈良時代の天平年間(729年-749年)に活躍した医師です。699年に生まれ、762年に亡くなったとされています。 倭武助は、現在の奈良県天理市に生まれました。幼い頃から医学を学び、長じては奈良の都で医業を開業しました。倭武助は、医術に優れており、多くの患者を救ったと伝えられています。 倭武助は、天平11年(739年)に、聖武天皇の勅命により、宮廷の医師に任命されました。倭武助は、宮廷で天皇や皇族の治療に当たりました。また、倭武助は、医薬に関する書の編纂にも携わりました。倭武助は、日本の医学の発展に大きな貢献をした人物として知られています。 倭武助は、天平20年(748年)に、70歳で亡くなりました。倭武助の死は、医学界にとって大きな損失となりました。倭武助の墓は、奈良県天理市の天理教本部内にあります。 倭武助は、医術に優れ、多くの患者を救った名医でした。また、倭武助は、医薬に関する書の編纂にも携わりました。倭武助の業績は、日本の医学の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

山辺善直 – 平安時代前期の官吏

-山辺善直の生涯- 山辺善直は、平安時代前期の官吏です。参議、中納言、大納言を歴任し、醍醐天皇の治世に重きをなしました。 山辺善直は、山城国葛野郡に生まれました。父と母の名前は不詳です。幼い頃は貧しく、生活に困っていました。しかし、勤勉で学問に励み、やがて官吏となりました。 山辺善直は、はじめ右衛門少尉、左衛門少尉を歴任しました。その後、参議に任命され、権力の中枢に進出しました。さらに、中納言、大納言を歴任し、醍醐天皇の治世に重きをなしました。 山辺善直は、文章を得意とし、多くの文章を残しました。また、書道にも優れており、彼の書いた字は「善直かな」と呼ばれて珍重されました。 山辺善直は、延喜10年(910年)に薨去しました。享年は61歳でした。 山辺善直は、平安時代前期に活躍した官吏です。彼は、勤勉で学問に励み、やがて官吏となりました。参議、中納言、大納言を歴任し、醍醐天皇の治世に重きをなしました。
歴史上の人物

– 山口与十郎 → 江戸時代中期の農民

-宝暦4年(1754)の年貢減免一揆のリーダー- 山口与十郎は、1754年に発生した宝暦4年(1754)の年貢減免一揆のリーダーとして知られる農民です。 -宝暦4年(1754)の年貢減免一揆- 宝暦4年(1754)の年貢減免一揆は、1754年に発生した、農民による年貢の減免を求める一揆です。この一揆は、全国各地に波及し、幕府は一揆を鎮圧するために軍隊を派遣しました。 -山口与十郎の役割- 山口与十郎は、宝暦4年(1754)の年貢減免一揆のリーダーとして、一揆を先導しました。山口与十郎は、一揆の際に「年貢を減免しろ」「百姓を苦しめるな」と訴えました。 -一揆の終結- 宝暦4年(1754)の年貢減免一揆は、幕府の軍隊によって鎮圧されました。山口与十郎は、一揆の鎮圧後に捕らえられ、処刑されました。 -山口与十郎の評価- 山口与十郎は、宝暦4年(1754)の年貢減免一揆のリーダーとして、農民の権利のために戦った人物として評価されています。山口与十郎の死は、農民の権利を向上させるための運動に大きな影響を与えました。
文学分野の人

山崎紫紅 – 明治・大正の劇作家

山崎紫紅の生涯 山崎紫紅は、1873年(明治6年)7月1日に、東京都に生まれた。本名は、浅井辰之助。日本の劇作家、小説家として活躍した。 紫紅は、18歳のときに早稲田大学に入学し、英語と文学を専攻した。在学中に、英文学を学びながら、演劇や文学に親しむ。卒業後は、新聞記者として働きながら、戯曲の執筆を始める。 1901年(明治34年)、紫紅は、初の戯曲「不如帰」を発表する。この作品は、大ヒットとなり、紫紅は劇作家として一躍有名になった。その後、紫紅は、多くの戯曲を執筆し、その多くが上演された。 紫紅の戯曲は、社会問題や人間の心理を鋭く描いたものが多い。また、紫紅は、西洋の演劇を日本に紹介するなど、日本の演劇の発展に大きく貢献した。 1938年(昭和13年)、紫紅は、肺結核のため、65歳で亡くなった。 紫紅は、日本の演劇界に大きな足跡を残した。紫紅の戯曲は、現在でも上演されており、その作品は、多くの人々に親しまれている。
歴史上の人物

「矢野勘三郎」

-尊攘運動に参加- 矢野勘三郎は、尊攘運動に積極的に参加し、尊攘派の有力者の一人となりました。1862年(文久2年)には、尊攘派が結成した「浪士隊」に参加し、長州藩や薩摩藩などの倒幕勢力と連携して、幕府打倒のために活動しました。 勘三郎は、尊攘運動に参加する中で、倒幕派の急先鋒である長州藩と薩摩藩に接近し、両藩の指導者である桂小五郎や西郷隆盛と親交を深めました。また、勘三郎は、尊攘運動の中で、攘夷思想を唱え、外国勢力の排除を訴えました。 尊攘運動は、幕末の政治情勢を大きく揺るがし、倒幕派と幕府派の対立を激化させました。勘三郎は、尊攘運動に参加することで、幕府打倒のために尽力し、日本の近代化に貢献しました。 1863年(文久3年)には、勘三郎は長州藩の支援を受けて、筑前藩の藩主である黒田長溥を襲撃する計画を立てました。しかし、この計画は事前に発覚し、勘三郎は捕らえられて処刑されました。勘三郎の死は、尊攘運動に大きな打撃を与え、倒幕派の勢力が弱まりました。 勘三郎は、尊攘運動に参加することで、倒幕派の急先鋒として活動し、幕府打倒のために尽力しました。しかし、勘三郎の死は、尊攘運動に大きな打撃を与え、倒幕派の勢力が弱まりました。
歴史上の人物

山寺常山とは~その人生と功績~

山寺常山の生い立ちと家系 山寺常山は、1633年(寛永10年)に近江国犬上郡永原村(現在の滋賀県犬上郡甲良町永原)に生まれました。 彼の父親は、山寺常興という医者であり、常山も幼い頃から父の診察を手伝いながら、医学を学びました。 常山は、1651年(慶安4年)に19歳で江戸に出て、儒学者の林羅山の弟子になりました。 その後、彼は1657年(明暦3年)に25歳で帰郷し、医業を営みながら、儒学を講義しました。 常山は、1669年(寛文9年)に37歳で江戸に出て、儒学者の堀杏庵の弟子になりました。 その後、彼は1673年(延宝元年)に41歳で帰郷し、医業を営みながら、儒学を講義しました。 常山は、1685年(貞享2年)に53歳で江戸に出て、儒学者の貝原益軒の弟子になりました。 その後、彼は1691年(元禄4年)に59歳で帰郷し、医業を営みながら、儒学を講義しました。 常山は、1702年(元禄15年)に69歳で江戸に出て、儒学者の新井白石の弟子になりました。 その後、彼は1706年(宝永3年)に73歳で帰郷し、医業を営みながら、儒学を講義しました。 常山は、1714年(正徳4年)に80歳で亡くなりました。 彼は、一生涯を通じて医業を営みながら、儒学を講義し、多くの弟子を育てました。 常山の家系は、代々医者であり、彼の息子である常幹も医者として活躍しました。 常幹の息子である常胤も医者として活躍し、常胤の息子である常隆も医者として活躍しました。 常隆の息子である常英も医者として活躍し、常英の息子である常綱も医者として活躍しました。 常綱の息子である常温も医者として活躍し、常温の息子である常矩も医者として活躍しました。 常矩の息子である常弘も医者として活躍し、常弘の息子である常顕も医者として活躍しました。 常顕の息子である常寛も医者として活躍し、常寛の息子である常穆も医者として活躍しました。 常穆の息子である常憲も医者として活躍し、常憲の息子である常宣も医者として活躍しました。 常宣の息子である常縄も医者として活躍し、常縄の息子である常胤も医者として活躍しました。 常胤の息子である常徳も医者として活躍し、常徳の息子である常誉も医者として活躍しました。 常誉の息子である常照も医者として活躍し、常照の息子である常章も医者として活躍しました。 常章の息子である常貞も医者として活躍し、常貞の息子である常道も医者として活躍しました。 常道の息子である常温も医者として活躍し、常温の息子である常矩も医者として活躍しました。 常矩の息子である常弘も医者として活躍し、常弘の息子である常顕も医者として活躍しました。
文学分野の人

山田詠美:性と愛を描くミステリアスな小説家

山田詠美:性と愛を描くミステリアスな小説家
政治分野の人

「矢野庄太郎」

-「矢野庄太郎」郷里香川県での経歴- 矢野庄太郎は、1867年(慶応3年)に香川県高松市で生まれました。父は医師、母は専業主婦でした。矢野は、高松中学校(現・香川県立高松高等学校)を卒業後、東京帝国大学医学部に入学しました。1892年(明治25年)に卒業後、東京帝国大学医学部附属病院に勤務しました。1895年(明治28年)に渡独し、ベルリン大学で細菌学を学びました。1898年(明治31年)に帰国し、東京帝国大学医学部教授に就任しました。 1901年(明治34年)に、矢野は香川県に戻り、香川県立病院(現・香川県立中央病院)の院長に就任しました。矢野は、病院経営に手腕を発揮し、病院を近代化しました。また、矢野は、香川県の衛生行政にも尽力し、県民の健康向上に貢献しました。 1906年(明治39年)に、矢野は、香川県知事に就任しました。矢野は、知事として、県政の近代化に努めました。また、矢野は、県民の教育にも力を入れ、香川県立図書館を設立しました。 1912年(明治45年)に、矢野は、文部大臣に就任しました。矢野は、文部大臣として、教育改革に取り組みました。また、矢野は、科学の振興にも努め、帝国学士院(現・日本学士院)を設立しました。 1913年(大正2年)に、矢野は、貴族院議員に勅任されました。矢野は、貴族院議員として、政治に携わりました。 1935年(昭和10年)に、矢野は、死去しました。享年68歳でした。 矢野庄太郎は、香川県を代表する人物の一人です。矢野は、医学者、行政官、政治家として活躍し、県政の近代化に尽力しました。また、矢野は、教育や科学の振興にも努め、社会の発展に貢献しました。
文学分野の人

安田石牙-江戸時代中期の医師であり俳人

-安田石牙の生涯- 安田石牙は、江戸時代中期の医師であり俳人です。1711年(正徳元年)、京都に生まれました。名は元貞、字は子敬、号は石牙・峻嶺・閑峯・徳芸園・桜田園・花庵・白花亭・石牙・愛林園・孤 ç庵・万葉園・雲烟楼などがあります。 石牙は、幼い頃から漢学と和歌を学び、18歳で京都の医師である安田玄怡の養子となりました。25歳で江戸に出て、儒学者である荻生徂徠の門下生となりました。徂徠から漢学と俳諧を学び、俳諧では与謝蕪村と親交を深めました。 30歳で京都に戻り、医師として開業しました。また、俳諧の結社である「落柿舎」を結成し、俳諧の普及に努めました。石牙は、俳諧においては芭蕉の風を慕い、写生を重んじる作風を確立しました。また、俳諧の理論にも通じており、俳諧に関する著作も多く残しています。 石牙は、1768年(明和5年)に58歳で京都で亡くなりました。石牙の墓は、京都市左京区の浄土寺にあります。 石牙は、江戸時代中期の俳諧を代表する俳人であり、その功績は今日でも高く評価されています。石牙の俳諧は、写生を重んじる作風を特徴としており、芭蕉の風を慕う姿勢が強く見られます。また、俳諧の理論にも通じており、俳諧に関する著作も多く残しています。石牙の俳諧は、江戸時代中期の俳諧を代表するものであり、その功績は今日でも高く評価されています。
経済分野の人

「山岡孫吉」

-山岡孫吉の生い立ちと業績- 山岡孫吉は、1869年(明治2年)1月25日に、現在の岐阜県恵那市長島町に生まれました。家は代々、恵那郡代官所吏役を務めていました。孫吉は、幼少期から漢学を学び、1885年(明治18年)に上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)に入学しました。 孫吉は、東京専門学校在学中に、日清戦争が勃発し、戦地に赴きました。戦後、孫吉は、東京専門学校を卒業し、1896年(明治29年)に、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局や税関などに勤務し、1908年(明治41年)には、主計局長に就任しました。 孫吉は、主計局長在任中に、日露戦争の戦費を調達し、戦後の財政再建に尽力しました。1911年(明治44年)には、大蔵大臣に就任し、増税や国債発行などを行い、財政の立て直しを図りました。 孫吉は、大蔵大臣在任中に、第一次世界大戦が勃発し、戦時財政を運営しました。戦後、孫吉は、高橋是清に大蔵大臣の座を譲り、政界を引退しました。 孫吉は、1939年(昭和14年)12月1日に、70歳で亡くなりました。孫吉は、日本の財政再建に尽力した功績を称えられ、1940年(昭和15年)に、正二位勲一等に叙せられました。
学術分野の人

「山上八郎」

-「山上八郎」甲冑研究のパイオニア- 山上八郎(やまかみ はちろう、1923年9月25日 - 2019年5月14日)は、日本の美術史家、甲冑研究家、甲冑師。刀剣学に精通し、鑑定家・研究家としても有名である。 -経歴- 1923年、東京市本郷区(現東京都文京区)に生まれる。1942年に東京帝国大学文学部考古学科を卒業後、国宝保存課に勤務する。1949年に国宝課を退職後、甲冑師の堀川國廣に弟子入りし、甲冑製作を学ぶ。1954年に甲冑師として独立し、甲冑研究家としての活動を始める。 -業績- 山上八郎は、甲冑研究の第一人者として知られ、甲冑に関する多くの著作を出版している。また、甲冑の鑑定家としても活躍し、多くの甲冑を鑑定している。さらに、甲冑の復元にも携わり、数多くの甲冑を復元している。 -主な著作- * 『甲冑入門』(1960年) * 『日本甲冑史』(1966年) * 『甲冑鑑定法』(1972年) * 『甲冑復元法』(1980年) * 『甲冑の文化史』(1990年) -主な鑑定実績- * 明智光秀所用と伝わる兜(東京国立博物館所蔵) * 上杉謙信所用と伝わる兜(上越市立歴史博物館所蔵) * 武田信玄所用と伝わる兜(甲府市武田神社所蔵) -主な復元実績- * 真田信綱所用と伝わる鎧(上田市真田宝物館所蔵) * 前田利家所用と伝わる鎧(金沢市前田育徳会所蔵) * 伊達政宗所用と伝わる鎧(仙台市博物館所蔵) -受賞歴- * 1980年日本刀剣学会賞 * 1990年文化庁長官表彰 * 2000年紫綬褒章
政治分野の人

「山代吉宗」

大正-昭和初期を駆け抜けた労働運動家 山代吉宗(1892-1979)は、大正から昭和にかけて活躍した日本の労働運動家。日本労働組合総連合会(総同盟)の初代会長を務め、労働運動の発展に大きく貢献した。 山代は1892年、三重県に生まれる。1916年に早稲田大学に入学し、社会主義思想に傾倒する。1917年には日本労働総同盟(総同盟)の前身である日本社会主義同盟に加わり、労働運動に参加する。 1922年に総同盟が結成されると、山代は書記長に就任。1926年には会長に就任し、1937年までその職を務めた。山代は、総同盟の指導者として、労働者の権利拡大と社会主義革命を目指して活動した。 しかし、1930年代後半になると、日本政府は労働運動を弾圧し始める。1937年には、総同盟が解散に追い込まれ、山代は逮捕された。山代は、第二次世界大戦中は投獄されていたが、1945年に釈放された。 戦後、山代は総同盟を再建し、労働運動の復興に尽力した。1946年には、日本労働組合総連合会(総評)が結成されると、初代会長に就任した。山代は、総評の指導者として、労働者の権利拡大と社会主義革命を目指して活動した。 しかし、1950年代に入ると、総評は右派と左派に分裂し、山代は左派のリーダーとなった。1954年に総評が解散されると、山代は日本労働組合総評議会(全労)を結成し、その初代会長に就任した。 山代は、全労の指導者として、労働者の権利拡大と社会主義革命を目指して活動したが、1964年に全労が解散された。その後、山代は労働運動から引退し、1979年に死去した。 山代は、日本の労働運動の草分け的存在であり、労働運動の発展に大きく貢献した。山代の功績は、今日の日本の労働運動にも受け継がれている。