「せ」で始まる名前

学術分野の人

教育者千本福隆の生涯と功績

-明治期における数学教育への貢献- 千本福隆は、明治期に活躍した数学者であり、教育者です。彼は、日本の近代数学教育の基礎を築き、多くの後進を育て上げました。 千本福隆は、1848年に薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれました。幼い頃から数学の才能を発揮し、17歳で藩校の助教になりました。その後、東京に出て、開成学校(現在の東京大学)で数学を学びました。 1872年に開成学校を卒業後、千本福隆は、東京師範学校(現在の筑波大学)の助教授に就任しました。そこで、彼は数学の教育法を研究し、日本の近代数学教育の基礎を築きました。 1877年に、千本福隆は、東京大学理学部数学科の教授に就任しました。彼は、東京大学で数学を教えながら、数学の研究も続けました。そして、多くの業績を残しました。 千本福隆の最大の功績は、日本の近代数学教育の基礎を築いたことです。彼は、東京師範学校と東京大学で数学の教育法を研究し、多くの後進を育て上げました。また、数学の教科書を執筆し、日本の数学教育の発展に貢献しました。 千本福隆は、1918年に亡くなりました。しかし、彼の功績は今日でも語り継がれています。日本の近代数学教育の父として、千本福隆は永遠に尊敬される人物です。
芸能分野の人

千田是也 – 日本の演劇人

- -俳優・演出家千田是也の生涯- 千田是也(1904年2月13日 - 1995年2月20日)は、日本の俳優、演出家、脚本家である。「千田潔」の芸名で映画にも出演した。 1904年2月13日、東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)に生まれる。父は東京帝国大学農学部教授の千田憲一、母は歌人の千田悦子(旧姓・松居)である。 1916年に早稲田中学校に入学し、1921年に早稲田大学高等師範部英文科に進学した。在学中に新劇に傾倒し、1924年に土方与志が主宰する劇団「築地小劇場」に入団した。 1925年に築地小劇場が解散すると、千田は劇団を結成して全国を巡業した。1929年に「新築地劇団」を結成し、1931年に「劇団千田是也」を結成した。 1933年に千田は「劇団千田是也」を解散し、映画俳優として活動を開始した。1934年には「大学は出たけれど」で映画デビューを果たし、1936年には「土」に出演して注目を集めた。 1940年に千田は舞台に復帰し、1946年には「劇団民藝」を結成した。劇団民藝は、戦後の日本の演劇界を代表する劇団のひとつとなった。 千田は1995年2月20日に死去した。享年91。 千田は、日本の演劇界に大きな功績を残した人物である。劇団民藝の創設や、演出家としての活躍など、日本の演劇界の発展に貢献した。また、千田は、俳優としても活躍し、多くの映画や舞台に出演した。
歴史上の人物

関長克-幕末・明治時代の偉人

-関長克の生涯- 関長克は、1842年(天保13年)、江戸に生まれた。父は関義助、母は松尾多喜。幼名は元太郎。 1853年(嘉永6年)、ペリー来航により、日本は開国を迫られる。この時、関長克は12歳であった。 1858年(安政5年)、日米修好通商条約が締結される。この時、関長克は17歳であった。 1860年(万延元年)、関長克は江戸から長崎に遊学する。 1862年(文久2年)、関長克は長崎で亀山社中を結成する。亀山社中は、日本の近代化を目指した組織であった。 1864年(元治元年)、関長克は亀山社中を率いて、下関戦争に参加する。 1866年(慶応2年)、関長克は亀山社中を率いて、薩長同盟を締結する。 1868年(慶応4年/明治元年)、戊辰戦争が勃発する。関長克は亀山社中を率いて、戊辰戦争に参加する。 1869年(明治2年)、戊辰戦争が終結する。関長克は、明治政府の民部省次官に任命される。 1871年(明治4年)、関長克は、民部省次官を辞任する。 1872年(明治5年)、関長克は、東京府知事に任命される。 1873年(明治6年)、関長克は、東京府知事を辞任する。 1874年(明治7年)、関長克は、元老院議官に任命される。 1875年(明治8年)、関長克は、元老院議官を辞任する。 1876年(明治9年)、関長克は、東京府知事に再任される。 1878年(明治11年)、関長克は、東京府知事を辞任する。 1879年(明治12年)、関長克は、死去する。享年38。
美術分野の人

青山 ― 江戸時代中期の陶工とその作品

-青山の人物像と経歴- 青山は、江戸時代中期に活躍した陶工です。姓は青山、名は太郎右衛門、号は素堂と称しました。生年は不明ですが、没年は寛政6年(1794年)です。 青山は、備前国(現在の岡山県)の出身です。若い頃は京都で陶芸を学び、後に備前国に戻って独自の作風を確立しました。彼の作品は、備前焼の伝統的な技法を用いながらも、新しい表現に挑戦した革新的なものでした。 青山は、備前焼の新しい可能性を追求し、独自の釉薬や成形方法を開発しました。また、絵付けにも優れており、花鳥風月や人物などの絵柄を器物に描き入れました。彼の作品は、その独創性と芸術性の高さから、多くの人々に愛されました。 青山は、備前焼の復興に貢献した人物として知られています。江戸時代中期には、備前焼の需要が低迷していましたが、青山は、新しい作風を打ち出すことで備前焼の人気を復活させました。彼の作品は、国内だけでなく海外にも輸出され、備前焼の名を世界に広めることに貢献しました。 青山は、備前焼を代表する陶工の一人であり、その作品は現在でも多くの美術館や個人に収蔵されています。彼の作品は、備前焼の歴史を知る上でも貴重な資料となっています。
歴史上の人物

千家孝宗-戦国時代の出雲国造

戦国時代の出雲国造 千家孝宗は、戦国時代の出雲国造である。出雲国造家は、出雲国を支配していた豪族で、孝宗は第38代当主と伝わっている。孝宗の祖父である千家兼定は、尼子経久の侵攻を受けて出雲国を追われ、隠棲していた。孝宗は、兼定の死後に家督を継ぎ、出雲国奪還を目指して尼子氏と戦った。 孝宗は、出雲国人を味方につけ、尼子氏に何度も勝利を収めた。しかし、尼子氏は、毛利元就と同盟して孝宗を挟撃し、孝宗は降伏を余儀なくされた。孝宗は、尼子氏の家臣として仕えたが、後に尼子氏を離れて毛利氏に仕えた。孝宗は、毛利氏に仕えて功績を上げ、備後国三次郡を与えられた。孝宗は、三次郡で領主として治め、1566年に病死した。 孝宗は、戦国時代の出雲国で活躍した武将である。孝宗は、尼子氏と戦い、出雲国奪還を目指した。しかし、尼子氏と毛利氏の連合軍に敗れて降伏し、尼子氏と毛利氏に仕えた。孝宗は、毛利氏に仕えて功績を上げ、領主として治めた。孝宗は、戦国時代の出雲国を代表する武将の一人である。
学術分野の人

関南瀕(1718-1783)→ 江戸時代中期の儒者

関南瀕の生涯 関南瀕は、江戸時代中期の儒者で、名は景裕、字は子孟、号は南瀕である。享保3年(1718年)、武蔵国比企郡野本村(現在の埼玉県熊谷市野本)に生まれた。幼い頃から学問を好み、16歳の時に江戸に出て、昌平黌で学ぶ。20歳の時に、林鳳岡の門下生となり、儒学を修める。 宝暦元年(1751年)、南瀕は甲斐国甲府藩の儒官となり、藩校の徽典館で講義を行う。宝暦8年(1758年)には、江戸に戻り、昌平黌の教授となる。明和3年(1766年)には、林鳳岡の後を継いで、昌平黌の学頭となる。 南瀕は、朱子学を基盤とした儒学を講義し、多くの門下生を育てた。また、多くの儒書を著し、その学問は広く世間に知られた。安永12年(1783年)、66歳で死去。 関南瀕の学問の特徴は、朱子学と陽明学を折衷した独自の儒学を構築したことである。朱子学の重んじる理と、陽明学の重んじる心を融合させた儒学は、多くの人々に受け入れられた。また、南瀕は、儒学だけでなく、経学、史学、文学にも通じ、幅広い知識を持っていた。 関南瀕は、江戸時代中期の儒学において、重要な役割を果たした人物である。南瀕の学問は、多くの門下生に受け継がれ、江戸時代後期から明治時代にかけての儒学の発展に大きく貢献した。
歴史上の人物

六代千宗守 – 生涯と業績

-六代 千宗守の生涯- 六代 千宗守は、江戸時代中期の茶人・政治家で、表千家第四代家元です。千宗旦の三男として京都に生まれ、幼名は宗九郎。のちに宗守を名乗ります。 11歳のとき、父・宗旦が死去し、家督を継ぎました。その後、京都で茶道を学び、19歳のときには江戸に上って将軍徳川家光に拝謁し、茶道を披露しました。 家光は宗守の茶道に感心し、江戸に茶室を構えることを許しました。宗守は江戸で茶道を広め、多くの弟子を育てました。また、家光から茶道の指南役を命じられ、徳川将軍家に仕えました。 宗守は茶道だけでなく、政治にも関わり、京都所司代や大老を務めました。また、京都御所や二条城の造営にも携わり、京都の復興に貢献しました。 宗守は78歳のとき、京都で死去しました。宗守の死後、表千家は長男の宗左が継ぎました。 宗守は茶道だけでなく、政治や文化にも優れた才能を発揮した人物であり、江戸時代の文化の発展に大きな貢献をしました。
歴史上の人物

「拙堂元劼」- 江戸時代後期の僧

-鎌倉建長寺の真浄元苗の法をつぐ- 拙堂元劼は、鎌倉建長寺の真浄元苗の法をついだ僧です。彼は、1687年に肥後国(現在の熊本県)に生まれ、1702年に建長寺に入り、出家しました。その後、真浄元苗に師事し、その法を継承しました。1720年に建長寺の住職になり、1728年に示寂しました。 拙堂元劼は、真浄元苗の法を忠実に継承し、その教えを広めました。彼は、臨済宗の禅僧として、多くの弟子を育て、日本の禅宗の発展に貢献しました。また、彼は、儒学にも通じており、多くの儒学者の弟子も育てました。 拙堂元劼は、日本の禅宗の発展に大きな貢献をした僧侶です。彼の教えは、江戸時代後期から明治時代初期にかけて、日本の禅宗に大きな影響を与えました。また、彼は、儒学にも通じており、儒学者の弟子を多く育て、日本の儒学の発展にも貢献しました。
歴史上の人物

魅力にせまる!専崎弥五平の偉業

-幕末維新における専崎弥五平の決死の働き- 専崎弥五平は、幕末維新期に活躍した薩摩藩の志士である。薩摩藩の軍制改革に尽力し、戊辰戦争では新政府軍の指揮官として活躍した。特に、鳥羽伏見の戦いで新政府軍を勝利に導いた功績は顕著である。 専崎弥五平は、1827年(文政10年)に薩摩藩士・専崎八郎左衛門の長男として生まれた。名は正武、通称は弥五平。幼い頃から聡明で、学問を好んだという。1844年(天保15年)、江戸に出て、砲術を学び、蘭学を修めた。1854年(嘉永7年)に薩摩藩に戻り、島津斉彬に見出されて藩の軍制改革に参画した。 専崎弥五平は、薩摩藩の軍制改革に際して、洋式兵学を導入し、藩兵の近代化を推進した。また、薩摩藩の銃隊を創設し、薩摩藩の軍備を強化した。1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、専崎弥五平は新政府軍の指揮官として出陣した。 専崎弥五平は、戊辰戦争において、鳥羽伏見の戦い、上野戦争、箱館戦争に参加し、新政府軍の勝利に貢献した。特に、鳥羽伏見の戦いでは、新政府軍の奇襲攻撃を指揮し、旧幕府軍を破った。この功績により、専崎弥五平は新政府から賞賛され、陸軍少将に任命された。 専崎弥五平は、1870年(明治3年)に35歳の若さで死去した。しかし、専崎弥五平の幕末維新における功績は大きく、薩摩藩の近代化と新政府軍の勝利に大きく貢献した。
文学分野の人

– 「瀬川丑松」

瀬川丑松」 被差別部落出身の主人公 「瀬川丑松」は、部落出身の主人公が、差別と貧困に抗いながら、成功していく物語である。主人公の瀬川丑松は、部落で生まれ育った少年である。彼は、部落出身であるというだけで、差別を受け、迫害される。しかし、彼は屈することなく、差別と貧困に抗いながら、努力を続ける。そして、ついに成功を収め、部落の人々の尊敬を集めるようになる。 この物語は、部落出身の人々の苦しみと差別を描きながら、それでもなお、努力することの大切さを訴えている。瀬川丑松は、部落出身というハンディキャップを乗り越えて、成功を収めた人物である。彼は、部落出身の人々に勇気を与え、希望を与えた。 「瀬川丑松」は、部落問題を扱った物語として、高く評価されている。この物語は、部落問題について考えるきっかけを与えてくれるとともに、努力することの大切さを教えてくれる。 「瀬川丑松」は、部落問題を扱った小説の中で、最も有名な作品の一つである。この小説は、1935年に発表され、大きな反響を呼んだ。この小説は、部落問題について考えるきっかけを与えてくれるとともに、努力することの大切さを教えてくれる。 「瀬川丑松」は、部落出身の人々の苦しみと差別を描きながら、それでもなお、努力することの大切さを訴えている。瀬川丑松は、部落出身というハンディキャップを乗り越えて、成功を収めた人物である。彼は、部落出身の人々に勇気を与え、希望を与えた。
歴史上の人物

「千宗守(7代)」その生涯と功績

生い立ちと家督相続  千宗守は、1563年に北野大茶湯を主催したことで知られる千利休の嫡男として、京都に生まれた。母は利休の正室である宗恩で、幼名は仙叟丸といった。  宗守は、利休から茶の湯の手ほどきを受け、早くから茶の湯の才能を発揮した。1577年、利休は本拠地である堺から京都に移り住み、宗守もこれに同行した。京都に移り住んだ後、宗守は利休の茶室「待庵」で修行を重ね、茶の湯の奥義を体得していった。  1582年、本能寺の変で織田信長が自害すると、利休は豊臣秀吉に仕えるようになる。宗守も利休に従って秀吉に仕え、茶の湯の指南役を務めた。  1591年、秀吉は利休に切腹を命じた。宗守は利休の死後、家督を継いで千家の家元となった。千家の家元となった宗守は、利休の茶の湯の精神を継承し、発展させていった。  宗守は、茶の湯の普及に努め、多くの弟子を育てた。また、茶の湯に関する書物も執筆し、茶の湯の理論を確立した。宗守の功績により、茶の湯は日本の伝統文化として確立され、今日に至るまで継承されている。
スポーツ分野の人

秋山里奈-視覚障害を乗り越えて金メダルを獲得した水泳選手

秋山里奈-視覚障害を乗り越えて金メダルを獲得した水泳選手 視覚障害を乗り越えて、泳ぎ続けてきた秋山里奈 秋山里奈は、1993年3月19日生まれ、東京都出身の水泳選手です。生まれつき網膜色素変性症という視覚障害を持っており、視力はわずか0.01程度しかありません。しかし、その障害を乗り越えて、水泳選手として活躍を続けています。 秋山が水泳を始めたのは、5歳の時でした。最初は、単なる運動として水泳を習い始めましたが、すぐにその才能が開花します。10歳の時には、全国障害者スポーツ大会で優勝し、12歳の時には、世界障害者水泳選手権大会に出場を果たしました。 その後も、秋山は水泳の道を歩み続けました。2012年のロンドンパラリンピックでは、女子100mバタフライで金メダルを獲得。2016年のリオデジャネイロパラリンピックでも、同じ種目で金メダルを獲得しています。 現在は、東京パラリンピック出場を目指して、日々練習に励んでいます。視覚障害というハンディキャップを乗り越えて、金メダルを獲得した秋山里奈は、多くの人々に勇気を与えてくれます。 秋山里奈は、視覚障害を乗り越えて、水泳というスポーツで大きな成果を上げてきました。その姿は、多くの人々に勇気と希望を与えています。秋山は、これからも水泳を続け、東京パラリンピックでも金メダルを獲得することを目指しています。
歴史上の人物

詮舜-戦国-織豊時代の医師-僧

-戦国-織豊時代の医師-僧- 戦国時代から織豊時代にかけて、多くの医師僧が活躍しました。彼らの中には、医学書を著したり、新しい治療法を開発したりするなど、医学の発展に大きく貢献した人物も少なくありません。ここでは、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した、有名な医師僧を何名かご紹介します。 * -明叔-(1517-1594) 明叔は、臨済宗の僧侶であり、医師でもありました。彼は、京都の相国寺で生まれ、後に大徳寺に移り住んで、医学を学びました。明叔は、医学書である「明叔医学書」を著し、その中で、漢方医学と西洋医学の融合を説きました。また、彼は、日本初の解剖書である「解体新書」を著し、日本における近代医学の発展に貢献しました。 * -安楽庵策伝-(1536-1599) 安楽庵策伝は、浄土宗の僧侶であり、医師でもありました。彼は、京都の妙覚寺で生まれ、後に浄土宗の総本山である知恩院に移り住んで、医学を学びました。安楽庵策伝は、医学書である「万病回春」を著し、その中で、漢方医学の理論と実践をわかりやすく解説しました。また、彼は、日本初の薬局である「薬種屋」を開業し、庶民に漢方薬を提供しました。 * -曲直瀬道三-(1507-1594) 曲直瀬道三は、臨済宗の僧侶であり、医師でもありました。彼は、京都の建仁寺で生まれ、後に大徳寺に移り住んで、医学を学びました。曲直瀬道三は、医学書である「古今医鑑」を著し、その中で、漢方医学の理論と実践を体系的にまとめました。また、彼は、日本初の医学専門学校である「医学校」を開設し、多くの医師を育成しました。 * -後藤艮山-(1567-1626) 後藤艮山は、浄土宗の僧侶であり、医師でもありました。彼は、京都の妙心寺で生まれ、後に浄土宗の総本山である知恩院に移り住んで、医学を学びました。後藤艮山は、医学書である「医林纂要」を著し、その中で、漢方医学の理論と実践を分かりやすく解説しました。また、彼は、日本初の西洋医学の翻訳書である「解体新書」の翻訳を手伝い、日本における西洋医学の発展に貢献しました。 * -森高久-(1569-1652) 森高久は、修験道の僧侶であり、医師でもありました。彼は、京都の鞍馬山で生まれ、後に京都の清水寺に移り住んで、医学を学びました。森高久は、医学書である「本草綱目」を著し、その中で、薬物の効能と副作用を詳しく解説しました。また、彼は、日本初の薬草園である「薬園」を開設し、多くの薬草を栽培しました。
歴史上の人物

千容子

-千容子の人生- 千容子は、1943年、東京都に生まれた。幼少期から歌と踊りが大好きで、高校卒業後は音楽学校に入学した。その後、劇団に入り、女優としてデビューした。 1965年、テレビドラマ「氷点」に出演し、一躍人気女優となった。その後も、多くのテレビドラマや映画に出演し、国民的女優として活躍した。 1972年、歌手としてデビューし、「雨の慕情」が大ヒットした。その後も、「愛の終着駅」「北の宿から」など、数々のヒット曲をリリースした。 1980年代に入ると、映画やテレビドラマに出演する機会が減り、歌手としての活動に専念するようになった。1986年、NHK紅白歌合戦に初出場し、以後、常連出場者となった。 1990年代以降も、歌手として活動を続け、多くのヒット曲をリリースした。また、女優として、映画やテレビドラマにも出演した。 2013年、歌手活動50周年を記念して、東京ドームでコンサートを開催した。 2016年、脳梗塞で倒れ、芸能活動を休止した。 2022年、脳梗塞の後遺症のため、79歳で逝去した。 千容子は、日本の歌謡界を代表する歌手であり、女優であった。その功績は、多くの人々に愛され、尊敬されている。
歴史上の人物

「善信尼」-日本最初の尼僧

善信尼の生い立ちと出家 善信尼は、飛鳥時代の日本の尼僧である。日本最初の尼僧とされる。生没年は不詳であるが、600年前後と推定されている。 善信尼の生い立ちは不詳であるが、蘇我馬子の娘であったと伝えられている。蘇我馬子は、飛鳥時代の有力な豪族であり、推古天皇の摂政を務めた。善信尼は、幼い頃から仏教に帰依していたとされ、16歳の時に出家したと伝えられている。 善信尼が出家した理由は、明確には分かっていない。しかし、当時の日本においては、仏教はまだ新しい宗教であり、異教や邪教とみなされていた。そのため、善信尼の出家は、大きな波紋を呼んだと推測される。 善信尼が出家した後は、法興寺(飛鳥寺)に住み、仏教の教えを学び、修行に励んだとされる。また、善信尼は、自らも仏教の布教に努め、多くの人々を仏教に導いたと伝えられている。 善信尼は、日本の尼僧の草分け的存在であり、その功績は大きい。善信尼の死後、日本の仏教界では、尼僧の地位が確立され、多くの尼僧が活躍するようになった。
学術分野の人

瀬谷桐斎 – 江戸時代後期の儒者

- 瀬谷桐斎とは 瀬谷桐斎は、江戸時代後期の儒者で、名は光信、字は子清、通称は源五右衛門または五郎右衛門、号は桐斎。美濃国大垣藩士の子として生まれ、京都にて儒学を学び、のちに大垣藩に仕えた。 桐斎は、古学派に属し、朱子学の流行に反発して、より古くからの儒教の教えを重視した。また、彼は、実学を重んじ、農政や医学などにも関心を寄せていた。 桐斎は、大垣藩の教育機関である藩校・養正館の教授として、多くの門下生を育てた。また、彼は、藩主・戸田氏鉄の信任を得て、藩政にも参画した。 桐斎は、1801年に66歳で死去した。
歴史上の人物

ゼノ神父の生涯と功績

-カトリック修道士としてのゼノ- ゼノは、17世紀初頭にイタリアのヴェローナで生まれた。若い頃からカトリック教会に入信し、修道士として厳しい修行を積んだ。そして、1632年に司祭に叙階された。ゼノは、司祭として熱心に宣教活動を行い、多くの人々に愛された。また、学問にも優れており、神学や哲学に関する著作を数多く残した。 ゼノは、特に数学の分野で大きな功績を残した。彼は、微積分学の基礎となる「無限小」の概念を最初に提唱した人物である。また、確率論の発展にも貢献し、「ゼノの逆理」として知られる有名なパラドックスを提示した。 ゼノは、1656年にペストの流行で亡くなった。享年54歳であった。しかし、彼の残した功績は、数学や哲学の発展に大きな影響を与え、現在でも高く評価されている。 ゼノの生涯は、宗教家として、学者として、そして人間として、非常に波乱に満ちたものであった。しかし、彼は常に自分の信念を貫き通し、多くの人々に愛され、尊敬された。ゼノは、カトリック教会の歴史の中で最も重要な人物の一人であり、彼の功績は永遠に語り継がれるであろう。
美術分野の人

晴雲山:明治時代の陶工

-晴雲山の略歴- 晴雲山(せいうんざん、1848年11月3日 - 1915年1月21日)は、明治時代の陶工です。本名は、初三郎(はつさぶろう)。京都府(現在の滋賀県甲賀市信楽町)生まれ。幼い頃から陶芸に親しみ、15歳の時に信楽の陶工、田中道八のもとで修行を始めました。 1873年(明治6年)に上京し、東京美術学校の教授だったイタリア人陶芸家、アントニオ・ロッシのもとで学びました。ロッシからは、西洋の陶芸技術を学び、日本の陶芸に大きな影響を与えました。 1881年(明治14年)に帰郷し、信楽で陶器の製作を始めました。晴雲山の作品は、繊細な絵付けと優美なフォルムが特徴で、たちまち評判を呼びました。1890年(明治23年)には、日本陶磁器共進会で一等賞を受賞し、その名声は全国に広まりました。 晴雲山は、信楽焼の伝統を守りながら、新しい技術を取り入れて革新的な作品を作り続けました。また、後進の育成にも力を入れ、多くの弟子を育て上げました。晴雲山の作品は、現在でも高く評価されており、日本を代表する陶芸家の一人に数えられています。
美術分野の人

青海勘七 – 江戸時代前期の漆工

- 青海勘七の生涯 青海勘七は、江戸時代前期の漆工師です。代々漆工師の家に生まれ、幼い頃から漆器作りを学びました。1630年頃、出羽国秋田(現在の秋田県)から江戸に移住し、そこで蒔絵と螺鈿の技術を習得しました。 1637年、勘七は将軍徳川家光の御用漆工師に任命され、江戸城や日光東照宮などの漆器を製作しました。その後も、大名や僧侶などから注文を受けて、数多くの漆器を製作しました。 1651年に家光が死去した後も、勘七は引き続き将軍家の御用漆工師を務め、4代将軍徳川家綱の時代まで活躍しました。1679年に81歳で死去するまで、精力的に漆器を作り続けました。 勘七の漆器は、その精巧な蒔絵と螺鈿の技術で知られています。特に、花鳥風月や人物画を描いた莳絵の漆器は、非常に見事で、今もなお多くの人がその作品を愛好しています。 勘七の死後、その技術は弟子たちによって受け継がれました。そして、江戸時代を通じて、青海勘七の名は、漆工師の最高峰として称えられました。 勘七の漆器は、現在でも多くの美術館や博物館で展示されています。また、一部の作品は、個人のコレクターによって所蔵されています。勘七の漆器は、その美しさで人々を魅了し続け、日本文化の貴重な遺産として受け継がれています。
文学分野の人

雪巌-江戸時代の僧侶と漢詩人

雪巌の生涯と業績 雪巌は、江戸時代の僧侶であり漢詩人です。本名は田中従高で、1685年(貞享2年)に肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。幼少の頃から漢学を学び、16歳の時に出家して僧侶となりました。その後、江戸に出て、詩人や学者たちと交流を深めました。1722年(享保7年)に、38歳の若さで亡くなりました。 雪巌は、漢詩人として高く評価されています。彼の詩は、清澄で簡潔な文体と、自然に対する鋭い洞察力が特徴です。また、禅の思想を巧みに取り入れた詩も数多く残しました。雪巌の詩は、多くの詩人に影響を与え、江戸時代の漢詩壇を代表する詩人の一人として数えられています。 雪巌は、僧侶としてだけでなく、学者としても活躍しました。彼は、儒教や仏教の経典を研究し、多くの著作を残しました。また、漢学の教育にも力を入れ、多くの弟子を育てました。雪巌は、江戸時代の文化に多大な貢献をした人物であり、その業績は今日でも高く評価されています。 雪巌の代表的な著作には、詩集『雪巌詩集』や、『易経』の注釈書『易経講義』などがあります。また、彼の詩は、多くの詩集に収録されており、広く読まれています。雪巌は、江戸時代の漢詩壇を代表する詩人の一人であり、その業績は今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

関野英夫-代議士から回顧録まで

-関野英夫の歩んだ歴史- 関野英夫は、1933年1月1日に岐阜県郡上市で生まれた。岐阜県立郡上高等学校を卒業後、1955年に法政大学法学部政治学科に入学した。大学卒業後は、1959年に岐阜県庁に入庁した。 岐阜県庁では、秘書課長、総務部長、財政部長などを歴任し、1988年に副知事に就任した。1990年に知事選挙に出馬し、当選した。知事時代には、岐阜県庁舎の移転や、岐阜大学医学部の新設などを行った。 1998年に知事を退任した後、1999年に参議院議員選挙に岐阜県選挙区から出馬し、当選した。参議院議員時代には、外務大臣政務官、内閣府副大臣、国土交通大臣政務官などを歴任した。 2007年に参議院議員を退任した後、2008年に岐阜県知事選挙に出馬し、当選した。知事時代には、岐阜県庁舎の耐震補強や、岐阜県総合医療センターの新設などを行った。 2014年に知事を退任した後、2016年に回顧録『関野英夫-代議士から回顧録まで』を出版した。回顧録では、岐阜県庁での経験や、参議院議員としての経験、知事としての経験について記している。 関野英夫は、2022年11月23日に89歳で死去した。
芸能分野の人

「関口宏」

俳優・タレントとして活躍 関口宏は、1943年12月7日に東京都で生まれた日本の俳優、タレント、司会者です。1960年に俳優としてデビューし、その後、テレビドラマや映画、バラエティ番組などに出演するようになりました。1972年には、TBS系の人気バラエティ番組「関口宏の東京フレンドパーク」の司会者に抜擢され、同番組は1992年まで放送されました。 関口宏は、1974年に女優の西村晃子と結婚し、二児をもうけましたが、1995年に離婚しました。その後、2004年に元キャビンアテンダントの女性と再婚し、現在も夫婦生活を続けています。 関口宏は、俳優として多くのテレビドラマや映画に出演し、タレントとしてはバラエティ番組やCMに出演するなど、幅広い活躍を続けています。また、司会者としても多くの番組を担当し、その温厚な人柄と親しみやすい語り口で、多くの視聴者から支持されています。
美術分野の人

雪舟等楊 – 室町-戦国時代の画家

雪舟等楊の生涯と経歴 雪舟等楊は、室町-戦国時代の画家です。彼の生涯と経歴は、以下の通りです。 ・生誕と幼少期 雪舟等楊は、1420年に備中国(現在の岡山県)に生まれました。幼い頃から絵に興味を持ち、独学で絵の勉強を始めました。 ・上洛と修行 雪舟等楊は、15歳頃に京都に上洛し、狩野正信に師事しました。狩野正信は、室町時代を代表する画家であり、雪舟等楊は彼のもとで絵の基礎を学びました。 ・中国への留学 雪舟等楊は、25歳頃に中国に留学しました。中国では、当時の中国画壇を代表する画家である沈周や夏珪に師事し、中国画を学びました。 ・帰国と活躍 雪舟等楊は、1467年に日本に帰国しました。帰国後は、京都に居を構え、絵の制作に専念しました。彼の作品は、中国画の影響を受けながらも、独自の画風を確立しており、室町時代を代表する画家として活躍しました。 ・最期 雪舟等楊は、1506年に87歳で亡くなりました。彼の墓は、京都の妙心寺にあります。 雪舟等楊は、室町-戦国時代の画家であり、中国画を学び、日本に持ち帰りました。彼の作品は、中国画の影響を受けながらも、独自の画風を確立しており、室町時代を代表する画家として活躍しました。
学術分野の人

– 「関口睦夫」

-関口睦夫の生涯と経歴- 関口睦夫は、1942年11月8日に東京都に出生しました。彼は、1968年に東京大学工学部を卒業し、1973年に東京大学大学院工学研究科博士課程を修了しました。その後、1974年に東京大学工学部助教授に就任し、1980年に同教授に昇進しました。 関口睦夫は、主に制御理論とシステム科学の分野で研究を行いました。彼は、1975年に発表した"A Discrete-Time Model of Human Operator in Manual Control"という論文で、人間のオペレータの行動を記述する離散時間モデルを提案し、このモデルが人間のオペレータの行動を正確に記述できることを示しました。また、彼は1978年に発表した"A New Approach to Linear Multivariable Control Systems"という論文で、多変数線形制御システムの設計のための新しい手法を提案し、この手法が従来の手法よりも優れた性能を有することを示しました。 関口睦夫は、制御理論とシステム科学の分野における功績により、1983年に日本電子制御工学会論文賞、1985年に日本学術振興会賞、1990年にIEEE Control Systems Society Fellow賞を受賞しました。また、彼は1992年に東京大学総長に就任し、1998年まで総長を務めました。 関口睦夫は、2005年4月1日に逝去しました。享年62歳でした。