スポーツカテゴリー

菊池彩花:平成時代のオールラウンダーな女子スピードスケート選手

-菊池彩花の経歴と功績- 菊池彩花は、1988年4月25日生まれ、北海道帯広市出身の女子スピードスケート選手です。帯広南高校卒業後、富士急行に入社し、2007年に日本代表に選出されました。2010年のバンクーバーオリンピックでは、500mで銅メダルを獲得し、2014年のソチオリンピックでは、500mと1000mで銅メダルを獲得しました。2018年の平昌オリンピックでは、500mで銀メダルを獲得しました。 菊池は、2007年から2018年まで12年間、日本代表として活躍しました。その間、世界選手権では金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル1個を獲得し、ワールドカップでも通算18勝を挙げています。また、2013年には、世界スプリント選手権で優勝しました。 菊池は、500m、1000m、1500mの3種目で世界記録を保持しています。2013年に500mで37秒60、1000mで1分12秒33、1500mで1分51秒85の記録を樹立しました。これらの記録は現在も破られていません。 菊池は、2018年の平昌オリンピックを最後に現役を引退しました。引退後は、日本スケート連盟の強化委員を務めています。 菊池は、平成時代に活躍した女子スピードスケート選手の中で最も成功した選手の一人です。オリンピックで3個のメダルを獲得し、世界選手権やワールドカップでも多くのメダルを獲得しました。また、世界記録を3種目で保持しています。菊池は、平成時代のオールラウンダーな女子スピードスケート選手として、これからも語り継がれていくでしょう。
歴史上の偉人

小林恒太郎

-小林恒太郎の生涯- 小林恒太郎は、1890年1月24日に東京府東京市で生まれました。父は東京帝国大学教授の小林秀雄、母は小林たねです。小林恒太郎は、5人兄弟の末っ子として育ちました。 小林恒太郎は、1906年に東京帝国大学第一高等中学校に入学しました。1910年に東京帝国大学法学部に進学し、1914年に卒業しました。卒業後は、大蔵省に入省し、主税局に配属されました。 小林恒太郎は、1918年に大蔵省を退官し、実業界に転身しました。1919年に、日本石油株式会社を設立し、社長に就任しました。日本石油株式会社は、日本の石油産業の発展に貢献した会社であり、小林恒太郎は日本の石油産業の父と呼ばれています。 小林恒太郎は、1939年に日本石油株式会社の社長を辞任し、会長に就任しました。1945年に会長を辞任し、相談役に就任しました。1948年に相談役を辞任し、実業界を引退しました。 小林恒太郎は、1973年12月22日に東京都で亡くなりました。享年83歳でした。 小林恒太郎は、日本の石油産業の発展に貢献した人物として知られています。また、小林恒太郎は、社会貢献活動にも熱心に取り組み、小林基金を設立して、教育や文化事業を支援しました。小林恒太郎は、日本の経済界と社会に大きな貢献をした人物です。
経済分野で活躍した人

「諸井虔」

-経営者としての功績- 諸井虔氏は、経営者として多くの功績を残しました。その中でも特に顕著なのが、流通業界における改革です。諸井氏は、百貨店業界に流通革命を起こし、業界構造を大きく変革しました。 諸井氏による流通業界の改革は、1950年代に始まりました。当時、日本の百貨店業界は、大店法の規制の下、寡占体制が続いていました。諸井氏は、この寡占体制を打破するために、百貨店業界に自由競争を導入しました。 諸井氏は、まず、百貨店業界の規制緩和を政府に働きかけました。1964年に大店法は廃止され、百貨店業界は自由競争の時代に入りました。 諸井氏は、自由競争の時代を迎えると、百貨店の経営戦略を大幅に見直しました。諸井氏は、百貨店を単なる商品を売る場所ではなく、消費者に新しいライフスタイルを提案する場所に変えました。 諸井氏は、百貨店にファッションやグルメなどの専門店を導入し、消費者に多様な買い物体験を提供しました。また、諸井氏は、百貨店でイベントや展示会を開催し、消費者に百貨店での買い物を楽しんでもらえるようにしました。 諸井氏の経営戦略は功を奏し、百貨店業界は大きく発展しました。諸井氏の経営手腕は、日本の流通業界に大きな影響を与え、日本の経済成長に貢献しました。
作家

別府安宣

-別府安宣の生涯- 別府安宣は、1873年(明治6年)1月10日に佐賀県多久市で生まれました。貧しい農家の長男として生まれ、幼少期から苦労を重ねて育ちました。1889年(明治22年)に多久尋常小学校を卒業後、上京して東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学しました。 第一中学校を卒業後、1895年(明治28年)に東京帝国大学(現在の東京大学)法学部に入学しました。大学在学中に社会主義思想に傾倒し、1897年(明治30年)に社会主義研究会を結成しました。1898年(明治31年)には、社会主義者の中村是公と結婚しました。 大学卒業後は、弁護士として活動しながら社会主義運動を続けました。1901年(明治34年)には、社会民主党を結成し、党首に就任しました。しかし、1904年(明治37年)には、社会民主党が解散させられ、安宣は逮捕されました。 安宣は、1905年(明治38年)に釈放され、その後は社会主義運動から離れ、弁護士として活動しました。1912年(明治45年)には、衆議院議員に当選し、1915年(大正4年)には、司法大臣に就任しました。 安宣は、1923年(大正12年)に、脳溢血で急死しました。享年50歳でした。 安宣は、日本の社会主義運動の草分け的存在であり、その思想と行動は、後の社会主義運動に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

典仁親王について

- 典仁親王の生涯 典仁親王は、1887年(明治20年)に皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の第一男子、皇孫として誕生されました。幼名は三千代宮(みちよのみや)と称され、皇太子時代の大正天皇に代わり、皇室の祭祀や公務を代行されました。また、1911年(明治44年)には、皇太子夫妻の欧州訪問に随行し、各国を訪問されました。 1913年(大正2年)、典仁親王は満26歳で薨去されました。死因は、チフスと診断されましたが、当時は治療法がなく、典仁親王はわずか2か月でこの世を去られました。典仁親王の薨去は、皇室のみならず、国民にとっても大きな衝撃を与えました。 典仁親王の薨去後、皇太子嘉仁親王(大正天皇)は皇孫裕仁親王(後の昭和天皇)を後継者に定められました。裕仁親王は、1912年(大正元年)に皇太子嘉仁親王の第二男子として誕生されており、典仁親王の薨去により、皇太子に立てられました。 典仁親王は、短い生涯でしたが、皇太子時代の大正天皇に代わり、皇室の祭祀や公務を代行するなど、皇族として重要な役割を果たされました。また、欧州訪問に随行するなど、海外にもその姿を広く知られました。典仁親王の薨去は、皇室のみならず、国民にとっても大きな悲しみとなりました。
歴史上の偉人

「田口大戸」の概略

-奈良時代の官吏- 奈良時代には、律令制に基づく中央政府と地方政府が整備され、多くの官吏が任命されました。中央政府の最高機関は太政官であり、その下に左右大臣、大納言、参議などが置かれました。太政官は、国家の重要事項を審議・決定し、天皇に奏上する役割を担っていました。 また、中央政府には、行政事務を分担する八省が置かれていました。八省とは、神祇省、中務省、大蔵省、民部省、兵部省、刑部省、大工省、宮内省のことです。各省には、卿、大輔、少輔などの官吏が任命され、行政事務を分担していました。 地方政府は、国、郡、郷の三段階に分かれていました。国の長官は国司、郡の長官は郡司、郷の長官は郷司と呼ばれ、いずれも中央政府から任命されました。国司は、国の行政事務を総括し、郡司は郡の行政事務を分担し、郷司は郷の行政事務を分担していました。 官吏は、試験や推薦によって任命されました。試験には、常平試と蔭試の二種類があり、常平試は一般の庶民が受験する試験、蔭試は官吏の子弟が受験する試験でした。蔭試は、官吏の子弟に特権を与える制度であり、官吏の世襲化を招く弊害がありました。 官吏には、俸禄が支給されました。俸禄は、位階や官職によって異なり、高位の官吏ほど俸禄が多くなりました。また、官吏は、土地や家を与えられることもありました。官吏は、国家の重要な役割を担っており、社会的地位も高かったのです。
エンターテインメント

富沢文左衛門

富沢文左衛門とは? 富沢文左衛門とは、江戸時代後期に活躍した日本の実業家である。信濃国伊那郡(長野県伊那市)で生まれ、江戸に出て呉服商として成功した。その後、金融業にも進出し、幕末には富豪の仲間入りを果たした。 富沢文左衛門が成功した秘訣は、卓越した経営センスと、常に新しいことに挑戦する姿勢であった。彼は、呉服商時代に、斬新なアイデアで客を呼び込み、業績を拡大した。また、金融業に進出した後も、新しい金融商品を開発し、事業を拡大した。 富沢文左衛門は、社会貢献にも熱心に取り組んだ。彼は、学校や病院を設立し、貧しい人々を救済した。また、幕末には、尊王攘夷運動を支援し、日本の近代化に貢献した。 富沢文左衛門は、日本の実業家として、大きな功績を残した人物である。彼の功績は、今日でも語り継がれている。 富沢文左衛門の生涯 富沢文左衛門は、1797年(寛政9年)、信濃国伊那郡(長野県伊那市)に生まれた。幼少期から学業に励み、16歳の時に江戸に出て、呉服商として働き始めた。 富沢文左衛門は、江戸に出てから、呉服商として成功した。彼は、斬新なアイデアで客を呼び込み、業績を拡大した。例えば、彼は、呉服の販売方法を工夫し、顧客のニーズに応える商品を開発した。また、彼は、呉服の販売を全国に拡大し、事業を拡大した。 富沢文左衛門は、呉服商として成功した後、金融業にも進出した。彼は、金融業の知識を学び、新しい金融商品を開発した。例えば、彼は、為替取引を手がけ、貨幣の流通を促進した。また、彼は、貸金業も手がけ、資金需要のある人々に融資を行った。 富沢文左衛門は、金融業でも成功し、幕末には富豪の仲間入りを果たした。彼は、江戸の豪商として知られるようになり、幕府からも重んじられた。 富沢文左衛門は、社会貢献にも熱心に取り組んだ。彼は、学校や病院を設立し、貧しい人々を救済した。また、幕末には、尊王攘夷運動を支援し、日本の近代化に貢献した。 富沢文左衛門は、1863年(文久3年)に死去した。享年67歳。彼の功績は、今日でも語り継がれている。
政治家・活動家

番正辰雄 - 香川の政治家

-人名辞典-番正辰雄- 番正辰雄(ばんしょうたつお、1899年1月2日 - 1973年9月6日)は、日本の政治家。衆議院議員(10期)、参議院議員(2期)、弁護士。香川県大川郡志度町(現さぬき市)出身。 1926年、中央大学法学部卒業。翌年、弁護士登録。戦後、1946年の第22回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で香川県全県区から立候補し、初当選。以降、衆議院議員を10期務める。 1960年、第29回衆議院議員総選挙で落選。翌年、第5回参議院議員通常選挙に全国区から立候補し、当選。参議院議員を2期務めた。 1973年、参議院議員在職中に死去。享年74。 番正は、衆議院議員時代には日本社会党の政策立案に携わり、参議院議員時代には法務大臣政務次官や参議院法務委員長を務めた。また、日本弁護士連合会副会長や香川県弁護士会長も歴任した。 番正は、香川県の政界に大きな影響力を持った政治家の一人であり、その功績は今もなお語り継がれている。
経済分野で活躍した人

偉大なる実業家、岡崎藤吉の軌跡

-安政3年生まれ。幕末から大正まで活躍した岡崎藤吉- 岡崎藤吉は、1856年(安政3年)に、現在の東京都中央区日本橋人形町に生まれました。父は、呉服商を営んでおり、藤吉は幼い頃から商売の手伝いをしながら育ちました。1873年(明治6年)、17歳の時に、家業を継ぎ、呉服商として独立しました。藤吉は、商才に恵まれ、呉服の仕入れや販売に手腕を発揮し、業績を伸ばしていきました。 1880年(明治13年)、藤吉は、妻のいとこの娘である岡崎いねと結婚しました。いねは、藤吉を支え、二人の間には、五男三女が生まれました。藤吉は、私生活でも順風満帆でした。 1890年(明治23年)、藤吉は、日本橋に、呉服店「岡崎呉服店」を創業しました。岡崎呉服店は、藤吉の経営手腕と、いねの接客の良さが評判となり、たちまち繁盛店となりました。藤吉は、岡崎呉服店を拠点に、呉服業界で活躍し、業界の重鎮として知られるようになりました。 1912年(大正元年)、藤吉は、呉服業界の発展に貢献した功績が認められ、藍綬褒章を受章しました。藤吉は、1926年(大正15年)に死去するまで、呉服業界の第一線で活躍し続けました。 藤吉は、幕末から大正まで、激動の時代を生き抜いた偉大な実業家でした。藤吉の功績は、今日でも語り継がれています。
作家

 大伴坂上大嬢

大伴坂上大嬢
作家

田中慎弥 – 平成時代の小説家

-# 作家デビューまでの経歴 田中慎弥は、1956年3月10日に東京都で生まれた。実家は、祖父の代から続く洋品店を経営していた。慎弥は、幼い頃から本を読むことが大好きで、小学校の図書室にはいつも通っていた。 高校卒業後は、日本大学文学部英文科に入学した。大学では、主にアメリカ文学を専攻し、小説や戯曲などの講義を受けた。在学中に、学生文芸誌に作品を発表し、その才能を認められるようになった。 大学卒業後は、出版社に就職した。出版社では、編集者として働きながら、小説を書き続けた。そして、1980年に、処女小説『夕暮れの街』を出版し、作家デビューを果たした。『夕暮れの街』は、当時、大きな話題となり、慎弥は、一躍、人気作家となった。 その後、慎弥は、次々と作品を発表していった。その代表作には、『夏の終わり』『冬のソナタ』『春の雪』『秋の空』などがある。これらの作品は、いずれも、恋愛や家族、人生の儚さをテーマにしたもので、多くの人々に支持された。 慎弥は、2010年に、54歳で亡くなった。しかし、彼の作品は、今もなお、多くの人々に読み継がれている。彼の作品は、日本語文学の金字塔として、これからも語り継がれていくことだろう。
歴史上の偉人

「久世広当」

大坂の陣と久世広当 久世広当は大坂の陣において、徳川家康の側近として活躍しました。彼は、慶長19年(1614年)の冬、大坂城を包囲した徳川家康の軍勢に加わり、翌年夏の天王寺の戦いで、豊臣軍を破ることに貢献しました。また、慶長20年(1615年)の夏の天王寺の戦いで、豊臣軍を破ることに貢献しました。また、慶長20年(1615年)の夏の陣では、真田信繁の軍勢と戦い、勝利を収めました。 久世広当は、大坂の陣において、徳川家康の勝利に大きく貢献した功績が認められ、戦後、肥後国熊本藩の藩主に取り立てられました。彼は、熊本藩主として、藩政の改革を行い、領内の経済や文化の発展に尽力しました。また、彼は、京都の西本願寺や東本願寺の再建にも協力し、仏教の復興に努めました。 久世広当は、慶長26年(1621年)に死去しました。彼の死後、熊本藩は、彼の長男である久世広政が継承しました。久世広政は、父である久世広当の遺志を受け継ぎ、藩政の改革を行い、領内の経済や文化の発展に努めました。また、彼は、京都の西本願寺や東本願寺の再建にも協力し、仏教の復興に努めました。
研究者

深田康算 – 日本における西洋美学研究のパイオニア

-明治・大正時代の美学者- 深田康算は、明治・大正時代に活躍した日本における西洋美学研究のパイオニアです。1863年に江戸に生まれ、東京帝国大学で哲学を学びました。卒業後は、ドイツに留学し、美学の大家であるカール・グロースらに師事しました。帰国後、東京帝国大学で美学の教鞭をとり、日本の西洋美学研究の基礎を築きました。 深田康算の美学は、グロースの影響を強く受けています。グロースは、美は感覚的な快楽に由来すると主張しました。深田康算も、美は感覚的な快楽を伴うものと考え、美の基準は普遍的なものではなく、時代や文化によって異なるものだと主張しました。 深田康算の美学は、日本の近代美術の発展に大きな影響を与えました。深田康算の美学は、日本の美術家たちに、西洋の近代芸術の新しい潮流を紹介し、日本の伝統的な美意識に挑戦するきっかけを与えました。深田康算の美学は、日本の近代美術の発展に欠かせない存在でした。 深田康算は、1934年に70歳で亡くなりました。しかし、深田康算の美学は、今もなお日本の美学研究に大きな影響を与え続けています。
研究者

高柳先男→ 国際政治学者, ヨーロッパ研究のパイオニア

高柳先男 (1871-1945) は、日本における国際政治学の創始者であり、ヨーロッパ研究のパイオニアです。彼は、日本とヨーロッパの関係を研究し、両者の相互理解に貢献しました。 生涯 高柳先男は、1871年、新潟県の武士の家庭に生まれました。東京帝国大学で政治学を学び、1895年に卒業しました。卒業後は、外務省に入省し、ヨーロッパ各地に勤務しました。1913年に外務省を退官し、東京帝国大学教授に就任しました。 研究 高柳先男の研究は、ヨーロッパの政治思想と外交史に焦点を当てていました。彼は、ヨーロッパの政治思想を研究し、その思想が日本の政治思想に与えた影響を明らかにしました。また、ヨーロッパの外交史を研究し、ヨーロッパ諸国の外交政策を分析しました。 高柳先男の研究は、日本の政治思想と外交政策に大きな影響を与えました。彼の研究は、日本の国際政治学の発展に貢献し、日本とヨーロッパの関係を深めるのに役立ちました。 高柳先男は、1945年に死去しました。享年73歳でした。 高柳先男の主な著作 * 『欧州外交史』 * 『欧州政治思想史』 * 『国際政治学』 * 『外交政策論』 * 『日本外交史』
作家

姫野カオルコ→ 文学にその名を刻んだ才気ある小説家

# 気鋭の小説家・姫野カオルコの生い立ちと経歴 - 孤高の天才の誕生 姫野カオルコは19XX年、東京都に生まれた。幼い頃から読書に親しみ、特に小説を愛読していた。その読書体験から、小説家になることを決意する。 高校卒業後は、東京にある文学の専門学校に進学。そこで小説の書き方を学び、在学中から数々の文学賞を受賞する。その頃から、気鋭の小説家として注目を集めるようになった。 - デビュー作がベストセラーに 専門学校卒業後は、出版社に就職する。しかし、自分の小説を書く時間を確保するため、2年後に退職。フリーランスの小説家として活動を開始する。 そして、20XX年に出版したデビュー作がベストセラーになり、一躍有名になる。その後もコンスタントに小説を発表し続け、その才能を高く評価されている。 - 姫野カオルコの作品の特徴 姫野カオルコの作品は、その卓越した文章力と、人間の心理を深く描いたストーリーで知られている。また、社会問題や歴史を題材にした作品も多く、その作品は常に多くの人々の共感を呼んでいる。 姫野カオルコの作品は、文学界でも高い評価を受けており、数々の文学賞を受賞している。また、その作品は海外でも翻訳され、世界中の人々から愛されている。 - 今後の活躍にも期待 姫野カオルコは、これからもその才能を発揮し、多くの傑作を生み出していくことだろう。その今後の活躍に期待したい。
政治家・活動家

政治家 丹羽雄哉

-丹羽雄哉の生い立ちと経歴- 丹羽雄哉は、1977年に東京都で生まれました。父親は会社員、母親は専業主婦で、3人兄弟の長男です。 小学校卒業後は、東京都立小石川高等学校に進学。高校では生徒会長を務め、リーダーシップを発揮しました。 大学は、早稲田大学政治経済学部に進学。大学時代は、政治サークルに所属し、学生運動に積極的に参加しました。 大学卒業後は、衆議院議員の公設秘書として働き始めました。秘書時代には、政治家としての経験を積みました。 2012年に、衆議院議員選挙に出馬して当選。34歳の若さで国会議員になりました。 2017年に、第3次安倍第3次改造内閣の復興大臣に就任。復興大臣として、被災地復興に尽力しました。 2019年に、第4次安倍内閣の環境大臣に就任。環境大臣として、環境保護に取り組みました。 2021年に、自由民主党総裁選挙に出馬しましたが、岸田文雄氏に敗れ、落選しました。 現在、丹羽雄哉氏は、衆議院議員として活動しています。
歴史上の偉人

松平定郷ー偉業を残した伊予今治藩主

松平定郷の生涯 松平定郷は、1746年、伊勢国桑名藩主松平定賢の長男として生まれました。1759年、父が死去して家督を継ぎ、桑名藩主となります。1762年、17歳の若さで伊予今治藩主に移封されました。 定郷は、伊予今治藩主として、藩政改革や新田開発、産業振興など、様々な政策を進めました。藩政改革では、財政の建て直しや行政機構の整備を行い、藩財政を改善しました。新田開発では、干拓事業や用水路の整備を行い、藩の耕地面積を拡大しました。産業振興では、特産品の生産や流通を奨励し、藩の経済を活性化させました。 定郷は、また、文化振興にも力を入れました。藩校「明倫堂」を設立し、学問を奨励しました。また、儒学者や文人墨客を招き、藩内の文化の向上に努めました。 定郷は、1788年に43歳で死去しました。藩政改革や新田開発、産業振興など、様々な政策を進め、藩政を安定させ、藩民の生活を向上させました。また、文化振興にも力を入れ、藩内の文化の向上に貢献しました。
作家

山下重民 – 明治・大正時代の編集者

山下重民の生涯 山下重民は、1859年1月18日、現在の埼玉県秩父市に生まれた。父は、秩父で綿問屋を営む山下重助、母は、その妻のふみである。重民は、三男一女の次男だった。 重民は、幼い頃から読書好きで、特に歴史書に興味を持っていた。1871年、秩父に開校した小学校に入学。しかし、重民は、学校での勉強になじめず、1年後に退学した。その後、重民は、独学で勉強を続け、1877年に、東京の私立学校である東京府立第一中学(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学した。 重民は、一中は優秀な成績で卒業し、1882年に、東京帝国大学(現在の東京大学)に入学。法学部に進学した。しかし、重民は、大学での勉強にもなじめず、1年後に退学した。 重民は、大学を中退した後、新聞記者として働き始めた。1884年、重民は、自由民権運動の新聞「東京日日新聞」に入社した。重民は、記者として、自由民権運動の活動を取材した。 1887年、重民は、「東京日日新聞」を退社し、自由民権運動の活動家である片山潜と、社会主義運動の活動家である堺利彦と一緒に、社会主義の機関紙「平民新聞」を創刊した。「平民新聞」は、社会主義の思想を広め、資本主義の矛盾を批判した。 「平民新聞」は、創刊当初から、政府の弾圧を受け、度々発行停止処分を受けた。1905年、重民は、「平民新聞」の発行停止処分を機に、片山潜と堺利彦と一緒に、社会主義運動の政党である日本社会党を結成した。 重民は、日本社会党の創設メンバーとして、党の活動に尽力した。しかし、重民は、1918年に、脳溢血で倒れ、療養生活に入った。1920年、重民は、療養先で死去した。享年61歳だった。 重民は、明治・大正時代の日本の社会主義運動の指導者の一人であり、日本の社会主義運動の発展に大きな貢献をした。
歴史上の偉人

瑩山紹瑾→ 曹洞宗の太祖

- 瑩山紹瑾の生涯 瑩山紹瑾(1262-1324)は、曹洞宗の開祖である道元禅師の法嗣であり、曹洞宗の太祖とされる人物です。 瑩山紹瑾は、1262年に越前国丹生郡(現在の福井県丹生郡越前町)に生まれました。幼少の頃から仏教に興味を持ち、15歳の時に出家して曹洞宗の道元禅師の弟子となりました。道元禅師の死後、瑩山紹瑾は曹洞宗の第四祖として、曹洞宗の教学・組織の確立に尽力しました。 瑩山紹瑾は、曹洞宗の布教に力を入れ、各地に寺院を建立しました。また、曹洞宗の教学を体系化し、多くの著作を残しました。瑩山紹瑾の著作の中でも最も有名なのは、『瑩山和尚語録』です。『瑩山和尚語録』は、瑩山紹瑾の法語や問答を集めたもので、曹洞宗の根本聖典の一つとされています。 瑩山紹瑾は、1324年に63歳で亡くなりました。瑩山紹瑾の死後、曹洞宗はさらに発展し、日本各地に寺院が建立されました。曹洞宗は、現在では日本最大の禅宗の一つとなっています。 瑩山紹瑾は、曹洞宗の開祖として、曹洞宗の発展に大きく貢献した人物です。瑩山紹瑾の教えは、現在でも多くの仏教徒に影響を与え続けています。
歴史上の偉人

「市川十郎」

-「市川十郎」- -市川十郎の生涯と功績- 市川十郎は、1870年(明治3年)に東京府で生まれた。父は歌舞伎役者の市川左団次、母は芸者の藤間紫。幼名は菊次郎。 1879年(明治12年)、9歳の時に歌舞伎座で初舞台を踏み、1885年(明治18年)には「市川十郎」を襲名した。 1893年(明治26年)に渡米し、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨークなど各地で公演。日本の歌舞伎を海外に紹介する先駆者となった。 1903年(明治36年)に帰国し、歌舞伎座の支配人となる。1909年(明治42年)には歌舞伎座を株式会社化し、同社の初代社長に就任した。 1921年(大正10年)には、帝国劇場を建設。1923年(大正12年)には、歌舞伎俳優学校を設立した。 1936年(昭和11年)に死去。享年66。 市川十郎は、日本の歌舞伎を海外に紹介し、歌舞伎の発展に貢献した功績で知られている。また、帝国劇場や歌舞伎俳優学校を設立し、歌舞伎界の発展にも寄与した。 市川十郎は、日本の歌舞伎の発展に多大な貢献をした偉大な人物である。
エンターテインメント

片岡我童(4代)(⇒片岡仁左衛門(かたおか-にざえもん)(12代))

片岡我童(4代)の生い立ちと経歴 片岡我童(4代)は、1944年(昭和19年)5月14日、東京都に生まれた。本名は、片岡孝太郎。父は、片岡我童(3代)、母は、片岡松寿。兄に、片岡松十郎(15代)がいる。 我童は、3歳の時に、歌舞伎座で初舞台を踏んだ。その後、早稲田大学を卒業して、歌舞伎界に復帰。1971年には、片岡仁左衛門(12代)を襲名した。 仁左衛門は、歌舞伎界を代表する名優として、数多くの名舞台を演じてきた。代表作には、「勧進帳」の弁慶、「仮名手本忠臣蔵」の早野勘平、「義経千本桜」の源義経などがある。 仁左衛門は、2015年に亡くなった。享年71歳だった。 仁左衛門は、歌舞伎界に多大な功績を残した名優であった。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。
歴史上の偉人

努力の人、川井久敬

幕府に仕えた武士 川井久敬は、幕政改革に尽力した幕末の武士です。彼は、文政4年(1821年)に江戸の旗本に生まれ、安政3年(1856年)に幕府に出仕しました。 幕末の動乱期に、川井久敬は幕政改革に積極的に関わり、安政5年(1858年)には老中に就任しました。彼は、幕府の財政立て直しや軍備の強化などに尽力し、尊王攘夷運動の鎮圧にも当たりました。 しかし、慶応2年(1866年)に薩摩藩と長州藩が倒幕の兵を挙げると、幕府は敗北を喫し、川井久敬も官職を辞しました。その後、彼は明治政府に出仕せず、晩年は郷里の江戸で過ごしました。 川井久敬は、幕末の動乱期に幕政改革に尽力した人物であり、その功績は高く評価されています。
歴史上の偉人

近藤弥市

-近藤弥市の生涯- 近藤弥市は、1852年(嘉永5年)3月6日、静岡県浜松市に生まれました。彼は、日本の農民、政治家、社会運動家であり、日本の農業協同組合運動の創始者の一人として知られています。 彼は1872年(明治5年)に、浜松県で農民組合を組織し、農業協同組合運動を始めました。その後、1874年(明治7年)に、浜松県が静岡県に合併されると、静岡県農民組合の初代組合長に就任しました。 彼は、農民組合の活動を通じて、農民の生活改善と農業の近代化を推進しました。また、1881年(明治14年)には、全国農民組合を結成し、日本の農業協同組合運動の発展に貢献しました。 彼は、1890年(明治23年)に、第1回衆議院議員総選挙に当選し、衆議院議員を務めました。また、1898年(明治31年)には、農商務大臣に就任し、日本の農業政策の立案と実施に携わりました。 彼は、1902年(明治35年)に、農商務大臣を辞任し、東京府知事として、東京府の都市計画と社会事業の発展に貢献しました。 彼は、1913年(大正2年)に、東京府知事を辞任し、政界を引退しました。その後、1929年(昭和4年)に、78歳で亡くなりました。 近藤弥市は、日本の農民組合運動の創始者の一人であり、日本の農業協同組合運動の発展に貢献しました。また、衆議院議員、農商務大臣、東京府知事などの公職を歴任し、日本の近代化に貢献しました。
エンターテインメント

「中村松江(5代)」(⇒中村魁春(なかむら-かいしゅん)(2代))について

-中村松江(5代)のプロフィール- 中村松江(5代)(⇒中村魁春(なかむら-かいしゅん)(2代))は、日本の歌舞伎役者である。 1944年、東京に生まれる。 1956年、中村歌右衛門 (6代) の養子となり、中村松江(5代)を襲名。 1965年、歌舞伎座で初舞台を踏む。 1971年、名古屋中日劇場で「勧進帳」の弁慶役で当たり役となる。 1976年、歌舞伎座で「義経千本桜」の静御前役で当たり役となる。 1980年、国立劇場で「暫」の兼平内匠頭役で当たり役となる。 1983年、歌舞伎座で「菅原伝授手習鑑」の菅原道真役で当たり役となる。 1986年、歌舞伎座で「勧進帳」の弁慶役で当たり役となる。 1991年、歌舞伎座で「義経千本桜」の静御前役で当たり役となる。 1996年、歌舞伎座で「暫」の兼平内匠頭役で当たり役となる。 2001年、歌舞伎座で「菅原伝授手習鑑」の菅原道真役で当たり役となる。 2006年、歌舞伎座で「勧進帳」の弁慶役で当たり役となる。 2011年、歌舞伎座で「義経千本桜」の静御前役で当たり役となる。 2016年、歌舞伎座で「暫」の兼平内匠頭役で当たり役となる。 2021年、歌舞伎座で「菅原伝授手習鑑」の菅原道真役で当たり役となる。 中村松江(5代)は、弁慶役、静御前役、兼平内匠頭役、菅原道真役など、数多くの当たり役を持ち、歌舞伎界を代表する名優として活躍している。