学術分野の人

-「神戸習悦」

-神戸習悦の生涯と業績- 神戸習悦(1894-1980)は、日本の劇作家、演出家、俳優です。明治26年(1894)、兵庫県神戸市に生まれ、大正13年(1924)に演劇雑誌「新劇」を創刊しました。昭和3年(1928)には劇団「新築地劇団」を結成し、昭和10年(1935)には「東京芸術座」を創立しました。昭和16年(1941)には政府から「演劇界の重鎮」として「文化勲章」を受章しました。昭和27年(1952)には「劇作家協会」を創立し、昭和30年(1955)には「日本演劇協会」を創設しました。昭和55年(1980)に東京で死去しました。 神戸習悦の演劇活動は、主に新劇運動と小劇場運動の分野で展開されました。新劇運動とは、明治末期から大正にかけて起こった、従来の歌舞伎や能などの伝統的な演劇に対して、新しい演劇を創造しようとする運動です。小劇場運動とは、大正末期から昭和初期にかけて起こった、大きな劇場ではなく、小規模な劇場で演劇を行う運動です。神戸習悦は、新劇運動においては「新劇」の創刊や「新築地劇団」の結成などを行い、小劇場運動においては「東京芸術座」の創立や「劇作家協会」の創立などを行いました。 神戸習悦の演劇作品は、社会問題や人間の問題をテーマにしたものが多く、リアリズムを基調とした作風です。代表作には、「東京セ氏38度」「街の灯」「人妻」「風浪」「無頼漢」「花柳病患者」「浪人街」「定年」「若き日の服部半蔵」などがあります。 神戸習悦は、日本の演劇界に大きな功績を残した人物です。新劇運動と小劇場運動において重要な役割を果たし、多くの優れた演劇作品を世に送り出しました。彼の作品は、現在でも上演され続けており、多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

瑞竜軒(初代) – 江戸時代中期の講釈師

- 瑞竜軒の生涯と業績 瑞竜軒(初代)は、江戸時代中期の講釈師である。名は成政。通称は太郎兵衛。号は一学。 享保15年(1730年)、上野国新田郡新田町(現・群馬県太田市)に生まれる。幼少の頃から講談に興味を持ち、15歳の時に江戸に出て講談師を目指した。 安永6年(1777年)、神田猿楽町に講談座を設け、講釈師としてデビュー。 瑞竜軒は、講釈の演目を工夫し、内容を充実させ、講談の質を高めた。また、従来の講談師が一人で演じるスタイルを改め、複数人で演じるスタイルを取り入れた。 瑞竜軒の講釈は、江戸の人々に大いに好評を博し、多くの聴衆を集めた。瑞竜軒は、一躍人気講釈師となり、江戸講談界の第一人者となった。 天明元年(1781年)、瑞竜軒は講釈座を浅草に移転した。その後、寛政12年(1800年)に引退するまで、浅草で講釈を続けた。 瑞竜軒は、天保10年(1839年)に80歳で死去した。瑞竜軒の講釈は、後世の講釈師に大きな影響を与えた。瑞竜軒は、江戸講談界の発展に貢献した人物である。
歴史上の人物

大同妙喆-謎多き禅僧の人名事典

大同妙喆とは? 大同妙喆(だいどうみょうてつ)は、南北朝時代の禅僧です。生没年は不詳ですが、1348年頃に活躍していたとされています。彼は、臨済宗の僧侶であり、中国の浙江省に生まれたと言われています。 大同妙喆は、若い頃から禅の修行に励み、14歳の時に出家しました。その後、各地を放浪し、多くの禅師に師事しました。そして、1348年に、彼は日本に渡ってきました。 大同妙喆は、日本各地で禅の修行を続け、多くの弟子を育てました。また、彼は、禅の思想を日本の文化に広め、日本禅宗の発展に大きな貢献をしました。 大同妙喆の思想は、禅の「本来面目」を強調するものでした。彼は、人は皆、本来、清浄で完美な仏性を持っていると説きました。そして、この仏性を顕現させるためには、禅の修行を通して、自我を離れ、本来の自己に帰ることが必要であると説きました。 大同妙喆の思想は、日本の禅宗の発展に大きな影響を与えました。そして、彼の弟子たちの中には、後に、日本の禅宗を代表するような偉大な禅僧が輩出されました。 大同妙喆は、禅の修行を通して、悟りを開いた禅僧であり、禅の思想を日本の文化に広めた偉大な人物です。彼の思想は、今もなお、多くの禅僧や禅の修行者に影響を与え続けています。
音楽分野の人

松島庄五郎(初代)

初代松島庄五郎のプロフィール 松島庄五郎(初代)は、1753年(宝暦3年)に江戸の両国で生まれました。本名は庄一郎といい、松島家は、江戸時代から続く老舗の料理屋を営んでいました。庄五郎は、幼い頃から料理の修業を積み、18歳のときに独立して日本橋に「松島屋」を開業しました。 松島屋の料理は、新鮮な魚介類を使った江戸前の寿司や天ぷらが人気を博し、瞬く間に江戸の食通の間で評判となりました。また、庄五郎は、当時まだ珍しかった西洋料理も取り入れ、日本独自の洋食を考案したことで知られています。 庄五郎は、料理人としての才能だけでなく、経営者としての才能にも恵まれていました。松島屋は、江戸の屈指の人気店となり、庄五郎は莫大な財産を築きました。また、庄五郎は、料理人の地位向上にも尽力し、1823年(文政6年)に江戸料理人仲間を結成しました。 庄五郎は、1837年(天保8年)に85歳で死去しましたが、その功績は現在でも語り継がれています。松島屋は、庄五郎の死後も営業を続け、現在では10代目当主が受け継いでいます。また、庄五郎が考案した日本独自の洋食は、現在でも多くのレストランで提供されています。 松島庄五郎(初代)は、江戸の食文化の発展に大きく貢献した料理人でした。その功績は、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

「渡辺太惣治」

-渡辺太惣治の生涯- 渡辺太惣治は、1890年(明治23年)に広島県広島市に生まれた。1913年(大正2年)に東京帝国大学農学部(現在の東京大学農学部)を卒業し、農商務省農事試験場に勤務した。1918年(大正7年)に渡米し、アメリカ合衆国のオクラホマ大学で農学を研究した。1919年(大正8年)に帰国し、農商務省農事試験場に戻った。 1923年(大正12年)に、渡辺は農商務省農事試験場を退職し、東京帝国大学農学部教授に就任した。1926年(大正15年)に、渡辺は農学博士の学位を取得した。1927年(昭和2年)に、渡辺は東京帝国大学農学部部長に就任した。 1931年(昭和6年)に、渡辺は東京帝国大学農学部を退職し、日本農学研究所を設立した。日本農学研究所は、日本の農学の研究を促進することを目的とした研究機関である。渡辺は、日本農学研究所の所長を務めた。 1945年(昭和20年)に、渡辺は日本農学研究所の所長を辞任した。1946年(昭和21年)に、渡辺は東京帝国大学農学部教授に再任された。1949年(昭和24年)に、渡辺は東京帝国大学農学部部長に再任された。 1953年(昭和28年)に、渡辺は東京帝国大学農学部を定年退官した。1954年(昭和29年)に、渡辺は日本農学会会長に就任した。1955年(昭和30年)に、渡辺は勲一等瑞宝章を受章した。 1958年(昭和33年)に、渡辺は死去した。
歴史上の人物

則宗 – 平安後期・鎌倉時代刀工

-人物像と功績- 則宗は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した刀工です。備前国(現在の岡山県)長船で生まれ、備前長船派の祖とされています。則宗は、優れた技術と独創的な作風で知られ、その刀は「則宗の刀は切れ味抜群で、敵を倒すのに最適」と評されていました。 則宗は、備前国長船の刀工の一族に生まれ、幼い頃から刀作りを学びました。則宗は、刀作りの才能に恵まれており、若くして名工と呼ばれるようになりました。 則宗は、平安時代末期に源頼朝が挙兵した際に、頼朝に刀を献上しました。頼朝は、則宗の刀の切れ味と美しさに感銘を受け、則宗を御用刀工に任命しました。則宗は、頼朝の死後も鎌倉幕府に仕え、多くの刀を制作しました。 則宗の刀は、その切れ味と美しさで知られており、多くの武将が愛用しました。源義経、源範頼、平清盛、平重盛、源頼朝、北条義時など、数多くの武将が則宗の刀を使用していました。 則宗の刀は、現在でも多くの博物館や美術館に所蔵されており、その美しさは多くの人々を魅了しています。則宗は、日本の刀工の歴史の中で最も重要な人物の一人であり、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

松下長綱 – 江戸時代前期の大名

松下長綱の生涯 松下長綱は、江戸時代前期の大名。和泉国岸和田藩の初代藩主。通称は勘右衛門。官位は正五位下・能登守。法号は長岸院。 1570年、河内国石川に生まれた。父は松下豊後守。母は荒木村重の娘。幼名は森之助。 1582年、本能寺の変後、羽柴秀吉に仕えた。1583年、賤ヶ岳の戦いで活躍し、功を賞されて和泉国岸和田に1万石を与えられた。 1590年、小田原征伐に参加。1592年、文禄の役にも従軍し、功を賞されて5,000石を加増された。 1600年、関ヶ原の戦いでは、西軍に属していたが、戦後に改易されなかった。 1603年、徳川家康に謁見し、朱印状を受け取った。 1609年、岸和田城の築城を開始。1619年に完成した。 1623年、正五位下・能登守に叙任された。 1632年、隠居して家督を嫡男の綱隆に譲った。 1635年、死去。享年66。 松下長綱は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将である。豊臣秀吉、徳川家康に仕え、岸和田藩の初代藩主となった。
歴史上の人物

松本良甫 – 江戸後期から明治時代の医師

- 松本良甫 - 江戸後期から明治時代の医師 -# 松本良甫の生涯と経歴 松本良甫(まつもと りょうほ)は、江戸後期から明治時代にかけての医師である。日本近代医学の礎を築いた人物の1人として知られており、特に内科を専門とし、コレラや赤痢の治療に貢献した。また、松本の考案した漢方方剤や漢方治療法は、現在でも使用されている。 松本良甫は、1805年(文化2年)に江戸(現在の東京都)で生まれた。幼い頃から聡明で、すぐに本を読みこなすことができた。15歳の時には、医学を学ぶために大阪の緒方洪庵の塾に入塾した。緒方塾は、日本の医学界をリードする存在であり、松本はそこで蘭学や漢方を学んだ。 1833年(天保4年)、松本は緒方塾を卒業し、江戸で開業した。松本は、すぐにその腕を認められ、多くの患者を抱えるようになった。また、松本は医学書を執筆し、医学の普及に努めた。 1847年(弘化4年)、日本ではコレラが流行した。松本は、コレラの治療に漢方方剤を用いて成功し、多くの命を救った。1858年(安政5年)には、赤痢が流行した。松本は、赤痢の治療にも漢方方剤を用いて成功し、多くの命を救った。 1868年(明治元年)、明治維新が起こり、日本は近代国家へと移行した。松本は、明治政府に招聘され、医制局の初代局長に任命された。医制局は、日本の近代医学制度を整備する機関であり、松本はそこで日本の近代医学の礎を築いた。 1873年(明治6年)、松本は京都で没した。享年69歳。松本は、日本の近代医学の礎を築いた偉大な医師であり、その功績は今もなお語り継がれている。
歴史上の人物

安藤定正-戦国期に活躍した武将

-今川氏真、武田信玄との戦い- 戦国時代の駿河国(現・静岡県)を支配していた今川氏真と、甲斐国(現・山梨県)を支配していた武田信玄は、激しく争っていました。今川氏真は、武田信玄の侵攻を防ぐために、駿河と甲斐の境にある山々を「駿河の天険」と呼び、防衛線を築き上げました。武田信玄もまた、駿河を攻略するために、今川氏真の領内に何度も侵攻しました。 1560年、武田信玄は、駿河の天険を突破して、駿河国に侵攻しました。今川氏真は、武田信玄の侵攻を防ぐことができず、駿河国の大部分を失いました。今川氏真は、甲斐国に逃亡し、武田信玄に降伏しました。 武田信玄は、駿河国を征服した後、今川氏真を甲斐国に幽閉しました。今川氏真は、甲斐国で幽閉されたまま、1582年に死去しました。
歴史上の人物

剣術家・安倍頼任の人生と功績

筑前秋月藩士として生まれる 安倍頼任は、1838年(天保9年)に筑前秋月藩(現在の福岡県朝倉市)士族・安倍頼円の四男として生まれました。幼名は要之助といい、はじめは怡神流の剣術を学びましたが、後に神道無念流の免許皆伝を受けました。 頼任は、1859年(安政6年)に藩命で江戸に遊学し、小野鉄太郎、江川鉄之介らと親交を深めました。また、この頃、頼任は神道無念流の師範代を務めており、門弟に山岡鉄舟、河野鉄兜、島崎正樹、田中新兵衛、土方歳三などがいました。 1863年(文久3年)、頼任は藩命で京都に派遣され、禁裏御守衛を務めました。この頃、頼任は尊王攘夷運動に参加し、1864年(元治元年)の禁門の変では、長州藩の奇兵隊と協力して幕府軍を撃退しました。 1866年(慶応2年)、頼任は秋月藩の藩政改革に参与し、軍制改革や藩校の設立などを行いました。また、この頃、頼任は神道無念流の総師範を務めており、門弟は全国に三千人を超えていました。 1868年(明治元年)、頼任は戊辰戦争に官軍として参加し、東北地方を転戦しました。この頃、頼任は奥羽越列藩同盟軍の主力部隊である仙台藩と交戦し、仙台藩を降伏させました。 戊辰戦争後、頼任は明治政府に出仕し、陸軍少将に任官されました。また、この頃、頼任は神道無念流の総師範を務めており、門弟は全国に五千人を超えていました。 1891年(明治24年)、頼任は死去しました。享年54歳でした。頼任は、神道無念流の達人としてだけでなく、幕末動乱期に活躍した志士としても知られています。
学術分野の人

村瀬栲亭とは – 江戸時代中期の儒者

村瀬栲亭の生涯 村瀬栲亭(1755〜1834年)は、江戸時代中期の儒者である。名は宣、字は叔 αφου、別号は栲亭。山梨県甲府市出身。 栲亭は1755年、甲府市郊外の農家に生まれた。幼い頃から儒学を学び、15歳で江戸に出て、昌平黌に入学した。昌平黌では朱子学を学び、1780年に卒業した。 卒業後は大名や旗本の屋敷で儒学を講じ、1804年には昌平黌の教授に任命された。昌平黌では朱子学を講じ、多くの門人を育成した。 また、栲亭は儒学の研究にも熱心に取り組み、多くの著作を残した。代表的な著作としては、『栲亭先生文集』、『栲亭先生詩文集』、『栲亭先生語録』などがある。 栲亭は1834年、昌平黌で死去した。享年80。栲亭は、朱子学の普及に貢献した儒者として、その功績を称えられている。
歴史上の人物

– 大荒木玉刀自

平安時代前期の女性 平安時代前期の女性は、男性中心社会の中で、様々な制限や差別を受けていました。しかし、中には、男性と肩を並べて活躍した女性もいました。 平安時代前期の女性の特徴 平安時代前期の女性は、以下のような特徴がありました。 ・男性中心社会の中で、様々な制限や差別を受けていた。 ・結婚は、家と家の結びつきを強めるための手段であった。 ・女性の役割は、夫を支え、子供を育てることであった。 ・教育は、男子に比べて限られていた。 ・平安時代の文学作品の中には、女性が主人公の作品が少なかった。 平安時代前期の女性の生活 平安時代前期の女性の生活は、以下のようなものでした。 ・結婚は、家と家の結びつきを強めるための手段であり、女性は、夫の家に嫁いだ。 ・夫の家に嫁いだ女性は、夫を支え、子供を育てることが主な役割であった。 ・女性の教育は、男子に比べて限られており、多くは読み書きができなかった。 ・平安時代の文学作品の中には、女性が主人公の作品が少なかった。 平安時代前期の女性の活躍 平安時代前期には、男性と肩を並べて活躍した女性もいました。 ・紫式部は、平安時代中期に活躍した女流作家であり、源氏物語の作者として知られています。 ・清少納言は、平安時代中期に活躍した随筆家であり、枕草子の作者として知られています。 ・和泉式部は、平安時代中期に活躍した女流歌人であり、和泉式部集の作者として知られています。 これらの女性は、男性中心社会の中で、才能を発揮し、活躍しました。
歴史上の人物

脇田東川 – 江戸時代後期の儒者

- 脇田東川の生い立ちと学問 脇田東川(1762~1827)は、江戸時代後期の儒者です。号は東川、通称は吉蔵、名は宣にゅ。備後国三次郡山内村(現・広島県三次市)に生まれました。 脇田東川は、幼い頃から聡明で、13歳の時に儒学者である菅茶山に師事しました。菅茶山は、当時、備後国三次郡三次町(現・広島県三次市)に私塾を開いており、多くの弟子を抱えていました。脇田東川は、菅茶山の門下で、儒学を学び、頭角を現しました。 脇田東川は、菅茶山の死後、江戸に出て、儒学者として活動しました。江戸では、多くの弟子を育て、儒学の普及に努めました。また、多くの著書を著し、儒学の発展に貢献しました。 脇田東川の儒学は、朱子学を基調としたもので、仁義礼智信の五常を重んじ、忠孝仁義を説きました。また、経世済民の道を説き、社会の改革を唱えました。 脇田東川は、江戸時代後期の儒学界を代表する人物の一人であり、その学問は、幕末維新の思想的背景を形成する上で大きな影響を与えました。
歴史上の人物

「鈴木知昌」(⇒石井恕信(いしい-じょしん))について

鈴木知昌(⇒石井恕信(いしい-じょしん))の生涯 鈴木知昌(⇒石井恕信(いしい-じょしん))は、1601年に常陸国行方郡(ひたちのくに なめかぐん)(現在の茨城県行方市)に生まれた。本名は鈴木重信(すずきしげのぶ)であったが、後に石井恕信(いしい-じょしん)と改名した。父は鈴木知定(すずきともさだ)、母は長谷川秀盛の娘であった。 幼い頃から兵法を学び、16歳の時に徳川家康に仕えた。関ヶ原の戦いでは、徳川秀忠の軍勢に加わり、武功をあげた。大坂の陣では、豊臣秀頼の軍勢と戦い、またもや武功をあげた。 1615年に大坂の陣が終結すると、徳川家康から常陸国行方郡(ひたちのくんなめかぐん)(現在の茨城県行方市)を与えられた。そして、石井恕信(いしいじょしん)と改名した。 石井恕信(いしい-じょしん)は、行方郡(なめかぐん)で、新田開発や治水事業などを行い、領地の発展に尽くした。1635年に死去し、行方郡(なめかぐん)の浄土寺(じょうどじ)に葬られた。 石井恕信(いしい-じょしん)は、徳川家康に仕えた武将であり、行方郡(なめかぐん)の領主として、領地の発展に尽くした人物である。
学術分野の人

玉木西涯(1835-1882)

-筑前出身の儒者- 玉木西涯は、1835年に筑前国御笠郡(現・福岡県筑紫野市)に生まれました。幼い頃から学問に優れ、12歳の時に福岡藩の儒官、原田一暢に師事しました。18歳で江戸に遊学し、昌平坂学問所に入学しました。昌平坂学問所では、朱子学の大家である古賀侗庵に師事し、朱子学を学びました。 1858年に昌平坂学問所を卒業し、福岡藩に帰国しました。福岡藩では、藩校である修猷館の教授に任命されました。修猷館では、朱子学を教え、藩士の教育に努めました。 1868年に明治維新が起こると、玉木西涯は新政府に出仕しました。参与、文部少輔、元老院議官などを歴任しました。1882年に死去しました。 玉木西涯は、朱子学の大家として知られています。朱子学は、中国の思想家である朱熹が説いた儒学の一派です。朱子学は、仁、義、礼、智、信の五常を重視し、人間の道を説いています。玉木西涯は、朱子学を日本に広め、日本の思想界に大きな影響を与えました。 玉木西涯は、教育者としても知られています。修猷館の教授として、藩士の教育に努めました。また、明治維新後は、新政府の文部少輔として、日本の教育制度の整備に尽力しました。玉木西涯は、日本の教育界に大きな貢献をしました。
文学分野の人

作家・井口民樹とその作品

井口民樹の生い立ちと経歴 井口民樹は、1976年11月26日、東京都に生まれる。父は会社員、母は主婦。一人っ子である。幼い頃から本を読むことが好きで、小学校の図書室に通いつめていた。中学時代は野球部に所属する。高校は都立高校に進学し、文芸部に所属する。大学は早稲田大学文学部に入学し、日本文学を専攻する。大学卒業後、出版社に就職する。2004年、短編小説「夏の終わり」が文學界新人賞を受賞し、作家デビューを果たす。2006年、初の長編小説「風の旅人」を刊行。2008年、第二長編小説「海の見える丘」を刊行。2010年、第三長編小説「星の降る夜」を刊行。2012年、第四長編小説「雪の降る町」を刊行。2014年、第五長編小説「春の訪れ」を刊行。2016年、第六長編小説「夏の終わり」を刊行。2018年、第七長編小説「秋の空」を刊行。2020年、第八長編小説「冬の物語」を刊行。 井口民樹は、日本の小説家である。東京都出身。早稲田大学文学部卒業。2004年、短編小説「夏の終わり」が文學界新人賞を受賞し、作家デビューを果たす。2006年、初の長編小説「風の旅人」を刊行。2008年、第二長編小説「海の見える丘」を刊行。2010年、第三長編小説「星の降る夜」を刊行。2012年、第四長編小説「雪の降る町」を刊行。2014年、第五長編小説「春の訪れ」を刊行。2016年、第六長編小説「夏の終わり」を刊行。2018年、第七長編小説「秋の空」を刊行。2020年、第八長編小説「冬の物語」を刊行。 井口民樹の作品は、自然を題材にしたものが多い。彼の作品は、繊細な心理描写と美しい文章で知られている。井口民樹は、日本の文壇を代表する作家のひとりである。
歴史上の人物

桂堂応物 – 江戸時代後期の僧侶

- 桂堂応物の生涯 桂堂応物は、江戸時代後期の僧侶です。1779年(安永8年)に越後国(新潟県)に生まれ、1863年(文久3年)に肥後国(熊本県)で亡くなりました。 応物は、幼い頃から仏教に親しみ、15歳の時に出家して僧侶となりました。その後、京都の天竜寺で修行し、後に肥後国に移り住みました。肥後国では、熊本藩主・細川斉護の帰依を受け、熊本城内に桂堂寺を建立しました。 応物は、禅宗の僧侶として、多くの人々に仏教を説きました。また、書画に優れ、多くの作品を残しています。応物の書画は、現在でも多くの美術館や寺で所蔵されています。 応物は、1863年(文久3年)に熊本城内で亡くなりました。享年85歳でした。応物の墓は、熊本市内の竜台寺にあります。 応物は、江戸時代後期の僧侶として、多くの人々に仏教を説き、また、書画に優れ、多くの作品を残しました。応物は、現在でも多くの人々に尊敬されている僧侶です。
学術分野の人

児玉定子 – 昭和-平成時代の栄養学者,食物史家

-宮廷柳営豪商町人の食事誌- 児玉定子は、昭和-平成時代の栄養学者、食物史家として知られています。彼女は、日本の食文化を研究し、多くの著作を残しました。その中でも、「宮廷柳営豪商町人の食事誌」は、日本人の食生活の歴史を紐解く貴重な書物です。 この本では、古代から明治時代までの日本人の食生活について、宮廷、柳営、豪商、町人のそれぞれの立場から考察しています。宮廷の食事は、天皇や公家の食生活を指し、柳営は、将軍や大名の食生活を指します。豪商は、商人の食生活を、町人は、庶民の食生活を指します。 児玉定子は、これらのそれぞれの立場から、当時の食生活を詳しく調べ、どのように変化していったのかを明らかにしています。例えば、古代の宮廷の食事は、米や野菜を中心に、肉や魚はあまり食べられませんでした。しかし、仏教の伝来とともに、肉や魚の食べる習慣が伝わり、宮廷の食事にも取り入れられるようになりました。 また、柳営の食事は、米や麦を中心に、肉や魚、野菜がバランスよく食べられていました。これは、柳営が、戦場で戦う兵士の食生活を支える必要があったためです。 豪商の食事は、米や麦を中心に、肉や魚、野菜、果物など、さまざまな食材が食べられるようになりました。これは、豪商が、経済的に余裕があり、食材を自由に手に入れることができたためです。 町人の食事は、米や麦を中心に、野菜や魚介類、豆腐や味噌などの加工食品が食べられていました。これは、町人が、経済的に余裕がなく、限られた食材でやりくりする必要があったためです。 児玉定子は、このような日本の食文化の歴史を紐解くことで、日本人の食生活がどのように変化していったのかを明らかにしています。この本は、日本の食文化に興味のある人にとって、必読の書となっています。
学術分野の人

護雅夫 – 東洋史学者の生涯と業績

護雅夫の生い立ちと教育 護雅夫は、1927年(昭和2年)5月25日に、大分県臼杵市に生まれました。父は護義平、母は四郎でした。雅夫は、長男として生まれ、弟妹が2人いました。 雅夫は、幼い頃から勉強が好きで、成績も優秀でした。臼杵市立臼杵小学校を卒業後、大分県立大分中学校(現・大分県立大分上野丘高等学校)に進学しました。大分中学校では、歴史部に所属し、歴史の勉強に励みました。 大分中学校卒業後、雅夫は東京帝国大学(現・東京大学)文学部東洋史学科に進学しました。東京帝国大学では、内藤湖南、田畑茂二郎、狩野直喜などの著名な東洋史学者から薫陶を受け、東洋史の研究に打ち込みました。 1951年(昭和26年)に東京帝国大学を卒業した雅夫は、東京大学大学院に進学しました。大学院では、中国史を専攻し、1954年(昭和29年)に博士課程を修了しました。博士論文のタイトルは「明代前期の食糧問題」でした。 大学院修了後、雅夫は東京大学東洋文化研究所の助手となりました。1957年(昭和32年)には、東京大学文学部東洋史学科の助教授に昇進しました。1964年(昭和39年)には、教授に昇進し、1977年(昭和52年)には、東京大学東洋文化研究所の所長に就任しました。 雅夫は、1987年(昭和62年)に東京大学を定年退職しましたが、その後も、明治学院大学、駒澤大学、大東文化大学などで教鞭をとり、東洋史の研究に励みました。 雅夫は、1999年(平成11年)12月28日に、肺炎のため死去しました。享年72歳でした。
スポーツ分野の人

「佐藤久佳」:2008年北京オリンピックのメダリスト

-水泳選手佐藤久佳の輝かしい功績- 佐藤久佳は、2008年北京オリンピックの女子200m平泳ぎで銅メダルを獲得した日本の競泳選手です。彼女は、オリンピックでメダルを獲得した最初の日本人女性競泳選手であり、競泳女子のメダル獲得としては12大会ぶり、日本人水泳競技選手のメダル獲得としては20大会ぶりの快挙でした。 佐藤久佳は、1989年4月15日に東京都で生まれました。彼女は、幼い頃から水泳を始め、小学4年生の時に全国大会で優勝しました。中学時代には、ジュニアオリンピックで200m平泳ぎで優勝し、高校時代には、インターハイで200m平泳ぎで優勝しました。 2008年、佐藤久佳は北京オリンピックに出場しました。彼女は、200m平泳ぎに出場し、予選を突破しました。準決勝では、2分23秒83の日本新記録で決勝に進出しました。決勝では、2分23秒12で3位に入り、銅メダルを獲得しました。 佐藤久佳の銅メダル獲得は、日本水泳界にとって大きな快挙でした。彼女は、オリンピックでメダルを獲得した最初の日本人女性競泳選手であり、競泳女子のメダル獲得としては12大会ぶり、日本人水泳競技選手のメダル獲得としては20大会ぶりの快挙でした。佐藤久佳の銅メダル獲得は、日本の水泳界に大きな勇気を与えました。 佐藤久佳は、北京オリンピックの後も、現役を続けました。彼女は、2012年のロンドンオリンピックに出場しましたが、メダルを獲得することはできませんでした。しかし、彼女は、2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場し、200m平泳ぎで決勝に進出しました。決勝では、2分23秒60で7位に入賞しました。 佐藤久佳は、2017年に現役を引退しました。彼女は、現在、水泳の解説者やタレントとして活躍しています。
歴史上の人物

– 井筒屋庄兵衛(4代)

- 井筒屋庄兵衛(4代)の生涯 井筒屋庄兵衛(4代)は、1754年(宝暦4年)に大阪の北浜で生まれました。父は井筒屋庄兵衛(3代)、母は大阪の豪商の娘でした。庄兵衛は幼少期から商才を発揮し、17歳で父の後を継いで井筒屋庄兵衛(4代)となりました。 庄兵衛は積極的な経営手腕を発揮し、井筒屋の事業を拡大しました。1789年(寛政元年)には、大阪の堂島に米取引市場を開設し、1791年(寛政3年)には、大阪の道頓堀に芝居小屋「角座」を開設しました。 また、庄兵衛は文化人としても活躍し、茶人や俳人としても知られていました。特に俳句に秀でており、松尾芭蕉の弟子である向井去来と親交がありました。 庄兵衛は1828年(文政11年)に75歳で亡くなりました。その死は大阪の経済界に大きな衝撃を与え、多くの人々から惜しまれました。 庄兵衛は、大阪の経済発展に大きく貢献しただけでなく、文化人としても活躍した人物でした。その功績は今日でも高く評価されています。
美術分野の人

– 「新岡旭宇」(1834-1904)

- 新岡旭宇の生涯と功績 新岡旭宇(にいおかきょくう、1834-1904)は、日本の実業家、政治家。旭化成の創業者。 1834年、大阪に生まれる。1854年、大阪で呉服商を開業。1872年、大阪株式取引所を設立。1875年、大阪商工会議所の初代会頭になる。1881年、日本銀行の初代総裁に就任。1887年、旭化成の前身である大阪酸素製造所を設立。1890年、大阪商船の社長に就任。1892年、衆議院議員に当選。1898年、旭化成の社長に就任。1904年、大阪で死去。 新岡旭宇は、日本の産業発展に大きく貢献した人物である。大阪株式取引所の設立、日本銀行の初代総裁就任、旭化成の設立など、数多くの功績を残した。また、衆議院議員として政治活動にも参加し、日本の経済政策に大きな影響を与えた。 新岡旭宇の功績は、現在でも高く評価されている。大阪商工会議所には、新岡旭宇の銅像が建てられている。また、旭化成は、新岡旭宇の名を冠した「新岡旭宇賞」を設け、産業の発展に貢献した個人や団体を表彰している。
歴史上の人物

「高橋作左衛門」について

高橋作左衛門の人物像 高橋作左衛門は、1854年に埼玉県児玉郡で生まれた。彼は幼い頃から勉強熱心で、地元の学校を卒業後、東京の大学に進学した。大学卒業後は、郷里に戻り、農業に従事した。彼は、新しい農業技術に積極的で、最新の農業機械を導入したり、新しい作物を栽培したりした。また、彼は農村の振興にも尽力し、農民の生活を向上させるための様々な事業を展開した。 高橋作左衛門は、非常に勤勉で努力家であった。彼は、どんな仕事にも全力で取り組み、決して手を抜かなかった。また、彼は非常に粘り強く、一度始めたことは、どんな困難があってもやり遂げた。彼は、このような勤勉さや粘り強さが、彼の成功の秘訣であったと語っている。 高橋作左衛門は、非常に人柄のよい人物であった。彼は、いつも笑顔で、誰に対しても親切であった。また、彼は非常識な人であり、人々の悩みや苦しみを理解することができた。彼は、このような人柄の良さで、多くの人々の信頼を集めた。 高橋作左衛門は、非常に博学で、様々な知識を持っていた。彼は、農業だけでなく、経済や政治、歴史などにも詳しく、幅広い知識を持っていた。また、彼は非常に好奇心旺盛であり、常に新しいことを学びたがっていた。 高橋作左衛門は、非常に愛国心が強く、日本の発展に貢献することに全力を尽くした。彼は、日清戦争や日露戦争に従軍し、日本の勝利に貢献した。また、彼は農村の振興にも尽力し、日本の農業の発展に貢献した。 高橋作左衛門は、日本の農業の発展に大きく貢献した人物である。彼は、勤勉さ、粘り強さ、人柄の良さ、博学さ、愛国心などの優れた資質を備えており、その功績は高く評価されている。
歴史上の人物

– 天倫宗忽

- 天倫宗忽 - 臨済宗の僧侶 天倫宗忽は、13世紀初頭に活躍した臨済宗の僧侶である。 彼は、1215年に中国の浙江省に生まれ、1241年に日本に渡来した。 日本に渡来後は、京都の建仁寺や南禅寺で修行し、1251年に大拙宗鑑に印可を受けた。 その後、彼は、京都の建仁寺や南禅寺で住職を務め、1274年に遷化(せんげ)した。 天倫宗忽は、禅宗の教義を日本に広めた功績で知られている。 また、彼は、日本初の禅宗寺院である建仁寺の建立にも貢献した。 また、天倫宗忽は、書家としても知られており、彼の書は、現在も残されており、日本の書道史上重要な作品とされている。